松森 泰造 MATSUMORI Taizo

ID:1000010272361

独立行政法人防災科学技術研究所 NIED (2011年 CiNii収録論文より)

Search authors sharing the same name

Articles:  1-20 of 32

  • 1 / 2
  • Test result on a prestressed concrete building : The 2010 E-Defense test on concrete buildings Part. 5  [in Japanese]

    TAHARA Kenichi , NAGAE Takuya , FUKUYAMA Kunio , MATSUMORI Taizo , SHIOHARA Hitoshi , KABEYASAWA Toshimi , KONO Susumu , NISHIYAMA Minehiro , NISHIYAMA Isao

    Summaries of technical papers of Annual Meeting Architectural Institute of Japan. C-2, Structures IV, Reinforced concrete structures prestressed concrete structures masonry wall structures

    学術講演梗概集. C-2, 構造IV, 鉄筋コンクリート構造, プレストレストコンクリート構造, 壁構造・組積構造, 803-804, 2011-07-20

    IR 

  • Design of prestressed concrete specimen : The 2010 E-Defense test on concrete buildings /Part. 4  [in Japanese]

    OSAKO Kazunori , NAGAE Takuya , TAHARA Kenichi , FUKUYAMA Kunio , MATSUMORI Taizo , SHIOHARA Hitoshi , KABEYASAWA Toshimi , KONO Susumu , NISHIYAMA Minehiro , NISHIYAMA Isao

    Summaries of technical papers of Annual Meeting Architectural Institute of Japan. C-2, Structures IV, Reinforced concrete structures prestressed concrete structures masonry wall structures

    学術講演梗概集. C-2, 構造IV, 鉄筋コンクリート構造, プレストレストコンクリート構造, 壁構造・組積構造, 801-802, 2011-07-20

    IR 

  • Failure mode and lateral strength capacity of reinforced concrete specimen : The 2010 E-Defense test on concrete buildings /Part. 3  [in Japanese]

    NAGAE Takuya , TAHARA Kenichi , FUKUYAMA Kunio , MATSUMORI Taizo , SHIOHARA Hitoshi , KABEYASAWA Toshimi , KONO Susumu , NISHIYAMA Minehiro , NISHIYAMA Isao

    Summaries of technical papers of Annual Meeting Architectural Institute of Japan. C-2, Structures IV, Reinforced concrete structures prestressed concrete structures masonry wall structures

    学術講演梗概集. C-2, 構造IV, 鉄筋コンクリート構造, プレストレストコンクリート構造, 壁構造・組積構造, 799-800, 2011-07-20

    IR 

  • Design of reinforced concrete specimen and test result on damage : The 2010 E-Defense test on concrete buildings /Part. 2  [in Japanese]

    FUKUYAMA Kunio , NAGAE Takuya , TAHARA Kenichi , MATSUMORI Taizo , SHIOHARA Hitoshi , KABEYASAWA Toshimi , KONO Susumu , NISHIYAMA Minehiro , NISHIYAMA Isao

    Summaries of technical papers of Annual Meeting Architectural Institute of Japan. C-2, Structures IV, Reinforced concrete structures prestressed concrete structures masonry wall structures

    学術講演梗概集. C-2, 構造IV, 鉄筋コンクリート構造, プレストレストコンクリート構造, 壁構造・組積構造, 797-798, 2011-07-20

    IR 

  • Test plan on a reinforced concrete building and a prestressed concrete building : The 2010 E-Defense test on concrete buildings /Part. 1  [in Japanese]

    MATSUMORI Taizo , NAGAE Takuya , TAHARA Kenichi , FUKUYAMA Kunio , SHIOHARA Hitoshi , KABEYASAWA Toshimi , KONO Susumu , NISHIYAMA Minehiro , NISHIYAMA Isao

    Summaries of technical papers of Annual Meeting Architectural Institute of Japan. C-2, Structures IV, Reinforced concrete structures prestressed concrete structures masonry wall structures

    学術講演梗概集. C-2, 構造IV, 鉄筋コンクリート構造, プレストレストコンクリート構造, 壁構造・組積構造, 795-796, 2011-07-20

    IR 

  • Three-dimensional Earthquake Simulation Tests and Analyses to Collapse on Full-scale Reinforced Concrete Buildings using E-Defense  [in Japanese]

    KABEYASAWA T. , KIM Y. , KABEYASAWA T. , MATSUMORI T.

    防災科学技術研究所の三次元震動破壊実験施設(E-Defense,兵庫県三木市)では実大鉄筋コンクリート建物の振動破壊実験が実施された。2006年1月と2006年9月~11月にそれぞれ実施された6層建物と3層建物の実験結果と解析の概要を紹介する。

    Concrete Journal 47(11), 16-22, 2009-11-01

    J-STAGE  References (22)

  • Analytical study on collapse process of a full-scale 6-story reinforced concrete wall frame structure tested at E-Defense  [in Japanese]

    金 裕錫 , 壁谷澤 寿海 , 松森 泰造 [他]

    Journal of structural and construction engineering 74(641), 1327-1334, 2009-07

  • Collapse Test on a Full-scale Six-story Reinforced Concrete Building Structure using Shake Table "E-Defense"  [in Japanese]

    SHIRAI K. , MATSUMORI T. , KABEYASAWA T.

    コンクリート工学 = Concrete journal 45(6), 28-34, 2007-06-01

    References (8)

  • 鉄筋コンクリート造実大3層建物の振動実験概要--大都市大震災軽減化特別プロジェクト(大大特)(2)振動台活用による構造物の耐震性向上研究  [in Japanese]

    壁谷澤 寿海 , 松森 泰造 , 壁谷澤 寿一 [他]

    日本地震工学会誌 (5), 54-61, 2007-01

    Cited by (1)

  • Verification of seismic strengthening by full-scale shake table test  [in Japanese]

    KABEYASAWA Toshinori , KABEYASAWA Toshimi , MATSUMORI Taizou , KABEYASAWA Toshikazu

    2006年9月から11月にかけてE-Defenseにより実大3層鉄筋コンクリート建物試験体2体の振動台実験を行った。そのうち1体は外付け鉄骨フレームにより耐震補強し,既存RC構造物の補強効果を実験的に検証することを目的としている。試験体は桁行き方向の2構面を耐震補強し,補強マニュアルに基づく既往の補強工法と躯体と一体性を持った新型補強工法の異なる接合部詳細として,その補強効果を比較した。基礎を水平 …

    Proceedings of the Japan Concrete Institute 29(3), 961-966, 2007

    NDL Digital Collections  Cited by (1)

  • Verification on dissipation of input base motions by full-scale shake table test  [in Japanese]

    KABEYASAWA Toshikazu , KABEYASAWA Toshimi , MATSUMORI Taizou , KIM Yousok

    2006年9,月から11月にかけてE-Defenseにより実大3層鉄筋コンクリート建物試験体2体(既存RC試験体,外付け補強試験体)の振動台実験を行った。実験を計画するにあたって,試験体の非線形応答性状を把握する目的で予備解析を行った。既存RC試験体および極短柱部材の静的漸増載荷解析では,基礎で想定される静摩擦係数とほぼ同等の保有水平耐力が算定された。本稿では既存RC試験体の計画概要,予備解析結果 …

    Proceedings of the Japan Concrete Institute 29(3), 955-960, 2007

    NDL Digital Collections  Cited by (1)

  • An outline of full-scale shake table test on three-story RC buildings  [in Japanese]

    KABEYASAWA Toshimi , MATSUMORI Taizou , KABEYASAWA Toshikazu , KABEYASAWA Toshinori

    2006年9月から11月にかけて防災科学技術研究所実大三次元震動破壊実験施設(E-Defense)で実大3層鉄筋コンクリート建物試験体2体の振動台実験を行った。1970年代の既存RC学校校舎を模擬し,1体では短柱の破壊に起因する進行性脆性破壊を再現した。1体は同じ設計の建物を外付け鉄骨ブレースで耐震補強した試験体で補強効果を確認する。いずれの試験体でも直接基礎底面と側面土圧を模擬した容器に建物試験 …

    Proceedings of the Japan Concrete Institute 29(3), 949-954, 2007

    NDL Digital Collections  Cited by (1)

  • Response acceleration of full-scale six-story R/C wall-frame structure based on shaking table test  [in Japanese]

    SHIRAI Kazutaka , MATSUMORI Taizo , KABEYASAWA Toshimi

    本報では,実大三次元震動破壊実験施設E-ディフェンスを用いて鉄筋コンクリート造実大6層壁フレーム試験体を対象として実施された震動実験に基づき,実験における加速度の計測計画について述べる。また,実験結果から得られた試験体各部の加速度応答性状(時刻歴波形,オービット,層方向の最大値分布,最大値の応答倍率)に関して報告する。

    Proceedings of the Japan Concrete Institute 29(3), 283-288, 2007

    NDL Digital Collections  Cited by (1)

  • Story drift in full-scale six-story R/C wall-frame structure based on shaking table test  [in Japanese]

    MATSUMORI Taizo , SHIRAI Kazutaka , KABEYASAWA Toshimi

    文部科学省「大都市大震災軽減化特別プロジェクトII(震動台活用による耐震性向上研究)」では,独立行政法人防災科学技術研究所の「実大三次元震動破壊実験施設(E-Defense.)」により実大6層耐震壁フレーム構造の震動実験を実施した。実験では,神戸海洋気象台観測波(1995)による加振に対し,1層短柱のせん断破壊と連層耐震壁の壁脚せん断すべり破壊により試験体は大破した。本報では,この実験における層間 …

    Proceedings of the Japan Concrete Institute 29(3), 277-282, 2007

    NDL Digital Collections  Cited by (1)

  • Dynamic analysis of a full-scale 6-story RC building using strength degrading models  [in Japanese]

    KIM Yousok , KABEYASAWA Toshimi , MATSUMORI Taizo , KABEYASAWA Toshikazu

    2006年1月にE・ディフェンスで行われた鉄筋コンクリート実大6層建物に対する震動実験結果を再現する目的で3次元動的解析を行った。せん断破壊した腰壁構面の短柱および耐震壁に耐力劣化型モデルを適用して得られた解析結果は,実験結果の最大耐力および最大変位を過小評価したものの,ポストピーク領域の耐力劣化性状を表す履歴形状においては良好な対応関係を示した。本論文では,実大試験体の解析方法の詳細および解析結 …

    Proceedings of the Japan Concrete Institute 29(3), 25-30, 2007

    NDL Digital Collections  Cited by (1)

  • STUDY ON SEISMIC PERFORMANCE OF R/C WALL-FRAME STRUCTURES BASED ON LARGE-SCALE SHAKING TABLE TEST : Outline of full-scale 6-story specimen and tri-axial shaking table test  [in Japanese]

    MATSUMORI Taizo , SHIRAI Kazutaka , KABEYASAWA Toshimi

    Response of reinforced concrete wall-frame structures subjected to earthquake motions was investigated by testing a full-scale six-story specimen on the world s largest tri-axial shaking table "E …

    Journal of Structural and Construction Engineering (Transactions of AIJ) 72(614), 85-90, 2007

    J-STAGE  AIJ  References (5) Cited by (2)

  • RC建築構造物の振動破壊実験  [in Japanese]

    壁谷澤 寿海 , 松森 泰造

    日本地震工学会誌 (4), 37-41, 2006-07

    Cited by (1)

  • Shaking table test on full-scale six-story R/C wall-frame structure  [in Japanese]

    松森 泰造 , 壁谷澤 寿海 , 白井 和貴 [他] , 勝俣 英雄

    文部科学省「大都市大震災軽減化特別プロジェクトII(震動台活用による耐震性向上研究)」では,独立行政法人防災科学技術研究所の「実大三次元震動破壊実験施設(E-Defense)」による最初の鉄筋コンクリート建物実験として,実大6層耐震壁フレーム構造の震動実験を実施した。神戸海洋気象台観測波(1995)による加振に対し,1層短柱のせん断破壊と連層耐震壁の壁脚せん断すべり破壊により試験体は大破し,さらに …

    Proceedings of the Japan Concrete Institute 28(2), 409-414, 2006

    NDL Digital Collections  Cited by (1)

  • Strength deteriorating feature of short column in full scale RC wall-frame structure  [in Japanese]

    金 裕錫 , 壁谷澤 寿海 , 松森 泰造

    E-ディフェンスで実施予定である鉄筋コンクリート造実大壁フレーム構造震動実験の破壊過程予測および構造解析手法の検証を目的として予備解析を行った。せん断破壊が予測される耐震壁や短柱の部材モデルとして耐力劣化現象の考慮できる部材モデルを用い,耐力劣化性状が建物の破壊モードに及ぼす影響を示した。また,短柱構面および袖壁構面のモデル化による捩れ応答への影響を示し,破壊過程予測に及ぼす影響について検討を行っ …

    Proceedings of the Japan Concrete Institute 28(2), 385-390, 2006

    NDL Digital Collections 

  • 1 / 2
Page Top