出村 裕英 DEMURA Hirohide

Articles:  21-40 of 80

  • 2 / 4
  • Archive and analysis system for observation data of irregular-shaped small bodies based on polygon shape models (Journal of Space Science Informatics Japan No.1)  [in Japanese]

    Hirata Naru , Kawamae Wataru , Dang Tuan Anh , Kitazato Kohei , Demura Hirohide , Asada Noriaki

    月惑星探査による研究において,観測データのアーカイブや,データ解析のためのツールの重要性は非常に大きい.しかしながら,小天体探査ミッションの場合は小天体の形状が非常に不規則であるため,アーカイブ・ツール開発において不可欠な地理座標の管理方法に問題が生じる.我々の研究グループでは,不規則形状を持つ小天体の観測データを取り扱うことに特化した,小天体専用のデータアーカイブと解析ツールを開発した.これらは …

    JAXA research and development report JAXA-RR-11-007, 133-139, 2012-03

    CiNii Fulltext Link 

  • A report of the Space Hackathon  [in Japanese]

    Demura H. , Yaguchi Y. , Hisada Y. , Murasawa M. , Yamamoto Y. , Executive committee of the Space Hackathon

    Planetary People - The Japanese Society for Planetary Sciences 21(4), 386-388, 2012

    J-STAGE  References (7)

  • A report on the 6th school of lunar and planetary exploration data analyses  [in Japanese]

    Honda C. , Hirata N. , Ishiyama K. , Mikami T. , Demura H. , Morota T. , Kimura J. , Kobayashi N. , Executive committee of the 6th school of lunar and planetary explanation data analyses , 加藤 伸祐 , 仲内 悠祐 , 高橋 康人

    Planetary People - The Japanese Society for Planetary Sciences 21(4), 380-383, 2012

    J-STAGE  References (1)

  • Proposal for the Mars life search equipments : Search for cells, aminoacids and methane (Special issue: Planetary exploration in a coming decade activity: Reports of 2nd stage)  [in Japanese]

    Yamagishi A. , Ohno S. , Ishimaru R. , Kobayashi T. , Tonokura K. , Ishigami G. , Sasaki S. , Miyamoto H. , Yoshimura Y. , Naganuma T. , Miyakawa A. , Demura H. , Toyoda M. , Honda H. , Kobayashi K. , Mita H.

    日本のアストロバイオロジーの研究者グループはJAMP (Japan Astrobiology Mars Project)と呼ばれる火星での生命探査計画を準備中である.本稿ではまず,火星での生命探査に焦点を絞り,これまでの生命関連探査とJAMP計画を紹介する.ついで,火星生命探査に用いる3つの機器(蛍光顕微鏡,アミノ酸分析装置,メタン測定装置)を提案する.

    Planetary People - The Japanese Society for Planetary Sciences 21(3), 276-282, 2012

    J-STAGE  References (32)

  • Strategic study of lunar and planetary explorations in coming decade : Report on the second stage (Special issue: Planetary exploration in a coming decade activity: Reports of 2nd stage)  [in Japanese]

    Namiki N. , Kobayashi N. , Demura H. , Ohtsuki K.

    「月惑星探査の来たる10年」検討では第二段階でミッション提案と観測機器提案を募集し,応募のあった13提案についてブラッシュアップを行った.各提案の詳細記述に先立って,第二段階の経緯を報告する.検討作業は2012年6月より第三段階に移行した.第三段階では4工程にわけて,日本の惑星科学推進の「中期ビジョン」を共有し,整合性があり説得力のある「ミッション・コンセプト」を仕上げることを目標としている.

    Planetary People - The Japanese Society for Planetary Sciences 21(3), 215-216, 2012

    J-STAGE  References (2)

  • Strategic study of lunar and planetary explorations in coming decade : Panel report on top sciences  [in Japanese]

    Ohtani E. , Kimura J. , Takahashi Y. , Nakajima K. , Nakamoto T. , Miyoshi Y. , Kobayashi K. , Yamagishi A. , Namiki N. , Kobayashi N. , Demura H. , Kuramoto K. , Ohtsuki K. , Imamura T. , Terada N. , Watanabe S. , Arakawa M. , Ito T. , Yurimoto H. , Watanabe J.

    「月惑星探査の来たる10年」検討では第一段階で5つのパネルの各分野に於ける第一級の科学について議論した.そのとりまとめを報告する.地球型惑星固体探査パネルでは,月惑星内部構造の解明,年代学・物質科学の展開による月惑星進化の解明,固体部分と結合した表層環境の変動性の解明,が挙げられた.地球型惑星大気・磁気圏探査パネルは複数学会に跨がる学際性を考慮して,提案内容に学会間で齟齬が生じないように現在も摺り …

    Planetary People - The Japanese Society for Planetary Sciences 20(4), 349-365, 2011

    J-STAGE  References (2) Cited by (1)

  • P039 月における最後の海の火成活動(ポスターセッション3)  [in Japanese]

    諸田 智克 , 春山 純一 , 大竹 真紀子 , 松永 恒雄 , 本田 親寿 , 横田 康弘 , 木村 淳 , 小川 佳子 , 平田 成 , 出村 裕英 , 岩崎 晃 , 杉原 孝充 , 佐伯 和人 , 中村 良介 , 小林 進悟 , 石原 吉明 , 武田 弘 , Hiesinger Harald

    Abstracts Fall Meeting of the Japanese Society for Planetary Sciences 2010, 119, 2010-10-06

  • P018 月・惑星データ協働解析システム(WISE-CAPS)と月面地名検索システムの現状報告(ポスターセッション2)  [in Japanese]

    寺薗 淳也 , 中村 良介 , 山本 直孝 , 児玉 信介 , 出村 裕英 , 平田 成 , 小川 佳子 , バーラ サハシュ

    Abstracts Fall Meeting of the Japanese Society for Planetary Sciences 2010, 98, 2010-10-06

  • P009 「はやぶさ2」小型ランダの現状(ポスターセッション2)  [in Japanese]

    岡田 達明 , 矢野 創 , 津田 雄一 , 久保田 孝 , 照井 冬人 , 吉川 真 , 平田 成 , 出村 裕英 , Ho Tra-Mi , Witte Lars , Zoest Tim van , Spohn Tilman , Bibring Jean-Pierre

    Abstracts Fall Meeting of the Japanese Society for Planetary Sciences 2010, 89, 2010-10-06

  • 209 月面小型クレーターの光条消失時間(オーラルセッション4 月1)  [in Japanese]

    鈴木 静香 , 本田 親寿 , 平田 成 , 浅田 智朗 , 出村 裕英 , 小川 佳子 , 北里 宏平 , 寺薗 淳也 , 諸田 智克 , 大竹 真紀子 , 春山 純一 , 松永 恒雄

    Abstracts Fall Meeting of the Japanese Society for Planetary Sciences 2010, 34, 2010-10-06

  • 206 Procellarum KREEP Terrane内部のクレータの岩石学的構造(オーラルセッション4 月1)  [in Japanese]

    杉原 孝充 , 大竹 真紀子 , 春山 純一 , 松永 恒雄 , 横田 康弘 , 諸田 智克 , 本田 親寿 , 小川 佳子 , 平田 成 , 出村 裕英 , 浅田 智朗 , 中村 良介

    Abstracts Fall Meeting of the Japanese Society for Planetary Sciences 2010, 31, 2010-10-06

  • Strategic study of lunar and planetary explorations in coming decade  [in Japanese]

    NAMIKI Noriyuki , KOBAYASHI Naoki , DEMURA Hirohide , OHTSUKI Keiji

    本稿では日本惑星科学会の将来惑星探査検討グループで行っている『月惑星探査の来たる10年』検討を紹介する.この検討活動は惑星探査の長期的な展望を検討するものであり,惑星科学のコミュニティが,自らの責任において将来像を描いていく作業である.検討は三つの段階に分けて行う.トップサイエンスを抽出する第一段階,ミッション・観測機器提案の科学的重要性を評価する第二段階,ミッション・観測機器提案の実現性を評価す …

    Planetary people 19(3), 221-227, 2010-09-25

    Cited by (1)

  • Executive committee of the 3rd school of lunar and planetary explanation data analyses  [in Japanese]

    KOBAYASHI Naoki , 第三回月惑星探査データ解析実習会世話人一同 , KOZAKI Takashi , KAJIKAWA Takehiko , 並木 則行 , 荒井 朋子 , 千秋 博紀 , 出村 裕英 , Kozaki Takashi , Kajikawa Takehiko , 大竹 真紀子 , 小林 直樹

    Planetary people 19(2), 161-163, 2010-06-25

  • Interpretation of the surface textures of boulders on Asteroid Itokawa : A trial of field petrology of an asteroid  [in Japanese]

    NOGUCHI Takaaki , HITARA Naru , TSUCHIHYAMA Akira , DEMURA Hirohide , NAKAMURA Ryosuke , MIYAMOTO Hideaki , YANO Hajime , NAKAMURA Tomoki , 齋藤 潤 , 佐々木 晶 , 橋本 樹明 , 久保田 孝 , 石黒 正晃 , ゾレンスキー マイケル・E

    はやぶさ探査機による小惑星イトカワ表面の画像から小惑星表面の巨礫の組織観察を行うことができた.イトカワ表面の巨礫は,大まかにいって不均質な破壊強度を持つものと,均質な破壊強度をもつものに分けられる.前者は角礫岩と考えても矛盾はない.一方,後者の組織は一般的なLLコンドライトには見られない.衝撃によってかなり溶融した普通コンドライト隕石は,そうでないものよりも均質でより高い破壊強度を持つことを考慮す …

    Planetary people 19(1), 12-22, 2010-03-25

    References (30)

  • P313 Science Instruments on XS-Class Lander in the NEO Mission  [in Japanese]

    岡田 達明 , 出村 裕英 , 矢野 創 , 吉川 真 , Bellerose Julie , Bibring Jean-Pierre , Ho Tra-Mi , Witte Lars , Richter Lutz

    In the Hayabusa-2 pre-project, science case and onboard instruments are studied to conduct in situ observation at the surface of NEO 1999JU3, with a candidate 10kg class small lander. Science requirem …

    Abstracts Fall Meeting of the Japanese Society for Planetary Sciences 2009, 113, 2009-09-28

  • P214 かぐや/MIデータを用いたシュレーター谷内側の鉱物組成分布の調査結果について(ポスターセッション2)  [in Japanese]

    本田 親寿 , 大竹 真紀子 , 松永 恒雄 , 春山 純一 , 小川 佳子 , 諸田 智克 , 横田 康弘 , 出村 裕英 , 平田 成 , 浅田 智朗

    Abstracts Fall Meeting of the Japanese Society for Planetary Sciences 2009, 99, 2009-09-28

  • 320 The collaboration environment based on lunar and planetary exploration data  [in Japanese]

    Terazono Junya , Nakamura Ryosuke , Kodama Shinsuke , Yamamoto Naotaka , Demura Hirohide , Hirata Naru , Ogawa Yoshiko , Sobue Shinichi , Okumura Hayato , Haruyama Jun'ichi , Ohtake Makiko , Matsunaga Tsuneo

    Abstracts Fall Meeting of the Japanese Society for Planetary Sciences 2009, 71, 2009-09-28

  • 123 月の裏側の火成活動史(オーラルセッション4 月II)  [in Japanese]

    諸田 智克 , 春山 純一 , 大竹 真紀子 , 松永 恒雄 , 杉原 孝充 , 石原 吉明 , 横田 康弘 , 木村 淳 , 川村 太一 , 本田 親寿 , 佐伯 和人 , 平田 成 , 出村 裕英 , 佐々木 晶 , 武田 弘

    月の海の形成過程については未だ多くの謎が残されている.我々はこれまでに、月周回衛星かぐやで得られた高解像度画像データを用いて、裏側の海の溶岩流について、年代と体積、地殻構造との関係性などを調べてきた.本発表ではそれらの結果を用いて、裏側の火成活動の特徴を述べる.

    Abstracts Fall Meeting of the Japanese Society for Planetary Sciences 2009, 23, 2009-09-28

  • 121 かぐや/スペクトルプロファイラ観測データに基づく月面swirl構造の分光特徴(オーラルセッション4 月II)  [in Japanese]

    小川 佳子 , 春山 純一 , 松永 恒雄 , 中村 良介 , 大竹 真紀子 , 山本 聡 , 横田 康弘 , 出村 裕英 , 平田 成 , 寺薗 淳也 , 本田 親寿 , 北里 宏平 , 浅田 智朗

    Abstracts Fall Meeting of the Japanese Society for Planetary Sciences 2009, 21, 2009-09-28

  • 119 LISM/MIによる月地殻物質のスペクトル分類(予察)(オーラルセッション4 月II)  [in Japanese]

    杉原 孝充 , 大竹 真紀子 , 春山 純一 , 松永 恒雄 , 横田 康弘 , 諸田 智克 , 本田 親寿 , 小川 佳子 , 平田 成 , 出村 裕英 , 浅田 智朗 , 中村 良介

    Abstracts Fall Meeting of the Japanese Society for Planetary Sciences 2009, 19, 2009-09-28

  • 2 / 4
Page Top