樫葉 均 Kashiba Hitoshi

ID:1000010185754

大阪大学大学院医学系研究科 Graduate School of Medicine, Osaka University (2012年 CiNii収録論文より)

Search authors sharing the same name

Articles:  1-20 of 66

  • 1 / 4
  • Epileptogenic focus detection using MR images based on soft computing image processing  [in Japanese]

    KOBASHI Syoji , KITAMURA Yuri T. , KURAMOTO Kei , SHIMONI Kuriko , TANIIKE Masako , HATA Yutaka

    現在,てんかん原性域の確定診断は硬膜内電極による侵襲的な手法で行われているため,脳外科手術適用が決定された患者にのみ適用されている.さらに同手法では,てんかん原性域の場所は特定できるが,範囲限定が困難である.そこで,本研究ではMR画像を用いた非侵襲的なてんかん原性域の場所特定,範囲限定を行うためのソフトコンピューティング画像処理法を提案する.同手法は,(1)粒子化法,(2)特徴抽出,(3)パターン …

    ITE Technical Report 36.54(0), 61-64, 2012

    J-STAGE  References (4)

  • Estimation Method of Cortical Dysplasia Degree Using Fractal Dimension in Pediatric Brain MR Images  [in Japanese]

    KAWAKAMI Nobuyoshi , KOBASHI Syoji , KURAMOTO Kei , KITAMURA Yuri T. , KAGITANI SHIMONO Kuriko , ISHIKAWA Tomomoto , TANIIKE Masako , HATA Yutaka

    小児における難治性てんかんの原因の約8割は大脳皮質形成異常によるものである.現在,皮質形成異常部位の特定には硬膜下電極を用いた手法が用いられているが侵襲性が高く,非侵襲であるMR画像を用いた手法が求められている.しかし,MR画像上での皮質形成異常の画像特徴は未だ明らかではなく,皮質形成異常部位の自動検出法も未だ確立されていない.本論文では,大脳表面のフラクタル次元を特徴量として用い,サポートベクタ …

    IEICE technical report 110(364), 109-114, 2011-01-12

    References (13)

  • Estimation Method of Cortical Dysplasia Degree Using Intensity Profile in Pediatric Brain MR Images  [in Japanese]

    KAWAKAMI Nobuyoshi , KOBASHI Syoji , KURAMOTO Kei , KITAMURA Yuri T. , KAGITANI SHIMONO Kuriko , IMAWAKI Seturo , TANIIKE Masako , HATA Yutaka

    皮質形成異常は難治性てんかん患者に多くみられる先天性脳疾患である.難治性てんかんの治療には責任病巣である皮質形成異常領域を切除する外科的手術が行われているため,小児頭部MR画像からの皮質形成異常部位検出は非常に有効である.しかし,皮質形成異常のMR画像上での画像特徴は明らかでなく,またその自動検出法も未だ確立されていない.本文では,大脳皮質の層構造に直交した直線の輝度値推移から算出される特徴量を用 …

    IEICE technical report 109(407), 345-350, 2010-01-21

    References (13)

  • Evaluation of Quantitative Brain Shape Deformation with Brain Shape Homologous Modeling  [in Japanese]

    YAMAGUCHI Kosuke , KOBASHI Syoji , KURAMOTO Kei , KITAMURA Yuri T. , MOHRI Ikuko , IMAWAKI Seturo , TANIIKE Masako , HATA Yutaka

    脳疾患は脳形状に領域特異的な変形をもたらすため,診断には脳形状変形の定量化が有効である.従来の定量化法は,ボクセルの輝度値に基づく評価を行うため,脳溝などの脳構造を考慮していない.そのため変形が著しい場合では,異なる解剖学的部位で評価する恐れがある.そこで我々は,脳溝特徴に基づく脳形状相同モデル化を提案する.同手法では脳溝特徴の指標となるsulcal-distribution index(SDI) …

    IEICE technical report 109(407), 253-257, 2010-01-21

    References (11)

  • A Study on Image Features of Cortical Dysplasia in Pediatric Brain MR Images  [in Japanese]

    Kawakami Nobuyoshi , Kobashi Syoji , Kuramoto Kei , Kitamura Yuri , Shimono Kuriko , Imawaki Seturo , Taniike Masako , Hata Yutaka

    大脳皮質形成異常は難治性てんかんの責任病巣となる先天性脳疾患である.また小児においては,難治性てんかん患者の約8割が大脳皮質形成異常を原因として発症するため,小児頭部MR画像からの大脳皮質形成異常部位の特定は非常に重要である.大脳皮質形成異常部位摘出の手術計画の立案には異常の程度を定量的に評価することが有効であるが,小児頭部MR画像における大脳皮質形成異常の画像特徴は未だ明らかにされていない.そこ …

    Proceedings of the Fuzzy System Symposium 26(0), 114-114, 2010

    J-STAGE 

  • Fuzzy Ultrasonic Imaging System for Visualizing Brain Surface Considering Ultrasonic Refraction  [in Japanese]

    Kimura Masahiro , Kobashi Syoji , Kondo Katsuya , Hata Yutaka , Kitamura Yuri , Yanagida Toshio

    経頭蓋超音波装置は非侵襲かつリアルタイムに脳画像を作成できるが,超音波は頭蓋骨内で屈折するため任意の箇所からの画像化は行えていない.そこで本論文では,牛の肩甲骨と擬似生態ファントムを用いて,超音波の屈折を考慮した画像化法を提案する.肩甲骨中での超音波の屈折を求めるためには,各箇所における肩甲骨の厚みを求める必要がある.しかし,肩甲骨表面からの反射波は容易に決定できるが,底面からの反射波を一意的に決 …

    Proceedings of the Fuzzy System Symposium 23(0), 713-713, 2007

    J-STAGE 

  • Language Laterality Index Regionally Specified with Fuzzy Logic Using Near-Infrared Spectroscopy  [in Japanese]

    KOBASHI Syoji , KITAMURA Yuri , KONDO Katsuya , HATA Yutaka , YANAGIDA Toshio

    言語優位半球の判定は, 脳外科手術の術前計画や, 高次脳機能に関する研究において, 非常に重要な指標のひとつである. 従来はWada-testによる手法が用いられてきたが, 被験者に対する侵襲性等の理由から, 同手法に代わる簡便な手法が求められてきた. そこで, 本研究では小規模で非侵襲的な計測法である近赤外線分光法に基づく脳機能計測システムを用いた, 簡便な言語優位半球判定システムを提案する. …

    Journal of Japan Society for Fuzzy Theory and Intelligent Informatics 18(3), 414-424, 2006-06-15

    J-STAGE  References (15) Cited by (1)

  • Review of the Effects of Acupuncture and Moxibustion on Chronic Pain  [in Japanese]

    KASHIBA Hitoshi , ISHIMARU Keisou , ITOH Kazunori , IMAI Kenji , WATANABE Ippei , KAWAKITA Kenji

    慢性疼痛に対する鍼灸の効果と現状を総合テーマとして、当該領域のレビューを行った。基礎実験から得られた末梢および中枢における慢性疼痛の発症機序を中心に紹介した。ヒトを対象とした慢性疼痛における鍼鎮痛の生理学的機序を、神経因性疼痛および術後疼痛を中心に紹介した。また、慢性疼痛に対する鍼灸の臨床効果については、おもに侵害受容性疼痛に関する文献を総括し、腰痛、頚部痛、頭痛における鍼灸治療の有効性について総 …

    Zen Nihon Shinkyu Gakkai zasshi (Journal of the Japan Society of Acupuncture and Moxibustion) 56(2), 108-126, 2006-05-01

    J-STAGE  Ichushi Web  References (104) Cited by (2)

  • 精神疾患と脳イメージング研究  [in Japanese]

    Kitamura yuri

    CICSJ Bulletin 24(4), 132, 2006

    J-STAGE 

  • 疼痛の発症機序 : 基礎医学の立場から  [in Japanese]

    樫葉 均

    全日本鍼灸学会雑誌 55(3), 369, 2005-07-13

    Ichushi Web 

  • ハリ通電刺激により脊髄及び脊髄後根神経節に発現するmRNAの検索 (平成15年度奨励研究報告)  [in Japanese]

    内田 靖之 , 大島 稔 , 武田 大輔 [他] , 増田 研一 , 錦織 綾彦 , 上田 至宏 , 栗林 恒一 , 樫葉 均

    The bulletin of Kansai College of Oriental Medicine 2, 133-136, 2005

    Ichushi Web 

  • Single unit recording and identification of recording sites in the barrel cortex of rats(Encouragement of Research : Annual Report 2002)  [in Japanese]

    OHSHIMA Minoru , KASHIBA Hitoshi , UCHIDA Yasuyuki , UEDA Yoshihiro

    The Bulletin of Kansai College of Oriental Medicine 創刊号, 94-95, 2004-03-31

    Ichushi Web 

  • Capsaicin-treated rats are useful model for analysis of moxibustion?(Encouragement of Research : Annual Report 2002)  [in Japanese]

    KASHIBA Hitoshi , OHSHIMA Minoru , UCHIDA Yasuyuki , UEDA Yoshihiro , NISHIGORI Ayahiko

    The Bulletin of Kansai College of Oriental Medicine 創刊号, 92-93, 2004-03-31

    Ichushi Web 

  • Estimation Accuracy of HR delay in ER-fMRI Using Wavelet Transform  [in Japanese]

    Imaeda Sayaka , Kobashi Syoji , Kitamura Yuri T. , Kondo Katsuya , Hata Yutaka , Yanagida Toshio

    Investigating the shape and time to peak (HR delay) of hemodynamic response (HR) introduces a new facet of researches on human brain function. We have proposed an analysis method for detecting activat …

    Proceedings of the Annual Conference of Biomedical Fuzzy Systems Association 17(0), 41-44, 2004

    J-STAGE 

  • Consciousness and Recognition of Five Colors : Using Functional-MRI and Brain Wave Measurements(International Conference on Mind Body Science : Physical and Physiological Approach joint with The Eighteenth Symposium on Life Information Science)  [in Japanese]

    UEDA Yoshihiro , HAYASHI Kouei , KUROIWA Kyoichi , MIYOSHI Naoki , KASHIBA Hitoshi , TAKEDA Daisuke

    東洋医学における五行色体表の色に着目をした。また周りの色が人の精神状態に影響をあたえるという心理学からの報告や、目隠しをした状態で、手や額で色を識別できるという報告などがある。これらの現象に着目し、色の違いが色の知覚と認識過程にどのように関連しているのかを検討した。膜に入ってきた電磁波の情報は、それぞれの色(彩度)と明度を区別して後頭葉の1次感覚受容野で知覚し、その後、彩度、明度の情報は後頭葉18 …

    Journal of International Society of Life Information Science 22(2), 366-371, 2004

    J-STAGE  Ichushi Web  Cited by (4)

  • 抗重力姿勢は手指の皮質運動野の興奮性を高める : TMSとF波による検討  [in Japanese]

    高橋 幸治 , 小野 剛 , 成田 知弘 , 平井 邦子 , 青木 千津 , 鍛冶 秀生 , 古澤 啓一 , 平木 里奈 , 奥田 勝博 , 喜多村 祐里

    The Journal of Japanese Physical Therapy Association 30(Supplement_2), 323, 2003-04-20

    Ichushi Web 

  • Cyclographを用いた脳卒中片麻痺患者の歩行パターンの質的分析の試み  [in Japanese]

    堅田 志保 , 中村 正子 , 久野 高司 , 山本 裕子 , 堀 健寿 , 石崎 芳秋 , 小野 剛 , 紀伊 克昌 , 喜多村 祐里

    The Journal of Japanese Physical Therapy Association 30(Supplement_2), 167, 2003-04-20

    Ichushi Web 

  • Functional MRI revealed the cortical representation of allodynia after immobilization  [in Japanese]

    IWAKURA Takeo , OSHIRO Yoshitetsu , MIYAUCHI Satoru , TOKIMOTO Yasuhiro , FUKUNAGA Tomoe , SHIBATA Masahiko , YANAGIDA Toshio , MASHIMO Takashi

    The Journal of the Japan Society of Pain Clinicians 10(1), 46-50, 2003-01-25

    Ichushi Web  References (19)

  • Cyclographを用いた脳卒中片麻痺患者の歩行パターンの質的分析の試み  [in Japanese]

    堅田 志保 , 中村 正子 , 久野 高司 , 山本 裕子 , 堀 健寿 , 石崎 芳秋 , 小野 剛 , 紀伊 克昌 , 喜多村 祐里

    <B>【はじめに】</B>歩行のCyclographは,グラフのXY軸に2つの関節角度(例えば,股関節と膝関節)をとりデータポイントを平滑線で結んだ散布図で,複数の歩行周期を重ね描きしたグラフである.得られるグラフは周期性の歩行の場合,独特な閉じられた幾何図形を描く.我々は,グラフの形状から歩行時の関節運動パターンや協調性について捉えることができると考えている.今回はCyc …

    Congress of the Japanese Physical Therapy Association 2002(0), 320-320, 2003

    J-STAGE 

  • 1 / 4
Page Top