阪上 雅史 Sakagami Masashi

Articles:  1-20 of 365

  • 味覚障害 (特集 高齢者の感覚器障害) -- (耳鼻咽喉疾患)  [in Japanese]

    任 智美 , 阪上 雅史

    臨牀と研究 91(9), 1193-1197, 2014-09

    Ichushi Web 

  • 臨床 日常診療Brushup 押さえておきたい診療のコツ 薬剤性味覚障害の診断と治療  [in Japanese]

    任 智美 , 阪上 雅史

    MD : medical doctor : 明日を創る医療総合誌 11(8), 20-23, 2014-08

    Ichushi Web 

  • Treatment of taste disorder  [in Japanese]

    任 智美 , 阪上 雅史

    日本医師会雑誌 142(12), 2649-2652, 2014-03

    Ichushi Web 

  • 人工内耳両耳装用者の方向感と雑音下での聴取能  [in Japanese]

    西口 道子 , 阪上 雅史

    AUDIOLOGY JAPAN 56(5), 629-630, 2013-09-30

    J-STAGE  Ichushi Web 

  • A Case of Localized Amyloidosis of the Tongue  [in Japanese]

    KAWAI Yasunori , TERADA Tomonori , UWA Nobuhiro , SAGAWA Kosuke , KIDA Kota , SAKAGAMI Masafumi

    Amyloidosis is a condition in which amyloid, a specific protein with a fibrous structure, is deposited extracellularly. We report herein on a case of localized amyloidosis of the tongue. A 50-year-old …

    Practica Oto-Rhino-Laryngologica 106(9), 817-821, 2013-09-01

    J-STAGE  Ichushi Web  References (11)

  • 外傷患者への対応 : 耳・側頭骨  [in Japanese]

    阪上 雅史

    Nippon Jibiinkoka Gakkai Kaiho 116(7), 836-838, 2013-07-20

    J-STAGE  Ichushi Web 

  • Summary Clinical investigation of malignant parotid tumors  [in Japanese]

    MOHRI Tekeshi , TERADA Tomonori , SAEKI Nobuo , UWA Nobuhiro , SAGAWA Kousuke , TSUKAMOTO Yoshitane , SAKAGAMI Masafumi

    1986年~2008年までの23年間に当科を受診した耳下腺癌の一次根治例40例について検討した。男性24例,女性16例(6歳~84歳,平均61歳)であった。T分類は,T1:4例,T2:5例,T3:10例,T4a:21例であり,N分類は,N0:30例,N2a:1例,N2b:9例であった。疾患特異的生存は,stage I,stage IIでは5年,10年共にそれぞれ100%,stage IIIでは5年 …

    JOURNAL OF JAPAN SOCIETY FOR HEAD AND NECK SURGERY 23(1), 99-107, 2013-06-28

    J-STAGE  Ichushi Web  References (18)

  • A Case of Thyroid Oxyphilic Cell Adenoma with Invasive Thymoma  [in Japanese]

    TSUNETOU Mariko , TERADA Tomonori , SAKAGAMI Masafumi

    Thyroid oxyphilic cell adenoma, which is also called oxyphilic cell tumor, Hurthle cell tumor or eosinophilic cell tumor, is follicular adenoma. It is diagnosed when oxyphilic cells comprise more than …

    Practica Oto-Rhino-Laryngologica 106(4), 370-371, 2013-04-01

    J-STAGE  Ichushi Web  References (5)

  • Study of benign paranasal sinus diseases with external surgical approach  [in Japanese]

    OKA Hideki , TSUZUKI Kenzo , KOJIMA Yusuke , TAKEBAYASHI Hironori , SAKAGAMI Masafumi

    副鼻腔の良性疾患に対する手術治療は,ESS(endoscopic sinus surgery)で対応が可能なことが多いが,視野と操作性の問題から鼻内アプローチからのみでは困難な場合もある。2009年1月から2011年12月の3年間に当科で行った副鼻腔良性疾患に対する手術症例368例のうち,鼻外手術を要した6例について検討した。男性5例,女性1例。平均年齢64歳(44~79歳)。疾患の内訳は,乳頭腫 …

    JOURNAL OF JAPAN SOCIETY FOR HEAD AND NECK SURGERY 22(3), 267-271, 2013-02-28

    J-STAGE  Ichushi Web  References (9)

  • Clinical Analysis of 1059 Patients with Taste Disorders  [in Japanese]

    SAKAGUCHI Akiko , NIN Tomomi , OKA Hideki , MAEDA Emi , NEGORO Atsushi , UMEMOTO Masanori , SAKAGAMI Masafumi

    味覚障害は原因がさまざまであり, 各原因別での改善率や治療期間, 経過の報告は多くない. 今回, われわれは味覚障害患者1,059例を原因別に自覚症状の改善率, 治癒期間について検討した.<br>1999年1月から2011年1月までの12年間に味覚外来を受診した味覚障害例1,059例 (男性412例, 女性647例, 平均年齢60.0歳) を対象とした.<br>全例に問診, …

    Nippon Jibiinkoka Gakkai Kaiho 116(2), 77-82, 2013-02-20

    J-STAGE  Ichushi Web  References (14)

  • A Case of Superior Canal Dehiscence Syndrome  [in Japanese]

    FUJIMORI Kiyoko , SAKA Naoki , SEO Toru , OTA Shigeto , SAKAGAMI Masafumi

    Sound- and/or pressure-induced vertigo due to bone dehiscence of the superior semicircular canal was first described by Minor et al. in 1998, and was named superior canal dehiscence syndrome (SCDS). A …

    Practica Oto-Rhino-Laryngologica 106(2), 105-108, 2013-02-01

    J-STAGE  Ichushi Web  References (16)

  • The Effect of Zinc Agent in 219 Patients with Zinc Deficiency-inductive/Idiopathic Taste Disorder : A Placebo Controlled Randomized Study  [in Japanese]

    IKEDA Minoru , KURONO Yuichi , INOKUCHI Akira , TAKEDA Noriaki , AIBA Tsunemasa , NOMURA Yasuyuki , SAKAGAMI Masafumi

    味覚障害は, その評価において患者の自覚的な訴えに頼らざるを得ず, 現在もさらなるエビデンスの集積が求められている診断・治療の難しい疾患である. 今回われわれは亜鉛欠乏性または特発性に分類される味覚障害患者219例を対象に, ポラプレジンクを用いた亜鉛補充治療の効果をプラセボコントロールの無作為化二重盲検法により検討し, さらに背景データ等による詳細な検討を加えた. その結果, 亜鉛群は投与8週時 …

    Nippon Jibiinkoka Gakkai Kaiho 116(1), 17-26, 2013-01-20

    J-STAGE  Ichushi Web  References (35)

  • Our Strategy of Tympanoplasty for Better Patient QOL after Surgery  [in Japanese]

    SAKAGAMI Masafumi

    We have recently taken patient postoperative QOL into consideration together with hearing outcomes and the cholesteatoma recurrence rate, and would like to introduce our strategy for better postoperat …

    Practica Oto-Rhino-Laryngologica 105(11), 1013-1021, 2012-11-01

    J-STAGE  Ichushi Web  References (20)

  • 中耳真珠腫の基本術式と考え方  [in Japanese]

    阪上 雅史

    後天性中耳真珠腫の発生機序は未だ不明であるので,術後10年間で20~30%再発する。それ故,再発した場合に再手術が容易な術式かつ世界標準の術式が望まれる。当科では,atticotomy/scutumplasty,canal wall up法,canal wall down法の3つの基本術式で対処している。本稿ではそれぞれの術式の手技と適応,短所・長所を解説した。最近では,仕事にすぐに復帰を希望する …

    JOURNAL OF JAPAN SOCIETY FOR HEAD AND NECK SURGERY 22(2), 133-139, 2012-10-30

    J-STAGE  Ichushi Web  References (9)

  • Investigation of cervical lymph node metastasis from primary unknown carcinoma  [in Japanese]

    SAGAWA Kosuke , TERADA Tomonori , SAEKI Nobuo , UWA Nobuhiro , MOHRI Takeshi , SAKAGAMI Masafumi

    1997年から2007年の11年間に兵庫医科大学耳鼻咽喉科で原発不明癌と診断した41症例を対象として,検査,診断,治療,予後などをretrospectiveに検討した。病期はN1:3例,N2a:10例,N2b:10例,N2c:4例,N3:14例で,病理組織は扁平上皮癌33例,腺癌5例,未分化癌2例,乳頭癌1例であった。<br>原発巣の診断がついた症例は,扁桃5例,食道2例,下咽頭2例, …

    Toukeibu Gan 38(3), 358-362, 2012-10-25

    J-STAGE  Ichushi Web  References (16)

  • オーディトリーバーバル法 (Auditory Verbal Therapy) で人工内耳装用後のハビリテーションを行なった一例  [in Japanese]

    西口 道子 , 阪上 雅史

    AUDIOLOGY JAPAN 55(5), 483-484, 2012-09-30

    J-STAGE  References (1)

  • Clinical analysis of lateral wall oropharyngeal carcinoma  [in Japanese]

    TERADA Tomonori , SAEKI Nobuo , UWA Nobuhiro , SAGAWA Kousuke , MOHRI Takeshi , SAKAGAMI Masafumi

    1997年から2008年の12年間に一次治療を行った中咽頭側壁扁平上皮癌45例を検討した。5年粗生存率は55%,5年疾患特異的生存率は67%であった。原発巣の一次治療(N=45)は,concurrent chemoradiotherapy(以下CCRT)が37例,手術が8例であり,それぞれの治療法における5年原発巣制御率は,CCRTが69%,手術が88%であった。5年頸部リンパ節制御率は,救済手術 …

    JOURNAL OF JAPAN SOCIETY FOR HEAD AND NECK SURGERY 22(1), 47-51, 2012-06-30

    J-STAGE  Ichushi Web  References (17)

  • Ten-Year Hearing Outcomes after Middle Ear Surgery  [in Japanese]

    MISHIRO Yasuo , KITAHARA Tadashi , ADACHI Osamu , KATSURA Hirokazu , SAKA Naoki , OHTA Shigeto , TAKAHASHI Emiko , SAKAGAMI Masafumi

    1987年から2001年までの間に筆頭著者が聴力改善目的で手術を施行し、術後10年目の聴力を評価できた115耳について、聴力成績を術前骨導閾値・術後骨導閾値を使用した術後気骨導差で比較検討した。鼓室形成術では術後気骨導差20dB以内、アブミ骨手術では術後気骨導差10dB以内を成功例と判断したところ、聴力改善成功率は術前骨導閾値を用いると46.1%であったが、術後骨導閾値を用いると60.9%であった …

    Otology Japan 22(2), 137-140, 2012-05-25

    J-STAGE  Ichushi Web  References (11)

  • Taste disorders in the practice of otolaryngology  [in Japanese]

    SAKAGAMI Masafumi

    顔面神経の枝である鼓索神経は鼓膜後上方の裏面を走行しているので, 中耳手術では何らかの味覚障害が起こることが多い. 片側性罹患の場合, 鼓索神経を保存しても切断しても味覚障害は一過性であり2年以内に自覚症状が消失する. 両側性罹患の場合は, 最初の手術でできるだけ鼓索神経の保存に努めるのが望ましい. 扁桃摘出術では, 被膜剥離時に扁桃下極の舌咽神経舌枝を障害した時 (恒久的) や舌圧子による舌への …

    Stomato-pharyngology 25(1), 17-22, 2012-03-31

    J-STAGE  Ichushi Web  References (16)

Page Top