中出 文平 NAKADE Bunpei

ID:1000010172347

長岡技術科学大学環境・建設系 Nagaoka University of Technology (2013年 CiNii収録論文より)

Search authors sharing the same name

Articles:  1-20 of 96

  • 1 / 5
  • Transition of Land Use System in Suburb and Fringe Area  [in Japanese]

    NAKADE Bunpei

    都市計画 62(3), 8-11, 2013-06-25

    References (22)

  • Study on the Designation Process and Problem of Ordinance to Control the Building Form at the Area out of City Planning Area  [in Japanese]

    SATO Yuya , MATSUKAWA Toshiya , NAKADE Bumpei , HIGUCHI Shu

    都市計画論文集 = Papers on city planning 47(3), 517-522, 2012-10-25

    References (7) Cited by (1)

  • Study on the Condominium with Fixed-term Land Leasehold in Local City : Focusing on the Promotion of Urban Residence  [in Japanese]

    KANNO Ryosuke , HIGUCHI Shu , NAKADE Bumpei , MATSUKAWA Toshiya

    都市計画論文集 = Papers on city planning 47(3), 499-504, 2012-10-25

    References (12)

  • Study on City Planning System based on Policy Areas of Metropolitan Region Act : Concerning about the Designation of City Planning Area and the Area Division System at the Fringe of Suburban Development and Redevelopment Area  [in Japanese]

    SHIRATO Shogo , MATSUKAWA Toshiya , SATO Yuya , NAKADE Bumpei , HIGUCHI Shu

    都市計画論文集 = Papers on city planning 47(3), 199-204, 2012-10-25

    References (5)

  • Study on Five Area Division of Land Use Master Plan Originated in Implementation of Individual Regulation Act : Concerning to the Non-designated Area and the Two Areas being Required for the Reorganization of the Designation Area by Individual Regulation Act  [in Japanese]

    FUJIOKA Tadashi , MATSUKAWA Toshiya , SATO Yuya , NAKADE Bumpei , HIGUCHI Shu

    都市計画論文集 = Papers on city planning 47(3), 193-198, 2012-10-25

    References (7)

  • Study on Shrinking the Deregulation area of Development Permit System : Case study on Saitama Prefecture shrinking Specified area by Ordinance 3411  [in Japanese]

    MATSUKAWA Toshiya , SHIRATO Shogo , SATO Yuya , NAKADE Bumpei , HIGUCHI Shu

    本研究では、埼玉県での3411区域の縮小の取り組みを事例として、開発許可制度を緩和する区域を縮小する際の課題を明らかにすることを目的とした。その結果、以下のことを明らかにし、区域縮小のあり方を提言した。・3411区域を広く縮小した自治体がある一方で、市街化調整区域の人口が増加していながらも区域を殆ど縮小していない自治体や、区域自体を縮小していない自治体もある。・3411区域をほとんど縮小しなかった …

    Journal of the City Planning Institute of Japan 47(3), 175-180, 2012-10-25

    J-STAGE  References (7)

  • City Planning in Nagaoka throughout History  [in Japanese]

    NAKADE Bumpei

    都市計画 61(2), 44-45, 2012-04-25

  • Study on the Residence Condition of Single-Household Worker in Local City and their Promotion of Living in Central Area : Case Study on Nagaoka City  [in Japanese]

    UETAKE Yusuke , HIGUCHI Shu , NAKADE Bumpei , MATSUKAWA Toshiya

    本研究は、中心市街地活性化の観点から、事業所で勤務する単身世帯(勤労単身世帯)の居住実態を明らかにし、今後増加が予想される単身世帯によるまちなか居住推進のための提言を行うことを目的とする。事例とした長岡市について、中心市街地(33)と郊外(21)の事業所、及びそこで働く単身世帯(201)からの回答を分析した結果、以下のことが明らかとなった。単身世帯の居住地の選択は、事業所との距離、住宅・通勤手当、 …

    Journal of the City Planning Institute of Japan 46(3), 937-942, 2011-10-25

    J-STAGE  References (9)

  • Study on the operation of permission based on proviso on Article 51 of Building Standard Law  [in Japanese]

    SATO Yuya , NAKADE Bumpei , MATSUKAWA Toshiya , HIGUCHI Shu

    本研究は、建築基準法第51条に基づくただし書き許可の実態を全国的に把握し、運用上の問題点や課題を提示している。本研究では、以下の点が明らかになった。過去10ヵ年での運用件数は、各都道府県で大きくばらついており、運用に対する方針や基準などを策定している都道府県は3割に満たなかった。また、全国の自治体がほとんど違いのない運用状況である実態を確認できた。さらに、多くの事例では、施設立地による地域住民への …

    Journal of the City Planning Institute of Japan 46(3), 601-606, 2011-10-25

    J-STAGE  References (7)

  • Study on district plan system applied outside the zoning area in Non-Area Divided City Planning Area  [in Japanese]

    UCHIKOBA Masaki , MATSUKAWA Toshiya , NAKADE Bumpei , HIGUCHI Shu

    本研究では、平成21年3月末までに全国の非線引き白地地域で策定された地区計画(以下、白地地区計画)の全19地区を対象とし、以下の知見を得ることができた。・白地地区計画の一部には、下水道事業等を導入するための事業手法として策定されたものの他、事業導入に指向したことでその制限項目が乏しいものも確認された。・集積や立地といった地理的条件、広範囲に渡る土地利用規制ビジョン、農林調整の問題から、用途地域を規 …

    Journal of the City Planning Institute of Japan 46(3), 547-552, 2011-10-25

    J-STAGE  References (8) Cited by (1)

  • Study on details of municipalities with City Planning Area newly designated or expanded  [in Japanese]

    ITOU Hiroaki , NAKADE Bumpei , MATSUKAWA Toshiya , HIGUCHI Shu

    本研究は、平成9年以降に新設もしくは拡大した都市計画区域を対象として、都市計画区域指定の実態を明らかにする。そこで、アンケート調査により近年の都市計画区域の動向を明らかにした。そして、土地利用規制を目的とした都市に着目し、ヒアリング調査を行った。その結果、都市計画区域指定範囲は個別規制法で規制の強い地域を境界とする、もしくは行政区域全域に指定する必要があることを明らかにした。また、都市計画区域の決 …

    Journal of the City Planning Institute of Japan 46(3), 535-540, 2011-10-25

    J-STAGE  References (3)

  • Study on Spatial Analysis of Property Tax Revenue on Local Cities : Case study on Nagaoka, Matsumoto, Kochi and Ueda City  [in Japanese]

    KODAMA Hiroki , HIGUCHI Shu , NAKADE Bumpei , MATSUKAWA Toshiya

    地方都市では、昨今の財政難や今後の人口減少に伴い、税収が減少に転じている。持続可能なまちづくりを行うためには、税収の確保が求められるが、中心市街地・既成市街地の衰退により、都市全体の固定資産税収を減少させている。本研究では、長岡市・松本市・上田市・高知市を研究対象として、固定資産税収動向を市街地区分別に把握するとともに、どのような市街地指標が固定資産税収に影響するかを検討した。その結果、市街地指標 …

    Journal of the City Planning Institute of Japan 46(3), 505-510, 2011-10-25

    J-STAGE  References (12)

  • Study on City Planning Area Reorganization with Merger of Municipalities  [in Japanese]

    TANAKA Sawa , NAKADE Bumpei , MATSUKAWA Toshiya , HIGUCHI Shu

    本研究は、市町村合併を契機として線引き都市計画区域と非線引き都市計画区域が併存することとなった地方都市を対象として、地域の実状にあった都市計画区域指定のあり方を模索することを目的とする。そこで、線引き都市計画区域と非線引き都市計画区域が併存する都市を類型化し、対象都市を選定した。その都市にヒアリング調査、現地調査等を実施し、現状を把握するとともに、再編の問題点を検討した。その結果、地方都市では区域 …

    Journal of the City Planning Institute of Japan 45(3), 745-750, 2010-10-25

    J-STAGE  References (8) Cited by (2)

  • Study on the Issues of Local Authorities' Land Use Management Plan with Effectiveness  [in Japanese]

    FUKUDA Daisuke , MATSUKAWA Toshiya , NAKADE Bumpei , HIGUCHI Shu

    本研究は、土地利用調整計画の策定を支援するための制度と、実効性を持たせた土地利用調整計画の課題を明らかにすることを目的とする。そこで、調整計画の策定を支援するための事業を導入した139自治体を対象に調査をした結果、以下のことが明らかになった。139自治体の全てが、実効性ある土地利用コントロール手法を構築するために、土地利用調整計画の支援事業を導入しているわけではない。実効性を確保した土地利用調整計 …

    Journal of the City Planning Institute of Japan 45(3), 727-732, 2010-10-25

    J-STAGE  References (6) Cited by (1)

  • Study on Urban Structure for Sustainable Public Transportation in Local City  [in Japanese]

    TAKEZAWA Jun , NAKADE Bumpei , MATSUKAWA Toshiya , HIGUCHI Shu

    本研究は、地方都市の現在の公共交通と市街地変遷、都市政策等の関係から現在の市街地構造の特徴と問題点を明らかにし、公共交通が持続可能となる市街地整備に向けた、人口密度設定や土地利用の提言を目的とする。公共交通と市街地の関係について、公共交通の状況とDID、市街化区域、住宅立地動向等を用いて、全国と北信越地域の2つの視点で分析した。また、公共交通の水準別に事例都市を選定し、公共交通を支える密度という視 …

    Journal of the City Planning Institute of Japan 45(3), 661-666, 2010-10-25

    J-STAGE  References (8) Cited by (2)

  • Study on the Districts where it has not Started Development in Area Division System  [in Japanese]

    NISHIYAMA Tatsuya , MATSUKAWA Toshiya , NAKADE Bumpei , HIGUCHI Shu

    Journal of the City Planning Institute of Japan 45(3), 265-270, 2010-10-25

    References (7) Cited by (1)

  • Study on Resident's Change for Sustainability at Suburban Residential Area in Local City  [in Japanese]

    MATSUMOTO Yoichi , HIGUCHI Shu , NAKADE Bumpei , MATSUKAWA Toshiya

    Journal of the City Planning Institute of Japan 45(3), 67-72, 2010-10-25

    References (6)

  • Study on Use and Problem of Fixed-term Land Leasehold in Local City  [in Japanese]

    TSUKAGOSHI Hirokazu , HIGUCHI Shu , MATSUKAWA Toshiya , NAKADE Bunpei

    戦後、急速に持家志向が高まり、郊外スプロールが都市圏拡大と密度低下を引き起こしている。平成4年に借地・借家法が改正されて創設された定期借地権は、全国的に供給量が少ない上、地方では全体の約2割である。そこで、本研究では地方都市での定借利用の実態と定借居住者の意識を明らかにする。そのため、既存の定借調査資料の分析と定借居住者の意識調査を行なった。結果、地方では徐々に年間販売区画数を増加させていたが、販 …

    Journal of the City Planning Institute of Japan 44(3), 673-678, 2009-10-25

    J-STAGE  References (13) Cited by (2)

  • New Introduction of Area Division and Integration of Area Division and Non-Area Division City Planning Area according to Transition to City designated by Cabinet Order : Case with Shizuoka City and Hamamatsu City in Shizuoka Prefecture  [in Japanese]

    KOYAMA Masahiro , IWAMOTO Yousuke , MATSUKAWA Toshiya , NAKADE Bunpei , HIGUCHI Shu

    本研究は、線引きと非線引き都市計画区域を再編した静岡県静岡市と浜松市の合併及び、区域区分に至るプロセスを明らかにし、その際の知見を得ることを目的とする。本研究で明らかになったことから、非線引き都市計画区域で市街化区域を設定する際は、既成市街地のみの指定を基本とすべきことを提案する。非線引き都市計画区域を持っていた旧自治体としては、人口減少、財政難等の理由で今後の市街化区域編入が難しいことから出来る …

    Journal of the City Planning Institute of Japan 44(3), 667-672, 2009-10-25

    J-STAGE  References (5) Cited by (3)

  • Study on the Condition and Factor of Operation of Development Permission Ordinance : Focusing on the Requirement for the Designation of 3411 Ordinance and the Analysis of the Designated Area  [in Japanese]

    OKAWA Hidekazu , MATSUKAWA Toshiya , NAKADE Bunpei , HIGUCHI Shu

    平成12年の都市計画法改正により、市街化調整区域内での開発許可立地基準を都道府県等が条例(3411条例)で設定することが可能となった。しかし、市街化調整区域に一定規模の開発可能区域を設ける事から、運用次第では、第二の市街化区域をつくってしまう問題がある。そこで本研究では、3411条例を制定する自治体の運用形態の多様性を確認するとともに、その運用形態に至った要因を明らかにする。その結果、地理的要因か …

    Journal of the City Planning Institute of Japan 44(3), 661-666, 2009-10-25

    J-STAGE  References (6) Cited by (13)

  • 1 / 5
Page Top