河村 誠 KAWAMURA Makoto

ID:1000010136096

広島大学病院予防歯科 Preventive Density, Hiroshima University Hospital (2012年 CiNii収録論文より)

Search authors sharing the same name

Articles:  1-20 of 114

  • A Study on the Improvement of Dental Health Education Methods for Junior High School Students  [in Japanese]

    SASAHARA Hisako , SHIMAZU Atsushi , KAWAMURA Makoto , TAGUCHI Norihiro , OGAWA Tetuji

    中学生という時期は,身体的,精神的に大きな変動を遂げる時期である.そのため,歯科保健指導を行うにしても,中学生という年齢に特化した方法を検討する必要がある.本研究では,研修歯科医による歯科保健指導の1か月後,指導を受けた中学生に健康や身体に関わる身の回りに対する考え方と,歯科保健指導後の変化を尋ねる質問紙調査を行い,その回答から,歯科保健指導の効果に影響する要因を分析した.その結果,[自分で健康を …

    JOURNAL OF DENTAL HEALTH 62(1), 53-60, 2012

    J-STAGE  Ichushi Web  References (14) Cited by (1)

  • Factors Causing Melanin Pigmentation in Children's Gingiva  [in Japanese]

    MIURA Kozue , OTANI Satoko , SUZUKI Junji , KAIHARA Yasutaka , MITSUHATA Chieko , KONISHI Yukiko , KAWAMURA Makoto , KOZAI Katsuyuki

    近年,小児の歯肉のメラニン色素沈着は受動喫煙が関係しているとの報告が多くある。しかし受動喫煙環境下にない小児の歯肉にもメラニン色素がみられることがあり,これについて検討を行った報告はあまりない。そこで,小児の歯肉のメラニン色素沈着の要因となる可能性のある項目ついて研究した。3~11 歳の日本人小児50 名を対象に,歯肉のメラニン色素沈着を,沈着濃さと沈着範囲の2 項目で判定した。沈着濃さは「ない」 …

    The Japanese Journal of Pediatric Dentistry 49(1), 11-19, 2011-03-25

    J-STAGE  Ichushi Web  References (17)

  • Experience Activity of Dental School Students in the Planning, Preparation, and Performance of Oral Health Education in a Junior High School  [in Japanese]

    SHIMAZU Atsushi , SASAHARA Hisako , NIITANI Yoshie , MATSUMOTO Atsue , HARA Kumiko , NOSOU Maki , SUGIYAMA Masaru , KAWAMURA Makoto

    日本歯科医学教育学会雑誌 = Journal of Japanese Association for Dental Education 26(3), 337-343, 2010-12-20

    Ichushi Web  References (9)

  • A Study to Evaluate the Questionnaire on Clinical Training as Vocational Education  [in Japanese]

    SASAHARA Hisako , KAWAMURA Makoto , TAGUCHI Norihiro , OGAWA Tetsuji , NIKAWA Hiroki

    日本歯科医学教育学会雑誌 = Journal of Japanese Association for Dental Education 26(1), 32-39, 2010-04-20

    Ichushi Web  References (10) Cited by (1)

  • Status of periodontal diseases in Junior high school students for 3-year period  [in Japanese]

    林 文子 , 保田 利恵 , 中田 啓子 [他] , 角本 法子 , 坪井 文 , 河村 誠 , 香西 克之

    歯周疾患は齲蝕とならぶ口腔の二大疾患である。歯周疾患は中高年に罹患者が多い疾患であるが, 若年性歯周炎のように10代から発症するものもある。今回, 10代前半である中学生を対象に歯周状態について3年間にわたり縦断調査を行う機会を得た。対象は2010年度に本学附属中学校に在籍した中学3年生で, 中学1年生および中学2年生時に歯周疾患に関する口腔内診査を行った生徒68名とした。口腔内診査では, Gin …

    The Annals of educational research (39), 309-311, 2010

    IR  DOI 

  • Examination Errors in a Mass Dental Checkup without Calibration at a School  [in Japanese]

    SASAHARA Hisako , HAYASHI Fumiko , OKADA Mitsugi , SHIMAZU Atsushi , KAWAMURA Makoto , KOZAI Katsuyuki

    すべての小,中学校および高等学校には,歯科疾患に対する予防処置と保健指導を行う学校歯科医が置かれている.しかし,学校歯科健康診断には,学校歯科医以外の多くの歯科医師が携わることがあり,その際,事前に入念な診査基準の擦り合わせ(キャリブレーション)が実施されるとは限らない.また,光量不足や受診者の姿勢など健康診断には困難が伴うことが多い.本調査では,広島県内にある某中高一貫校での学校歯科健康診断結果 …

    JOURNAL OF DENTAL HEALTH 60(5), 569-574, 2010

    J-STAGE  Ichushi Web  References (7) Cited by (1)

  • The Factor Related to the Increase of Awareness in Oral Health Promotion for Junior High School Students  [in Japanese]

    SHIMAZU Atsushi , SASAHARA Hisako , KAWAMURA Makoto

    歯科医師にとって,対患者だけでなく,地域社会における歯科の専門家として,健康な人を含めた対住民のコミュニケーションの確立は忘れてはならない重要事項である.広島大学歯学部では,口腔衛生学実習の一環として,地元中学校で歯科保健活動を行ってきた.この公衆衛生的な予防活動は,受け手である中学生に伝わってきたのであろうか.そこで今回,保健指導直後,対象者全員に対して質問紙調査を実施し分析を行った.質問紙調査 …

    JOURNAL OF DENTAL HEALTH 60(2), 104-111, 2010

    J-STAGE  Ichushi Web  References (12) Cited by (2)

  • Status of periodontal diseases in junior high school students  [in Japanese]

    林 文子 , 保田 利恵 , 中田 啓子 [他] , 鈴木 淳司 , 河村 誠 , 香西 克之

    歯周疾患は齲蝕とならぶ口腔の二大疾患である。歯周疾患は中高年に罹患者が多いとされているが, 若年性歯周炎のように10代から発症する場合もある。今回, 10代前半である中学生を対象に歯周状態について縦断調査を行う機会を得た。対象は2009年度に本学附属中学校に在籍した中学2年生で, 中学1年生時に歯周疾患に関する口腔内診査を行った生徒68名とした。口腔内診査では, Gingival index(GI …

    The Annals of educational research (38), 315-318, 2009

    IR  DOI 

  • The Influence of Parents' Attitude toward Child-raising on the Dental Health Condition of their Children  [in Japanese]

    SASAHARA Hisako , KAWAMURA Makoto

    幼児のう蝕への影響因子として,生活習慣を検討した報告は多い.この生活習慣の根本には保護者の養育態度が存在している可能性があるにもかかわらず,両者の関連性を検討した報告はほとんど見あたらない.本研究では,某保健センターの1歳6か月児健診および3歳児健診を受診した幼児とその保護者1,419組について,1歳6か月時点の保護者の養育態度と3歳時点の幼児のう蝕罹患状態との関連性を検討した.その結果,養育態度 …

    JOURNAL OF DENTAL HEALTH 59(2), 118-124, 2009

    J-STAGE  Ichushi Web  References (10)

  • Effect of educational dental system using a computer training soft 'Picar' on the improvement of school nurse students' ability to assess periodontal status  [in Japanese]

    梶原 京子 , 河村 誠 , 田中 義人 [他]

    Japanese journal of school health 50(3), 166-174, 2008

    Ichushi Web 

  • Status of periodontal diseases and prevalence of periodontal pathogens in junior high school students  [in Japanese]

    林 文子 , 保田 利恵 , 中田 啓子 [他] , 鈴木 淳司 , 岡田 貢 , 河村 誠 , 香西 克之

    歯周病は歯周病原細菌が感染することによって惹起される疾患である。今回, 2008年度に本学附属中学校に在籍した中学1年生のうち, 保護者からの同意が得られた生徒71名を対象とし, 口腔内診査後, ブラッシングにより採取したプラークから歯周病原細菌の検出を行った。その結果, 被験者の91.5%が歯肉炎と評価された。しかし,Gingival indexおよびBleeding indexともに低い値であ …

    The Annals of educational research (37), 275-278, 2008

    IR  DOI 

  • Changes in Dental Health Behavior of Mothers Participated in the "Dental Health Check-up for Mothers and Children"  [in Japanese]

    SASAHARA Hisako , KAWAMURA Makoto

    広島大学歯学雑誌 39(2), 140-143, 2007-12-01

    Ichushi Web  References (14)

  • A survey on dental caries experience in schoolchildren  [in Japanese]

    岡田 貢 , 河村 誠 , 保田 利恵 [他] , 國清 あやか

    The Annals of educational research (36), 503-505, 2007

    IR  DOI 

  • The Influence of Mothers' Age and the Birth Order of their Children on their Dental Health Behavior at the 18-month-old Health Check-up  [in Japanese]

    SASAHARA Hisako , OTANI Hiroyuki , SATO Mihoko , KAWAMURA Makoto

    近年,母子に対する歯科保健活動は随所で行われており,母親が子どもを育てる過程で母親自身が教育され歯科保健行動が良好になることが予想される.また,その基盤には子どもを育てることとは無関係な歯科保健行動に対する変動要因も存在するであろう.そこで,本研究では,HU-DBI(歯科保健行動目録)を用いて1歳6か月児健診時に母親の歯科保健行動調査を実施し,母親の年齢階層(育児以外の一般的な部分での教育)および …

    JOURNAL OF DENTAL HEALTH 57(5), 671-678, 2007

    J-STAGE  Ichushi Web  References (20) Cited by (1)

  • The Evaluation of Clinical Trainings in the Preventive Dentistry Dental Hygiene Students' Self-evaluation of Clinical Skills  [in Japanese]

    SASAHARA Hisako , SHIMODA Tetsuko , SASAHARA Hideo , KAWAMURA Makoto

    近年,歯科治療の高度化や在宅医療の必要性の増加などの社会的要因により,歯科衛生士を養成する2年制の専門学校や短期大学は,3年制の専門学校や短期大学,もしくは4年制の大学へと移行した.そのなかで,どのような臨床実習を行っていくべきかが大きな課題となっている.広島大学病院予防歯科においても,平成17年度末で2年制専門学校学生の臨床実習が完全に終了した.以降は,より長い修業期間をもつ学生に対する臨床教育 …

    JOURNAL OF DENTAL HEALTH 57(3), 201-207, 2007

    J-STAGE  Ichushi Web  References (10) Cited by (1)

  • Survey of Insurance against Medical Malpractice and Accident Insurance Carried by Dentists in the Postgraduate Clinical Training Course  [in Japanese]

    SASAHARA Hisako , KAWAMURA Makoto , TAGUCHI Norihiro , OGAWA Tetsuji

    日本歯科医学教育学会雑誌 = Journal of Japanese Association for Dental Education 22(1), 42-46, 2006-04-20

    Ichushi Web  References (4)

  • Development of Computer-Aided Diagnosis Scheme for Periodontal Disease : Quantitative Computerized Analysis of Periodontal Status  [in Japanese]

    UCHIYAMA Yoshikazu , KAWAMURA Makoto , SASAHARA Hisako , OKADA Mitsugi

    Medical Imaging Technology 24(2), 125-132, 2006-03-25

    J-STAGE  Ichushi Web  References (13)

  • Effects of using the computer-based training program, DAAGS, on the ability of students to assess periodontal health status in a program for school nurses  [in Japanese]

    梶原 京子 , 河村 誠 , 津島 ひろ江 [他] , 田中 義人

    本研究では,看護学生の養護教諭資格取得講座を履修している学生を対象に,コンピュータ・トレーニングソフト『歯グキを見る眼を養おう』(ダーグズ)を2 度(初回時ならびに3 週間後)体験させ,学生の歯周状態の判断成績の変化を見るとともに,ダーグズの歯科保健教育に対する有用性についてアンケート調査を行った.その結果,歯周状態の判定指標である一致数,再現数,的はずれ回答数のいずれにおいても成績の向上が確認さ …

    Journal of health sciences, Hiroshima University 5(2), 70-76, 2006-03

    IR  DOI  Ichushi Web 

  • A program for oral health promotion using intra oral scanner system  [in Japanese]

    天野 秀昭 , 原 久美子 , 藤本 比登美 , 河村 誠 , 岡田 貢 , 溝上 直美 , 森長 俊六 , 石原 義文 , 橋本 直子 , 伊賀 泰恵

    学部・附属学校共同研究紀要 (34), 475-479, 2006-03

    IR  DOI 

  • Relation between the oral health bahavior of children and their gingival health condition  [in Japanese]

    保田 利恵 , 國清 あやか , 河村 誠 [他] , 岡田 貢

    The Annals of educational research (35), 355-358, 2006

    IR  DOI 

Page Top