松川 利広 Matsukawa Toshihiro

Articles:  1-20 of 30

  • 1 / 2
  • Improvement of Teaching Practice Program and Analysis of its Effect : Focusing on the Transformation of Preservice Teacher Students from the Description of The Class Observation Sheet  [in Japanese]

    佐竹 靖 , 小柳 和喜雄 , 松川 利広 , 市橋 由彬 , 山本 浩大 , 竹村 景生

    次世代教員養成センター研究紀要 = Bulletin of Teacher Education Center for the Future Generation (4), 211-216, 2018-03

  • An Analysis on Relation of between Transformation of Practical Knowledge and the Factors of enhance "Technological Pedagogical Content Knowledge (TPCK)" of Preservice Teacher Students during Practicum : A Focus on identifying ways to enhance TPCK of Preservice Teacher Students  [in Japanese]

    佐竹 靖 , 小柳 和喜雄 , 松川 利広 , 市橋 由彬 , 山本 浩大 , 竹村 景生

    近年ICTなどの活用も含みこんだ学びの質向上が求められるようになり、教師のICT活用を含む「技術と関わる教育的内容知識(Technological Pedagogical Content Knowledge : TPCK)」の伸長が重要視されている。そのため、今後の教員養成において、TPCKを鍛えることを意識した学びの機会の設定と、その変容を捉える手法の開発が必須であると考えた。そこで佐竹ほか(2 …

    次世代教員養成センター研究紀要 = Bulletin of Teacher Education Center for the Future Generation (3), 51-60, 2017-03

    IR 

  • Move the heart study of the guidance of the "Narrative" : About the "Recitation" of Noh  [in Japanese]

    冨山 敦史 , 川畑 惠子 , 若森 達哉 , 松川 利広

    国語科における伝統的な言語文化の育成は、従来、評価の定まった教科書教材の古典を中心にすすめられてきたが、当時の庶民に愛好されていた「芸能」の中にも、教科書教材の古典を典拠とするものが多く、「芸能」の中で語られた解釈の有り様が、当時の人々の価値観を知るうえで大きな手がかりとなる。本研究では、能楽を中心に文楽、歌舞伎などに挿入された物語の典拠を明らかにしつつ、語り物や口承文芸としての民間芸能の世界にも …

    次世代教員養成センター研究紀要 = Bulletin of Teacher Education Center for the Future Generation (2), 229-234, 2016-03

    IR 

  • Trial of the Saho River upstream in the future landscape composition : ESD Saho-river watershed project(2)  [in Japanese]

    竹村 景生 , 松川 利広 , 谷口 義昭 , 荘司 雅規 , 佐竹 靖 , 山本 浩大 , 吉田 寛 , 若森 達哉

    本稿では、ESDが捉える地域と文化そして環境を「流域」概念でつなぎ、流域思考的な学びの統合を、教科ならびに総合的な学習の時間または課外活動で、ICT機器、特にタブレット端末を活用することによって取り組むことを提案している。また、生徒たちが佐保川上流域の資料を収集し、検証し、提案していけるよう教育大生がアシストすることを通して学校現場での「ESDの実践力」を育むことも、ここでは目的としている。本稿は …

    次世代教員養成センター研究紀要 = Bulletin of Teacher Education Center for the Future Generation (2), 217-221, 2016-03

    IR 

  • A Development on Assessment Method of Identifying Transformation of Preservice Teacher's Practical Knowledge in Practicum : Focus on Technological Pedagogical Content Knowledge  [in Japanese]

    佐竹 靖 , 小柳 和喜雄 , 松川 利広 , 市橋 由彬 , 山本 浩大 , 竹村 景生

    It has been thought that "Pedagogical Content Knowledge (PCK)" is important to improve teaching skills. However, recently, teachers are required to improve students learning skills through ICT. Thus, …

    次世代教員養成センター研究紀要 = Bulletin of Teacher Education Center for the Future Generation (2), 177-185, 2016-03

    IR 

  • Development of An Effective Method of Teacher Training Guidance utilizing MindMap and ICT(1)Possibility of utilizing MindMap in Teacher Training Guidance  [in Japanese]

    佐竹 靖 , 松川 利広 , 小柳 和喜雄 [他] , 竹村 景生 , 今辻 美恵子 , 山本 浩大

    本研究は、教育実習の教科に関する実習指導において、手描きのマインドマップ及びiPadを用いたマインドマップの作成を導入し、実習生の実態把握や、授業づくり、授業観察、授業批評会などの場面で活用することで、より効果的に実践力を育成できる教育実習指導法を開発することを目的としている。 実践の結果、実習生の変容を捉えることや、グループでの話し合いを深めること、実習生の自己評価に有効であることが認められたの …

    次世代教員養成センター研究紀要 = Bulletin of Teacher Education Center for the Future Generation (1), 359-364, 2015-03

    IR 

  • ESD Saho-river watershed project : Landscape composition of current Saho-river basin as seen through the Choukei Yoshimura  [in Japanese]

    竹村 景生 , 松川 利広 , 谷口 義昭 [他] , 小嶋 祐伺郎 , 佐竹 靖 , 葉山 泰三 , 山本 浩大 , 吉田 寛 , 今辻 美恵子

    ESDが捉える地域と文化そして環境を「流域」概念でつなぎ、流域思考的な学びの総合を、教科ならびに総合的な学習の時間での活用方法についてICT機器、特にタブレット端末を活用することによって生徒たちならびに教育大学生が流域の資料を収集し、検証し、提案していけるよう、学校現場での「ESDの実践力」を育むことを目的としている。本稿は、物語論的に佐保川の景観構成を、江戸・明治・大正・昭和の4つの時代を生きた …

    次世代教員養成センター研究紀要 = Bulletin of Teacher Education Center for the Future Generation (1), 267-272, 2015-03

    IR 

  • ESD cereals project The measure of the Dorogawa junior high school "which aims at training of the 'home country' image used as a support of the heart" teaches  [in Japanese]

    川内 充延 , 竹村 景生 , 山本 浩大 [他] , 佐竹 靖 , 冨山 敦史 , 森嶌 敏彦 , 松川 利広 , 谷口 義昭

    統廃合の計画が出ている洞川中学校が、子どもたちの「ふるさと」像の育成を柱に地域協力を得てESDに取り組み始めた。奈良教育大学附属中学校と裏山クラブのESDの実践の成果(米プロジェクト等)と洞川中学校のふるさと学習に学ぶ取り組みを交流しながら、雑穀をテーマにESDの実践をどのように組み立て、互いが協働で地域の課題に迫れるかを考察する試み(1年次)の報告である。

    教育実践開発研究センター研究紀要 = Bulletin of Center for Educational Research and Development (23), 145-150, 2014-03

    IR 

  • A bibliographic consideration about "The book of the memory" by students of Nara University of Education: based on Nippon Decimal Classification  [in Japanese]

    渡辺 良枝 , 松川 利広

    本報告では学生の「心に残った思い出の本」に関する書誌情報を分析し、学生の読書傾向を考察する。分析方法は、まず初めに学生が発表した本を日本十進分類法(NDC)にしたがい分類した。その結果、9類文学(一般書)が最も好まれ、続く2番目はE絵本、3番目は9類文学(児童書)であることが明らかになった。さらに、それぞれの類を検証すると、1類では人生訓.教訓、2類では伝記、3類では教育、4類から8類では学生の専 …

    Bulletin of Center for Educational Research and Development (20), 343-348, 2011-03

    IR 

  • 学習者ベースのカリキュラムと指導体制の工夫 (特集 教職大学院で学ぶ)  [in Japanese]

    松川 利広 , 小柳 和喜雄

    Synapse (2), 20-23, 2010-11

  • Study of students' learning for acquiring reading literacy adovocated by the OECD: evidence from the lessons on writing compound eyes-book reviews  [in Japanese]

    松川 利広 , 松本 哲 , 新子 慶行

    本稿では、連続型テキストとして物語をとりあげ、複眼書評の指導を通してPISA型読解力の向上をめざす研究を行った。複眼書評を読み比べすることにより、作品の内容や描写に着目し、自分の体験や考えを取り入れて書評を書こうとする萌芽が見られた。書評を読むこと(受信)と書評を書くこと(発信)を関連させた指導は、情報を取り出し、熟考・評価という一連の活動を促し、 PISA型読解力の向上につながることを明らかにす …

    Bulletin of Center for Educational Research and Development (17), 207-213, 2008-03

    IR  Cited by (1)

  • Kurushima Takehiko in Nara: an historical analysis based on the records of the "Narajo-juku" and "Isagawa kindergarden"  [in Japanese]

    渡辺 良枝 , 松川 利広

    Takehiko Kurushima lived in Nara city from after the war 1945(Year of the Emperor, Showa 20)until 1953(Year of the Emperor, Showa 28). During his days in Nara, he was involved in women' s education as …

    Bulletin of Nara University of Education Cultural and social science 56(1), 71-87, 2007-10

    IR 

  • Required abilities for elementary school teachers: results of a questionnaire survey to principals  [in Japanese]

    吉村 雅仁 , 松川 利広

    本学教員養成課程の再構築をする際には、いわゆるディマンド・サイドの要望を少なからず取り入れる必要があることは言うまでもない。本研究ノートは、ディマンド・サイドの一部である小学校校長を対象とする質問紙票調査の結果報告である。学部卒業段階と大学院修了段階で育成すべき能力を仮に新任教員と3年程度経験を有する教員との能力と見なすとすると、学部卒業時点で期待される能力に関しては学級経営や保護者との対応が、大 …

    Bulletin of Center for Educational Research and Development (16), 231-235, 2007-03

    IR 

  • Examinations of students' learning for acquiring reading literacy advocated by the OECD: evidence from the lessons on writing book reviews  [in Japanese]

    松川 利広 , 松本 哲 , 新子 慶行

    本稿では、連続型テキストとして物語をとりあげ、1冊の本による書評の指導(5年)、複数の本による書評の指導(4年)を通してPISA型読解力の向上をめざす研究を行った。1冊の本による書評を書く指導では、書評のフォーマットを段階的に与えていくことにより、書評の質を高め、記述の幅を広げることにつながった。複数の本による書評を書く指導では、2つの物語を比べ読みすることにより、作品の内容を観点を持って客観的に …

    Bulletin of Center for Educational Research and Development (16), 175-182, 2007-03

    IR 

  • Practical Research for Promotiong Literacy of Reading  [in Japanese]

    松川 利広 , 松本 哲 , 新子 慶行

    本稿では、伝統的な読解力とOECDの調査による読解力を区別するため、OECDの調査による読解力をPISA型読解力と呼ぶこととする。PISA型読解力では、テキストを理解・解釈・評価することに重点をおいている。今回はPISA型読解力向上のために、国語科の授業において新聞記事の読み比べを行った。身近な説明文である新聞記事は、比較的はっきりとしたフォーマットを持っているため、読み比べによる共通性と差異性を …

    Bulletin of Center for Educational Research and Development (15), 127-137, 2006-03

    IR 

  • A Study on System Modeling of the Relationship between faculty and staff in Educational Management at College of Education  [in Japanese]

    上野 ひろ美 , 岡澤 祥訓 , 松川 利広 [他] , 小柳 和喜雄 , 堀井 始 , 吉田 泰彦 , 荻野 正之

    本報告は、教学支援に関する連携組織で、法人化以後取り組んできた取り組みについて、システム思考を用いながら、その経過を分析し、現状と課題を明らかにしたものである。情報の流れ、情報共有に関する問題点、委員会、室、課の連携の問題点などを図式化し、問題や課題を視覚化すると共に、教学支援体制を充実・発展させていく方向性を明らかにするように努めている。

    Bulletin of Center for Educational Research and Development (15), 119-125, 2006-03

    IR 

  • A Preliminary Research on Standard toward Curriculum Reform in Pre-service Teacher Training  [in Japanese]

    上野 ひろ美 , 松川 利広 , 小柳 和喜雄

    The reform of teacher training is getting an agenda over the world. Also professional Standards for Qualified Teacher Status and requirements for pre-service teacher training have been explored in man …

    Bulletin of Center for Educational Research and Development (14), 147-155, 2005-03

    IR 

  • 奈良教育大学における大学院カリキュラムの改革--研究科共通科目・専攻共通科目設置の背景と実践的課題を中心に (教育新時代をめざして)  [in Japanese]

    上野 ひろ美 , 松川 利広 , 小柳 和喜雄

    Studies in curriculum research and development 23, 145-158, 2005

  • The Literary Structure of "Shiroi Boushi" (the white hat) by Aman Kimiko  [in Japanese]

    WATANABE Yoshie , MATSUKAWA Toshihiro

    Shiroi Boushi (the white hat) by Aman Kimiko is considered to be one of the pioneer works among fantasy novels. However, because it also appears in the Japanese language national text books list for p …

    Bulletin of Nara University of Education Cultural and social science 53(1), 123-134, 2004-10

    IR 

  • A preliminary study on the interconnection of 'reading'and'writing'learned from Fantasy -in terms of Everyday Magic-  [in Japanese]

    渡辺 良枝 , 松川 利広

    現行(平成14年度版(2002))の小学校国語科教科書には文学的文章として、ファンタジー教材が採択されている。文学的文章の中でもリアリズムの文学教材は指導のポイントを逐次つかんでいるのに対し、ファンタジー教材はリアリズム教材とひとくくりにされた指導が行われている。しかし、元来ファンタジーは構造において他の文章とは異なる特質をもつ。本研究では、ファンタジーの構造価値に着目して、構造(〈骨格〉〈通路〉 …

    Bulletin of Center for Educational Research and Development (13), 59-69, 2004-03

    IR 

  • 1 / 2
Page Top