松本 伍良 Matsumoto Goro

ID:1000020001670

北海道工業大学 Hokkaido Institute of Technology (1995年 CiNii収録論文より)

Search authors sharing the same name

Articles:  1-20 of 36

  • 1 / 2
  • DEVELOPMENT OF A RING-TYPE VITAL SIGN TELEMETER  [in Japanese]

    YAMASHITA M. , SHIMIZU K. , MATSUMOTO G.

    痴呆老人の徘徊防止のためのモニタリングや、独居老人あるいは在宅医療患者のバイタルサインモニタリングなどの必要性が高まっている。このような要請に応えるために、我々は指の脈波信号を光電法で検出し、その信号をテレメトリできる指輪型テレメータ装置を開発した。被験者装着部は、低消費電力化、軽量化などを図り、通常のファッションリングと同程度の小型・軽量なものとした。テレメータにより遠隔計測された脈波信号は受信 …

    IEICE technical report. ME and bio cybernetics 95(131), 63-68, 1995-06-24

    Ichushi Web  References (5) Cited by (2)

  • DEVELOPMENT OF A RING-TYPE VITAL SIGN TELEMETER  [in Japanese]

    YAMASHITA M. , SHIMIZU K. , MATSUMOTO G.

    電気学会研究会資料. MBE, 医用・生体工学研究会 1995(19), 63-68, 1995-06-24

    References (5)

  • Study on Biological Effects of Strong Electric Fied III : Relation between Perception Threshold and Different Parameters  [in Japanese]

    Odagiri Hisae , Shimizu Koichi , Matsumoto Goro

    Memoirs of the Hokkaido Institute of Technology. (23), p305-308, 1995-03

  • Fundamental Study of Fiber-Optic Chemical Sensor  [in Japanese]

    Misawa Kenji , Yakubo Muyonosuke , Arisawa Junji , Matsumoto Goro

    Memoirs of the Hokkaido Institute of Technology. (23), p289-296, 1995-03

  • Estimation of bacteria-infecting cells using image processing technique  [in Japanese]

    Misawa Kenji , Kasai Fumio , Arisawa Junji , Kimura Kazuyuki , Matsumoto Goro

    Memoirs of the Hokkaido Institute of Technology. (23), p281-287, 1995-03

  • Measurement and Analysis of Single Neuronal Activities from an Unrestrained Cat in Natural Outdoor Conditions  [in Japanese]

    MIZUTANI Yoshinari , OGATA Yoshinori , TAKAHASHI Toshimitsu , SAITO Satoshi , NAKAO Mitsuyuki , YAMAMOTO Mitsuaki , MATSUMOTO Goro

    計測自動制御学会論文集 30(1), 1-8, 1994-01-31

    References (18) Cited by (1)

  • Bactericidal property of the conductive porous capillary membrane to Staphylococcus aureus with electric currents  [in Japanese]

    Kikuchi Tomoyuki , Arisawa Junji , Kimura Kazuyuki , Misawa Kenji , Matsumoto Goro

    本報は,大腸菌と黄色ブドウ球菌に対する導電性中空糸膜の殺菌特性について検討したものである。その結果,特に直流100mAを4時間通電した場合,本膜にあらかじめ捕捉した細菌は著しく減少した。これに対して,パルスやインパルス100mAを通電した場合には,大腸菌では良好な殺菌性が認められたが,ブドウ球菌では大腸菌の約半分程度しか殺菌できなかった。これらの結果から,本膜に捕捉された細菌は通電により死滅させる …

    IEICE technical report. ME and bio cybernetics MBE94(103), 67-72, 1994

    Cited by (3)

  • Influence of magnetic field frequencies on goldfish behavior  [in Japanese]

    Rikanji Tatsuya , Arisawa Junji , Misawa Kenji , Matsumoto Goro

    本報は金魚の行動に及ぼす変動磁場の周波数変化に対する影響を検討したもので、これまでに報告している50Hz磁場(62mT)と静磁場(150mT)の曝露影響を踏まえて、さらに磁場周波数10Hz、30Hz、70Hzに対する影響を具体的に検討した。その結果、金魚の遊泳行動に与える10Hz磁場(62mT)の影響は50Hz磁場に比べて小さいが、抑制する傾向を示した。しかし、30Hz磁場(62mT)では50Hz …

    IEICE technical report. ME and bio cybernetics MBE94-81, 29-34, 1994

    Cited by (5)

  • A.C.Characteristics of a taste receptor model membrane adsorbed with synthetic lipids  [in Japanese]

    Kojima Yoichiro , Arisawa Junji , Misawa Kenji , Matsumoto Goro

    ポリ塩化ビニル(PVC)のフィルムに合成リン脂質類似物質であるDOPHを包含させたPVC・DOPH膜は、その電気的な特性が長期間維持されるため、イオンセンサ素材としての可能性を有している。本報では、このPVC・DOPH膜を用いて5基本味の甘味、塩味、酸味、苦味、旨味に対する電気抵抗・電気容量特性を具体的に検討した。その結果、それぞれの味物質によって異なる特性が得られ,膜抵抗測定用の印加電圧を上げる …

    IEICE technical report. ME and bio cybernetics, 9-16, 1994

    Cited by (1)

  • Fundamental Study of Fiber-Optic Taste Sensor with PVC Synthetic Lipid Membrane  [in Japanese]

    Yakubo Muyonosuke , Misawa Kenji , Arisawa Junji , Matsumoto Goro

    本研究は,合成脂質のモノオレインをポリ塩化ビニル(PVC)に組み込んだPVC合成脂質膜の5種類の基本味溶液に対する光学的応答特性を光ファイバ方式によって検出し,その特性を検討したものである.その結果,基本味に対する膜の透過光強度性ではそれぞれに特徴的で顕著な光学的変化を示すことが見出された.また膜の脂質量を調節したり,コレステロールや可塑剤などを混入することで,数種の味溶液に対する応答特性に改善効 …

    IEICE technical report. ME and bio cybernetics MBE94-77, 1-8, 1994

    Cited by (1)

  • Responses of Taste Substance in A PVC Monoolein Membrane  [in Japanese]

    Saeki Goichi , Misawa Kenji , Kojima Yoichiro , Arisawa Junji , Matsumoto Goro

    本研究では,合成脂質のモノオレインとポリ塩化ビニル(PVC)からなる人工膜を作製し,種々の味溶液に対する電気・光学的応答特性について検討した。その結果,膜のコンダクタンス特性では,塩味のNaCl溶液,甘味のサッカロース溶液,苦味の塩酸キニーネに対して高い選択性を示し,また同一溶液条件での膜の光透過率特性では,NaClで91倍,サッカロースで45倍,塩酸キニーネで77倍もの透過率の変化を示すことが初 …

    IEICE technical report. ME and bio cybernetics 93(375), 69-75, 1993-12-14

  • Discrimination of Taste Substances with Electric Characteristics in PVC.DOPH Membrane  [in Japanese]

    Kojima Yoichiro , Arisawa Junji , Misawa Kenji , Matsumoto Goro

    合成リン脂質類似物質であるDOPHとPVC(ポリ塩化ビニル)から成るPVC・DOPH膜は、膜の電気的特性を長期間保持でき、イオンセンサ膜としての可能性を有している。本報では、この膜が甘味、酸味、苦味、旨味の五基本味を識別することができるか否か、その可能性を検討した。その結果、膜の電気抵抗と電気容量の同時測定から、それぞれの味物質によって異なる特性が得られた。これは既に報告されている多種類の脂質膜に …

    IEICE technical report. ME and bio cybernetics 93(356), 97-103, 1993-11-26

  • A Physical Meaning for Recovery Phenomena of Electrical Contact Resistance  [in Japanese]

    Matsumoto Goro

    境界皮膜を有する電気接点を金属-絶縁物-金属の三層構造モデルとして考え、その伝導特性を取り扱った。膜が安定に存在する場合の電圧-電流特性は容量性でその抵抗は高いが、フォーミングと称されるプロセスを経た膜は導電性を示すようになり、その電気伝導度は8桁ほど増加する。この現象の物理的解釈とそのための基礎的な検討、すなわち絶縁物層にイオンを打ち込んだ膜や金属をドープした膜構造をつくり、人為的にフォーミング …

    IEICE technical report. EMD 93(210), 1-8, 1993-09-06

  • Non-Invasive Stress Monitoring with Optical Telemetry Technique  [in Japanese]

    YAMASHITA Masaji , SHIMIZU Koichi , MATSUMOTO Goro

    計測自動制御学会論文集 29(8), 987-992, 1993-08-31

    References (14)

  • 強電界の生体作用機序に関する検討--人体の電界感知閾値の評価  [in Japanese]

    小田切 久恵 , 清水 孝一 , 松本 伍良

    Memoirs of the Hokkaido Institute of Technology. (21), p189-192, 1993-03

  • Effects of static magnetic field on adhesion of Escherichia coli to culture cells.  [in Japanese]

    Saito Akihito , Arisawa Junji , Kimura Kazuyuki , Matsumoto Goro

    本稿は生体に及ぼす直流磁場暴露の影響について、これまでにない新しい視点から検討を行うために、その対象として株化培養細胞に対する病原性細菌の付着現象に注目し、これに磁場がどのような影響を及ぼすのかについて実験を行った結果の報告である。標的細胞であるHeLa細胞と尿路感染症患者由来の大腸菌を混合培養する際に、磁場強度450mTの直流磁場を暴露すると細胞一個当りの付着細菌数が有意に増加した。また、この現 …

    IEICE technical report. ME and bio cybernetics MBE93-91, 91-96, 1993

    Ichushi Web  Cited by (2)

  • Bactericidal effect of the conductive porous capillary membrane with electric current.  [in Japanese]

    Miyazaki Hiroyuki , Arisawa Junji , Kimura Kazuyuki , Misawa Kenji , Matsumoto Goro

    本稿は、従来より除菌性しか持たなかった多孔質中空糸膜に殺菌性を付与すべく検討を行ったものである。具体的には、電流を通ずることが可能な導電性多孔質中空糸膜を用い、その多孔質中空糸膜に汚染の指標細菌である大腸菌を人為的に捕捉させ、これに通電を施することにより殺菌し得るか否かの検討を行った。その結果、直流電流100mA, cm^2を4時間通電することにより生菌数を1/20に減少できた。さらに50Hzのパ …

    IEICE technical report. ME and bio cybernetics MBE93-40, 15-22, 1993

    Ichushi Web  Cited by (9)

  • Effects of static magnetic field on the growth of bacterials incubated in diluted growth media.  [in Japanese]

    Saito Akihito , Kimura Kazuyuki , Arisawa Junji , Matsumoto Goro

    低栄養価培地を用いた450mTの直流磁場内でいくつかの細菌を培養するとその世代時間の延長が観察された。実験は対数増殖期の間(培養12時間までの間)、細菌数を4時間毎に測定し、それにより世代時間を算出した。磁場強度450mTの直流磁場内で培養した大腸菌では対数増殖期において世代時間の延長が見られたが、磁場強度150mTでの実験ではその影響が観察されなかった。また、この現象は希釈栄養培地を用いることに …

    IEICE technical report. ME and bio cybernetics MBE93-39, 9-14, 1993

    Cited by (2)

  • Fundamental Study on Biological Effects of Strong Electric Field(part2)=Measurement and Analysis of Human Detection Threshold of Electric Field=  [in Japanese]

    Odagiri Hisae , Chiba Kaoru , Shimizu Koichi , Matsumoto Goro

    強電界の生体作用および安全基準の中心となる電界感知閾値に関し、実際の人体を対象として基礎的検討を行った。まず、ヒト体表面において、体毛に働く電気力を計測、評価した。その結果、体毛に働く電気力が、周囲の相対湿度の上昇に伴い増大することが確かめられた。この電気力の増加率は、体毛誘電率の増加率によく一致するものであった。次にヒトの電界感知閾値を計測した結果、この電気力の変化が感知閾値を約30%変化させる …

    IEICE technical report. Electromagnetic compatibility EMCJ93-4, 25-30, 1993

    Cited by (4)

  • 商用周波電界の生体刺激作用の解析-3-電界中における体毛の動きの計測  [in Japanese]

    小田切 久恵 , 清水 孝一 , 松本 伍良

    Memoirs of the Hokkaido Institute of Technology. (20), p219-223, 1992-03

  • 1 / 2
Page Top