神原 誠之 KANBARA Masayuki

ID:1000010346306

奈良先端科学技術大学院大学 Nara Institute of Science and Technology (2014年 CiNii収録論文より)

Search authors sharing the same name

Articles:  1-20 of 168

  • Route Recommendation of Motorcycle based on User Preferences  [in Japanese]

    TAKEMORI Yusuke , KANBARA Masayuki , HAGITA Norihiro

    近年,カーナビゲーションシステムに代表されるような効率重視の経路推薦だけでなく,景観などを考慮した娯楽性の高い経路を推薦する手法が提案されている.しかし,二輪自動車ユーザの多くが重視する走り心地を考慮した経路推薦手法は未だ提案されていない.また,二輪自動車ユーザの嗜好は多種多様であるため,個人の嗜好に基づいて経路が推薦されることが望ましい.そこで本研究では,ユーザの嗜好を反映し,走行中の走り心地を …

    電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報 114(369), 109-114, 2014-12-18

  • 自動走行ストレス : 拡張現実提示によるストレス軽減の試み (ITS)  [in Japanese]

    笹井 翔太 , 北原 格 , 亀田 能成 [他] , 大田 友一 , 神原 誠之 , 浮田 宗伯 , 池田 徹志 , , 萩田 紀博 , 篠沢 一彦

    本稿では,自動走行時に搭乗者が感じるストレス(自動走行ストレス)の軽減に向けた試みについて述べる.搭乗者に不安を与える視覚的要因を,拡張現実感を用いて解消するシステムを構築し,生理指標計測実験を通じて,ストレスがどのように変化するのかを調査する手法を提案する.本システムは,拡張現実感を用いて,車両前方の死角である道路平面の映像をダッシュボード上にシースルー映像として提示し,映像中に仮想の車輪軌道を …

    電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報 114(369), 93-98, 2014-12-18

  • Human-comfortable Path Planning for an Autonomous Robotic Wheelchair based on Physiological Indices  [in Japanese]

    NOMURA Ryota , HASHIMOTO Ryohei , UKITA Norimichi , KANBARA Masayuki , IKEDA Tetsushi , MORALES Yoichi , WATANABE Atsushi , SHINOZAWA Kazuhiko , HAGITA Norihiro

    車椅子ロボット搭乗者の快適性を向上させるためには,ストレスを感じる状況に応じて回避することが重要である.ストレスは搭乗後のアンケートで搭乗時間全体として評価されることが多いが,場所や障害物などの状況に応じて時々刻々と変化する.そのため,ストレスを感じる状況を高い時間・空間分解能で把握することが困難である。本研究では、ストレスを反映するとされる心拍や発汗のような生理指標の計測結果を用いて、ストレス状 …

    Technical report of IEICE. PRMU 114(356), 123-128, 2014-12-11

  • Life Activity Recording Method Using Interactive Character Agent for the Elderly  [in Japanese]

    NAGAI Yosuke , HAYASHI Masayuki , KANBARA Masayuki , HAGITA Norihiro

    本研究では,高齢者を対象とし,対話型キャラクタエージェントを用いて,より詳細な生活行動記録を支援する手法を提案し,実証実験を通して有効性の検証を行う.現在,超高齢化により,要介護となる人口の増加が問題となっており,被介護者となることを予防するには生活習慣を改善することが解決法の1つである.適切な生活習慣の改善のためには,高齢者の生活行動をライフログとして記録することが必要となるが,従来高齢者の生活 …

    電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報 114(227), 33-38, 2014-09-26

  • Evaluation of Comfortable Navigation with Behavior Information Sharing for an Autonomous Wheel Chair  [in Japanese]

    HASHIMOTO Ryohei , NOMURA Ryota , KANBARA Masayuki , UKITA Norimichi , IKEDA Tetsushi , MORALES Yoichi , WATANABE Atsushi , SHINOZAWA Kazuhiko , HAGITA Norihiro

    近年,自動走行する車椅子ロボットに関する研究が多く行われているが,その多くは物理的な衝突を回避する安全性や,目的地まで自動走行するための制御方法に主眼が置かれている.そのため,搭乗者の快適性に考慮した研究例は少なく,快適な搭乗環境が実現されていない.本研究では,走行中の搭乗者にストレスを与える原因の一つである,車椅子の挙動が搭乗者と共有されていないことを解決するために,搭乗者への適切な挙動情報の共 …

    電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報 114(227), 27-32, 2014-09-26

  • Social Viewing System of Television Increasing Opportunity of Communication for Elderly  [in Japanese]

    HAYASHI Masayuki , NAGAI Yosuke , KANBARA Masayuki , HAGITA Norihiro

    コミュニケーション機会の少ない独居高齢者の増加は深刻な社会問題となっている.本稿では,高齢者の発話機会の増加のために,高齢者が他者の手助けを必要とすることなく,日常的に利用可能なソーシャル視聴システムの枠組みを提案する.ソーシャル視聴とは,Twitterや2ちゃんねるなどのソーシャルメディアを用いて,放送中のテレビ番組に対するコメントをリアルタイムに共有しながらテレビを視聴するコミュニケーションで …

    電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報 114(227), 21-26, 2014-09-26

  • Life-logging Framework for Collecting Location and Purpose Information by Virtual Agent on Smart-phone  [in Japanese]

    HAYASHI Masayuki , KANBARA Masayuki , UKITA Norimichi , HAGITA Norihiro

    本稿では,利用者の生活行動のモデル化を目的とした、スマートフォンを用いた対話的なライフログデータの収集フレームワークを提案する.提案フレームワークでは,スマートフォンのセンサを用いて位置情報,加速度,角速度を継続的に記録し,利用者がいつ,どこに滞在し,そこでどのような動きをしていたかを記録する.さらに,スマートフォンの画面に表示されるバーチャルエージェントとの対話により,利用者の行動目的や行動理由 …

    IEICE technical report. Life intelligence and office information systems 114(32), 57-62, 2014-05-15

  • Self-Monitoring Using Persuasion by a Social Robot and Support of Recording Food Intake by Eating Behavior Estimation  [in Japanese]

    ISHIGURO Keisuke , KANBARA Masayuki , HAGITA Norihiro

    健康管理のために自己の行動を記録・評価するセルフモニタリングは自発的な生活行動改善を促すことで知られている.近年,ネットワークに接続可能な体重計や消費カロリーを記録する歩数計が普及してきており,セルフモニタリングを継続することが容易になってきている.しかし,記録する情報の一つである摂取カロリーに関しては,食事情報を自分自身で記録する必要があるため継続的に記録することは困難である.本研究は,継続的な …

    Technical report of IEICE. PRMU 113(431), 55-60, 2014-02-13

  • Self-Monitoring Using Persuasion bu a Social Robot and Support of Recording Food Intake by Eating Behavior Estimation  [in Japanese]

    ISHIGURO Keisuke , KANBARA Masayuki , HAGITA Norihiro

    健康管理のために自己の行動を記録・評価するセルフモニタリングは自発的な生活行動改善を促すことで知られている.近年,ネットワークに接続可能な体重計や消費カロリーを記録する歩数計が普及してきており,セルフモニタリングを継続することが容易になってきている.しかし,記録する情報の一つである摂取カロリーに関しては,食事情報を自分自身で記録する必要があるため継続的に記録することは困難である.本研究は,継続的な …

    電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報 113(432), 55-60, 2014-02-13

  • Special issue on Mixed Reality(<Special Issue>Mixed Reality)  [in Japanese]

    Saito Hideo , Kiyokawa Kiyoshi , Kanbara Masayuki , Shibata Fumihisa

    Transactions of the Virtual Reality Society of Japan 19(2), 85, 2014

    J-STAGE 

  • Support of Recording Food Intake using Eating Behavior Estimation and Advice from a Social Robot for Self-Monitoring  [in Japanese]

    ISHIGURO Keisuke , KANBARA Masayuki , HAGITA Norihiro

    健康維持のために自己の行動を記録・評価するセルフモニタリングは自発的な生活行動改善を促すことで知られている.近年,ネットワークに接続可能な体重計や消費カロリーを記録する歩数計が普及してきており,セルフモニタリングを継続することが容易になってきている.しかし,記録する情報の一つである摂取カロリーに関しては,食事情報を自分自身で記録する必要があるため継続的に記録することは困難である.本論文では,継続的 …

    Technical report of IEICE. ISEC 113(326), 15-20, 2013-11-28

  • Support of Recording Food Intake using Eating Behavior Estimation and Advice from a Social Robot for Self-Monitoring  [in Japanese]

    ISHIGURO Keisuke , KANBARA Masayuki , HAGITA Norihiro

    健康維持のために自己の行動を記録・評価するセルフモニタリングは自発的な生活行動改善を促すことで知られている.近年,ネットワークに接続可能な体重計や消費カロリーを記録する歩数計が普及してきており,セルフモニタリングを継続することが容易になってきている.しかし,記録する情報の一つである摂取カロリーに関しては,食事情報を自分自身で記録する必要があるため継続的に記録することは困難である.本論文では,継続的 …

    IEICE technical report. Life intelligence and office information systems 113(327), 15-20, 2013-11-28

  • Photorealistic Augmented Reality Based on Free-Viewpoint Image Generation Using Pre-Rendered Images  [in Japanese]

    大倉 史生 , 神原 誠之 , 横矢 直和

    電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報 113(227), 11-16, 2013-09-26

  • A Social Media Mediation Robot to Increase an Opportunity of Conversation for Elderly : Mediation Experiments Using Single or Multiple Robots  [in Japanese]

    TAKAHASHI Toru , KANBARA Masayuki , HAGITA Norihiro

    本研究では,高齢者の発話機会の増加を目的として,リアルタイム性の高いソーシャルメディアと高齢者を,身体性のあるロボットが仲介するシステムを提案する.ソーシャルメディア上のコメントをロボットの発話文として用い,さらに,高齢者の発言を提案システムが収集・認識し,ソーシャルメディアへ投稿することで,社会的孤立が問題となっている高齢者が,面倒なキーボード入力などに煩わされることなくソーシャルメディアに参加 …

    電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報 113(84), 31-36, 2013-06-14

  • A Report on ISMAR 2012  [in Japanese]

    Uchiyama Hideaki , Kanbara Masayuki , Shibata Fumihisa , Kiyokawa Kiyoshi

    第11回複合現実感国際会議(ISMAR 2012 : the 11^<th> IEEE Intemational Symposium on Mixed and Augmented Reality)が, 2012年11月5日〜8日に米国アトランタで開催された.本稿では,本会議の開催報告,及び,本会議の主要発表について紹介し,複合現実感研究の動向を探る.

    Technical report of IEICE. Multimedia and virtual environment 112(386), 293-298, 2013-01-23

  • A Report on ISMAR 2012  [in Japanese]

    Uchiyama Hideaki , Kanbara Masayuki , Shibata Fumihisa , Kiyokawa Kiyoshi

    第11回複合現実感国際会議(ISMAR 2012 : the 11^<th> IEEE Intemational Symposium on Mixed and Augmented Reality)が, 2012年11月5日〜8日に米国アトランタで開催された.本稿では,本会議の開催報告,及び,本会議の主要発表について紹介し,複合現実感研究の動向を探る.

    Technical report of IEICE. PRMU 112(385), 293-298, 2013-01-23

  • Photorealistic Augmented Reality Based on Free-Viewpoint Image Generation Using Pre-Rendered Images  [in Japanese]

    大倉 史生 , 神原 誠之 , 横矢 直和

    ヒューマンインタフェース学会研究報告集 15, 11-16, 2013

  • A Social Media Mediation Robot to Increase an Opportunity of Conversation for Elderly  [in Japanese]

    TAKAHASHI Toru , KANBARA Masayuki , HAGITA Norihiro

    本研究では,高齢者の発話機会の増加を目的に,リアルタイム性の高いソーシャルメディアと高齢者を,身体性のあるロボットが仲介するシステムを提案する.ソーシャルメディア上のコメントをロボットの発話文として用い,さらに,高齢者の発言を提案システムが収集・認識し,ソーシャルメディアへ投稿する.これにより,社会的孤立が問題となっている高齢者が,意識せずソーシャルメディアに参加することが可能となる.本稿では,提 …

    電子情報通信学会技術研究報告. CNR, クラウドネットワークロボット : IEICE technical report 112(233), 21-26, 2012-10-04

    References (5)

  • Collaborative Cleaning with a Human Using an Interactive Communication Robot  [in Japanese]

    TAKASAGO Yusuke , KANBARA Masayuki , HAGITA Norihiro

    自立型掃除ロボットが普及しつつあるが,椅子などの障害物がある箇所は掃除できない、ユーザーにとってロボットの掃除した領域が不明であるといった問題点がある.そこで本研究では,人やロボットの位置を実時間計測が可能で,それらの情報を利用可能な環境知能基盤を利用して,インタラクション機能を持つ掃除ロボットが人と協調作業を行うことで,これらの問題を解決する.具体的には,人やロボットの行動や,ロボットが掃除した …

    電子情報通信学会技術研究報告. CNR, クラウドネットワークロボット : IEICE technical report 112(233), 1-6, 2012-10-04

    References (13)

  • Aerial HDR Video Generation of Full Spherical Views Using Two Omnidirectional Camera Units  [in Japanese]

    大倉 史生 , 神原 誠之 , 横矢 直和

    This paper describes a method for acquiring full spherical videos without missing areas using a pair of omnidirectional cameras mounted on the top and bottom of an unmanned airship. Omnidirectional vi …

    2012-09-30

    IR 

Page Top