太田 亨 OTA Toru

Articles:  1-20 of 25

  • 1 / 2
  • サロマ湖養殖ホタテガイの遺伝子解析による系統分類と原料性状に関する研究  [in Japanese]

    太田 智樹 , 中村 葵 , 佐藤 希実 , 田中 彰 , 吉川 修司 , 錦織 孝史 , 長島 浩二

    サロマ湖産ホタテガイについてmtDNA遺伝子解析により系統(HG-001,HG-004,HG-012,HG-021)を分類し,性状比較を行ったところ,HG-001とHG-012の生殖巣指数で平均値(HG-001>HG-012)に有意な差が認められた。軟体部指数ではHG-001とHG-004の平均値(HG-001>HG-004)およびHG-001とHG-012の平均値(HG-001> …

    北海道立食品加工研究センター研究報告 = Bulletin of Hokkaido Food Processing Research Center (8), 7-12, 2009-03

    JASI 

  • 褐藻に含まれるカロテノイドの腫瘍細胞に対する増殖抑制効果  [in Japanese]

    田中 彰 , 太田 智樹 , 吉川 修司 , 錦織 孝史

    スジメおよびアイヌワカメに含まれているカロテノイド色素の腫瘍細胞に対する抗腫瘍作用について検討した。両褐藻の主要カロテノイド色素はフコキサンチンと推測された。これらの褐藻から得られたカロテノイド抽出画分はHL-60細胞の生残率を大きく低下させた。また,正常細胞のWI-38の生残率には影響を与えず,悪性化したWI-38VA13の生残率を低下させたことから,スジメおよびアイヌワカメのカロテノイド画分に …

    北海道立食品加工研究センター研究報告 = Bulletin of Hokkaido Food Processing Research Center (8), 1-6, 2009-03

    JASI 

  • Development of Fish Sauce from Chum Salmon by Fermentation with Barley Koji and Halo-tolerant Microorganisms  [in Japanese]

    YOSHIKAWA Shuji , TANAKA Akira , NISHIKIORI Takafumi , OHTA Tomoki

    シロサケ(<I>O. keta</I>)を素材として,大麦麹と耐塩性微生物(<I>Z. rouxii, C. versatilis</I>および<i>T. halophilus</I>)を添加した魚醤油を開発し,以下の結果を得た.<BR>(1)大麦麹と耐塩性微生物スターターの添加によって,発酵当初(6日間)で諸味の …

    Nippon Shokuhin Kagaku Kogaku Kaishi 53(5), 281-286, 2006-05-15

    J-STAGE  References (33) Cited by (4)

  • 紅藻フノリを利用した機能性飲料の開発  [in Japanese]

    太田 智樹 , 田中 彰 , 吉川 修司

    フノリに含まれる多糖成分フノランを活かした飲料の開発するためにヒ素の除去と抽出条件について検討した。フノリに含まれるヒ素の除去はエタノール洗浄が最も効果的であった。フノリ多糖の抽出はクエン酸添加による加熱抽出が最も低粘度化でき,またフノラン含量を高めることが明らかとなった。これらの技術開発により低粘度のフノラン含有機能性飲料を開発することが可能となった。

    北海道立食品加工研究センター研究報告 = Bulletin of Hokkaido Food Processing Research Center (6), 7-11, 2005-02

    JASI 

  • 水産物の微量金属に関する研究  [in Japanese]

    大堀 忠志 , 佐々木 茂文 , 吉川 修司 , 太田 智樹

    水産物の微量金属含量,スルメイカ肝臓中の微量金属の存在形態や細胞増殖に及ぼす微量金属の影響を検討した。水産物内臓の微量金属含量は,Feがサケ肝臓,Cuがイカ肝臓,Znがカキ内臓に多く,Cdはホタテガイ中腸腺やイカ肝臓に多く含まれていた。イカ肝臓には高分子メタロチオネイン以外に低分子のメタロチオネインも存在し,酵素分解によりメタロチオネインの低分子化が認められた。また,イカ肝臓抽出メタロチオネインは …

    北海道立食品加工研究センター研究報告 = Bulletin of Hokkaido Food Processing Research Center (5), 51-53, 2002-11

    JASI 

  • Fermentation of Scallop Paste with Lactic Acid Bacteria  [in Japanese]

    YOSHIKAWA Shuji , ASANO Kozo , OHTA Tomoki , SASAKI Shigefumi , TOMINAGA Kazuya , SHIMOBAYASHI Yoshiaki

    ホタテガイの貝柱は,生で食べるとソフトかつジューシーで,ほどよい甘みを持つなど優れた特徴がある素材である.本研究では,ホタテガイ貝柱を乳酸菌で発酵させ,発酵食品を製造する方法を開発した.<BR>ホタテガイ貝柱の発酵には<I>L.plantarum</I>の粉末スターターを用いた.発酵させたホタテガイ貝柱は強い弾力性を持つ歯ごたえのあるゲルを形成した.さらに発酵に …

    Nippon Shokuhin Kagaku Kogaku Kaishi 49(1), 53-56, 2002-01-15

    J-STAGE  References (10) Cited by (1)

  • Antioxidant activity of Water Extracts from Fish Eggs on PC Liposomes  [in Japanese]

    MIYASHITA Kazuo , INUKAI Nobuko , OTA Toru , SASAKI Shigefumi , OTA Tomoki

    サケ卵, マス卵, サメ卵, ニシン卵の魚卵から抽出した水溶性成分の抗酸化活性を, サケ卵ホスファチジルコリン(PC)と大豆PCから調製したリポソームの酸化安定性試験に基づいて評価した。その結果, いずれの魚卵から得た水溶性抽出物も, 両PCリポソームに対して抗酸化活性を示した。また, マス卵水溶性抽出物を, 高分子成分と低分子成分とに分け, それぞれの活性を比較したところ, 低分子成分の方がより …

    NIPPON SUISAN GAKKAISHI 65(3), 488-494, 1999-05-15

    J-STAGE  NDL Digital Collections  JASI  References (19) Cited by (4)

  • Oxidative Stability of Triacylglycerols in Aqueous Solution  [in Japanese]

    MIYASHITA Kazuo , NARA Eiichi , HIRAO Minako , ABE Kohki , OTA Toru

    6種類のトリアシルグリセリン (TG) の水分散系での酸化安定性を, 酸化に伴う高度不飽和脂肪酸 (PUFA) の減少量と過酸化物生成量の測定から比較したところ, オリブ油TGとマグロ眼窩油TGの酸化安定性が最も高く, ついで, エゴマ油TG, 菜種油TG, 大豆油TG, サフラワー油TGの順となった。したがって, PUFAとしてはDHAやα-リノレン酸などの不飽和度のより高いPUFAを含むTGの …

    Journal of Japan Oil Chemists' Society 48(1), 21-27, 1999-01-20

    J-STAGE  References (21)

  • Analysis of chiral lipids by chiral phase HPLC with fluorescence detection  [in Japanese]

    ITABASHI Yutaka , OKABE Hiroaki , SHODA Tomohisa , OTA Toru

    Chromatography : journal of separation and detection sciences = クロマトグラフィー : 分離・検出科学 19(4), 362-363, 1998-11-10

    References (1)

  • Fatty Acid Composition of the Gonad of the Sea Urchin Strongylocentrotus nudus Fed Fish  [in Japanese]

    ITABASHI Yataka , KUMAGAI Mitsuhiro , OTA Toru , NAKAO Hiromi

    キタムラサキウニ<I>Strongylocentrotus nudus</I>にホッケ<I>Pleurogrammus azonus</I>を投与して飼育し, 生殖巣の脂肪酸組成に及ぼす魚肉の影響を検討した。投与したホッケは, その筋肉脂質中に全脂肪酸中15.8%のイコサペンタエン酸 (IPA) と9.6%のドコサヘキサエン酸 (DHA) を主要ポリ …

    Journal of Japan Oil Chemists' Society 47(7), 703-707, 1998-07-20

    J-STAGE  References (12) Cited by (1)

  • Physiological Functions in Underutilized Marine By-products and Their Application to Food Develop-ment  [in Japanese]

    OHTA Tomoki

    Nippon Nōgeikagaku Kaishi 72(7), 840-842, 1998-07-01

    J-STAGE  References (14)

  • Free Icosapentaenoic Acid in the Marine Diatom Phaeodactylum tricornutum  [in Japanese]

    ITABASHI Yutaka , HARADA Naokazu , OTA Toru , MATSUNAGA Katsuhiko

    海産珪藻 Phaeodactylum Tricornutum に存在する遊離脂肪酸 (FFA) の組成を求めた。 FFA は, バッチ培養した定常期の試料の脂質中に 18% 含まれており, トリアシルグリセリン (TG), 炭化水素, ステロールおよび極性脂質 (PL) とともに, P. tricornutum の主要な脂質成分であった。 FFA, TG 及び PL の主要構成脂肪酸は14 : 0 …

    Journal of Japan Oil Chemists' Society 45(3), 271-273, 1996-03-20

    J-STAGE  References (21)

  • シロサケ精巣の水溶性画分の抗酸化活性 : 食品  [in Japanese]

    佐々木 茂文 , 太田 智樹 , Decker Eric A.

    Journal of the Agricultural Chemical Society of Japan 70(臨時増刊), 195, 1996-03-05

  • DHA及びリノール酸ナトリウム塩の水溶液中での酸化における乳化剤の役割 : 食品  [in Japanese]

    犬飼 信子 , 宮下 和夫 , 太田 亨

    Journal of the Agricultural Chemical Society of Japan 70(臨時増刊), 193, 1996-03-05

  • 各種高度不飽和TGの水系での酸化安定性 : 食品  [in Japanese]

    阿部 公紀 , 平尾 美奈子 , 宮下 和夫 , 太田 亨 , 丸山 一輝 , 中山 秀

    Journal of the Agricultural Chemical Society of Japan 70(臨時増刊), 193, 1996-03-05

  • DHA-PCリポソームの酸化安定性向上とその利用 : 食品  [in Japanese]

    奈良 英一 , 宮下 和夫 , 太田 亨 , 名達 義剛

    Journal of the Agricultural Chemical Society of Japan 70(臨時増刊), 192, 1996-03-05

  • Modified Atmosphere Storage of Chum Salmon (Oncorhynchus keta) Fillets

    OHTA Tomoki , SASAKI Shigefumi

    シロサケ切り身のMA包装による品質保持に対する炭酸ガス濃度の影響を検討した.シロサケ切り身を炭酸ガス濃度の異なる混合ガスで置換包装して5℃と10℃で6日間保蔵し,それぞれ経時的にガス組成および一般生菌数を調べた.<BR>含気包装と比較すると6日間の保蔵では2日目以降試験したどのMA包装でもシロサケ切り身の一般生菌数は少なく,5℃では50%, 10℃では70%以上の炭酸ガス濃度で効果的に …

    Nippon Shokuhin Kagaku Kogaku Kaishi 42(7), 536-539, 1995-07-15

    J-STAGE  References (14) Cited by (2)

  • DHA高含有魚油TGにおける脂肪酸の位置分布 : 食品  [in Japanese]

    安藤 靖浩 , 松平 由紀子 , 矢澤 一良 , 太田 亨

    Journal of the Agricultural Chemical Society of Japan 69(臨時増刊), 328, 1995-07-05

  • 高度不飽和ホスファチジルコリン(PC)の水系での酸化安定性に及ぼす各種酸化開始剤及び乳化剤の影響 : 食品  [in Japanese]

    奈良 英一 , 宮下 和夫 , 太田 亨

    Journal of the Agricultural Chemical Society of Japan 69(臨時増刊), 328, 1995-07-05

  • リノール酸エチル及びDHAエチルヒドロペルオキシドの水溶液中での安定性について : 食品  [in Japanese]

    平野 真也 , 宮下 和夫 , 太田 亨

    Journal of the Agricultural Chemical Society of Japan 69(臨時増刊), 328, 1995-07-05

  • 1 / 2
Page Top