境田 清隆 Sakaidakiyotaka

ID:1000010133927

東北大学大学院環境科学研究科 Graduate School of Environmental Studies, Tohoku University (2016年 CiNii収録論文より)

Search authors sharing the same name

Articles:  1-20 of 52

  • 1 / 3
  • Vegetation Changes and Their Causes in Otindag Sandy Land Inner Mongolia::Study from 1982-2014 Satellite-Derived Data  [in Japanese]

    Yongmei , SAKAIDA Kiyotaka

    Otindag Sandy Land, located in the Xilingol grassland in Inner Mongolia, exemplifies the significant increase in grassland degradation in recent years, which has drawn attention as a source of dust st …

    Kikan Chirigaku 68(1), 15-30, 2016

    J-STAGE 

  • Frequency distribution of raindrop size observed by an optical disdrometer in the Tokyo Metropolitan area

    Seto Yoshihito , Takahashi Hideo , Sakaida Kiyotaka , Sawada Yasunori , Mikami Takehiko , Yokoyama Hitoshi

    <b>1. はじめに</b><br>   降水時における雨滴粒径の頻度分布は,降水形態や降水強度によって変化することが知られている(Marshall and Palmer, 1948など).地域や季節,擾乱などによる降水特性の差異とともに,強雨をもたらす対流雲の盛衰等の把握において,雨滴粒径の頻度分布は …

    Proceedings of the General Meeting of the Association of Japanese Geographers 2015a(0), 100117, 2015

    J-STAGE 

  • Climatological Features of Winter Lightning Activity in the Coastal Area of Sea of Japan, Tohoku and Hokuriku District  [in Japanese]

    TSURUSHIMA Daiki , SAKAIDA Kiyotaka , HONMA Noriyasu

    This research clarified some statistical features of winter lightning activity in the coastal areas of Sea of Japan based on observational data obtained by Lightning Location System (LLS) in Tohoku di …

    Kikan Chirigaku 65(4), 189-206, 2014

    J-STAGE 

  • Climatological Study on the Occurrence of Land and Sea Breezes in Tohoku District on Calm Days during Warm Period  [in Japanese]

    TAKIMOTO Ieyasu , SAKAIDA Kiyotaka

    The purpose of this study is to investigate the occurrence of land and sea breezes in Tohoku district on calm days during warm period. The investigated period covers from May to October of 1993-1995.& …

    Kikan Chirigaku 64(1), 1-11, 2012-05-30

    J-STAGE  References (18)

  • 震災とリモートセンシングと学会活動  [in Japanese]

    SAKAIDA K.

    Journal of The Remote Sensing Society of Japan 32(1), 32_1_x1-32_1_x1, 2012-01-30

    J-STAGE 

  • Effects of Sea Breezes on Mitigating Urban Heat Island Phenomenon : Vertical Observation Results in the Urban Center of Sendai  [in Japanese]

    SAKAIDA Kiyotaka , EGOSHI Akira , KURAMOCHI Masayuki

     The mitigation of the urban heat island phenomenon by local circulations of land and sea breezes has recently become a subject of major interest. This study aims to clarify the effects of sea br …

    Journal of Geography (Chigaku Zasshi) 120(2), 382-391, 2011-04-25

    J-STAGE  References (11) Cited by (2)

  • 東京周辺における落雷頻度分布の特徴と都市の影響に関する研究  [in Japanese]

    鶴島 大樹 , 境田 清隆 , 本間 規泰

    季刊地理学 = Quarterly journal of geography 62(3), 158-159, 2010-11-15

  • ヤマセ型冷夏の出現傾向について  [in Japanese]

    境田 清隆 , 石川 卓 , 八木澤 陶史

    季刊地理学 = Quarterly journal of geography 62(1), 35-36, 2010-03-15

  • Resent Vegetation Change and its Causes,in Xilingol Grassland,Inner Mongolia Autonomous  [in Japanese]

    yong mei , sakaida kiyotaka

    1. はじめに<br> 内モンゴル自治区では,中国で有名な4つの沙地のすべてが存在している.その中で近年渾善达克沙地における漠化の進展が著しいため,注目を集めている(秋山2003,Zheng 2006).また,沙漠化の要因は過放牧等の人為的要因がとりあげられ(聂 2005),2001年から「禁牧」,「退耕還林還草」,「京津風沙源治理工程」,「生態移民」等の政 …

    Proceedings of the General Meeting of the Association of Japanese Geographers 2010f(0), 102-102, 2010

    J-STAGE 

  • Climatic condition of sand storm occurrence in Inner Mongolia  [in Japanese]

    Sakaida Kiyotaka , Yong Mei , Otsuki Yoshinori

    1. はじめに<br>中国内蒙古の砂漠化は、日本に飛来する黄砂の増加などからも注目されてきたが、内蒙古の砂漠化と日本で観測される黄砂との間にはいくつもの媒介項が存在する。発表者らは2003年度から内蒙古の砂漠化を共同で研究してきたが、ここでは2007年から実施してきた砂塵暴の観測事例と、砂塵暴発生に関わる気候条件の考察結果について報告する。<br><br>2.  …

    Proceedings of the General Meeting of the Association of Japanese Geographers 2010f(0), 38-38, 2010

    J-STAGE 

  • About the Cause of Otindag Sandy Land's Desertification in the Midland of Inner Mongolia, China  [in Japanese]

    YONG Mei , SAKAIDA Kiyotaka

    季刊地理学 = Quarterly journal of geography 61(3), 183-184, 2009-09-15

  • Effect of sea breeze on mitigation of urban heat island:Vertical observation results in urban center of Sendai  [in Japanese]

    SAKAIDA Kiyotaka , KURAMOCHI Masayuki

    比較的海水温が低い太平洋に接する仙台では、暖候季の日中に海風が発達し、低温な海風が日中の昇温を阻害する「頭打ち」現象が知られる。発表者は以前、仙台平野に展開している小学校の百葉箱の気温観測データを使用し、海風による気温の低減(冷却効果)量を算定し、海岸からの距離が同程度であるならば、都心における冷却効果が郊外をむしろ上回ることを示した(江越・境田,2005)。ラフネスの大きな都心では地表における海 …

    Proceedings of the General Meeting of the Association of Japanese Geographers 2009s(0), 258-258, 2009

    J-STAGE 

  • Cloud to Ground Lightning pattern over metropolitan area of Japan, observed by Lightning Location System (LLS)  [in Japanese]

    Tsurushima Daiki , Sakaida Kiyotaka , Takahashi Yukihiro , Honma Noriyasu

    近年、都市化によるヒートアイランド(UHI)や大気汚染により、大都市周辺にて落雷頻度の高い領域が出現するとの報告がある(Steiger and Orville, 2002, Naccarato et al, 2003)。この原因として、UHIによる雲内の上昇流の強化やエアロゾル粒子による雷雲の変質などを挙げているが、詳細は不明である。本研究は東北電力(株)所有の落雷位置評定システム(LLS)を用い …

    Proceedings of the General Meeting of the Association of Japanese Geographers 2009f(0), 137-137, 2009

    J-STAGE 

  • Vegetation Change and its Climatological Analysis in Hunshandake Sandy Land, the Central Innner Mongolia  [in Japanese]

    Yongmei Yongmei , SAKAIDA Kiyotaka

    1. はじめに<br>中国内モンゴル自治区中部の渾善达克(フンシャンダーガ)沙地(41.25°N-44.5°N,112.25°E-117.5°E)は,乾燥,半乾燥地域と半湿潤地域との境界地域に位置する。近年沙漠化の進展が著しいと言われ, 首都北京に近く砂塵暴の発生源として注目を集め、様々な研究が行われている。衛星データを用いて渾善达克沙地地域の沙漠化について …

    Proceedings of the General Meeting of the Association of Japanese Geographers 2009f(0), 10-10, 2009

    J-STAGE 

  • P109 LLSにより観測された首都圏周辺における落雷頻度分布  [in Japanese]

    鶴島 大樹 , 境田 清隆 , 高橋 幸弘 , 本間 規泰

    大会講演予講集 96, 341, 2009

    NDL Digital Collections 

  • Has "Bomb" around Japan been Increasing?  [in Japanese]

    SAKAIDA Kiyotaka , SHONAI Satoshi

    季刊地理学 = Quarterly journal of geography 60(3), 172, 2008-11-25

  • Climatic condition of sand storm occurrence in Inner Mongolia  [in Japanese]

    SAKAIDA Kiyotaka , YONG Mei , OTSUKI Yoshinori

    1. はじめに<BR> 中国内蒙古の砂漠化は、日本に飛来する黄砂の増加などからも注目されてきたが、内蒙古の砂漠化と日本で観測される黄砂との間にはいくつもの媒介項が存在する。発表者らは2003年度から内蒙古の砂漠化を共同で研究してきたが、ここでは現地観測による砂塵暴の観測事例と、砂塵暴発生に関わる気候条件の考察結果について報告する。<BR>2. 方法<BR> 発表 …

    Proceedings of the General Meeting of the Association of Japanese Geographers 2008f(0), 32-32, 2008

    J-STAGE 

  • Effect of wind on formation and mitigation of urban heat island:Vertical observation results in urban center of Sendai  [in Japanese]

    SAKAIDA Kiyotaka , NOMURA Ryosuke

    <BR> ヒートアイランドの原因として、人工排熱の増加や潜熱交換量の減少などと並んで、市街化地域の鉛直混合の活発さが挙げられる。すなわち市街地においては、高層建物が立ち並ぶことにより、風の乱れが大きくなり、鉛直混合が活発化する。その結果、郊外では放射冷却によって夜間から早朝にかけて形成される接地逆転層が、市街地では形成されにくく、地表付近では市街地が高温となるとされている。また昼間には …

    Proceedings of the General Meeting of the Association of Japanese Geographers 2008s(0), 84-84, 2008

    J-STAGE 

  • Gully Erosion Rate and Holocene Geomorphic Environment in Wûchuān County,Inner Mongolia, China  [in Japanese]

    OTSUKI Yoshinori , SAIJO Kiyoshi , SAKAIDA Kiyotaka

    中国内蒙古自治区において土地条件劣化が懸念される地域の一事例として、呼和浩特市武川県の農耕地におけるガリー形成について検討した。具体的には近年の観測結果等に基づくガリー浸蝕速度、ガリー形成に関わる地盤条件、および完新世中盤以降の地形形成環境との関わり等について報告する。 調査地域は、大青山山地(黄河中流低地北隣、陰山山脈の一部)の北側背後、武川構造盆地内にある。武川における年平均気温は2.5℃(武 …

    Proceedings of the General Meeting of the Association of Japanese Geographers 2008f(0), 85-85, 2008

    J-STAGE 

  • 1 / 3
Page Top