堺 孝司 SAKAI Koji

ID:1000020002206

香川大学工学部 Faculty of Engineering, Kagawa University (2012年 CiNii収録論文より)

Search authors sharing the same name

Articles:  1-20 of 94

  • 1 / 5
  • Estimations of Environmental Loads Resulting from Construction of Coastal Structures and Carbon Storage by Seaweed Beds  [in Japanese]

    NISHIGORI Wakiro , ITO Yasushi , SAKAI Koji , SHIBATA Sanae , HIROSE Norikazu

    国土保全や沿岸域の保全は,我が国の重要な課題である。そのため,我が国の沿岸域では,コンクリートブロックを用いた離岸堤,人工リーフおよび防波堤といった海岸・漁港・港湾構造物が,海岸侵食の防止,海域の利用性確保や港湾・漁港整備等を目的に幅広く建設されてきた。しかし,これらの構造物設置が,沿岸域の生態系を支える重要な藻場の直接的な消滅要因の1つとなったことから,近年では構造物にその防災機能に加えて,藻場 …

    Journal of Fisheries Engineering 49(2), 113-123, 2012

    J-STAGE  JASI  References (35)

  • Current state of CO_2 Emission in Concrete Sector and its Reduction Strategy  [in Japanese]

    SAKAI K.

    コンクリート工学 = Concrete journal 48(9), 8-15, 2010-09-01

    References (24)

  • Environmental Management of Infrastructures : Concrete Structures  [in Japanese]

    SAKAI K.

    Concrete Journal 47(9), 17-23, 2009-09-01

    J-STAGE  References (17) Cited by (3)

  • Environmental Impact Evaluation in the Use of Recycled Aggregate and By-product Aggregate : Civil Engineering works  [in Japanese]

    SAKAI K. , KAWAI K.

    コンクリート工学 = Concrete journal 46(5), 113-118, 2008-05-01

    References (17)

  • Effect of specimen size and non-bond region on bond property of reinforcing bar  [in Japanese]

    佐藤 淳一 , 堺 孝司 , 松家 武樹

    本研究は,供試体寸法および供試体端部における非付着部の有無が鉄筋の付着挙動に及ぼす影響について,両引きおよび偏心両引き供試体を用いて検討を行った。また,両引き試験から得られた鉄筋ひずみの処理方法が付着応力-すべり関係に及ぼす影響についても考察した。その結果,非付着部を設けた場合,鉄筋ひずみは,設けていない場合に比べて減少する傾向にあることが示された。また,付着応力-すべり関係は,供試体寸法が300 …

    Proceedings of the Japan Concrete Institute 30(3), 667-672, 2008

    NDL Digital Collections 

  • Performance enhancement of concrete using industrial-waste molten slag by fly ash  [in Japanese]

    ASANO Nobutaka , SAKAI Koji , YAMAMOTO Shinya , NAKAGAWA Kazumi

    廃棄物溶融スラグの利用はブリーディング量の増加および圧縮強度の低下を引き起こす。本研究は,このような問題点を解決するために,フライアッシュを細骨材代替材として併用し,産業廃棄物溶融スラグを用いたコンクリートの性能向上を目的として,コンクリートのフレッシュ性状および硬化性状を検討した。その結果,産業廃棄物溶融スラグコンクリートにフライアッシュを用いることにより,条件によって効果は異なるが,ブリーディ …

    Proceedings of the Japan Concrete Institute 30(1), 165-170, 2008

    NDL Digital Collections 

  • Development of fly ash concrete toward environmental impact reduction  [in Japanese]

    MASUDA Yu , SAKAI Kouji , KOUNO Tsuyoshi , ISISI Mituhiro

    本研究では,環境負荷低減を目指したフライアッシュ利用コンクリートの開発を目的として,フライアッシュのセメントおよび細骨材置換によるコンクリートのフレッシュ性状および強度発現に及ぼす影響について検討を行った。また,フライアッシュ利用による環境負荷低減効果,具体的には,CO_2排出削減量および骨材削減量についても検討を行った。その結果,フライアッシュの内外割の併用は,フライアッシュを用いない場合と比べ …

    Proceedings of the Japan Concrete Institute 30(1), 159-164, 2008

    NDL Digital Collections  Cited by (1)

  • Applicability to ready-mixed concrete of industrial-waste moluten slag  [in Japanese]

    KUSANAGI Satoshi , MIURA Masazumi , SAKAI Kouji , NAKAMURA Toshiyuki

    産業廃棄物溶融スラグを有効利用することを目的に,スラグをレディーミクストコンクリートに用いた場合の品質・製造無筋および鉄筋コンクリートに用いた場合の施工性・耐荷性に関する検討を行った。影響因子として,室内基礎試験により溶融スラグおよびスラグ混入コンクリートの基本的な性質を,実機評価試験およひ重力試擁壁のフィールド試験によりスラグ混入レディーミクストコンクリートの製造・品質・施工性を,RIC床版橋の …

    Proceedings of the Japan Concrete Institute 30(1), 75-80, 2008

    NDL Digital Collections 

  • Technical Committee on Development and Generalization of Environmental-Impact Reduction Technologies for Life-Cycle Design of Concrete Structures  [in Japanese]

    SAKAI Koji , NOGUCHI Takafumi , KAWAi Kenji , KAGE Tadatsugu , Owaki Eiji

    「コンクリート構造物の環境性能に関する研究委員会」では,コンクリートの生産活動およびコンクリート構造物の建設活動によって生じる環境負荷の低減を促進させることを目的として,4つのWG(技術WG,評価WG,最適化WG,施策WG)を設け,コンクリートに関わる環境性能向上技術の研究・開発の現状調査,既往の環墳影響評価ツールの現状を踏まえたコンクリート構造物の環境性能評価ツールの開発,コンクリート構造物の建 …

    Proceedings of the Japan Concrete Institute 30(1), 1-10, 2008

    NDL Digital Collections 

  • fib の最近の動向  [in Japanese]

    堺 孝司

    コンクリート工学 = Concrete journal 45(7), 78-80, 2007-07-01

  • Technologies and Systems towards Environmental Impact Reduction of Concrete Structures  [in Japanese]

    SAKAI K.

    コンクリート工学 = Concrete journal 45(5), 4-15, 2007-05-01

    References (42) Cited by (1)

  • Effect of evaluation points on environmental benefit by RC structure construction  [in Japanese]

    OJIMA Katuhiro , SAKAI Kouji , IRITANI Yoshio , KUSANAGI Satoshi

    近年,環境負荷を評価するさまざまな手法が研究されている・本研究では,評価地点の異なる統合化手法を用いて,交通渋滞道路におけるRC構造物建設による環境便益を評価し,その評価地点の違いによる環境便益への影響について検討した。その結果,RC構造物を対象とした場合,統合化手法の評価地点の違いによる影響は小さいことがわかった。

    Proceedings of the Japan Concrete Institute 29(3), 1699-1704, 2007

    NDL Digital Collections 

  • Eccentric axial tension test for modelling the bond behavior of reinforcing bar in RC beam  [in Japanese]

    MATSUKA Takeju , SAKAI Koji , NAKAMURA Toshiyuki , MURAKAMI Yuji

    本研究は,RC梁のひび割れ区間をモデル化した要素供試体を用いた偏心両引き試験を行い,RC梁における鉄筋の付着挙動と比較し,本要素供試体の,産業廃棄物溶融スラグを用いたRC梁への適用性について検討した。その結果,本要素供試体とRC梁における鉄筋の付着挙動は概ね一致しており,本要素供試体によるRC梁における鉄筋の付着挙動を把握できることが明らかとなった。

    Proceedings of the Japan Concrete Institute 29(3), 589-594, 2007

    NDL Digital Collections 

  • Applicability of axial tension test for modelling the bond behavior of reinforcing bar in RC beam  [in Japanese]

    SATO Junichi , SAKAI Koji , MATSUKA Takeju , NAKAMURA Toshiyuki

    本研究は,RC梁のひび割れ区間をモデル化した,コンクリート断面の中央に鉄筋を埋め込んだ要素供試体を用いた両引き試験を行い,RC梁における鉄筋の付着挙動と比較し,本要素供試体の,産業廃棄物溶融スラグを用いたRC梁への適用性について検討した。その結果,本要素供試体とRC梁における鉄筋の付着挙動はブリーディングが比較的小さな場合において一致するが,それが多くなると本要素供試体はRC梁における鉄筋の付着挙 …

    Proceedings of the Japan Concrete Institute 29(3), 583-588, 2007

    NDL Digital Collections 

  • Effect of fly ash and silica fume on sulfate resistance of concrete  [in Japanese]

    増田 裕 , 堺 孝司 , 石井 光裕 [他] , 塚常 圭介

    セメント代替材としてのフライアッシュおよびシリカフュームの利用は,環境負荷低減につながるのと同時に,コンクリート中の水酸化カルシウムの量が低減することによる硫酸塩抵抗性の増大が期待できる。そこで,本研究では,コンクリートの硫酸塩抵抗性に及ぼすフライアッシュおよびシリカフュームの影響をコンクリートの圧縮強度によって評価した。その結果,フライアッシュおよびシリカフュームの混和は,コンクリートの硫酸塩抵 …

    Proceedings of the Japan Concrete Institute 29(1), 297-302, 2007

    NDL Digital Collections 

  • fib評議会・運営委員会合同会議および総会報告  [in Japanese]

    堺 孝司

    コンクリート工学 = Concrete journal 44(10), 68-70, 2006-10-01

  • ヨーロッパにおける "Sustainable Construction" に関する最近の動向  [in Japanese]

    堺 孝司

    コンクリート工学 = Concrete journal 44(8), 68-70, 2006-08-01

  • Evaluation of Synergistic Effects due to Penetration of Chloride Ion into Concrete and Carbonation  [in Japanese]

    SAKAI Koji , OMORI Masaki , BOULFIZA Mohamed

    The study on quantitative evaluation with concrete about synergistic effect of penetration of chloride ion and carbonation, is very few. This study was conducted to get information on synergistic effe …

    Concrete Research and Technology 17(2), 1-11, 2006-05-25

    J-STAGE  References (21)

  • EFFECT OF RUBBING-REFORMATION IN APPLICATION OF VARIOUS MOLTEN SLAG TO CONCRETE  [in Japanese]

    MATSUKA Takeju , SAKAI Koji , NISHIGORI Wakiro , YOKOYAMA Takuya , NISHIMOTO Yuzo , ONODERA Seiji

    土木学会論文集 62(1), 174-185, 2006-04-20

    References (11) Cited by (1)

  • 1 / 5
Page Top