朴木 英治 HONOKI Hideharu

Articles:  1-20 of 142

  • Water qualities of lake water, river water, hot spring water and small ponds water around Mt. Tateyama (2018)  [in Japanese]

    朴木 英治

    室堂平周辺湖沼では,地獄谷に隣接したミクリガ池に比べてミドリガ池の方が地獄谷の噴気の影響を強く受けていた.血の池は2017年と比べて酸性成分の濃度は低下したがpHの値は2017年と同程度であった.リンドウ池のpHは2.93で2018年も強い酸性を示した.地獄谷内を流れる紺屋川には強酸性の温泉水が流入しており,2018年は硫酸イオン濃度,塩化物イオン濃度共に2017年よりも高い値を示した.立山カルデ …

    富山市科学博物館研究報告 = Bulletin of the Toyama Science Museum (43), 145-147, 2019-07-01

    IR 

  • Water qualities of tributaries and dams of the Joganji-gawa River system (2016-2018)  [in Japanese]

    朴木 英治

    常願寺川水系の支流やダム湖とそれらの水を集めた常西合口用水の水質を2016年~2018年にかけて調査した.常西合口用水の基本水質は水系内に3系統ある水源(有峰系,横江系,称名・真川系)の混合比によって変化した.ダム湖表層水中のジェオスミンなどの臭気成分濃度は水道水質基準の10~20%の範囲で変化した.また,常西合口用水の臭気成分濃度はダム湖表層の値よりも低かった.立山の地獄谷から湧出する強酸性の温 …

    富山市科学博物館研究報告 = Bulletin of the Toyama Science Museum (43), 35-46, 2019-07-01

    IR 

  • Observation reports of acid rain collected on Mt. Tateyama (2018)  [in Japanese]

    朴木 英治 , 渡辺 幸一

    立山有料道路沿いの桂台(標高660 m)~室堂平(標高2450 m)までの10カ所と,科学博物館屋上の合計11カ所で酸性雨調査を継続している.2018年の観測結果では,降水量は観測点標高が高くなるにつれて増加した(高度効果).硝酸イオンでは観測点標高が高くなるにつれて濃度が低下する現象(高度効果)がどの月にも見られた.これらに対して,非海塩性硫酸イオンでは標高が高くなるにつて濃度が増加する現象(高 …

    富山市科学博物館研究報告 = Bulletin of the Toyama Science Museum (43), 47-51, 2019-07-01

    IR 

  • Water chemistry of lake water, hot spring water, river water and snow cover around Mt. Tateyama (2016 and 2017)  [in Japanese]

    朴木 英治

    立山一帯で2016年,2017年に採取した湖沼水,温泉水,河川水,積雪試料について,それらの化学分析値の数値データを報告した.

    富山市科学博物館研究報告 = Bulletin of the Toyama Science Museum (42), 135-138, 2018-07-01

    IR 

  • Analyzing data of organic and inorganic contents and grain size distribution of core MDG-OWK 12 collected at Oiwake area of Midagahara wetland in Mt. Tateyama, central Japan

    朴木 英治

    立山の追分地内の湿原で2012年に採取したコア試料のうち,泥炭を構成要素とするコア1(表層~深さ30 cm)とコア2(深さ30~60 cm)の2サンプルについて,(1)有機物量,(2)無機物量,(3)無機粒子の粒径別の個数の3項目を2.5 mmごとに計測公開した.

    富山市科学博物館研究報告 = Bulletin of the Toyama Science Museum (42), 125-134, 2018-07-01

    IR 

  • Observation reports of acid rain collected on Mt. Tateyama (2017)  [in Japanese]

    朴木 英治 , 渡辺 幸一

    立山有料道路沿いの桂台(標高660 m)~室堂平(標高2450 m)までの10カ所と,科学博物館屋上の合計11カ所で酸性雨調査を継続している.2017年調査の結果,(1)降水量は標高が高くなるほど増加する,(2)酸性雨の原因となる硝酸イオンや非海塩性硫酸イオンの濃度は標高が高くなるほど低下する(高度効果)ことがわかった.しかし,硝酸イオン濃度の方が非海塩性硫酸イオン濃度よりも標高の高まりによって早 …

    富山市科学博物館研究報告 = Bulletin of the Toyama Science Museum (42), 49-59, 2018-07-01

    IR 

  • Downward movement of chemical component in snow cover just below the melting point  [in Japanese]

    Onishi Yuya , Honoki Hideharu , Shimada Wataru

    Summaries of JSSI and JSSE Joint Conference on Snow and Ice Research 2018(0), 218, 2018

    J-STAGE 

  • Influence of air pollution on the mountain forests of Mt. Tateyama, revisited  [in Japanese]

    Kume Atsushi , Honoki Hideharu , Nakajima Haruki , Ishida Megumi , Watanabe Koichi

    <p>広域大気汚染の森林影響評価は、ロジスティクスや観測コストの問題のために、山岳域において現地で行われた事例は少ない。富山県の立山地域では冬季以外は標高2450m付近まで車による移動が可能であり、様々なグループによる大気観測が行われ、植生帯別の森林モニタリングが富山県によって継続して行われている。Kume et at.(2008)はそれらの結果を基に、ブナ-スギ帯に及ぼしている道路か …

    The Japanese Forest Society Congress 129(0), 782, 2018

    J-STAGE 

  • Cross-sectional observation of snow dimples at Murodo-daira in Mt. Tateyama  [in Japanese]

    島田 亙 , 浅地 泉 , 朴木 英治

    雪氷 : journal of the Japanese Society of Snow and Ice 79(6), 573-579, 2017-11

  • 立山地獄谷の噴気による周辺湖沼の水質への影響  [in Japanese]

    朴木 英治

    とやまと自然 40(3), 1-8, 2017-10-01

    IR 

  • Behaviors of chemical constituents in River Shomyougawa originated from acid hot spring in the Jigokudani of Mt. Tateyama  [in Japanese]

    朴木 英治 , 丹保 俊哉

    称名川支流の紺屋川には強酸性の温泉が供給されるため,紺屋川の水の酸の主体となる硫酸イオンや塩化物イオンの濃度は陽イオン成分の濃度と比べて2桁程度高く,しかも,塩化物イオン濃度の上昇に伴って硫酸イオン濃度も上昇した.紺屋川の重金属類には,塩化物イオン濃度に比例して濃度が上昇するホウ素,鉛,鉄,水銀などと、アルカリ土類成分の挙動に近い亜鉛,カドミウム,ヒ素などがあった.また,塩化物イオン濃度に対する重 …

    富山市科学博物館研究報告 = Bulletin of the Toyama Science Museum (41), 31-40, 2017-06-20

    IR 

  • Observation reports of acid rain and suspended particles in rain water collected on Mt. Tateyama (2016)  [in Japanese]

    朴木 英治 , 渡辺 幸一

    立山における標高別酸性雨観測は2016年で14年目となった.昨年同様,桂台~室堂平間の10カ所の観測点および科学博物館屋上の降水を採取した.降水量については,どの月も富山市内で少なく,立山で多く,立山では標高が高くなるほど増加した.海塩成分のナトリウムイオン濃度には観測点標高が高くなるほど濃度が低下する高度効果が見られ,しかも,7月~9月は弘法平~室堂平までほぼ同じ濃度変化を示した.酸性雨の原因成 …

    富山市科学博物館研究報告 = Bulletin of the Toyama Science Museum (41), 41-58, 2017-06-20

    IR 

  • 富山市の身近な自然調査の結果概要-植物、昆虫、両生爬虫類、鳥、ほ乳類、酸性雨、土の色-  [in Japanese]

    太田 道人 , 根来 尚 , 南部 久男 , 朴木 英治 , 増渕 佳子 , 吉岡 翼 , 坂井 奈緒子 , 市川 真史

    とやまと自然 40(1), 1-8, 2017-03-04

    IR 

  • Cross-sectional observation of snow dimples at Murodo-daira in Mt. Tateyama  [in Japanese]

    Shimada Wataru , Asaji Izumi , Honoki Hideharu

    Summaries of JSSI and JSSE Joint Conference on Snow and Ice Research 2017(0), 241, 2017

    J-STAGE 

  • Downward movement of chemical component in snow cover just below the melting point  [in Japanese]

    Onishi Yuya , Honoki Hideharu , Shimada Wataru

    Summaries of JSSI and JSSE Joint Conference on Snow and Ice Research 2017(0), 151, 2017

    J-STAGE 

  • On the Influence of Fumarolic Activity at Midagahara Volcano on Snow Chemistry at Murododaira, Mt. Tateyama  [in Japanese]

    渡辺 幸一 , 平井 泰貴 , 中川 佳祐 , 小川 厚次 , 上原 佳敏 , 朴木 英治 , 島田 亙 , 青木 一真 , 川田 邦夫

    雪氷 78(5), 307-315, 2016-09

  • 《特別展》「科学捜査展 -今日からきみも名探偵-」2016/7/16~9/4 展示解説  [in Japanese]

    藤田 将人 , 朴木 英治 , 南部 久男 , 大寺 優子

    とやまと自然 39(2), 1-8, 2016-07-01

    IR 

  • Observation reports of acid rain and suspended particles in rain water collected on Mt. Tateyama in 2015  [in Japanese]

    朴木 英治 , 渡辺 幸一

    立山における標高別酸性雨観測は2015年で13年目となった.2015年の観測は昨年度と同様,桂台~室堂平まで10カ所の観測点を設定し,補助観測点として科学博物館屋上での降水も比較した.降水量については,どの月も富山市内で少なく,立山で多く,立山では標高が高くなるほど降水量が増加した.海塩成分のナトリウムイオン濃度には観測点標高が高くなるほど濃度が低下する高度効果が見られ,しかも,7月~9月は弘法平 …

    富山市科学博物館研究報告 = Bulletin of the Toyama Science Museum (40), 51-69, 2016-06-20

    IR 

  • Records of water chemistry of lakes at Murodo-daira on Mt. Tateyama and Shomyo-gawa River in 2015  [in Japanese]

    朴木 英治

    地獄谷の噴気活動の影響が室堂平周辺の湖沼水質と称名川の水質に与える影響を昨年に引き続き調査した.室堂周辺湖沼の内,ミクリガ池,ミドリガ池の水質は昨年と比べて大きな変化は見られなかった.リンドウ池は10月に硫酸イオン濃度が高まり,pHも2.7まで低下し,これまでの最低値を示した.称名滝では,融雪水で流量が多かった5月と流量が少なかった11月に,それぞれ,pH3.74,pH3.70という低い値を示した …

    富山市科学博物館研究報告 = Bulletin of the Toyama Science Museum (40), 151-152, 2016-06-20

    IR 

  • Penetration of chemical component in artificial snow cover just below the melting point  [in Japanese]

    Onishi Yuya , Honoki Hideharu , Shimada Wataru

    Summaries of JSSI and JSSE Joint Conference on Snow and Ice Research 2016(0), 239, 2016

    J-STAGE 

Page Top