黒田 一郎 KURODA Ichirou

ID:1000010253478

防衛大学校講師 システム工学群建設環境工学科 (2001年 CiNii収録論文より)

Search authors sharing the same name

Articles:  1-10 of 10

  • Bond-slip Behavior of Two Dimensional Carbon Fiber-reinforced Plastic Grids  [in Japanese]

    KURODA Ichiro , NAGAHAMA Takayuki , HINO Shin-ichi , OHTA Toshiaki

    2次元格子状炭素繊維補強材 (CFRPネット) の格子点交差部における付着特性に着目し, 部材レベルのFEM解析に適用しうる簡易な付着モデルを構築した.本モデルの特徴は, CFRPネット軸筋部と格子点交差部の付着特性を別個に評価できることであり, その妥当性は引き抜き実験結果との比較により確認した.さらに, 実験結果を基に格子点交差部における付着応力-滑り量関係の定式化を行ない, コンクリート強度 …

    Concrete Research and Technology 12(3), 69-78, 2001-09-25

    J-STAGE References (6)

  • A Study on Bond-Slip Behavior of Carbon Fiber-Reinforced Plastic Crids Considering Intersection  [in Japanese]

    NAGAHAMA Takayuki , KURODA Ichiro , HINO Shin-ichi , OHTA Toshiaki

    2次元格子状炭素繊維補強材の格子点交差部による機械的な付着挙動を考慮して部材レベルのFEM解析に組み込める簡易な付着モデルを提案した。既往の試験結果も含め,付着モデルのバネ係数の算定に用いる格子点交差部の付着応力-すべり量関係について定式化した。無次元化した付着応力-すべり量関係をもとに設定された付着モデルを導入したFEM解析を行ない,試験結果と比較することにより,本モデルの有用性について検証した

    コンクリート工学年次論文報告集 21(3), 1495-1500, 1999-06-01

    NDL Digital Collections References (6)

  • Analysis on Ultimate Strength and Deformation Behavior of Multi-Column Composite Pier with Concrete Filled Steel Tubular Columns  [in Japanese]

    KURODA Ichiro , TANG Jialin , HINO Shin-ichi , OHTA Toshiaki

    現場施工の省力化及び耐震性の向上を目的とした新しい橋脚形式として,コンクリート充填鋼管柱(CFT柱)を用いた多柱式合成構造橋脚が提案されている。本論文は,本構造を対象として水平荷重を受けた場合の弾塑性有限要素解析を行ない,終局耐力や変形性能について検討したものである。その結果,これらの特性に及ぼす補剛支材形式やコンクリート充填高さの影響について考察した。

    コンクリート工学年次論文報告集 21(3), 1021-1026, 1999-06-01

    NDL Digital Collections References (5)

  • Evaluation of Ultimate Shear Strength of Concrete Beams Shear-Reinforced with CFRP Grids  [in Japanese]

    KURODA Ichirou , NAGAHAMA Takayuki , HINO Shin-ichi

    Technology reports of Kyushu University 70(6), 583-590, 1997-11

  • FUNDAMENTAL STUDY ON THE THERMAL PROPERTIES OF CONCRETE STRUCTURAL MEMBERS UNDER EXTERNAL HIGH TEMPERATURE LOADING  [in Japanese]

    KURODA Ichirou , HINO Shin-ichi , OHTA Toshiaki

    土木学会論文集 = Proceedings of JSCE 532, 41-53, 1996-02-20

    References (29)

  • Structural Properties of High Multi-Column Composite Piers with Concrete Filled Tubular Steel Columns  [in Japanese]

    OHTA Toshiaki , HINO Shin-ichi , KURODA Ichirou

    Technology reports of Kyushu University 69(1), 35-42, 1996-01

  • 1187 Thermal and Structural Behavior of Reinforced Concrete with CFRP Subjected toHigh Temperature Load  [in Japanese]

    KURODA Ichiro , HINO Shin-ichi , OHTA Toshiaki , MASUKAWA Yuji

    CFRP等の新素材を用いたコンクリート部材の耐熱性の解明を目的として、CFRPロッドで補強されたコンクリートはりの高温加熱実験ならびに加熱後の載荷実験を行なった。未加熱のCFRPはりやRCはり、さらにはFEM解析値との比較検討の結果、CFRPロッドへの到達温度が200℃程度になれば、加熱中のはり内部の応力状態に影響が生じるが、加熱後には耐力、曲げ剛性などの力学性能は回復することなどが判明した。

    コンクリート工学年次論文報告集 18(1), 1155-1160, 1996

    NDL Digital Collections

  • 2206 Nonlinear Finite Element Analysis of Reinforced Concrete Beams by Using Embedded Model of Reinforcements  [in Japanese]

    KURODA Ichiro , OHTA Toshiaki , HINO Shin-ichi , ISHIBASHI Hironori

    本研究は、コンクリート要素内の任意の位置に鉄筋などの補強材の配置を考慮できる埋め込み鉄筋モデルを拡張し、多数の補強鉄筋や炭素繊維ネットを有するコンクリート部材の非線形有限要素解析への適用を試みるものである。本モデルを用いた解析結果と既往の実験結果を比較することにより、本解析法の有用性について検討する。

    コンクリート工学年次論文報告集 17(2), 1229-1234, 1995-06-01

    NDL Digital Collections References (5)

  • 2159 Effect of Carbon Fiber Nets on Shear Reinforcement for Web in Reinforced Concrete Beams  [in Japanese]

    HINO Shinichi , LEE Jung Howan , KURODA Ichiro , OHTA Toshiaki

    本研究は、炭素繊維ネットのコンクリート構造物へのせん断補強材としての適用性を目的とし、炭素繊維ネヅトを用いたコンクリートはり腹部のせん断補強効果について実験的検討を行ったものである。その結果、炭素繊維ネットによるせん断耐力の向上とひび割れ分散効果を確認するとともに、トラス理論に基づく既往の設計評価式の適用の妥当性が明らかにされた。

    コンクリート工学年次論文報告集 17(2), 953-958, 1995-06-01

    NDL Digital Collections References (8) Cited by (1)

  • Finite Element Analysis of Composite I-Girder Bridges Using Extended Model of Aranea-Elements  [in Japanese]

    OHTA Toshiaki , KURODA Ichirou , KITANOSONO Hiroshi

    Technology reports of Kyushu University 66(1), p17-22, 1993-01

Page Top