安部 大就 ABE Daishu

ID:1000010081530

大阪府立大学農学部地域環境科学科 (1998年 CiNii収録論文より)

Search authors sharing the same name

Articles:  1-19 of 19

  • Fundamental Study on the Fluctuations of Environmental Capacity on Yodo River Basin and Yamato River Basin  [in Japanese]

    OONISHI Fumihide , MASUDA Noboru , SHIMOMURA Yasuhiko , YAMAMOTO Satoshi , ABE Daishu

    本研究では, 人口, 降水量, 森林蓄積量土地利用形態などの地域環境要素による地域環境量とライフスタイルや技術水準などにより設定される単位負荷量の関数として地域環境容量を捉え, 1975年と1991年の二時期での比較試算によりその変動量, 変動要因, 変動構造, 変動速度の考察を行った。淀川水系と大和川水系における分析からCO<SUB>2</SUB>固定容量では単位負荷量は …

    Journal of The Japanese Institute of Landscape Architecture 61(5), 737-742, 1998-03-30

    J-STAGE  References (16)

  • Study on the Environmental Conservation Function of Paddy Field through the Casestudy in Nose-cho, Osaka Prefecture  [in Japanese]

    YAMAMOTO Satoshi , MASUDA Noboru , SHIMOMURA Yasuhiko , ABE Daishu , FUKUI Wataru , MACHITANI Tomoe

    本研究は, 大阪府能勢町における水田中心の農業・農村空間の生物相保全機能と景観保全機能を評価し, 両評価結果と土地利用特性と地形特性で表される空間特性並びに基盤整備事業の経過年数との関係を探った. その結果, 未整備の棚田地区は景観的価値が最も高い上に帰化植物の侵入率が低く植生の多様度も最も高い結果となった. 一方, 棚田地区で基盤整備が行われた地区では長大法面が発生し景観面に大きな負の影響を与え …

    Journal of The Japanese Institute of Landscape Architecture 61(5), 589-592, 1998-03-30

    JASI  J-STAGE  References (7) Cited by (4)

  • A Case Study on the Relationship between Rural Land Use and Avifauna in West Kobe and East Harima  [in Japanese]

    FUKUI Wataru , MASUDA Noboru , ABE Daisyu

    本研究は西神戸と東播磨地区の水田を中心とする農地の土地利用の分布形態と鳥類生息との関わりを把握することを目的とした。その結果, 都市近郊農村部では水田単一型の土地利用と施設栽培の畑地の構成比率が高い地区や市街地内に孤立した水田と畑地の地区で鳥類の個体数鳥種が少なく, 多様度指数も低くなった。一方, 都市近郊農村の中で水田, 露地栽培の畑地.二次林, 屋敷林を持つ集落地など多様な土地利用を構成する地 …

    Journal of The Japanese Institute of Landscape Architecture 61(5), 545-550, 1998-03-30

    JASI  J-STAGE  References (14) Cited by (7)

  • An Analysis of Environmental Capacity of the Three Metropolitan Areas in Japan by using GIS  [in Japanese]

    ONISHI Fumihide , MASUDA Noboru , ABE Daishu

    地理情報システム学会講演論文集 = Papers and proceedings of the Geographic Information Systems Association 6, 199-204, 1997-10-13

    References (6)

  • A Case Study on the Relationship between Rural Landscape and Avifauna at Urban Fringe Area in West Kobe  [in Japanese]

    FUKUI Wataru , KONDOH Kimio , ABE Daishu , MASUDA Noboru

    本研究は神戸市西部の都市近郊農村を対象に, 農村地域の土地利用特性と鳥類生息との関わりを年間を通じて明らかにした. その結果, 農耕地地区ならびに里山地区の両地区とも多くの鳥種が確認でき, 都市近郊において多様な鳥類の貴重な生息空間となっていることが明らかとなった. 水田や畑を中心とする農耕地地区内では, 二次林や自然林の鳥相が豊かであり, 特に二次林が鳥類にとって重要な環境を提供しているが, 水 …

    Journal of The Japanese Institute of Landscape Architecture 60(5), 553-556, 1997-03-28

    JASI  J-STAGE  References (12) Cited by (2)

  • A Study to Analyze the Patterns of Tourist Movements and Tourist Resources on Awaji Island  [in Japanese]

    WANG Hsui-Chin , ABE Daishu , MASUDA Noboru , SHIMOMURA Yasuhiko , YAMAMOTO Satoshi

    Papers on city planning 31, 127-132, 1996-11-01

    References (7)

  • A Study on the Impact of JR-Hanwa Railway's Stations in the South Part of Osaka Prefecture  [in Japanese]

    CHE Wentao , ABE Daishu , MASUDA Noboru , SHIMOMURA Yasuhiko , YAMAMOTO Satoshi

    Papers on city planning 31, 19-24, 1996-11-01

    References (8) Cited by (3)

  • A Study on the Land Use Changes in the South Part of Osaka Prefecture Using GIS  [in Japanese]

    CHE Wentao , ABE Daishu , MASUDA Noboru , SHIMOMURA Yasuhiko , YAMAMOTO Satoshi

    地域の適性な土地利用を実現するためには土地利用現況とその空間パターンを的確に把握することが重要となる。このような課題に対して, 技術革新が著しい地理情報システムの応用が数多く試みられているが, ベクタデータを用いた地域スケールの研究事例が日本国内では少ない現状にある。本研究では, 大阪府南部地域をケーススタディとして, GISの代表的なソフトウェアであるARC/INFOを用いて, 1973年と19 …

    Journal of The Japanese Institute of Landscape Architecture 59(5), 177-180, 1996-03-29

    JASI  J-STAGE  References (5) Cited by (1)

  • Study on the Design Method of the Urban Riverfront Space Using Animation Models of Computer Graphics  [in Japanese]

    SHIMOMURA Yasuhiko , MASUDA Noboru , YAMAMOTO Satoshi , ABE Daishu , SAKAI Tsuyoshi

    本研究では, 都市河川空間をシークエンシャルな景観として捉えるために, CGによるアニメーションモデル画像を橋上, 水上, 水際の3視点場について作成した。これらの画像を刺激媒体とした心理実験を通じて, 今後のスーパー堤防化を想定した空間整備に関する課題と方向性を探ることを目的とした。その結果視点場の違いにより景観性の評価は異なり, 橋上景観ではマクロな, 水上景観ではシークエンシャルな, 水際景 …

    Journal of The Japanese Institute of Landscape Architecture 59(5), 173-176, 1996-03-29

    JASI  J-STAGE  References (6) Cited by (2)

  • A Study on Evaluation of Tourist Development Potential on Awaji Island  [in Japanese]

    WANG Hsiu-Chin , ABE Daishu , MASUDA Noboru , SHIMOMURA Yasuhiko , YAMAMOTO Satoshi

    本研究では, 観光資源の多様性, 交通の利便性, 観光客の収容性, 観光開発のための未利用地の存在量の4つの指標から淡路島における観光開発の動向と現状の観光開発ポテンシャル評価を試みた。その結果, これまでの観光開発の動向から捉えた観光開発ポテンシャルは, 洲本市が最も高く, 北淡町と西淡町がこれに続く。一方, 三原町はポテンシャルが最も低いことが明らかとなった。以上の手法を用いで現状の観光開発ポ …

    Journal of The Japanese Institute of Landscape Architecture 59(5), 125-128, 1996-03-29

    JASI  J-STAGE  References (14)

  • Study on the Existing Effects of Irrigation Pond through the Questionnaires on Residents  [in Japanese]

    YAMAMOTO Satoshi , ABE Daishu , MASUDA Noboru , SHIMOMURA Yasuhiko , OKAMOTO Takashi

    本研究では, 大阪府堺市の市街化区域内に存在するため池を対象に, ため池の規模, 立地位置, 周辺状況といった存在形態やため池から居住者までの距離と, 近隣居住者が捉えたため池が保有する環境保全機能の評価との相互関係を明らかにすることを目的とした。その結果, 環境保全機能の評価は, ため池の存在形態によって異なっており, 自然供給機能, 景観形成機能, 利用機能では, 水辺周辺に樹林が多く, 水面 …

    Journal of The Japanese Institute of Landscape Architecture 58(5), 257-260, 1995-03-31

    J-STAGE  References (10) Cited by (2)

  • Study on Resident's Behavior of Block Park in Neighborhood  [in Japanese]

    SHIMOMURA Yasuhiko , MASUDA Noboru , ABE Daishu , YAMAMOTO Satoshi , SUZUKI Kosuke

    本研究では、街区公園を対象に、居住者から公園までの距離、近隣住区内の生活行動パターン、公園の内部状況と、街区公園の利用実態や公園の選択理由との相互関係を探った。その結果、居住者が街区公園を利用する際、最も近い公園を最もよく利用するとは限らないことが明らかとなった。これは、立ち寄りやすさや心理面での近さ等のアクセス面と公園の緑環境や施設整備水準等の内部状況が大きく影響するためである。従って、公園への …

    Journal of The Japanese Institute of Landscape Architecture 58(5), 217-220, 1995-03-31

    J-STAGE  References (5) Cited by (4)

  • Study on the Design Method of the Urban Riverfront Space Using the Computer Graphics  [in Japanese]

    ABE Daishu , MASUDA Noboru , SHIMOMURA Yasuhiko , YAMAMOTO Satoshi , KAGA Hiroyuki

    本研究では, コンピュ-タグラフィックスを用いて, 都市河川の基本構造モデルと修景緑化モデルを作成し, モデル画像を刺激媒体とした心理実験を通じて今後のスーパー堤防化に伴う都市河川の空間整備に関する課題と方向性を探った。その結果, 都市河川の空間整備に際しては, 河川空間のみならず沿川の建物の高さとの関係を考慮した一体的空間として景観形成を図ることが重要であること, 流路線形が曲線線形で河川幅と沿 …

    Journal of The Japanese Institute of Landscape Architecture 58(5), 185-188, 1995-03-31

    J-STAGE  References (5) Cited by (1)

  • Study on the Cognitive Evaluation for the Rural Landscape Based on the Small Drainage Basin through the Casestudy  [in Japanese]

    MASUDA Noboru , ABE Daishu , SHIMOMURA Yasuhiko , YAMAMOTO Satoshi , SUGIYAMA Fumi

    本研究では, 主な尾根筋を骨格とする分水界によって囲まれる「小流域」を解析単位として, 種々の開発によって変化を受けた農村の空間構造が農村景観に与える影響を景観評価を通じて明らかにすることによって, 農村景観の保全の方向性を探ることを目的とした。その結果, 農村景観の評価は, 解析単位である環境区が保有する地形特性と土地利用特性でほぼ9割がた説明できることが明らかとなった。その中で, 地形特性では …

    Journal of The Japanese Institute of Landscape Architecture 58(5), 169-172, 1995-03-31

    JASI  J-STAGE  References (6) Cited by (6)

  • A Quantitative Approach to Ecological Planning by Means of River Basin  [in Japanese]

    OONISHI Humihide , MASUDA Noboru , ABE Daisyu , NISHIWAKI Kunihiro , SUGIMOTO Michio , SATO Yoshiyuki

    環境情報科学 24(1), 59-71, 1995-03-15

    References (27) Cited by (7)

  • Landscape Studies based on the Research of Human Activities  [in Japanese]

    ABE Daishu , NAKASE Isao

    Journal of The Japanese Institute of Landscape Architecture 58(3), 312-315, 1995-02-28

    J-STAGE  References (117)

  • Report of the XXIII IFLA World Congress, Japan  [in Japanese]

    KOSHIMIZU H. , KUMAGAI Y. , TAKEUCHI K. , SUGIO S. , ABE D. , YOSHIDA H. , AKASAKA M. , MATSUSAKI J.

    造園雑誌 49(2), 75, 1985-12-19

  • 水が生みだすランドスケ-プ (水ぎわのまちづくり<特集>)  [in Japanese]

    安部 大就 , 久保 貞

    建築と社会 61(9), p35-39, 1980-09

  • 水が生みだすランドスケ-プ (水ぎわのまちづくり<特集>)  [in Japanese]

    安部 大就 , 久保 貞

    建築と社会 61(9), p35-39, 1980-09

Page Top