石井 信 ISHII Shin

Articles:  1-20 of 310

  • Intravital imaging  [in Japanese]

    水野 紘樹 , 石井 優

    再生医療 : 日本再生医療学会雑誌 15(3), 259-276, 2016-08

    Ichushi Web 

  • 最新用語解説 基礎(第52回)生体イメージング  [in Japanese]

    菊田 順一 , 石井 優

    骨粗鬆症治療 = Journal of osteoporotic medicine 15(1), 59-63,5-7, 2016-06

    Ichushi Web 

  • Intravital imaging of immune cells  [in Japanese]

    菊田 順一 , 石井 優

    医学のあゆみ 257(6), 727-731, 2016-05-07

    Ichushi Web 

  • Imaging Analysis of Macrophage Dynamics During Chronic Inflammation  [in Japanese]

    菊田 順一 , 石井 優

    最新医学 71(5), 1026-1030, 2016-05

    Ichushi Web 

  • 血管生物学における生体イメージング技術 (特集 再生医学と血管)  [in Japanese]

    菊田 順一 , 石井 優

    血管医学 17(1), 41-45, 2016-03

    Ichushi Web 

  • Catch Up 分子生物学 解明されるSnailの機能  [in Japanese]

    波多 豪 , 今野 雅允 , 工藤 敏啓 , 水島 恒和 , 佐藤 太郎 , 山本 浩文 , 石井 秀始 , 土岐 祐一郎 , 森 正樹

    大腸がんperspective : new perspectives in the treatment of colorectal cancer 3(1), 42-45, 2016

    Ichushi Web 

  • In vivoイメージング : 骨関節疾患評価の新たな取り組み (特集 骨関節疾患の画像評価)  [in Japanese]

    菊田 順一 , 石井 優

    Rheumatology clinical research : journal of rheumatology clinical research 4(3), 180-185, 2015-12

    Ichushi Web 

  • Intravital imaging of bone tissues by multiphoton microscopy  [in Japanese]

    菊田 順一 , 石井 優

    臨床免疫・アレルギー科 = Clinical immunology & allergology 64(2), 194-199, 2015-08

    Ichushi Web 

  • 最新用語解説 基礎(第50回)S1P  [in Japanese]

    菊田 順一 , 石井 優

    骨粗鬆症治療 = Journal of osteoporotic medicine 14(2), 151-154, 2015-08

    Ichushi Web 

  • 4D imaging of bone tissue  [in Japanese]

    菊田 順一 , 石井 優

    O.li.v.e. : osteo lipid vascular & endocrinology : 骨代謝と生活習慣病の連関 5(2), 132-135, 2015-05

    Ichushi Web 

  • A Bone-marrow Space Segmentation Method Using Graph-cuts  [in Japanese]

    宇佐見 潤 , 繁田 浩功 , 間下 以大 , 黒田 嘉宏 , 菊田 順一 , 瀬尾 茂人 , 石井 優 , 松田 秀雄 , 竹村 治雄

    生体イメージング技術の向上により生体内の細胞の動態を動画像として観察が可能となり,疾病のメカニズム解明や創薬等への応用が期待されている.これらの応用のためには,細胞画像から特定領域を抽出したり,細胞の特定の動きを検出したりする必要がある.また,膨大な数の画像に対して一定の基準で領域分割や細胞の検出を行うためには計算機での処理が必要である.本論文では,二光子励起顕微鏡を用いた骨髄腔画像の骨髄腔の領域 …

    情報処理学会論文誌数理モデル化と応用(TOM) 8(1), 18-27, 2015-03-30

    IPSJ 

  • Registration of functional brain images using diffusion tensor image  [in Japanese]

    FUCHIGAMI Takuya , SHIKAUCHI Manabu , SHIKAUCHI Yumi , NAKAE Ken , OBA Shigeyuki , ISHII Shin

    本研究では,水分子の拡散異方性に基づく拡散テンソル画像を利用することで,領野間の結合性を考慮した位置合わせが可能になると考えた.領野間の結合性を保存した位置合わせができれば,脳機能画像を実験参加者間で合致させることが可能となる.本研究では空間注意課題実施時の機能的磁気共鳴画像法(functional Magnetic Resonance Imaging, fMRI)による脳活動計測で得られた脳機能 …

    IEICE technical report. Neurocomputing 114(515), 233-237, 2015-03-16

  • Reconstruction of three-dimensional multi-finger movements from magnetoencephalography with a state transition model  [in Japanese]

    AZUMA Yoshiki , SHIKAUCHI Yumi , Nakamura Yutaka , HIRAYAMA Jun-ichiro , ISHII Shin

    非侵襲型脳活動計測器で測定された脳信号から,多次元身体動作を再構成することは,いまだ困難な技術課題の一つである.本研究では,脳磁図(MEG)からの脳信号に基づき,ヒトの多指運動(手指運動)の再構成を目指し,その解析手法の開発を目的とした.10種類の右手運動課題時の脳活動と右手5関節の3次元位置座標を同時計測したデータを用いた.独立成分分析(ICA)で脳活動特徴量を抽出し,隠れマルコフモデル(HMM …

    IEICE technical report. Neurocomputing 114(515), 199-204, 2015-03-16

  • Registration of functional brain images using diffusion tensor image  [in Japanese]

    FUCHIGAMI Takuya , SHIKAUCHI Manabu , SHIKAUCHI Yumi , NAKAE Ken , OBA Shigeyuki , ISHII Shin

    本研究では,水分子の拡散異方性に基づく拡散テンソル画像を利用することで,領野間の結合性を考慮した位置合わせが可能になると考えた.領野間の結合性を保存した位置合わせができれば,脳機能画像を実験参加者間で合致させることが可能となる.本研究では空間注意課題実施時の機能的磁気共鳴画像法(functional Magnetic Resonance Imaging, fMRI)による脳活動計測で得られた脳機能 …

    IEICE technical report. ME and bio cybernetics 114(514), 233-237, 2015-03-16

    Ichushi Web 

  • Reconstruction of three-dimensional multi-finger movements from magnetoencephalography with a state transition model  [in Japanese]

    AZUMA Yoshiki , SHIKAUCHI Yumi , Nakamura Yutaka , HIRAYAMA Jun-ichiro , ISHII Shin

    非侵襲型脳活動計測器で測定された脳信号から,多次元身体動作を再構成することは,いまだ困難な技術課題の一つである.本研究では,脳磁図(MEG)からの脳信号に基づき,ヒトの多指運動(手指運動)の再構成を目指し,その解析手法の開発を目的とした.10種類の右手運動課題時の脳活動と右手5関節の3次元位置座標を同時計測したデータを用いた.独立成分分析(ICA)で脳活動特徴量を抽出し,隠れマルコフモデル(HMM …

    IEICE technical report. ME and bio cybernetics 114(514), 199-204, 2015-03-16

    Ichushi Web 

  • Recognition of daily-life actions by machine learning methods  [in Japanese]

    KODAMA Yu , OBA Shigeyuki , ISHII Shin

    近年、RGBカメラやモーションキャプチャなどの各種センサのデータに基づき、人間の行動を自動的に認識する行動認識の研究がさかんに進められており、その性能向上は大きな応用可能性につながると考えられている。本研究では、モーションキャプチャ計測に基づき、日常生活時での行動認識のための手法を開発し、従来の機械学習に基づく手法と比較する。K平均法による姿勢ベクトルの量子化、隠れマルコフモデルによる姿勢系列モデ …

    電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報 114(502), 73-78, 2015-03-05

  • 生体骨組織における骨髄腔画像のウェーブレッド変換を用いた骨髄腔領域の認識手法 (マルチメディア・仮想環境基礎)  [in Japanese]

    SHIGETA HIRONORI , MASHITA TOMOHIRO , KANEKO TAKESHI , KIKUTA JUNICHI , SENO SHIGETO , TAKEMURA HARUO , MATSUDA HIDEO , ISHII MASARU

    生体イメージング技術の向上により生体内の細胞の動態を動画像として観察が可能となり,疾病のメカニズム解明や創薬等への応用が期待されている.これらの応用のためには,細胞画像から特定領域を抽出したり,細胞の特定の動きを検出する必要がある.また,膨大な数の画像に対して一定の基準で領域分割や細胞の検出を行うためには計算機での処理が必要である.本稿では,その一例となる二光子励起顕微鏡を用いた骨髄腔画像の骨髄腔 …

    Technical report of IEICE. Multimedia and virtual environment 114(410), 233-237, 2015-01-22

  • 生体骨組織における骨髄腔画像のウェーブレッド変換を用いた骨髄腔領域の認識手法 (パターン認識・メディア理解)  [in Japanese]

    SHIGETA HIRONORI , MASHITA TOMOHIRO , KANEKO TAKESHI , KIKUTA JUNICHI , SENO SHIGETO , TAKEMURA HARUO , MATSUDA HIDEO , ISHII MASARU

    生体イメージング技術の向上により生体内の細胞の動態を動画像として観察が可能となり,疾病のメカニズム解明や創薬等への応用が期待されている.これらの応用のためには,細胞画像から特定領域を抽出したり,細胞の特定の動きを検出する必要がある.また,膨大な数の画像に対して一定の基準で領域分割や細胞の検出を行うためには計算機での処理が必要である.本稿では,その一例となる二光子励起顕微鏡を用いた骨髄腔画像の骨髄腔 …

    Technical report of IEICE. PRMU 114(409), 233-237, 2015-01-22

  • 生体骨組織における骨髄腔画像のウェーブレット変換を用いた骨髄腔領域の認識手法  [in Japanese]

    繁田 浩功 , 間下 以大 , 金子 雄 , 菊田 順一 , 瀬尾 茂人 , 竹村 治雄 , 松田 秀雄 , 石井 優

    生体イメージング技術の向上により生体内の細胞の動態を動画像として観察が可能となり,疾病のメカニズム解明や創薬等への応用が期待されている.これらの応用のためには,細胞画像から特定領域を抽出したり,細胞の特定の動きを検出する必要がある.また,膨大な数の画像に対して一定の基準で領域分割や細胞の検出を行うためには計算機での処理が必要である.本稿では,その一例となる二光子励起顕微鏡を用いた骨髄腔画像の骨髄腔 …

    IPSJ SIG Notes. CVIM 2015-CVIM-195(42), 1-5, 2015-01-15

    IPSJ 

  • 骨代謝のin vivoイメージング (内分泌) -- (基礎分野での進歩)  [in Japanese]

    菊田 順一 , 石井 優

    Annual review. 糖尿病・代謝・内分泌, 152-159, 2015

    Ichushi Web 

Page Top