上島 紳一 Ueshima Shinichi

Articles:  1-20 of 53

  • 1 / 3
  • Distance Range Queries in Spatial Index Tree  [in Japanese]

    蒲原 智也 , 上島 紳一

    近年,地理情報システムや道路網応用の研究分野で,最短経路問題(SPP),範囲問合せ(DRQ),k最近傍探査問題(kNN)などに有効な空間索引の研究が注目を集めている.我々の先行研究で,ネットワーク上の距離を基準に,道路網データから領域の分割と統合を繰り返して,ボトムアップに構成する空間索引木を提案した.さらに,この空間索引木を用いて最短経路問題を効率的に実行できることを確認した.本稿では,問合せ円 …

    情報処理学会論文誌データベース(TOD) 5(1), 1-16, 2012-03-29

    IPSJ  IPSJ 

  • Proposal of Spatial Index Tree and Its Application to Shortest Path Search in Road Networks  [in Japanese]

    蒲原 智也 , 上島 紳一

    本稿では,道路網をエッジ重み付きグラフととらえ,ネットワークボロノイ図を用いてグラフを分割し,構成した空間索引木とそれを用いた最短経路探査法を提案する.空間索引木の生成にはまず,道路網を表すグラフに対して,ネットワークボロノイ分割を行うことで,全体領域を部分領域に分割する.この分割によって得られた部分領域ごとに,経路探査のための前処理を実行して空間索引を求めておくことによって,経路探査の計算コスト …

    情報処理学会論文誌データベース(TOD) 2(2), 10-28, 2009-06-29

    IPSJ  IR 

  • On Private Virtual Libraries

    UEDA Mayumi , UESHIMA Shinichi , YAJIMA Shuzo

    ネットワーク社会の進展により、電子図書館やデータベースなどの情報資源がインターネット上に構築されている。これらの情報資源は巨大なマルチメディアコンテンツを持つディジタル資産となっている。本稿では、これらの情報資源から収集した異種型オブジェクトならびにカメラやVODサーバから得られる実時間データをも利用することができるプライベート仮想ライブラリPVLの枠組みについて検討する。我々の中心課題は、知的情 …

    IEICE technical report. Data engineering 99(117), 45-50, 2007-12-08

    References (9)

  • Proposal of Spatial MMOG on P2P Overlaid Network  [in Japanese]

    NISHIDE Ryo , TSUBOI Shinji , OKU Tomoteru , KONDO Yumiko , OHNISHI Masaaki , UESHIMA Shinichi

    本稿では,空間型MMOGシステムを利用者から提供されるコンピュータノードを用いたP2Pドロネーネットワークにより構築する手法を提案する.本手法は,利用者の平面上のキャラクターの位置をノードの位置として,ドロネーネットワークを構成し,MMOGにおける処理を分散的に実行する.そこで,まずP2Pドロネーネットワークの構築手法を提案する.空間型MMOGにおいて,各プレイヤーのビュー生成に必要な情報は利用者 …

    IEICE technical report 107(131), 455-460, 2007-07-02

    References (7)

  • Proposal of Spatial MMOG on P2P Overlaid Network  [in Japanese]

    NISHIDE Ryo , TSUBOI Shinji , OKU Tomoteru , KONDO Yumiko , OHNISHI Masaaki , UESHIMA Shinichi

    本稿では,空間型MMOGシステムを利用者から提供されるコンピュータノードを用いたP2Pドロネーネットワークにより構築する手法を提案する.本手法は,利用者の平面上のキャラクターの位置をノードの位置として,ドロネーネットワークを構成し,MMOGにおける処理を分散的に実行する.そこで,まずP2Pドロネーネットワークの構築手法を提案する.空間型MMOGにおいて,各プレイヤーのビュー生成に必要な情報は利用者 …

    IPSJ SIG Notes 143, 455-460, 2007-07-02

    References (7)

  • Building Long Range Contact over P2P Delaunay Network Distributively  [in Japanese]

    OHNISHI MASAAKI , TSUBOI SHINJI , HIRAYAMA MASAO , EGUCHI TAKAYUKI , UESHIMA SHINICHI

    本稿では,P2Pドロネーネットワークにおける遠隔接続経路群(LRC)の自律分散生成法および遠隔地点への経路選択と範囲問合せへの適用について述べる.ドロネー図の構造を持つオーバレイネットワークであるP2Pドロネーネットワークでは,各ノードは近傍ノードのみと接続する.この特徴は地理的な経路選択や範囲問合せに有効である.しかし,ノード数の増加に対してネットワークの直径が増大するため,遠隔ノード間の通信や …

    情報処理学会論文誌データベース(TOD) 48(SIG11(TOD34)), 190-214, 2007-06-15

    IPSJ  IR  References (19) Cited by (3)

  • Prototyping and evaluation of P2P grid platform with resource management mechanism  [in Japanese]

    加藤 宏章 , 水江 真登 , 廣川 雅基 [他] , 小林 孝史 , 上島 紳一

    近年, グリッドコンピューティング技術やP2P 技術が注目を集めている.本稿ではP2P 環境におけるPC グリッド実現のためのP2P グリッド実行基盤を提案する.提案実行基盤では分散的に計算機資源を管理するため,P2P 方式による資源管理機構を構成する.実行基盤の利用ピアは自身の資源情報を管理機構に登録し, 共有資源とする.ここでは,実行基盤を利用して構成する計算グリッドや分散ストレージを本稿では …

    DBSJ letters 6(1), 17-20, 2007-06

    IR 

  • Computing Science Major, Distributed Computing Group, Graduate School of Informatics, Kansai University(Our Research Group)  [in Japanese]

    UESHIMA Shinichi

    研究活動紹介

    SYSTEMS, CONTROL AND INFORMATION 51(4), 187-188, 2007

    IR  J-STAGE 

  • Autonomous and Distributive Generation Algorithm of Delaunay Network for P2P Model Utilizing Node Location  [in Japanese]

    OHNISHI MASAAKI , MINAMOTO YUTA , EGUCHI TAKAYUKI , KATO HIROAKI , NISHIDE RYO , UESHIMA SHINICHI

    本稿では,スケーラブルなネットワーク基盤として,計算幾何の分野で知られるドロネー図をトポロジとして持つP2P ドロネーネットワークとその自律分散生成アルゴリズムを提案する.ここでは,まず本P2P ドロネーネットワークの特徴について述べ,次に生成アルゴリズムについて述べる.提案アルゴリズムは,各ノードの局所的な動きから,ノード間の幾何学的な位置関係を利用して接続関係を更新し続けるアルゴリズムであり, …

    情報処理学会論文誌データベース(TOD) 47(SIG4(TOD29)), 51-64, 2006-03-15

    IPSJ  IR  References (14) Cited by (13)

  • D-040 Simulation of Distributed Generation P2P Delaunay Network  [in Japanese]

    Minamoto Yuta , Kato Hiroaki , Ohnishi Masaaki , Ueshima Shinichi

    情報科学技術フォーラム一般講演論文集 4(2), 93-94, 2005-08-22

  • D-039 Towards Spatial Information Systems over Peer to Peer Networks  [in Japanese]

    Hirokaa Masaki , Eguchi Takayuki , Ohnishi Masaaki , Ueshima Shinichi

    情報科学技術フォーラム一般講演論文集 4(2), 91-92, 2005-08-22

  • Distributed Genration of Location-based P2P Network and its Geometrical Features  [in Japanese]

    OHNISHI Masaaki , MINAMOTO Yuta , KATO Hiroaki , UESHIMA Shinichi

    近年, ノードの位置情報を用いたP2Pパラダイムが盛んである.本稿では, 著者らが提案している位置情報を用いたP2Pネットワークの分散生成アルゴリズムの概略を述べ, 形成過程についてシミュレーションにより議論する.提案アルゴリズムでは, 各ノードは, 他のノードに関する位置情報をもとに, 計算幾何で知られるドロネー三角形分割を自律的に行い, 局所的なドロネーネットワークを生成する.同時にノードが協 …

    IPSJ SIG Notes 137(1), 223-228, 2005-07-13

    References (6)

  • Distributed Genration of Location-based P2P Network and its Geometrical Features  [in Japanese]

    OHNISHI Masaaki , MINAMOTO Yuta , KATO Hiroaki , UESHIMA Shinichi

    近年, ノードの位置情報を用いたP2Pパラダイムが盛んである.本稿では, 著者らが提案している位置情報を用いたP2Pネットワークの分散生成アルゴリズムの概略を述べ, 形成過程についてシミュレーションにより議論する.提案アルゴリズムでは, 各ノードは, 他のノードに関する位置情報をもとに, 計算幾何で知られるドロネー三角形分割を自律的に行い, 局所的なドロネーネットワークを生成する.同時にノードが協 …

    IEICE Technical Report (DBWS 2005) 105(171), 173-178, 2005-07-06

    References (6) Cited by (1)

  • Proposing a Scheme for Weblog Aggregation Utilizing Affinity Network  [in Japanese]

    福井 宏幸 , 上田 真由美 , 上島 紳一

    近年,Weblog,Wikiなどのコミュニケーションを可能にする対話型の情報資源が出現している.対話型情報資源は,利用者が個人の意見や評価を表現できるため,知人ネットワークを構成しやすい特徴がある.これらの情報資源を対象として個人が必要な情報を探す場合,知人ネットワークを用いて検索範囲を絞り,次に,内容のデータについて絞り込む2段階の検索手順を踏む方法が信頼性と効率性の観点から優れていると考えられ …

    2005-05-02

    IR 

  • Proposing a Video Retrieval Scheme utilizing Location and Direction  [in Japanese]

    西岡 欣亮 , 住野 優 , 大西 真晶 , 上田 真由美 , 上島 紳一

    近年,ディジタル映像機器やウェアラブルカメラの普及により日常生活,イベント,スポーツ観戦などにおいて,一般利用者映像を撮影する機会が増えている.手元の映像の映像ファイルが増加し大容量化するに従って,映像を対象とした簡単な索引付け機構ならびに効率的な部分映像検索を備えた方式の実現要求が高まっている.本稿では,利用者の視点ならびに注視点の幾何学的な位置関係を利用した映像検索手法について議論する.ここで …

    2005-05-02

    IR 

  • 状況適応型PNSアルゴリズムの検討  [in Japanese]

    川端 将之 , 岩橋 眞紀 , 日裏 博之 , 上田 真由美 , 上島 紳一

    第67回全国大会講演論文集 2005(1), 387-388, 2005-03-02

    IPSJ 

  • 知人ネットワークを用いた情報共有手法の提案  [in Japanese]

    福井 宏幸 , 上田 真由美 , 上島 紳一

    第67回全国大会講演論文集 2005(1), 69-70, 2005-03-02

    IPSJ 

  • 注視点を考慮した映像索引付け方式の提案と評価  [in Japanese]

    西岡 欣亮 , 住野 優 , 大西 真晶 , 上田 真由美 , 上島 紳一

    第67回全国大会講演論文集 2005(1), 53-54, 2005-03-02

    IPSJ 

  • Proposal of a User-Support System that Provides Cooking Procedures  [in Japanese]

    TAKANO Tetsuro , UESHIMA Shinichi

    料理を作る際,調理者はその段取りを考える必要がある.しかし,レシピに記述されている段取りは,調理者個々の環境に基づいたものではない.また,各手順においても調理場所や時間など,種々の経験的な了解などが要求されるため,初心者にとって必ずしも理解し易いとは言えない.本稿では,調理者毎の異なる環境における段取りの導出法を提案する.まず初めに,インターネット上に存在するレシピデータを収集し,構造解析と情報の …

    Journal of informatics (22), 117-142, 2005-03

    IR  Cited by (1)

  • The Context-adaptable Pedestrian Navigation System and its Possible Applications  [in Japanese]

    KAWABATA Masayuki , HIURA Hiroyuki , UEDA Mayumi , UESHIMA Shinichi

    今日の高度情報化社会の進展により,様々な移動体情報端末が開発され,カーナビゲーションシステムだけでなく歩行者を誘導する歩行者ナビゲーションシステムも普及しつつある.しかしながら,既存の歩行者ナビゲーションシステムは利用者に対する視覚的な効果に着目したものが多く,利用者の状況や目的は考慮されていない.そこで我々は,実空間に見立てた論理空間上にメタデータを持たせ,各地点の特徴と利用者の状況・目的から, …

    Journal of informatics (22), 91-104, 2005-03

    IR 

  • 1 / 3
Page Top