小林 康徳 KOBAYASHI Yasunori

ID:1000010132995

筑波大学構造工学系 (1997年 CiNii収録論文より)

Search authors sharing the same name

Articles:  1-15 of 15

  • Investigation of the Characteristics of Ice Slurry Containing Antifreeze Protein for Ice Storage Applications  [in Japanese]

    GRANDUM Svein , YABE Akira , NAKAGOMI Kazuya , TANAKA Makoto , TAKEMURA Fumio , KOBAYASHI Yasunori , IKEMOTO Mitsushi , FRIVIK Per-Erling

    Ice slurry systems have recently attracted much attention in Japan for their ability to reduce electricity peaks caused by high energy-consumption by air-conditioners in the daytime. While conventiona …

    Transactions of the Japan Society of Mechanical Engineers. Series B. 00063(00609), 1770-1776, 1997-05-25

    References (13) Cited by (4)

  • Microscale Analysis of Crystals in Ice Slurry Made from an Antifreeze Protein Solution  [in Japanese]

    GRANDUM Svein , YABE Akira , NAKAGOMI Kazuya , TANAKA Makoto , TAKEMURA Fumio , KOBAYASHI Yasunori , FRIVIK Per-Erling

    In order to clarify the crystal growth mechanism and to tealize the low-terperature heat transportation system of ice slurry made from an antifreeze protein (AFP) solution which consists of ice crysta …

    TRANSACTIONS OF THE JAPAN SOCIETY OF MECHANICAL ENGINEERS Series B 00063(00607), 1029-1034, 1997-03-25

    J-STAGE  References (19) Cited by (2)

  • Thermal Management in Space  [in Japanese]

    Kobayashi Yasunori

    Journal of the Society of Mechanical Engineers 97(910), 772-774, 1994

    J-STAGE  References (3)

  • 宇宙における熱制御問題  [in Japanese]

    小林 康徳

    機械の研究 44(7), p731-737, 1992-07

  • Numerical Analysis of Vapor Flow in the Condenser Region of a VHCP or Thermosyphon  [in Japanese]

    KOBAYASHI Yasunori , OKUMURA Akira

    A numerical analysis of two-dimensional vapor flow was conducted in the condenser region of a thermosyphon in the prerence of a noncondensable gas in that region. The governing equations are composed …

    Transactions of the Japan Society of Mechanical Engineers. Series B. 56(530), p3064-3070, 1990-10

  • Vapor Condensation in the Presence of Non-Condensable Gas in a Gravity Assisted Thermosyphon  [in Japanese]

    KOBAYASHI Yasunori , MATSUMOTO Tuyoshi

    An analytical model of upward condensing vapor flow in the presence of non-condensable gas in the condenser region of a gravity assisted thermosyphon was developed. The main objective is to examine th …

    Transactions of the Japan Society of Mechanical Engineers. Series B. 54(504), p1970-1976, 1988-08

  • 宇宙用2相流体ル-プ蒸発器の熱輸送特性  [in Japanese]

    野村 洋志 , 小林 康徳

    Aeronautical and space sciences Japan 35(406), p538-545, 1987-11

  • ヒ-トパイプ熱サイクルとその応用  [in Japanese]

    小林 康徳

    機械の研究 39(5), p577-582, 1987-05

  • Thermal Design of "SAKIGAKE" and "SUISEI"  [in Japanese]

    OHNISHI Akira , HAYASHI Tomonao , KOBAYASHI Yasunori , IIDA Toru , MATSUFUJI Yukio , KATOH Seiichi , MACHIDA Tsuneo

    惑星間探査機「さきがけ」, 「すいせい」は, 地球周回衛星の様にアルベドあるいは地球からの赤外放射といった煩わしい熱入力がない代りに, 両探査機がハレーに遭遇するまでに受ける太陽光の受光強度は最高「さきがけ」で周回衛星の約1.5倍, 「すいせい」で約2倍となり, 熱的に変化量の大きい外部環境に曝される。したがって, この様な熱環境の変化に対処するため探査機の熱設計は外部から探査機内部への伝導および …

    宇宙科学研究所報告. 特集: ハレー彗星探査計画報告 (19), 57-64, 1987-03

    IR  Cited by (1)

  • A Concept of Heat Pipe Thermodynamic Cycle and Its Cycle Systems  [in Japanese]

    KOBAYASHI Yasunori

    ヒートパイプの作動原理を拡張した新しい熱力学サイクルを提案し,このサイクルを用いた熱機関の特徴を議論した.このサイクルは作動流体の飽和液体と飽和蒸気の曲線で囲まれた領域で完結する二つの断熱変化と二つの等容変化で成り立つ.熱機関としては,熱シャッタという機構で機械的に蒸気凝縮による圧力変動をじゃっ起させることにより,低温度領域で,しかも低温度差(あるいは),低圧力差のもとで動作させることが可能である …

    Transactions of the Japan Society of Mechanical Engineers. Series B. 52(474), p705-712, 1986-02

  • HEAT PIPE THERMODYNAMIC CYCLE AND ITS APPLICATIONS  [in Japanese]

    KOBAYASHI Yasunori , NOMURA Hiroshi , KOMATSU Takahiro

    資料番号: SA0166070000

    宇宙科学研究所報告 (26), p1-22, 1985-05

    IR 

  • 新型ヒ-トパイプエンジン  [in Japanese]

    小林 康徳

    The Energy conservation 36(11), p23-27, 1984-10

  • A Concept of Heat Pipe Engine  [in Japanese]

    KOBAYASHI Yasunori

    ヒートパイプ原理の応用の一つとして「ヒートパイプエンジン」を提案する。このエンジンは, ヒートパイプ状容器の定常作動状態において何らかの方法によって冷却部を周期的に開閉することにより, 管内の蒸気を間歇的に凝縮させて蒸気圧を変動させ, この圧力変動部分を直接仕事として外界に取り出そうとする熱機関である。従って, 作動流体の相変化に伴って大きな圧力変動を生じさせることが肝要であるが, 適当な作動流体 …

    宇宙科学研究所報告 特集 (3), p231-242, 1982-03

    IR 

  • Launch Optimization of Artificial Satellites on the point of view of Thermal Design  [in Japanese]

    KOBAYASHI Yashinori

    比較的低高度の地球軌道上を飛行する人工衛星に対する,太陽ふく射・地球のアルビドおよびその赤外温度ふく射による熱入力を計算する方法の展望を行ない,特に,あとの二つに対して重要な効果を持つ衛星表面と地球表面との間の形態係数の求め方について,幾つかの方法を提示した.これらの方法を使用して,ある軌道・姿勢の条件のもとに飛行している衛星に対する熱入力を計算するプログラムが示された.このプログラムを使用して, …

    Bulletin of the Institute of Space and Aeronautical Science, University of Tokyo 6(3A), 509-548, 1970-07

    IR 

  • Rarefied Gas Flow Around a Cylinder  [in Japanese]

    KOBAYASHI Yasunori , OSHIMA Koichi

    アルゴンガスを用いて,レイノルズ数が数10程度,クヌーセン数が1前後,マッハ数が1.5程度の稀薄な弱く電離した気体の流れを作り,その中におかれた円柱のまわりの電位分布,荷電粒子の密度分布を単静電探針を用いて測定した.また,円柱に一定の電位を与えた場合および流れの場に一様な磁場を与えたときのこれらの分布の変化を測定された.この結果,連続流体としての特徴である衝撃波は表われず,円柱の上流と下流での密度 …

    Bulletin of the Institute of Space and Aeronautical Science, University of Tokyo 4(1A), 18-25, 1968-01

    IR 

Page Top