山本 美佐子 YAMAMOTO Misako

ID:1000010258882

北海道医療大学看護福祉学部看護学科 School of Nursing and Social Service, Health University of Hokkaido (2007年 CiNii収録論文より)

Search authors sharing the same name

Articles:  1-8 of 8

  • Changes and characteristics of maternal consciousness and feelings toward babies among mothers of infants admitted to Neonatal Intensive Care Unit : A comparison of mothers of full-term infants from the time of hospitalization to one year after discharge  [in Japanese]

    山本 美佐子 , 水島 禮子 , 堀込 和代 , 木浪 智佳子 , 萬 美奈子 , 三国 久美 , ヤマモト ミサコ , ミズシマ レイコ , ホリゴメ カズヨ , キナミ チカコ , ヨロズ ミナコ , ミクニ クミ , Misako Yamamoto , Reiko Mizushima , Kazuyo Horigome , Tikako Kinami , Minako Yorozu , Kumi Mikuni

    本研究の目的は,NICUに入院した子ども(以下NICU児)の母親の対児感情と母性意識の入院中から退院後1年間の経時的変化と,満期産児の母親との比較による特徴を明らかにすることである.接近と回避の下位尺度から成る対児感情評定尺度と育児肯定,育児否定,葛藤,成長志向から成る母性意識尺度を用い,入院中・退院後3ヶ月前後・退院後1年前後の調査を行った結果,以下のことが明らかになった.1)子どもへの接近は, …

    北海道医療大学看護福祉学部学会誌 = Journal of School of Nursing and Social Services, Health Sciences University of Hokkaido 3(1), 7-14, 2007-03-31

    IR 

  • Changes and characteristics of material consciousness and feelings toward babies among mothers of infants admitted to Neonatal Intensive Care Unit: a comparison of mothers of full-term infants from the time of hospitalization to one year after discharge  [in Japanese]

    Yamamoto Misako , Mizushima Reiko , Horigome Kazuyo , Kinami Tikako , Yorozu Minako , Mikuni Kumi

    本研究の目的は,NICUに入院した子ども(以下NICU児)の母親の対児感情と母性意識の入院中から退院後1年間の経時的変化と,満期産児の母親との比較による特徴を明らかにすることである.接近と回避の下位尺度から成る対児感情評定尺度と育児肯定,育児否定,葛藤,成長志向から成る母性意識尺度を用い,入院中・退院後3ヶ月前後・退院後1年前後の調査を行った結果,以下のことが明らかになった.1)子どもへの接近は, …

    Journal of School of Nursing and Social Services, Health Sciences University of Hokkaido 3(1), 7-14, 2007

    Ichushi Web 

  • Trend of Research on Prevention of Childhood Obesity and Lifestyle in Japan  [in Japanese]

    萬 美奈子 , 木浪 智佳子 , 三国 久美 , 山本 美佐子 , ヨロズ ミナコ , キナミ チカコ , ミクニ クミ , ヤマモト ミサコ , Minako YOROZU , Chikako KINAMI , Kumi MIKUNI , Misako YAMAMOTO

    近年、わが国において肥満傾向児の割合が増加している。これらの児は将来的に、肥満に起因する健康障害を引き起こす可能性が高いことから、小児期からの予防対策が重要である。本稿では、小児肥満の予防と生活習慣に焦点をあて、効果的な予防的介入方法について、それらに関する文献をもとに検討することを目的とし、以下の知見を得た。1.小児肥満を予防するためには、乳幼児期からの一次予防レベルの介入が、必要かつ効果的であ …

    北海道医療大学看護福祉学部紀要 (13), 51-58, 2006

    IR 

  • Trend of research on prevention of childhood obesity and lifestyle in Japan  [in Japanese]

    YOROZU Minako , KINAMI Chikako , MIKUNI Kumi , YAMAMOTO Misako

    近年、わが国において肥満傾向児の割合が増加している。これらの児は将来的に、肥満に起因する健康障害を引き起こす可能性が高いことから、小児期からの予防対策が重要である。本稿では、小児肥満の予防と生活習慣に焦点をあて、効果的な予防的介入方法について、それらに関する文献をもとに検討することを目的とし、以下の知見を得た。1.小児肥満を予防するためには、乳幼児期からの一次予防レベルの介入が、必要かつ効果的であ …

    Journal of nursing and social services (13), 51-58, 2006

    Ichushi Web  Cited by (1)

  • Health Care at Schools for Physically Handicapped Children  [in Japanese]

    AKIHARA Shiho , SHINOKI Eri , YAMAMOTO Misako , KUSANAGI Miho , OKADA Yoko

    The Jounral of child health 64(6), 811-819, 2005-11-30

    Ichushi Web  References (14) Cited by (3)

  • 実習指導の経験交流--北海道医療大学 小児看護学実習 学生-子ども間の関係性発達支援による対象理解の深まり  [in Japanese]

    山本 美佐子 , 篠木 絵理

    The Japanese journal of nursing science 29(10), 103-108, 2004-09

    Ichushi Web  Cited by (1)

  • 母親役割意識と影響要因--産科退院前と月齢1ヶ月時の調査を通して  [in Japanese]

    山本 美佐子 , 松島 可苗 , 堀込 和代 [他] , 水嶋 禮子

    本研究は、母親の内的側面に焦点を当て、産科退院前と子どもの月齢1ヶ月時の母親意識、対児感情を中心にそれらに関連する諸要因について検討し、以下の結果が得られた。1)産科退院前、月齢1ヶ月時ともに、母性意識と対児感情は高い相関(p<0.01)が見られ、母親役割を受容し育児肯定意識の高い母親は、子どもに対する接近感情も高く、回避感情は低い傾向にあった。また、母親の葛藤意識と成長志向意識は育児肯定意 …

    Journal of nursing and social services (11), 43-49, 2004

    IR  Ichushi Web 

  • A Comparativestudy in stress and factors between newly graduated nurses and schoolteachers  [in Japanese]

    Minegishi Hideko , Kamigori Hirosi , Tamura Fumiko , Haraguchi Tomoko , Yamamoto Misako , Horigome Kazuyo , Shoda Michiko

    The annual reports of Gunma Prefectural College of Health Sciences 1, 21-30, 1994-03

Page Top