土屋 敏夫 TSUCHIYA Toshio

Articles:  1-13 of 13

  • Mapping and the utilization survey of the historical heritages in Chofu castle town  [in Japanese]

    土屋 敏夫 , 外枦保 大介 , 吉武 由彩

    地域共創センター年報 (9), 19-27, 2016

    IR 

  • Affective Engineering for Mud Wall Analysis using Self-organizing Maps  [in Japanese]

    Tsuchiya Toshio

    下関市長府地区を対象に、感性評価実験を用いて景観の評価を行った。景観誘導指針は、歴史的街並の景観計画にしばしば用いられるが、色彩誘導指針は統一的な色彩を形成・維持する目的で用いられる。色彩誘導指針は地域のアイデンティティに強く依存しているため、指針の制定においては住民の意見を十分に反映する必要がある。本研究は、地域の歴史や住民の感性にもとづいて、地域のアイデンティティに合ったデザイン要素を把握する …

    Proceedings of the Fuzzy System Symposium 29(0), 207-207, 2013

    J-STAGE 

  • Study of Landscape Zoning Using Kansei Engineering  [in Japanese]

    Wang Hong Yuan , Nakamura Hiromichi , Tsuchiya Toshio

    本論文では、感性工学の手法を街並地区の景観評価に応用する。具体的な事例として、下関市長府地区をとりあげ、実際の景観写真をもとに、感性評価を行った。まちの景観には、その地域の風土や歴史を反映したデザインというものがよく見られる。これはそのまち特有のイメージを表すものである。まちづくりでは、まち全体においてこのようなイメージの統一を図ることが必要条件となっている。しかし、まちを地区や通り単位で見ると、 …

    Proceedings of the Fuzzy System Symposium 26(0), 8-8, 2010

    J-STAGE 

  • Landscape analysis of Historical Town using Kansei Engineering  [in Japanese]

    Nakamura Hiromichi , Wang HongYuan , Tsuchiya Toshio

    本論文では、感性工学の手法を街並地区の景観評価に応用する。具体的な事例として、下関市長府地区をとりあげ、実際の景観写真をもとに、感性評価を行った。まちの景観には、その地域の風土や歴史を反映したデザインというものがよく見られる。これはそのまち特有のイメージを表すものである。まちづくりでは、まち全体においてこのようなイメージの統一を図ることが必要条件となっている。しかし、まちを地区や通り単位で見ると、 …

    Proceedings of the Fuzzy System Symposium 26(0), 7-7, 2010

    J-STAGE 

  • Kansei Data Analysis by Regression Tree  [in Japanese]

    Tsuchiya Toshio

    This paper is concerned with the regression trees used for the analyses of Kansei evaluation data. The methods to learn a regression tree is adopted to Kansei evaluation data which is usually represen …

    Proceedings of the Annual Conference of Biomedical Fuzzy Systems Association 20(0), 107-108, 2007

    J-STAGE 

  • Case Based Learning for Structure of Decision Tree and Application to Human Assessment Knowledge  [in Japanese]

    TSUCHIYA Toshio , KIKKAWA Norihiko , MATSUBARA Yukihiro , IWANE Noriyuki

    本論文では, 事例から人間の状況判断知識を獲得する手法を提案し, 自動車運転時の危険予測知識の学習に応用する. 提案手法は, 属性で記述されたサンプルを適切なクラスに分類するために, 決定木を用いて知識のルール化を行う. 決定木の学習には遺伝的アルゴリズムを用いた決定木学習アルゴリズムGAD (Genetic Algorithm based Decision Tree Learning) を用いる …

    Journal of Japan Society for Fuzzy Theory and Intelligent Informatics 18(4), 545-554, 2006-08-15

    J-STAGE  References (11)

  • A Kansei Analysis of Basic Design using Genetic Algorithm  [in Japanese]

    Tsuchiya Toshio , Nishino Tatsuo , Nagamachi Mitsuo

    The Japanese Journal of Ergonomics (39), 1-2, 2003

    J-STAGE 

  • 第2回 感性工学入門 : 感性の評価測定と分析方法  [in Japanese]

    石原 茂和 , 西野 達夫 , 土屋 敏夫

    Human interface 4(1), 13-24, 2002-02-01

    References (40) Cited by (1)

  • Nonlinear property of form-ratio Kansei in viewpoint of prototype theory  [in Japanese]

    NISHINO Tatsuo , NAGAMACHI Mitsuo , ISHIHARA Shigekazu , ISHIHARA Keiko , TUCHIYA Toshio

    人間工学 36, 540-541, 2000-06-28

    References (2)

  • Nonlinear property of form-ratio Kansei in viewpoint of prototype theory  [in Japanese]

    Nishino Tatsuo , Nagamachi Mitsuo , Ishihara Shigekazu , Ishihara Keiko , Tuchiya Toshio

    The Japanese Journal of Ergonomics 36(Supplement), 540-541, 2000

    J-STAGE 

  • Learning the Structure of Decision Tree for Generating Fuzzy Rules Based on Genetic Algorithm  [in Japanese]

    TSUCHIYA Toshio , MATSUBARA Yukihiro , NAGAMACHI Mitsuo

    対象事例に対して一般化された木構造を生成するために, ファジィ決定木の構造学習に遺伝的アルゴリズムを適用した決定木生成手法(FDTGA)を提案する.FDTGAは, (1)遺伝的アルゴリズムを決定木の構造学習に適用する, (2)決定木の構造を染色体へ間接的にコーディングする(3)学習中に複数の解を獲得可能であるなどの特徴を有している.したがって, 多くの属性で記述されるような複雑なデータに対してもコ …

    Journal of Japan Society for Fuzzy Theory and Systems 9(6), 900-907, 1997

    J-STAGE  References (16) Cited by (2)

  • Analysis of comfortable the inside of car using Genetic Algorithm based on Kansei Engineering  [in Japanese]

    MAEDA Tatsushi , TSUCHIYA Toshio , MATSUBARA Yukihiro , NAGAMACHI Mitsuo

    日本人間工学会大会講演集 36, 278-279, 1995-06-01

    References (3)

  • 多段階推論構造に基づく商品発注支援ファジィエキスパートシステムの開発  [in Japanese]

    国狭 亜輝臣 , 土屋 敏夫 , 松原 行宏 , 長町 三生

    Journal of Japan Industrial Management Association 43(6), 453, 1993

    J-STAGE 

Page Top