加藤 裕一 Kato Yuichi

Articles:  1-20 of 116

  • Proposal and Considerations for a Statistical Reduct Method  [in Japanese]

    水野 祥太郎 , 加藤 裕一 , 佐伯 徹郎

    システム制御情報学会研究発表講演会講演論文集 60, 5p, 2016-05-25

  • 判別問題に対する数量化Ⅱ類とSTRIMの性能比較に関する考察 (システム数理と応用)  [in Japanese]

    北崎 雄也 , 加藤 裕一 , 佐伯 徹郎

    電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報 115(480), 85-90, 2016-03-03

  • Considerations on a Statistical Reduct Method for the Decision Table  [in Japanese]

    Kato Yuichi , Saeki Tetsuro , Mizuno Shoutaro

    ラフ集合理論は決定表と呼ばれるデータベースから,このデータ集合に埋もれた規則をif-thenルール形式で導出する手法として利用される。ルール導出の際に決定属性に関与しない条件属性を除去し,必要十分な条件属性を見出す決定表の簡約化操作(縮約)が行われる。本論文では,従来のラフ集合理論のルール導出原理をまとめた後,従来法の縮約操作の問題点を具体的に指摘する。次いでこれらの問題点を改善する統計的縮約法を …

    Technical report of IEICE. SS 114(416), 97-102, 2015-01-26

  • Considerations on a Statistical Reduct Method for the Decision Table  [in Japanese]

    Kato Yuichi , Saeki Tetsuro , Mizuno Shoutaro

    ラフ集合理論は決定表と呼ばれるデータベースから,このデータ集合に埋もれた規則をif-thenルール形式で導出する手法として利用される。ルール導出の際に決定属性に関与しない条件属性を除去し,必要十分な条件属性を見出す決定表の簡約化操作(縮約)が行われる。本論文では,従来のラフ集合理論のルール導出原理をまとめた後,従来法の縮約操作の問題点を具体的に指摘する。次いでこれらの問題点を改善する統計的縮約法を …

    Mathematical Systems Science and its Applications : IEICE technical report 114(415), 97-102, 2015-01-26

  • Principle on if-then rule induction by STRIM and its confirmation for usefulness  [in Japanese]

    加藤 裕一 , 佐伯 徹郎 , 水野 祥太郎

    人工知能学会全国大会論文集 29, 1-4, 2015

  • Studies on If-then Rule Induction by Statistical Rough Set Method and its Simulation Experiment  [in Japanese]

    Kato Yuichi , Saeki Tetsuro

    ラフ集合理論は決定表と呼ばれるデータベースから,このデータ集合に埋もれた規則をif-thenルール形式で導出する手法として利用される。本論文では,従来のラフ集合理論のルール導出手法をまとめた後,従来法の問題点をシミュレーション実験により具体的に指摘する。次いでこれらの問題点を改善する統計的ラフ集合手法とそのルール導出アルゴリズム(STRIM)を提案する。STRIMの正当性と有効性をシミュレーション …

    Technical report of IEICE. SS 113(422), 89-94, 2014-01-30

  • Studies on If-then Rule Induction by Statistical Rough Set Method and its Simulation Experiment  [in Japanese]

    Kato Yuichi , Saeki Tetsuro

    ラフ集合理論は決定表と呼ばれるデータベースから,このデータ集合に埋もれた規則をif-thenルール形式で導出する手法として利用される。本論文では,従来のラフ集合理論のルール導出手法をまとめた後,従来法の問題点をシミュレーション実験により具体的に指摘する。次いでこれらの問題点を改善する統計的ラフ集合手法とそのルール導出アルゴリズム(STRIM)を提案する。STRIMの正当性と有効性をシミュレーション …

    Mathematical Systems Science and its Applications : IEICE technical report 113(421), 89-94, 2014-01-30

  • 2011年秋季研究発表会(研究発表会報告)  [in Japanese]

    Mizoguchi Akio

    THE JOURNAL OF THE ACOUSTICAL SOCIETY OF JAPAN 68(2), 104, 2012

    J-STAGE 

  • A Proposal of a New Factor Analysis Method Based on the Semantic Differential Technique and Its Application to Tone Color Analysis  [in Japanese]

    SAEKI Tetsuro , KATO Yuichi

    In this paper, tone color analysis problem is actually studied based on the data rated by the semantic differential technique and points out that a semantic inconsistent correlation may be caused if t …

    Transactions of the Institute of Systems, Control and Information Engineers 21(4), 120-128, 2008-04-15

    J-STAGE  References (15)

  • Road traffic noise prediction for external wall of high-rise multifamily dwellings in the city  [in Japanese]

    北川 保 , 林 貴史 , 加藤 裕一

    社団法人日本騒音制御工学会春季研究発表会講演論文集 2008(4), 5-8, 2008

  • Proposed criterion for eliminating extraneous abnormal sounds mixed in road traffic noise  [in Japanese]

    Kato Yuichi , Saeki Tetsuro , Kitagawa Tamotsu

    道路に面する地域の騒音を評価する場合,適用対象外の騒音や評価の妨げになる騒音は除外して測定・評価することが評価マニュアルに記されている。これを実施するには,1)対象外の音の検出法と,2)妨げとなるか否かの判断基準が必要である。本論文は,1)に関しては何等かの方法で適用対象外の音を検出した状況を出発点として,2)の判断基準をどのように設定してこの音を処理すべきかを考察したものである。具体的には,除外 …

    THE JOURNAL OF THE ACOUSTICAL SOCIETY OF JAPAN 64(7), 382-388, 2008

    J-STAGE  References (12)

  • Effectiveness of Insulation System and Masking Noise to Protect Speech Privacy  [in Japanese]

    MOTOHIRO Akinari , SAEKI Tetsuro , TAMESUE Takahiro , KATO Yuichi , YAMAGUCHI Shizuma

    スピーチプライバシーを保護するための方法として、遮音システムを設置する方法と雑音を用いて音声をマスクする方法の2つが考えられる。これまでの研究では、これら2つのうちの1つの方法を個別的に用いたスピーチプライバシー保護について考察してきた。しかしながら、上記の2つの方法を併用することにより、遮音システムの簡易化による設置コスト削減ができ、マスキング用雑音をより小さくすることによるうるささの低減ができ …

    IEICE technical report 106(312), 31-36, 2006-10-19

    References (5)

  • Method of Detecting Extraneous Abnormal Sounds Affecting the Road Traffic Noise : Effect of Time Weighting of the Sound Level Meter on the Necessary Condition Model  [in Japanese]

    HAYASHI Takashi , KITAGAWA Tamotsu , KATO Yuichi

    騒音制御 = JOURNAL OF INCE/J 30(3), 241-248, 2006-06-01

    References (6) Cited by (1)

  • A Study on Localization and Audibility of Informative Sound for Movement Support  [in Japanese]

    SAEKI Tetsuro , TAMESUE Takahiro , YAMAGUCHI Shizuma , KATO Yuichi

    視覚障害者等の移動困難な人が目的地へ移動する上で、案内音は重要な役割を果たす。現在様々な施設で案内音が実際に導入されているが、案内の行われる場所やその場所での案内音の音響特性についての指針が統一されていないため、案内音の標準化が必要とされている。案内音は聞き取りやすいだけでなく目的に応じて的確に方向定位できる必要もあるが、現用の案内音の設計に当たって方向定位までは考慮されていないように思われる。以 …

    IEICE technical report 105(348), 49-54, 2005-10-14

    References (5)

  • A experiment on measuring the gastric vermiculation by use of a vibration acceleration sensor  [in Japanese]

    KIMURA Y. , KATO Y. , YAMAGUCHI S.

    日本音響学会研究発表会講演論文集 2005(1), 513-514, 2005-03-08

    References (1)

  • 道路交通騒音レベル計測値の一異常値検出法--必要条件集合モデル (社団法人日本騒音制御工学会〔平成17年〕春季研究発表会講演論文集) -- (道路交通騒音の調査・予測技術の進化(1))  [in Japanese]

    林 貴史 , 北川 保 , 加藤 裕一

    社団法人日本騒音制御工学会春季研究発表会講演論文集 2005(4), 9-12, 2005

    Cited by (1)

  • A study on the method for detecting abnormal sounds contaminating the road traffic noise : In the case of detecting minutely fluctuating sounds  [in Japanese]

    Hayashi Takashi , Kitagawa Tamotsu , Fukuda Masaki , Kato Yuichi

    従来道路交通騒音に混入する異常な音を, サンプリングごとの騒音レベルデータとその変化量(L(i), ΔL(i))の必要条件集合を利用して検出することが提案されている。しかしながらこの手法は, 逆に必要条件集合内ではその検出力を失う問題点がある。この問題は例えば, 航空機の通過に伴う細かい変動音などが道路交通騒音に付加し, 細かい変動性状を示す場合に生じる。特に, 高レベル域ではL_<Aeq& …

    THE JOURNAL OF THE ACOUSTICAL SOCIETY OF JAPAN 61(12), 683-689, 2005

    J-STAGE  References (7) Cited by (1)

  • Reduction effect by masking with steady and fluctuating sound on annoyance to noise  [in Japanese]

    Tamesue Takahiro , Yamaguchi Shizuma , Saeki Tetsuro , Kato Yuichi

    本研究では, 精神作業時に存在する有意味な音声雑音を種々の定常及び変動音でマスクした場合の雑音のうるささに関する心理的印象の低減効果について考察した。具体的には, 精神作業として単純計算作業を採用し, まず, 音声雑音を有意味雑音であるBGMでマスクした場合と無意味定常雑音でマスクした場合の結果を比較して, 雑音のうるささや正答率といった作業成績にどのような差異が現れるかについて考察した。更に, …

    THE JOURNAL OF THE ACOUSTICAL SOCIETY OF JAPAN 61(7), 365-370, 2005

    J-STAGE  References (9) Cited by (1)

  • A proposal of the method for detecting measured values of non-existent abnormal sounds contaminating the road traffic noise by use of its time fluctuating features  [in Japanese]

    Hayashi Takashi , Kitagawa Tamotsu , Fukuda Masaki , Kato Yuichi

    従来道路交通騒音に混入する除外すべき音の処理は, 多くの困難と労力を要していた。本研究は, 1)観測点でのサンプリングごとの騒音レベルL(i)(i=1, 2, …)が道路交通騒音であるために満足すべき必要条件を導出している。従って, 2)この条件を満足しないL(i)は道路交通騒音とは考え難い異常な音として, 客観的かつ容易に判定できる手法を提案している。3)平面道路での簡易な必要条件の算定例を示す …

    THE JOURNAL OF THE ACOUSTICAL SOCIETY OF JAPAN 61(6), 320-327, 2005

    J-STAGE  References (9) Cited by (1)

  • The Effect of Masking on Improving the Psychological Impression of Annoyance Caused by Noise and Task Performance  [in Japanese]

    TAMESUE Takahiro , SAEKI Tetsuro , YAMAGUCHI Shizuma , KATO Yuichi

    In everyday life it is a common experience that when carrying out mental activities such as memory or arithmetic tasks, there is a greater psychological impression of annoyance caused by noise; with p …

    Transactions of the Institute of Systems, Control and Information Engineers 17(7), 270-277, 2004-07-15

    J-STAGE  References (12) Cited by (2)

Page Top