竹見 哲也 Takemi Tetsuya

ID:1000010314361

京都大学防災研究所気象・水象災害研究部門 Research Division of Atmospheric and Hydrospheric Disasters, Disaster Prevention Research Institute, Kyoto University (2015年 CiNii収録論文より)

Search authors sharing the same name

Articles:  1-20 of 58

  • 1 / 3
  • Dynamical Downscaling of Typhoon Vera for Storm Surge Hindcast based on JRA-55  [in Japanese]

    NINOMIYA Junichi , TAKEMI Tetsuya , MORI Nobuhito

    伊勢湾台風を対象に,最新の全球再解析気象データJRA55を用いたWRFによるダウンスケール実験を行った.伊勢湾台風が発生した1959年を含む全球気象データは限られており,その再現性は低いことが知られている.そこで,5種の全球気象データから伊勢湾台風を抽出,比較して,JRA55の再現性の高さを示した.また,高潮追算の外力である海面気圧及び海上風を高解像度で計算するための領域気象モデルの台風経路から計 …

    Journal of Japan Society of Civil Engineers, Ser. B2 (Coastal Engineering) 71(2), I_1699-I_1704, 2015

    IR  J-STAGE 

  • The 23rd National Symposium on Wind Engineering  [in Japanese]

    FUJIBE Fumiaki , KOBAYASHI Fumiaki , TAKEMI Tetsuya , SUGAWARA Hirofumi

    Wind Engineers, JAWE 40(1), 39-40, 2015

    J-STAGE 

  • High-resolution meteorological simulations of local-scale wind fields over complex terrain: A case study for the eastern area of Fukushima in March 2011  [in Japanese]

    Takemi Tetsuya

    2011年3月11日に発生した東北地方太平洋沖地震(東日本大震災)に伴い発生した福島第1原子力発電所からの放射性物質の大気中への拡散は福島県東部地域を中心に環境汚染をもたらしている.このような大気拡散の問題を考える上で,原発立地域で見られる複雑地形の影響を受けた局地規模での風系の把握が必要不可欠である.本研究では,福島県東部地域における2011年3月の期間を対象として,メソスケール気象モデルを用い …

    NCTAM papers, National Congress of Theoretical and Applied Mechanics, Japan 61(0), 65-65, 2012

    J-STAGE 

  • NUMERICAL ANALYSIS OF WIND SPEED EXTREMES ASSOCIATED WITH WEATHER DISTURBANCES BY A HIGH-RESOLUTION REGIONAL METEOROLOGICAL MODEL  [in Japanese]

    TAKEMI Tetsuya , TATSUMI Kenichi , ISHIKAWA Hirohiko

    領域気象モデルに高精度・高分解能の標高および土地利用データを組み込み、冬季の温帯低気圧に伴う強風の事例について格子幅100 m以下での高分解能数値シミュレーションを行った。山形県庄内平野および東京都心部を対象領域とした。庄内平野での多数事例の合成解析により、地形の起伏や地表面特性に対応した風速分布が得られた。地上高50 mでの最大風速値が観測された最大瞬間風速によく対応しており、地表面からある程度 …

    PROCEEDINGS OF NATIONAL SYMPOSIUM ON WIND ENGINEERING 21(0), 19-24, 2010

    J-STAGE 

  • Proposal of Designed Wind Speed Evaluation Technique in WTG Installation Point By Using the Meteorological Model and CFD Model  [in Japanese]

    UCHIDA Takanori , MARUYAMA Takashi , TAKEMI Tetsuya , OKU Yuichiro , OHYA Yuji , Li Graham

    Wind Energy 34(2), 118-124, 2010

    J-STAGE 

  • Effects of the surface exchange coefficients for high wind speeds on the intensity and structure of tropical cyclones  [in Japanese]

    Miyamoto Yoshiaki , Takemi Tetsuya

    近年得られた観測結果を基に感度実験を行い、強風時における海面交換係数の変化が熱帯低気圧に与える影響を調べた。感度実験の結果から、風速30ms<SUP>-1</SUP>以上で交換係数が減少傾向となる分布(Makin, 2005)を採用すると、各フラックスは減少し、熱帯低気圧の最大風速は増加する一方、中心気圧に変化は無いという結果が得られた。この結果は、 Emanuel (19 …

    NCTAM papers, National Congress of Theoretical and Applied Mechanics, Japan 59(0), 198-198, 2010

    J-STAGE 

  • Effect of the strong winds upon topography characteristic of the T0918 over the Kinki and Tokai area  [in Japanese]

    Kenichi TATSUMI , Tetsuya TAKEMI , Hirohiko ISHIKAWA

    目的:2009年台風18号は,知多半島付近に上陸後、東海・関東・東北地方を縦断し,三陸沖で温帯低気圧になった.この間,同台風による被害は日本全国31道府県におよび,広い範囲で住家などに強風被害が出た.本研究では、地形特性(沿岸域・平野部・盆地・山地など)が強風に及ぼす影響に焦点を当て,考察するものである.方法:より現実的な高解像度の地形データをWRFモデルに組み込み,さらにウィンドプロファイラ観測 …

    NCTAM papers, National Congress of Theoretical and Applied Mechanics, Japan 59(0), 121-121, 2010

    J-STAGE 

  • Characteristics of Wind Velocity Fluctuation Observed in a Coastal Field Facing The Japan Sea  [in Japanese]

    Araki Keiji , Kusunoki Kenichi , Hono Yoshihiro , Takemi Tetsuya , Imai Toshiaki , Fukuhara Takaaki , Bessho Kotaro , Hoshino Shunsuke

    庄内平野に展開した地上気象観測網で得られた26地点の風速データを分析し、2地点間の風速相関と短時間の風速増加量を調べた。<BR>2地点間の風速相関では、最も内陸部にある観測点を含む2地点の相関係数が他の2地点間の相関係数より小さい傾向がみられた。また、風速増加量の出現度数を他の地域で観測された風速増加量と比較すると、庄内平野では山越え気流の卓越する地域と同程度の頻度で大きな風速増加量が …

    Summaries to Technical Papers of Annual Meeting, Japan Association for Wind Engineering 2009(0), 3-3, 2009

    J-STAGE 

  • Representation and Localization of Gusty Winds Induced by Microscale Tornado-Like Vortices with a High-Resolution Meteorological Modeling  [in Japanese]

    Takemi Tetsuya , Hayashi Shugo , Hono Yoshihiro , Imai Toshiaki , Shibata Toru , Inoue Hanako , Kusunoki Kenichi , Kato Wataru , Araki Keiji , Bessho Kotaro , Nakazato Masahisa , Hoshino Shunsuke , Mashiko Wataru

    近年の観測的研究により、日本海沿岸地域では冬季に微細規模渦(マイソサイクロン)が想像以上に頻繁に生じていることが明らかになりつつある。これらマイソサイクロンは時に竜巻にまで発達する。本研究では、対流性雲バンド内に発生する微細規模渦について領域気象予報モデルWRFを用いた80 m格子での高解像度シミュレーションにより調べる。2007年12月2日に庄内平野で生じた事例を解析対象とした。モデルは微細規模 …

    NCTAM papers, National Congress of Theoretical and Applied Mechanics, Japan 58(0), 183-183, 2009

    J-STAGE 

  • WG proposal on JAWE action plan for the next decade  [in Japanese]

    YANADA Hitoshi , ISHIHARA Takeshi , OKUDA Yasuo , KITASHIMA Tomoki , TAKEMI Tetsuya , TOMINAGA Yoshihide , MATSUI Masahiro , YAGI Tomomi , WAKAHARA Toshihiro

    JWE (116), 238-250, 2008-07-31

  • HIGH-RESOLUTION METEOROLOGICAL MODELING ANALYSIS OF THE VARIATION OF SURFACE HIGH WINDS ASSOCIATED WITH MESOSCALE WEATHER DISTURBANCES  [in Japanese]

    TAKEMI Tetsuya , MASHIKO Wataru , HAYASHI Syugo , FUKUHARA Takaaki , SHIBATA Toru , INOUE Hanako Y. , KUSUNOKI Kenichi , KATO Wataru , SUZUKI Hiroto , IMAI Toshiaki , BESSHO Kotaro , NAKAZATO Masahisa , HOSHINO Shunsuke

    日本の国土は複雑かつ急峻な地形で特徴付けられ、局所的な暴風雨の出現に影響を及ぼす。中でも風速の変動性は極めて高いため、突風の出現には気象擾乱の影響だけでなく、微細な地形の影響も大きい。本研究では、メソ気象擾乱に伴う強風の変動性を高解像度気象モデルを用いた数値シミュレーションにより調べた。微細地形をモデルで表現することにより、高解像度シミュレーションにより地上近傍の風速の微細な時空間変動を再現するこ …

    PROCEEDINGS OF NATIONAL SYMPOSIUM ON WIND ENGINEERING 20(0), 5-5, 2008

    J-STAGE 

  • INFLUENCE OF INFLOW PROFILE AND ELEVATION DATA ON WIND SPEED OF HUB HEIGHT OVER COMPLEX TERRAIN  [in Japanese]

    Uchida Takanori , Maruyama Takashi , Takemi Tetsuya , Ohya Yuji , Michishita Kazutoshi

    本研究では,数値シミュレーションによって複雑地形上の強風性状を再現する際,流入気流プロファイルおよび標高データの空間解像度が風車ハブ高さ位置での割増係数(増速率)にどの程度の影響を与えるかを調査した.流入プロファイルの形状に関しては,与えたプロファイル形状から決定される流入断面流量が増加するに伴い,風車ハブ高さ位置での増速率は増加することが示された.標高データの空間解像度の影響については,空間解像 …

    PROCEEDINGS OF NATIONAL SYMPOSIUM ON WIND ENGINEERING 20(0), 24-24, 2008

    J-STAGE 

  • WG proposal on JAWE action plan for the next decade

    山田 均 , 石原 孟 , 奥田 泰雄 , 北嶋 知樹 , 竹見 哲也 , 富永 禎秀 , 松井 正宏 , 八木 知己 , 若原 敏裕

    Wind Engineers, JAWE 2008(116), 238-250, 2008

    J-STAGE 

  • High-resolution meteorological analysis of microscale structure of wind fields over a peninsula  [in Japanese]

    HATAMURA Shin-ichi , TAKEMI Tetsuya , TAMURA Tetsuro

    JWE : 日本風工学研究会誌 (111), 141-142, 2007-04-30

  • LES Analysis of Thermally Stratified Turbulent Flow Field over the Actual Urban Area  [in Japanese]

    NAGAYAMA Junichi , TAMURA Tetsuro , TAKEMI Tetsuya , OKUDA Yasuo , MIKAMI Takehiko , TANAKA Hiroharu , SATOU Mitsuru

    JWE : 日本風工学研究会誌 (111), 133-134, 2007-04-30

    References (3)

  • LES analysis on spatial structures of maxium wind gust in actual urban area  [in Japanese]

    HINO Yuta , KISHIDA Takeshi , TAMURA Tetsuro , TAKEMI Tetsuya , NAKAMURA Osamu , OKUDA Yasuo

    JWE : 日本風工学研究会誌 (111), 129-130, 2007-04-30

    References (3)

  • LES analysis on spatio-temporal structures of vertical vortices in the natural convection  [in Japanese]

    IIJIMA Ryota , TAMURA Tetsuro , TAKEMI Tetsuya

    JWE : 日本風工学研究会誌 (111), 101-102, 2007-04-30

    References (2)

  • High-resolution meteorological analysis of microscale structure of wind fields over a peninsula  [in Japanese]

    Hatamura Shin-ichi , Takemi Tetsuya , Tamura Tetsuro

    近年深刻化している地球温暖化への有力な対策手段として自然エネルギーの利用が重要となっており、その中のひとつとして風力発電が期待されている。しかし、日本の国土のように周囲を海に囲まれ複雑な地形を有する地域では自然風の変動は大きくなり、風力発電の普及を妨げる要因となっている。風力エネルギーの利活用の観点から、風の局所的な特性を把握することが求められている。本研究では、風速が平均的に大きい半島地域である …

    Summaries to Technical Papers of Annual Meeting, Japan Association for Wind Engineering 2007(0), 22-22, 2007

    J-STAGE 

  • LES analysis on spatio-temporal structures of vertical vortices in the natural convection  [in Japanese]

    Iijima Ryota , Tamura Tetsuro , Takemi Tetsuya

    自然対流時に生じる鉛直旋回流の時空間構造のLES解析

    Summaries to Technical Papers of Annual Meeting, Japan Association for Wind Engineering 2007(0), 2-2, 2007

    J-STAGE 

  • LES Analysis of Thermally Stratified Turbulent Flow Field over the Actual Urban Area  [in Japanese]

    Junichi NAGAYAMA , TAMURA Tetsuro , TAKEMI Tetsuya , OKUDA Yasuo , MIKAMI Takehiko , TANAKA Hiroharu , Satou Mitsuru

    近年,東京臨海部に建設された高層建物群が浸入してきた海風の冷却効果を妨げ,ヒートアイランド現象を増長する可能性があると指摘されている.本研究では,都市形態を再現したモデルによる乱流場・温度場のLES解析を実施し,高層建物群を有する臨海都市域の海風下での熱環境評価を行う.初めに,メソ気象モデルの解析結果と観測データに基づき決定した温度分布を与え,海風を起源とする一様粗度ブロック上の温度成層乱流境界層 …

    Summaries to Technical Papers of Annual Meeting, Japan Association for Wind Engineering 2007(0), 18-18, 2007

    J-STAGE 

  • 1 / 3
Page Top