秋山 侃 AKIYAMA Tsuyoshi

ID:1000010283318

元岐阜大学流域圏科学研究センター River Basin Research Center, Gifu University (2010年 CiNii収録論文より)

Search authors sharing the same name

Articles:  1-20 of 105

  • Collaborative Research of Satellite Monitoring of Xilingol Steppe, Inner Mongolia(<Special Feature>International Studies in Natural Grasslands in East Asia)  [in Japanese]

    Akiyama Tsuyoshi , Kawamura Kensuke

    岐阜大学流域環境科学研究センター(現在は流域圏科学研究センター)は1997年から2004年までの8年間、中国科学院植物研究所と、内蒙古自治区シリンゴロ草原で標記の共同研究を行った。シリンゴロ草原は北京の北約410kmに位置し、近年、人口と家畜飼養頭数の急速な増加により草原の退化が進んでいる。草原の保全と持続的な畜産利用を両立させるため、リモートセンシング情報や地理情報システム(GIS)を用いて効率 …

    Japanese Journal of Grassland Science 56(1), 82-88, 2010

    J-STAGE  JASI  References (27)

  • Reports on the 2008 Joint Meeting of the 21st International Grassland Congress and the 8th International Rangeland Congress  [in Japanese]

    梨木 守 , 田村 良文 , 山田 敏彦 , 金子 真 , 菅野 勉 , 小倉 振一郎 , 秋山 侃 , 平野 清 , 平田 昌彦 , 小倉 振一郎 , 池田 堅太郎 , 中野 美和 , 堤 道生 , 伊東 睦泰 , 長谷川 信美 , 塩見 正衛

    Japanese Journal of Grassland Science 54(4), 352, 2009

    J-STAGE 

  • Estimation of biomass and carbon storage in abandoned bamboo stands ecosystem  [in Japanese]

    GOTO Seijiro , BAGANA , KAWAI Hiroto , ZHANG Fuping , JIA Shugang , SAIJOH Yoshimichi , AKIYAMA Tsuyoshi

    近年、管理放棄された竹林が周囲の森林へ侵入し竹林面積が増加していると報告されている。森林が竹林に変わると、森林の機能の一つである森林生態系への炭素の貯留にも影響があると推測される。しかし、竹林生態系における炭素貯留量に関する研究はほとんどなく、特に、長期間管理が放棄された竹林生態系の現存量や炭素貯留量に関する研究は行われていない。そこで、本研究では岐阜県内3ヶ所の放棄竹林生態系における現存量および …

    Journal of the Japanese Agricultural Systems Society 24(4), 243-252, 2008-10-10

    J-STAGE  References (33)

  • Structure analysis of abandoned bamboo stands using forest composition and above ground biomass coupled with allometry formula  [in Japanese]

    GOTO Seijiro , BAGANA , KAWAI Hiroto , ZHANG Fuping , WATANABE Osamu , SAIJOH Yoshimichi , AKIYAMA Tsuyoshi

    1970年代以降、経営難等の理由により管理放棄された竹林が日本各地で増加し、周辺植生への竹林の拡大による生態系の撹乱や竹林内部における倒竹、枯竹による景観の悪化等が社会問題となっている。竹林拡大に関する研究は多く見られるが、放棄竹林内部の構造(立竹密度、枯竹率、地上部現存量)については明らかにされていない。そこで、放棄竹林におけるモウソウチク、マダケ、ハチク、それぞれの地上部各部の乾物重を推定する …

    Journal of the Japanese Agricultural Systems Society 24(4), 223-232, 2008-10-10

    J-STAGE  References (22)

  • The Annual Rhizome Elongation and Its Growth Pattern in Phyllostachys pubescens  [in Japanese]

    KAWAI H. , SAIJOH Y. , AKIYAMA T. , ZHANG F.

    竹林の拡大機構を解明するため,岐阜県西部においてモウソウチク地下茎を100 m<SUP>2</SUP>方形枠で掘り取り,採取した試料から成長様式と年間伸長量,発生後年数を推定した。その結果,節間長の配列には振幅性があり,極端に節間長が短くなる部分を年次の境界と仮定した場合,その節間の狭窄部は7∼29 mmの範囲にあり,1振幅における最長節間長の40%以下であった。地 …

    Journal of the Japanese Forest Society 90(3), 151-157, 2008-06-01

    J-STAGE  References (21) Cited by (1)

  • Estimation and validation of leaf chlorophyll concentration in winter wheat at heading to anthesis stage using ground-based and aerial hyperspectral data  [in Japanese]

    TANAKA Shinya , GOTO Seijiro , MAKI Masayasu , AKIYAMA Tsuyoshi , MURAMOTO Yasunori , YOSHIDA Kazuaki

    In order to validate the availability of rbNDVI (red and blue Normalized Difference Vegetation Index) for chlorophyll estimation, we conducted estimation of leaf chlorophyll concentration at heading t …

    Journal of the Japan society of photogrammetry and remote sensing 47(2), 39-49, 2008-05-02

    J-STAGE  References (12) Cited by (1)

  • Spectrum analysis of hyperspectral red edge position to predict rice biophysical parameters and grain weight

    EVRI Muhammad , AKIYAMA Tsuyoshi , KAWAMURA Kensuke

    写真測量とリモートセンシング 47(2), 4-15, 2008-05-02

    References (28)

  • Goals of "Satellite Ecology" - A 21^<st> Century COE Program  [in Japanese]

    AKIYAMA Tsuyoshi , KOJIMA Toshiharu , ISHIHARA Mitsunori

    近年、人工衛星に搭載されているセンサの分解能が向上したことにより、観測の時空間スケールが従来より精緻化した。その結果、現地フィールドでの生物計測によってデータを蓄積する環境生態学のスケールと、衛星リモートセンシングの観測スケールが互いにオーバーラップする部分が生じてきた。そこで岐阜大学流域圏科学研究センターでは、2004年から21世紀COEプロジェクト「衛星生態学創生拠点」を組織し、生態プロセス観 …

    Journal of the Japanese Agricultural Systems Society 24(2), 137-142, 2008-04-10

    IR  J-STAGE  References (17) Cited by (2)

  • Numerical model for connecting ecological process study and satellite remote sensing  [in Japanese]

    TAMAGAWA Ichiro , YOSHINO Jun , KANO Toshio , YASUDA Takashi , MURAOKA Hiroyuki , KOJIMA Toshiharu , ISHIHARA Mitsunori , NAGAI Shin , SAITOH Taku M. , LEE Mison , MAKI Masayasu , AKIYAMA Tsuyoshi , KOIZUMI Hiroshi

    岐阜大学21世紀COE「衛星生態学創生拠点―流域圏をモデルとした生態系機能評価―」(代表:村岡裕由 平成16年度~20年度)ではプログラムの中心的課題として、岐阜県高山市の大八賀川流域を対象に炭素吸収量などの生態系機能を面的に評価する研究を行っている。対象地域の代表的植生を示す場所にある2つの重点的観測サイト(スーパーサイト)での現地観測で得られた結果を用いて、陸面モデル NCAR LSMを対象地 …

    Journal of the Japanese Agricultural Systems Society 24(2), 129-136, 2008-04-10

    IR  J-STAGE  References (6) Cited by (1)

  • Spatial evaluation of ecosystem function and structure in basin scale  [in Japanese]

    KOJIMA Toshiharu , AKIYAMA Tsuyoshi , ISHIHARA Mitsunori , ARA Wahid Din

    著者らの研究グループでは、リモートセンシングによる流域圏生態系の構造と機能の時空間変動の把握を目標の一つとしている。流域圏スケールにおけるシステムとしての生態系を理解するには、生態系機能の空間変動と時間変動の両方を把握することが必要である。流域圏スケールの空間変動、時間変動の把握に関しては、それぞれ数m~数10mの空間分解能、毎日~毎週程度の時間分解能が適していると考えられ、それらを満足する分解能 …

    Journal of the Japanese Agricultural Systems Society 24(2), 121-128, 2008-04-10

    IR  J-STAGE  References (7)

  • Phenology analysis of vegetation in the river basin  [in Japanese]

    ISHIHARA Mitsunori , LEE Yan , ABDULLAH H. M. , GOTO Seijiro , KURUMADO Kenji , AKIYAMA Tsuyoshi

    近年、様々な分野で衛星リモートセンシングデータを使用した研究が行われている。しかしながら、温暖化問題に関連した植生変動や炭素循環などを扱った、グローバルスケールでの研究では、衛星リモートセンシングデータが捉えた情報が、地上の状態を正確に反映しているかどうかの詳細な地上検証は十分に行われていない。岐阜大学21世紀COEプログラム「衛星生態学創生拠点」では、このような問題を解決するために、詳細な地上観 …

    Journal of the Japanese Agricultural Systems Society 24(2), 113-119, 2008-04-10

    J-STAGE  References (12) Cited by (1)

  • Comparison of SPAD, ground and aerial hyperspctral measurements between heading and anthesis stage for predicting protein concentration in wheat grain  [in Japanese]

    TANAKA S. , GOTO S. , MAKI M. , AKIYAMA T. , MURAMOTO Y. , YOSHIDA K.

    Japanese Journal of Crop Science 77, 330-331, 2008-03-27

    References (1)

  • Assessment of the forest phenology effect on the environmental fate of the organic chemicals using the CoZMo-POP multimedia model  [in Japanese]

    WEI Yongfen , NISHIMORI Motoki , KOBARA Yuso , AKIYAMA Tsuyoshi

    日本農薬学会大会講演要旨集 33, 74, 2008-03-11

    Ichushi Web 

  • Mapping the Potential Distribution of Dwarf Bamboo Using Satellite Imagery and DEM  [in Japanese]

    MAKI Masayasu , GOTO Seijiro , ISHIHARA Mitsunori , NISHIDA Kenlo , KOJIMA Toshiharu , AKIYAMA Tsuyoshi

    In recent years, various models were developed to evaluate forest ecosystem productivity. Leaf area index (LAI) and fraction of photosynthetically active radiation (FPAR) are key parameters in these …

    Journal of The Remote Sensing Society of Japan 28(1), 28-35, 2008-01-31

    J-STAGE  References (19) Cited by (1)

  • Wavelength selection for estimating biomass, LAI, and leaf nitrogen concentration in winter wheat of Gifu prefecture using in situ hyperspectral data

    KANEMOTO Maiko , TANAKA Shinya , KAWAMURA Kensuke , MATSUFURU Hiroki , YOSHIDA Kazuaki , AKIYAMA Tsuyoshi

    東海地方では,水田転換作物としてしばしば冬小麦が栽培される。しかし,乾燥地域を原産地とする小麦を水田輪作地で栽培すると,穀実中のタンパク含有率が低くなるうえ圃場内のばらつきが大きいため,品質の管理が困難である。そのため,圃場内および圃場間における小麦の品質分布について,精密かつタイムリーに観測する技術の構築が求められている。本研究では,現地観測で得られたハイパースペクトル反射計測データ(400~9 …

    Journal of the Japanese Agricultural Systems Society 24(1), 43-56, 2008-01-10

    J-STAGE  References (40)

  • Coupling hyperspectral data with principle component regression (PCR) and partial least square regression (PLSR) to improve prediction accuracy of rice crop variables

    EVRI Muhammad , AKIYAMA Tsuyoshi , KAWAMURA Kensuke

    インドネシア・ジャワ島北部の水田で3品種、4施肥レベルで栽培した水稲の生育変数(葉面積指数LAIとSPAD計測値)を、ハイパースペクトル反射計測データを使った主成分回帰PCRと部分最小二乗回帰PLSRモデルで推定した。本研究では多変量解析であるPCR、PLSR の有効性と実用性について、全波長の反射率と一次微分値FDRデータで比較した。モデルの性能は、決定係数(R<sup>2</ …

    Journal of the Japanese Agricultural Systems Society 24(1), 31-42, 2008-01-10

    J-STAGE  References (36) Cited by (1)

  • Optimal visible and near-infrared waveband used in hyperspectral indices to predict crop variables of rice

    EVRI Muhammad , AKIYAMA Tsuyoshi , KAWAMURA Kensuke

    ハイパースペクトル情報による水稲生育の植生指数(本文中では区別するため、分光指数RI と呼ぶ)を選択するため、インドネシア・ジャワ島北部の水田で栽培試験と分光反射計測を行った。3品種、4施肥段階で水稲を栽培し、田植えから収穫まで11回、ほぼ1週間間隔で可視・近赤外ハイパースペクトル分光放射計を用いて分光反射を計測し、同時にサンプリングを実施した。得られた分光反射データで作成した6種類の分光指数によ …

    Journal of the Japanese Agricultural Systems Society 24(1), 19-29, 2008-01-10

    J-STAGE  References (29) Cited by (3)

  • Spectrum analysis of hyperspectral red edge position to predict rice biophysical parameters and grain weight

    Evri Muhammad , 秋山 侃 , 川村 健介

    Journal of the Japan Society of Photogrammetry and Remote Sensing 47(2), 4-15, 2008

  • Effects of DSM and DEM on Orthorectification of High Resolution Satellite Imagery  [in Japanese]

    KOJIMA Toshiharu , GOTO Seijiro , AKIYAMA Tsuyoshi

    Horizontal geometric error is one of the important issues for a comparison between a satellite image and point level observations in plotscale ecological studies. This is because a sub-meter or less t …

    Journal of The Remote Sensing Society of Japan 27(5), 456-464, 2007-11-20

    J-STAGE  References (19) Cited by (1)

Page Top