関 伸夫 Seki Nobuo

Articles:  1-19 of 19

  • Application of ohmic heating for improving the quality of salted-dried salmon  [in Japanese]

    MATSUBARA HISASHI , TANAKA JUNYA , NARITA SEIICHI , SEKI NOBUO , HISASHI MATSUBARA , JUNYA TANAKA , SEIICHI NARITA , NOBUO SEKI , 青森県ふるさと食品研究センター:(現)青森県下北ブランド研究開発センター , 青森県館ヶ沢水産事務所 , 青森県下北ブランド研究開発センター , 北海道大学大学院水産科学研究院:(現)日本水産株式会社食品機能科学研究所 , Aomori Prefectural Local Foods Research Center:(Present office)Simokita Brand Research and Development Center , Ajigasawa Fisheries Office , Shimokita Brand Research and Development Center , Graduate School of Fisheries Sciences Hokkaido University:(Present office)Food Function Research Center Nippon Suisan Kaisha

    ブナザケ塩干品の品質改良のために通電加熱処理を製造工程に組み込み,その効果を検討した。45℃,5 分間の条件での通電加熱で,塩干品の硬さと凝集性が未加熱品に比較して低下し,脆弱化した。さらに,筋肉の筋節間が剥離した。その通電加熱条件でサケ肉の塩溶性タンパク質は不溶化したが,水溶性タンパク質の溶解度は高かった。製造過程を通じて筋肉タンパク質組成がほとんど変化しなかったことから,物性変化に対する自己消 …

    NIPPON SUISAN GAKKAISHI 73(3), 470-477, 2007

    J-STAGE  JASI  Cited by (1)

  • The mechanism and oxygen gas inhibition of the degradation of trimethylamine-N-oxide in walleye pollack muscle during storage  [in Japanese]

    KIMURA MEIKO , TAKEUCHI NORIO , NOZAWA HISANORI , MIZUGUCHI TORU , KIMURA IKUO , SEKI NOBUO , MEIKO KIMURA , NORIO TAKEUCHI , HISANORI NOZAWA , TORU MIZUGUCHI , IKUO KIMURA , NOBUO SEKI , 北海道大学大学院水産科学研究院食品生化学研究室 , 北海道大学大学院水産科学研究院食品生化学研究室 , 北海道大学大学院水産科学研究院食品生化学研究室 , 日本水産(株)中央研究所 , 日本水産(株)中央研究所 , 北海道大学大学院水産科学研究院食品生化学研究室:(現)日本水産(株)食品機能科学研究所 , Laboratory of Food Biochemistry Graduate School of Fisheries Sciences Hokkaido University , Laboratory of Food Biochemistry Graduate School of Fisheries Sciences Hokkaido University , Laboratory of Food Biochemistry Graduate School of Fisheries Sciences Hokkaido University , Central Research Laboratory Nippon Suisan Kaisha Ltd. , Central Research Laboratory Nippon Suisan Kaisha Ltd. , Laboratory of Food Biochemistry Graduate School of Fisheries Sciences Hokkaido University:Food Function Research Center Nippon Suisan Kaisha Ltd.

    スケトウダラ肉貯蔵中のトリメチルアミンオキシド(TMAO)の分解抑制に及ぼす酸素ガスの影響を調べた。5℃ 貯蔵の場合,分解物のジメチルアミン(DMA)の生成は窒素ガス,空気および真空貯蔵に比較して酸素ガス中で顕著に抑制された。-5 および-10℃ で凍結貯蔵した場合も酸素ガスで抑制された。-20℃ 貯蔵では酸素ガスの肉中への浸透が十分であれば効果があった。TMAO の分解機構は DMA 生成の至適 …

    NIPPON SUISAN GAKKAISHI 72(5), 911-917, 2006-09-15

    J-STAGE  JASI  References (33) Cited by (5)

  • A Preventive Method of Color-deterioration of Yellowtail Dark Muscle during Frozen Storage and Post Thawing  [in Japanese]

    HIRAOKA Yoshinobu , SEKI Nobuo

    冷凍 = Refrigeration 81(941), 187-191, 2006-03-15

    References (24)

  • Effect of pig plasma components on the modori of walleye pollack surimi gel  [in Japanese]

    TANIMOTO SHOTA , YAMASHITA TAMIHARU , SEKI NOBUO , SHOTA TANIMOTO , TAMIHARU YAMASHITA , NOBUO SEKI , 広島県立食品工業技術センター , 広島県立食品工業技術センター , 北海道大学大学院水産科学研究科 , Hiroshima Prefectural Food Technology Research Center , Hiroshima Prefectural Food Technology Research Center , Graduate School of Fisheries Science Hokkaido University

    豚プラズマ (PP) とその成分のスケトウダラすり身加熱ゲルの戻りに及ぼす影響を調べた。PPは, 0.2%以上の添加で戻りを抑制し, またミオシン重鎖 (MHC) の分解を抑制した。5分画したPP成分の中で2画分が戻りおよびMHCの分解を抑制した。この画分を混合して加えた場合は, PPの場合と同様に戻りとMHCの分解を抑制した。以上の結果から, PPの戻り抑制効果は, 主にプロテアーゼインヒビター …

    NIPPON SUISAN GAKKAISHI 70(2), 194-199, 2004-03-15

    J-STAGE  JASI  References (24)

  • タラ肉のトリメチルアミンオキシドの分解 : 分解酵素TMAOaseはポリアスパラギン酸様のカルシウム結合タンパク質か?  [in Japanese]

    木村 メイコ , 竹内 壱明 , 木村 郁夫 [他] , 関 伸夫

    化学と生物 42(1), 4-6, 2004-01-25

    References (3) Cited by (1)

  • Influence of formaldehyde formation during storage of shortfin lizard fish on kamaboko quality  [in Japanese]

    HIRAOKA YOSHINOBU , KAN TADAAKI , KURONO MIKA , HIRANO KAZUE , MATSUBARA HIROSHI , HASHIMOTO TERU , OKA HIROYASU , SEKI NOBUO

    トカゲエソとグチのトリメチルアミンオキシド(TMAO)関連化合物の変化について調べた。トカゲエソ肉中にはTMAOが約25mmol/kg,グチ肉中には53mmmol/kgと多量に含まれていた。トカゲエソの場合は,氷蔵中に分解されて,ホルムアルデヒドを生成したが,グチの場合はホルムアルデヒドを生成しなかった。しかし,トカゲエソ肉もグチ肉も,ホルムアルデヒドを添加するとゲル形成能が失われた。

    NIPPON SUISAN GAKKAISHI 69(5), 796-804, 2003-09-15

    J-STAGE  NDL Digital Collections  References (25) Cited by (2)

  • TMAOase(トリメチルアミン-N-オキシド脱メチル化酵素)の80°Cにおける耐熱性と活性  [in Japanese]

    木村 メイコ , 木村 郁夫 , 関 伸夫

    日本水産學會誌 69(3), 449, 2003

    NDL Digital Collections 

  • スルメイカの保管による外套膜透明感の変化  [in Japanese]

    吉岡 武也 , 木下 康宣 , 吉野 博之 , 朴 信虎 , 今野 久仁彦 , 関 伸夫

    日本水産學會誌 69(3), 449, 2003

    NDL Digital Collections 

  • 利用・加工の研究  [in Japanese]

    関 伸夫

    NIPPON SUISAN GAKKAISHI 69(The_70th_Anniversary_of_JSFS), S100-S112, 2003

    J-STAGE  NDL Digital Collections 

  • Enzymic and Nonenzymic Cleavage of Trimethylamine-N-oxide in vitro at Subzero Temperatures  [in Japanese]

    KIMURA Meiko , SEKI Nobuo , KIMURA Ikuo

    海産魚類筋肉中kのトリメチルアミンオキシド(TMAO)の分解は凍結貯蔵中にも進行することから,その酵素的および非酵素的分解機構をFe<SUP>2+</SUP>と還元剤(アスコルビン酸とCys)の存在下にin vitroで調べた。TMAOaseはスケトウダラ筋肉から調製した。-4℃過冷却未凍結溶液中ではTMAOaseにより酵素濃度依存的にジメチルアミン(DMA)を生成したが, …

    NIPPON SUISAN GAKKAISHI 68(1), 85-91, 2002-01-15

    J-STAGE  NDL Digital Collections  JASI  References (28) Cited by (7)

  • Effects of the Addition of Pregelatinized Starch on the Setting of Walleye Pollack Surimi Paste  [in Japanese]

    YAMASHITA Tamiharu , SEKI Nobuo

    スケトウダラ冷凍すり身に糊化でん粉を添加した肉糊を, 10℃で0&acd;3日間坐らせた後, 90℃で30分間加熱した。糊化でん粉の添加は坐り中の魚肉タンパク質のミオシン重鎖の多量体形成を抑制した。また, 坐りゲルと加熱ゲルの両方の破断強度の増大を抑制した。さらに, 糊化でん粉添加による坐り効果の低下は, それに含まれるアミロースによるのではなく, アミロペクチンによることが分かった。

    NIPPON SUISAN GAKKAISHI 67(5), 881-886, 2001-09-15

    J-STAGE  NDL Digital Collections  JASI  References (22)

  • Effect of Alcohol and Pyrophosphate on Non-Proteolytic Modori during Thermal Gelation of Actomyosin Sol  [in Japanese]

    NI Shaowei , NOZAWA Hisanori , SEKI Nobuo

    アクトミオシン・ゾルの加熱ゲル形成時に起きる非プロテアーゼ型戻りに及ぼすアルコールとピロリン酸Mg塩(PPi-Mg)の添加の影響を調べた。53℃で起きる非酵素的戻りはエタノールとn-ブタノールの添加で51℃と42℃にそれぞれ低下したが, 戻り自体は抑制しなかった。PPi-Mgの添加は加熱ゲル形成パターンをアクトミオシン型からミオシン類似型に変えた。このため非酵素的戻り自体が起きなくなったが, 最終 …

    NIPPON SUISAN GAKKAISHI 67(4), 735-742, 2001-07-15

    J-STAGE  NDL Digital Collections  JASI  References (32) Cited by (1)

  • Investigation and Utilization of Sea Food Components to Enhance Human Health  [in Japanese]

    YAMAZAWA Masakatsu , NISHIOKA Fujio , ARAI Kenichi , OKUDA Hiromichi , FUKE Shinya , TAKEUCHI Masaaki , SEKI Nobuo , NAKAMURA Koji

    日本水産学会誌 66(1), 124, 2000-01-15

    NDL Digital Collections 

  • Effects of the Addition of Starch on Setting of Walleye Pollack Surimi Paste  [in Japanese]

    YAMASHITA Tamiharu , TANIMOTO Shota , SEKI Nobuo

    スケトウダラ冷凍すり身にでん粉を添加した肉糊を, 10℃で0&acd;2日間坐りを行い, 直ちに90℃, 30分間加熱を行った。でん粉添加量が多くなるほど, 坐りの有無にかかわらずゲルの破断強度は著しく増大した。でん粉添加は, 坐り中の魚肉タンパク質のミオシン重鎖の多量体形成を抑制しなかったが, 坐り加熱ゲルの破断強度の増大する割合を抑制し, 見かけ上坐りの効果を低下させた。また, この低 …

    NIPPON SUISAN GAKKAISHI 65(5), 872-877, 1999-09-15

    J-STAGE  NDL Digital Collections  JASI  References (28) Cited by (3)

  • Effects of the Addition of Soybean and Wheat Proteins on Setting of Walleye Pollack Surimi Paste  [in Japanese]

    YAMASHITA Tamiharu , SEKI Nobuo

    Salted surimi pastes were prepared by grinding walleye pollack surimi with 3% NaCl and either 30% water or a mixture of water and the ingredient of 5 and 10% soybean protein or wheat protein. The suri …

    NIPPON SUISAN GAKKAISHI 62(5), 806-812, 1996-09-15

    J-STAGE  JASI  References (29) Cited by (3)

  • Effects of Endogenous Proteinases on Setting.  [in Japanese]

    SEKI Nobuo

    NIPPON SUISAN GAKKAISHI 62(1), 149-150, 1996-01-15

    J-STAGE  References (4) Cited by (4)

  • Effects of Addition of Whole Egg and its Components on Textural Properties of Kamaboko Gel from Walleye Pollack Surimi  [in Japanese]

    YAMASHITA Tamiharu , SEKI Nobuo

    Salted surimi pastes containing 74% moisture were prepared by griding walleye pollack surimi and either whole egg, egg albumen, or egg yolk with 3% NaCl.<br> (1) When the paste was heated at 90& …

    NIPPON SUISAN GAKKAISHI 61(4), 580-587, 1995-07-15

    J-STAGE  JASI  References (30) Cited by (2)

  • 水産動物臓器の有機燐酸化合物に関する研究-7,8-

    関 伸夫

    日本水産学会誌 37(4), ????, 1971-04

  • Ⅰ. Studies on the Organic Phosphates in Viscera of Aquatic Animals:Acid-soluble nucleotides in the hepatopancreas of abalone, (Haliotisdiscus hannai)  [in Japanese]

    SEKI Nobuo , ARAI Ken-ichi , SAITO Tsuneyuki

    Bulletin of the Faculty of Fisheries, Hokkaido University 17(4), 184-192, 1967-03

    IR 

Page Top