太田 茂 OHTA Shigeu

ID:1000010233123

川崎医療福祉大学医療福祉マネジメント学部医療情報学科 Department of Health Informatics, Faculty of Health and Welfare Services Administration, Kawasaki University of Medical Welfare (2010年 CiNii収録論文より)

Search authors sharing the same name

Articles:  1-20 of 54

  • 1 / 3
  • Development of Tachi-mail: a new mobile vibration communication system  [in Japanese]

    Horiuchi Kenji , Nakamoto Hiroshi , Ono Taiki , Uchiyama Mikio , Kohno Takayuki , Ohta Shigeru

    我々は,視覚と聴覚の双方に制約がある盲聾者用の電気通信手段「タチホン」を開発し,本誌前号で紹介した.タチホンは携帯電話内部の振動子でモールス符号等を表現し,触覚で文字を受信する通信手段である.使い方はやや変則的だが,経済性と保守性の両面から我々は携帯電話の内蔵振動子に固執している.タチホンの特徴は双方向性だが,即答を要しない用途なら単方向でも支障は無い.多くの携帯電話の利用者が音声通話と電子メール …

    Kawasaki medical welfare journal 20(1), 223-230, 2010

    IR  Ichushi Web 

  • A study of a communication method based on encoded vibration  [in Japanese]

    Kouno Takayuki , Uchiyama Mikio , Kawata Masaoki , Nakamoto Hiroshi , Ohta Shigeru

    Kawasaki medical welfare journal 19(2), 405-409, 2010

    IR  Ichushi Web 

  • Development of Tachifon, mobile phone vibration communication system and server for users with visual and hearing impairment  [in Japanese]

    Ohta Shigeru , Kishimoto Toshio , Horiuchi Kenji , Saeki Nobuyoshi , Uchiyama Mikio , Kohno Takayuki , Kawata Masaoki , Nakamoto Hiroshi

    本研究の目的は視覚・聴覚が共に低下し伝統的な電気通信システムの利用が困難な盲聾者を情報社会に迎え入れるため,振動を用いて文字情報を表現する電話「タチホン」を世界に先駆けて実現することと,その有用性を検証することである.マイコン内蔵が常識化した昨今の携帯電話端末には,従来の電話システムの枠を超えた新しい可能性がある.タチホンの最大の特徴は市販の携帯電話の機能をフルに活用することである.視聴覚に頼るこ …

    Kawasaki medical welfare journal 19(2), 329-338, 2010

    IR  Ichushi Web 

  • Considerations and proposals on securing safety and notifying pedestrians of approaching electric vehicles  [in Japanese]

    Ohta Sigeru , Uchiyama Mikio , Horiuchi Kenji , Kohno Takayuki , Kawata Masaoki , Nakamoto Hiroshi

    原油価格の高騰後,ハイブリッド車の台数増加が著しい.今後,様々な電気自動車が登場するであろうが,ハイブリッド車だけでも既に数十万台が日本国内を走行している.電動機を主な動力とする広義の電気自動車は化石燃料の使用量削減と炭酸ガス排出量削減に貢献するが,内燃機関に頼らない静粛性が新たな問題を引き起こしている.我々人類はこれまで内燃機関が出す騒音で自動車の存在や接近を察知し危険を回避してきた.その音源が …

    Kawasaki medical welfare journal 19(2), 269-275, 2010

    IR  DOI 

  • A study on tactile vibration signals to convey text information: a new means of communication by morse code for the deaf and blind  [in Japanese]

    Kouno Takayuki , Uchiyama Mikio , Kishimoto Toshio , Kawata Masaoki , Nakamoto Hiroshi , Ohta Shigeru

    本研究の目的は,触知覚モールスを盲聾者の新たなコミュニケーション手段として利用することの有用性を検証することである.耳介に密着させた振動子と触知覚信号発生装置を用いて12人の健常者を対象に実験した.モールス符号は,短点と長点の組み合わせで構成されている.触知覚モールスも同様に振動時間に長短の差がある2種類の振動信号(短点,長点)のいずれかを出力することを1~4回繰り返し,一つの文字を表現する.各点 …

    Kawasaki medical welfare journal 19(1), 79-84, 2009

    IR  DOI  Ichushi Web 

  • A study of tactile perception communication using a vibration signal system for the deaf and blind  [in Japanese]

    Ohta Shigeru , Kouno Takayuki , Yukimoto Ai , Uchiyama Mikio , Hasegawa Sadao , Kishimoto Toshio , Kawata Masaoki , Nakamoto Hiroshi

    本研究の目的は,盲聾者に振動で文字情報を伝える通信方式の有用性を検証することである.耳介に密着させた振動子と体表点字出力装置を使って12人の健常者を対象に実験した.対照群は,通常の点字の触読結果である.点字は3×2の計6点で表わされる.一点式体表点字は長点および短点と呼ばれる振動時間に長短の差がある2種類の振動信号のいずれかを出力することを6回繰り返し,二点式では長点または短点を左右のチャネルに並 …

    Kawasaki medical welfare journal 18(2), 465-470, 2009

    IR  DOI  Ichushi Web  Cited by (1)

  • 高齢者居住施設における浴室環境の違いが介護労働に与える影響(川崎医療福祉学会第33回研究集会)  [in Japanese]

    Ota Akihiko , Matsumoto Masatomi , Oto Yutaka , Ota Sigeru , Saito Yoshinori , Nogami Naoki

    Kawasaki medical welfare journal 17(2), 476-476, 2008

  • Study of blood volume change by near-infrared spectroscopy after acupuncture  [in Japanese]

    Kouno Takayuki , Yukimoto Ai , Kawata Masaoki , Nakamoto Hiroshi , Ohta Shigeru

    鍼治療は古来から行われている治療方法であり,東洋医学ではこりや痛みを緩和させる作用があるとされているが,その効果を確認するのは難しい.しかし,体内を透過し易い近赤外光の特性を利用すれば,毛細血管の血液量変化を非侵襲的に観察することができると考えられる.本研究の目的は鍼によって刺激した経穴(ツボ)周辺部位の血液量変化を微弱近赤外光を用いて安全かつ簡便に把握することである.ベッド上の座位の6名の被験者 …

    Kawasaki medical welfare journal 18(1), 195-201, 2008

    IR  DOI  Ichushi Web  Cited by (1)

  • Proposals for constructing an easily accessible web site for the disabled and the elderly  [in Japanese]

    Yukimoto Ai , Kouno Takayuki , Nakamoto Hiroshi , Ohta Shigeru

    行政の形式的な手続きが電子化されつつある今,いつでも好きな時にインターネットに簡単にアクセスし,社会的諸サービスの恩恵を受けることができる,ウェブアクセシビリティの利点について考える必要がある.アクセスし易いウェブサイトを作成するためのガイドラインは既にあるが,地方自治体ではあまり認知されておらず,ウェブサイト作成者は,使い易いウェブサイトを作成するための実用的な知識を望んでいる.本論文では,最初 …

    Kawasaki medical welfare journal 18(1), 91-96, 2008

    IR  DOI  Ichushi Web 

  • Effects of differences of bathing environment on routine care work in nursing homes  [in Japanese]

    "Matsumoto Masatomi , Ohta Shigeru , Saito Yoshinori , Ohto Yutaka , Ohta Akihiko"

    本研究の目的は,高齢者施設の浴室環境とそれに付随するケアの違いが日常の介護労働に与える影響について考察することである.具体的には,施設において個別対応の浴室設備を導入し,集団的処遇の入浴介助からマンツーマン入浴へと体制移行する機会を利用して,その前後の介護スタッフの運動量と行動内容について比較を行った.この際,運動量は携帯型加速度計による10分毎の歩数,行動内容は1分ごとの滞在場所・行為内容を逐次 …

    Kawasaki medical welfare journal 17(2), 415-421, 2008

    IR  DOI  Ichushi Web  Cited by (1)

  • Analysis of blood flow changes of portal vein by near infrared spectroscopy  [in Japanese]

    "Nakamoto Hiroshi , Iwamura Yoshiaki , Kouno Takayuki , Shinagawa Yoshimitsu , Ohta Shigeru"

    最近,話題を集めている大脳表面の毛細血管の血流変化を非侵襲的に観察する装置は,体内を透過し易い近赤外光の特性を利用している.この光は四肢や体幹の大量の血流変化も観測できる.本論文では,微弱近赤外光を用いて,門脈の血流変化を安全かつ連続的に計測する方法について述べる.微弱近赤外光を用いる計測法で得られる門脈の血流変化は定性的で定量的ではないという限界はあるけれども,腸の消化機能が把握できるし,健康状 …

    Kawasaki medical welfare journal 17(1), 147-152, 2007

    IR  DOI  Ichushi Web 

  • The necessity for ethical considerations in assistive technology research and developnoent  [in Japanese]

    "Kouno Takayuki , Hayashi Akihiro , Ohta Shigeru"

    倫理的配慮の適用範囲が国際的に医療分野から福祉分野まで拡大されつつあるので,福祉分野の研究者は注意を要する.本論文では倫理的配慮の歴史から説き起こし,福祉分野における対処方法について福祉機器開発を例題として述べる.

    Kawasaki medical welfare journal 17(1), 81-86, 2007

    IR  DOI  Ichushi Web 

  • A role of information and communication technology for social welfare  [in Japanese]

    Ohta Shigeru

    コンピュータに代表される情報機器は全ての情報を電子化して取り扱う.情報社会の特徴の一つは,コンピュータの処理対象であるデジタル情報を通信網経由でやりとりすることである.デジタル機器は使える人と使えない人を峻別するという問題点を有するが,情報社会における代表的な情報媒体である電子文字は,両者の垣根を取り払う重大な役割を担っている.例えば,伝統的な情報交換手段である音声言語や文字言語では対話できない人 …

    Kawasaki medical welfare journal 17(-), 51-60, 2007

    IR  DOI  Ichushi Web 

  • Development of an Automatic Alarm System for the Elderly Living Alone  [in Japanese]

    SHINAGAWA Y , KISHIMOTO T , OHTA S

    少子化や核家族化が進み,家族や親族が高齢者を見守ることが困難となっている現在,独居高齢者の異常を検知し通報するシステムの必要性は高い.そこで我々は,焦電型赤外線センサを利用し,日常の様子とは異なった状態を検知し,安否確認を促す通報メッセージを家族・親族や隣人に自動的に送るシステムを開発した.通報発信のトリガーとして,同じ部屋に長時間滞在している状態を検出する「滞在時間異常」と全センサが長時間反応し …

    Japan Journal of Medical Informatics 26(1), 1-11, 2006-07-31

    J-STAGE  Ichushi Web  References (14) Cited by (1)

  • 一般口演I-6 微弱近赤外光を用いた血液量の変化の非侵襲的計測(第28回中国四国支部大会抄録)  [in Japanese]

    仁宮 崇 , 仲本 博 , 太田 茂

    Transactions of the Japanese Society for Medical and Biological Engineering : BME 44(2), 332, 2006-06-10

    Ichushi Web 

  • 517 Relationship between Living environment of elderly in nursing homes and Micro-Body-Movement  [in Japanese]

    TANIGUCHI Takeru , MATSUMOTO Masatomi , SAITO Yoshinori , OTA Shigeru

    日本建築学会中国支部研究報告集 29, 509-512, 2006-03-05

  • 施設居住高齢者の生活実態と福祉用具による座位環境改善の試み(川崎医療福祉学会第29回研究集会)  [in Japanese]

    Yoshinaga Takao , Taniguchi Takeru , Ota Shigeru , Saito Yoshinori , Matsumoto Masatomi

    Kawasaki medical welfare journal 15(2), 684-685, 2006

  • Analysis on Human Behavior of Elderly People Living Alone Focusing on Seasonal Variation  [in Japanese]

    "Shinagawa Yoshimitsu , Kishimoto Toshio , Ohta Shigeru"

    本研究では,在宅高齢者の異常検知法を確立するために,赤外線センサを利用した高齢者見守りシステムを用いて長期間(25ヶ月)にわたり計測した宅内行動状況の統計的解析を行った.その結果,宅内移動距離は正規分布を示すが,居室利用頻度,居室利用時間の分布は被験者や部屋に依存することが判明した.また,宅内移動距離,居室利用頻度,居室利用時間は平均気温と相関があり季節変動の存在が確認できた.従って,高齢者見守り …

    Kawasaki medical welfare journal 16(1), 121-128, 2006

    IR  DOI  Ichushi Web  Cited by (1)

  • Monitering Human Behaviour in the Home Using Microphone Sensors  [in Japanese]

    SHINAGAWA Y. , Kishimoto Toshio , Ohta Shigeru"

    Kawasaki medical welfare journal 15(2), 615-620, 2006

    IR  DOI  Cited by (6)

  • Development of an Algorithm for Automatic Emergency Calls Using Non-Response Intervals of Infrared Sensors  [in Japanese]

    "Shinagawa Yoshimitsu , Kishimoto Toshio , Ohta Shigeru"

    赤外線センサを利用した高齢者見守りシステムに応用可能な自動緊急通報を行うためのアルゴリズムを開発した.本研究で考案した自動緊急通報アルゴリズムは,センサの無応答(全センサがOFF状態)時間をリアルタイムにモニタするものである.クラスタ分析により求めた過去の行動パターン別センサ応答分布と現時刻の無応答時間とを比較し,平素よりセンサの無応答時間が長いと判断した場合,通報を行う.独居高齢者4名の長期計測 …

    Kawasaki medical welfare journal 15(2), 553-563, 2006

    IR  DOI  Cited by (2)

  • 1 / 3
Page Top