三宅 陽一 MIYAKE Yoh-Ichi

ID:1000020002256

帯広畜産大学臨床獣医学研究部門 (2010年 CiNii収録論文より)

Search authors sharing the same name

Articles:  1-20 of 41

  • 1 / 3
  • Post-Renal Failure with Severe Masculinization of Urogenital Organs in a Japanese Brown Freemartin  [in Japanese]

    YOSHIMOTO Kaoru , EBINA Chihiro , TAKAHASHI Eiji , FURUOKA Hidefumi , MATSUMOTO Kotaro , MATSUI Motozumi , MIYAKE Yo-ichi , INOKUMA Hisashi

    排尿異常を認める21カ月齢の褐毛和種フリーマーチン肥育牛が,臨床的に水腎症および腎不全と診断された. 病理学的検査において,泌尿生殖器の重度雄性化,腎膿瘍および尿路結石が明らかとなった. 本症例は異常な尿道形態から尿路感染症と尿石症を継発し,最終的に腎後性腎不全に陥ったまれなフリーマーチン症例である.

    Journal of the Japan Veterinary Medical Association 63(9), 702-705, 2010-09-20

    IR  J-STAGE  JASI  Ichushi Web  References (8)

  • 帯広畜産大学における公開総合臨床学実習の概要  [in Japanese]

    石井 三都夫 , 佐々木 直樹 , 山田 一孝 [他] , 松井 基純 , 羽田 真悟 , 松本 高太郎 , 古岡 秀文 , 古林 与志安 , 猪熊 壽 , 三宅 陽一

    Journal of the Japan Veterinary Medical Association 63(3), 171-173, 2010-03-20

    IR 

  • The Effects of Labial Stimulation after Artificial Insemination on Conception Rates in Holstein Heifers  [in Japanese]

    ONO Mamoru , KOSEKI Shigeki , SAITOH Yasumichi , IZUMI Tokukazu , MATSUI Motozumi , OSAWA Takeshi , MIYAKE Yoh-Ichi

    人工授精 (AI) 後の陰唇刺激がホルスタイン種乳用牛の受胎率に及ぼす効果を評価するために, 未経産牛295頭を用い, AI直後に手指による陰唇刺激を15秒間行って対照群と比較した. その結果, 陰唇刺激群の受胎率は対照群よりも高かった (69.2%vs64.7%) が, 有意差はなかった. また, 対照群において7月から8月に受胎率が低下する傾向が認められたが, 陰唇刺激群では認められなかった. …

    Journal of the Japan Veterinary Medical Association 61(10), 780-783, 2008-10-20

    IR  J-STAGE  JASI  Ichushi Web  References (12)

  • Analysis of Blood Flow in a Third Ventricular Ependymoma and an Olfactory Bulb Meningioma by using Perfusion Computed Tomography

    KISHIMOTO Miori , YAMADA Kazutaka , SEOK Joon-Soo , SHIMIZU Junichiro , KOBAYASHI Yoshiyasu , AKIBA Yumi , MORISHITA Yasuyuki , IWASA Akiko , IWASAKI Toshiroh , MIYAKE Yoh-Ichi

    第3脳室上衣腫および嗅球部髄膜腫と診断された、雑種犬とゴールデンレトリーバーの脳Perfusion CT撮像を行った。今回の上衣腫は正常脳組織よりも血流が遅く、血液量は多く、組織通過時間は遅く、また今回の髄膜腫は正常脳組織よりも血流が速く、血液量は多く、組織通過時間は遅いことが分かった。動物における脳腫瘍血流データを蓄積することで、Perfusion CTは、脳腫瘍の悪性度分類や鑑別診断リストを絞 …

    The journal of veterinary medical science 70(9), 981-983, 2008-09-25

    JASI  Ichushi Web  References (13)

  • The Difference of Contrast Effects of Myelography in Normal Dogs : Comparison of Iohexol (180mgI/ml), Iohexol (240mgI/ml) and Iotrolan (240mgI/ml)

    SHIMIZU Junichiro , YAMADA Kazutaka , KISHIMOTO Miori , IWASAKI Toshiroh , MIYAKE Yoh-Ichi

    3種類の造影剤製剤(イオヘキソール180 mgI/ml、イオヘキソール240 mgI/mlおよびイオトロラン240 mgI/ml)におけるConventionalおよびCT Myelographyの造影効果を比較した。ビーグル犬3頭を用いて各造影剤製剤についてそれぞれ3頭のクロスオーバー(のべ9頭)により実験を行った。CT Myelographyの評価では注入5分後では、尾側は粘稠度の高いイオトロ …

    Journal of Veterinary Medical Science 70(7), 659-663, 2008-07-25

    J-STAGE  JASI  Ichushi Web  References (13)

  • Relationships Among Age, Body Weight, Scrotal Circumference, Semen Quality and Peripheral Testosterone and Estradiol Concentrations in Pubertal and Postpubertal Holstein Bulls

    DEVKOTA Bhuminand , KOSEKI Tsugio , MATSUI Motozumi , SASAKI Motoki , KANEKO Etsushi , MIYAMOTO Akio , AMAYA MONTOYA Carlos , MIYAKE Yoh-Ichi

    性成熟時のホルスタイン種雄牛(n=5)と性成熟後のそれら(n=7)を対象に6週間に渡って月齢、体重、精巣周囲長(SC)、精液性状、血中TとE2濃度との関連性を調べたところ、SCは両群の月齢および体重と正の相関、性成熟時の精子運動性との有意な相関、性成熟後の精子濃度と有意な相関を示した。性成熟後では、E2濃度は精液採取後および凍結融解後の精子運動性と正の相関を示した。これらの結果、性成熟後の牛精巣機 …

    Journal of Veterinary Medical Science 70(1), 119-121, 2008-01-25

    J-STAGE  JASI  Ichushi Web  References (19) Cited by (1)

  • Pancytopenia with Bleeding Tendency Associated with Bone Marrow Aplasia in a Holstein Calf

    SHIMADA Asuka , ONOZATO Tomoya , HOSHI Eriko , TOGASHI Yoshihiko , MATSUI Motozumi , MIYAKE Yoh-Ichi , KOBAYASHI Yoshiyasu , FURUOKA Hidefumi , MATSUI Takane , SASAKI Naoki , ISHII Mitsuo , INOKUMA Hisashi

    発熱と多呼吸を呈する11日齢ホルスタイン種子牛を診察した。抗生物質と非ステロイド系抗炎症剤による治療は奏功しなかった。第5病日に全身各所に重度の出血を認めた。血液検査では重篤な汎血球減少症が認められ、第11病日に注射部位からの出血を呈して死亡した。病理解剖により骨髄低形成による汎血球減少症が明らかとなった。先天的な異常が本症例の骨髄低形成性汎血球減少症の原因であることが疑われた。

    The journal of veterinary medical science 69(12), 1317-1319, 2007-12-25

    JASI  Ichushi Web  References (13)

  • Comparison of Excretory Urographic Contrast Effects of Dimeric and Monomeric Non-Ionic Iodinated Contrast Media in Dogs

    KISHIMOTO Miori , WATANABE Asuka , YAMADA Kazutaka , MIYAMOTO Kenji , IWASAKI Toshiroh , MIYAKE Yoh-Ichi

    獣医学領域では排泄性尿路造影において、造影剤の浸透圧が考慮される機会は少ない。本研究では異なる浸透圧の造影剤として、モノマー型造影剤イオヘキソールとダイマー型造影剤イオジキサノールを300mgI/kgで投与後、経時的にCT撮像を行い、腎皮質および大動脈の造影効果を比較した。本研究ではビーグル犬を使用し、それぞれ5頭ずつのクロスオーバーで実験を行った。その結果、大動脈では差は見られなかったが、腎皮質 …

    Journal of Veterinary Medical Science 69(7), 713-715, 2007-07-25

    J-STAGE  JASI  Ichushi Web  References (13)

  • Endocrinological Characteristics in Two Japanese Black Cows with Granulosa Cell Tumor  [in Japanese]

    INOKUMA Michihito , OSAWA Takeshi , HARA Shigeo , KAKETA Kazuko , ATSUMI Takao , WATANABE Gen , TAYA Kazuyoshi , MIYAKE Yoh-Ichi

    顆粒膜細胞腫に罹患した黒毛和種牛2例 (症例A: 12歳9産および症例B: 4歳2産) を内分泌学的に検索した.症例Aは罹患卵巣摘出の213日前から170日前までと9日前から摘出後10日まで, 症例Bは罹患卵巣摘出の85日前から摘出後2日まで連日頸静脈より採血し, 血漿中エストラジオール17-β, プロジェステロン, テストステロン, インヒビンおよび卵胞刺激ホルモン (FSH) 濃度をラジオイム …

    Journal of the Japan Veterinary Medical Association 59(11), 746-749, 2006-11-20

    J-STAGE  JASI  Ichushi Web  References (14) Cited by (1)

  • Examination of PCR Protocol and Utility of Various Body Parts as a Sample for Sex Identification in Captive and Wild Birds  [in Japanese]

    YASUNAGA Chiaki , TOYOSAKA Kana , TSUJIMOTO Tsunenori , SAITO Yasushi , OSAWA Takeshi , MIYAKE Yoh-Ichi

    鳥類は外観による雌雄判別が困難な場合が多いため,繁殖計画を進める上で雌雄判別法の確立が必要である。そこで,鳥の異なる組織からのDNA抽出の可否を明らかにするとともに,様々な鳥種におけるPCR条件を確立する目的で,動物園鳥類および野生鳥類計8目12科45種218個体を対象に雌雄判別を試みた。血液,羽柄,羽軸,綿羽,胸筋,腐敗臓器,皮膚あるいは痂皮からDNA抽出を試みた結果,血液,胸筋,腐敗臓器および …

    Japanese Journal of Zoo and Wildlife Medicine 11(1), 43-48, 2006

    J-STAGE  References (12)

  • Insulin-Like Growth Factor-I as a Follicular Growth Promoter during Early Pregnancy in Thoroughbred Mares

    DERAR Refaat , HARAMAKI Shigeyuki , HOQUE Shafiqul , HASHIZUME Tsutomu , OSAWA Takeshi , TAYA Kazuyoshi , WATANABE Gen , MIYAKE Yoh-Ichi

    妊娠早期の雌馬におけるIGF-1の生理的な役割を調べる目的で,36頭のサラブレッド妊娠雌馬を対象に同期間の卵巣中の卵胞数の変化を超音波画像診断装置により経日的に調べた.また,36頭中9頭では交配から妊娠3か月までの間,週に1回採血して血漿中IGF-1,FSH,LH,INH,P,E_2濃度を測定した.血漿中IGF-1濃度は妊娠7,28,49,84日に増加した.また,血漿中IGF-1濃度の変化はFSH …

    Journal of Veterinary Medical Science 67(1), 19-23, 2005-01-25

    J-STAGE  JASI  Ichushi Web  References (20) Cited by (1)

  • Effect of Active Immunization of Pony Mares against Recombinant Porcine Inhibin α Subunit on Ovarian Follicular Development and Plasma Steroids and Gonadotropins

    DERAR Refaat Ibrahim , MAEDA Yoshihisa , HOQUE M Shafiqul , OSAWA Takeshi , WATANABE Gen , TAYA Kazuyoshi , MIYAKE Yoh-Ichi

    2頭のポニー種雌馬に対して39日間隔で3回組換型ブタインヒビンαサブユニットで免疫した。血中のインヒビン抗体価は初回免疫後27日に有意(P<0.05)に上昇した。結合活性の最高値は第2回目の追加免疫後12日に到達した。免疫後の小および中,大卵胞数は免疫前のそれに比べて有意に増大した(11.75±4.30,2.75±0.69,2.51±0.63 vs 6.50±1.43,1.83±0.44,1 …

    Journal of Veterinary Medical Science 66(1), 31-35, 2004-01-25

    J-STAGE  Ichushi Web  References (23) Cited by (1)

  • Comparison of the Effectiveness of Ovulation Synchronization Protocol in Anestrous and Cycling Beef Cows

    OSAWA Takeshi , MORISHIGE Daisaku , OHTA Daisaku , KIMURA Yusuke , HIRATA Toh-Ichi , MIYAKE Yoh-Ichi

    GnRHとPGF2αを用いた排卵同期化法の卵巣静止肉用牛に対する応用可能性については不明な点がある。そこで、卵巣静止の肉用牛に対する排卵同期化法の効果を同一牛の正常周期に処置した場合と比較した。黒毛和種牛5頭および日本短角種牛3頭の計8頭を供試、各個体の卵巣を連日超音波画像により観察するとともに、ホルモン測定のために採血を行った。各個体につき2回の排卵同期化処置(Day-6 o-8:GnRH、Da …

    The Journal of reproduction and development 49(6), 513-521, 2003-12-01

    JASI  Ichushi Web  References (25)

  • Endocrinological Changes before and after Removal of The Granulosa Theca Cell Tumor (GTCT) Affected Ovary in 6 Mares

    HOQUE MD. Shafiqul , SENBA Hiroyuki , TSUNODA Nobuo , DERAR Refaat Ibrahim , WATANABE Gen , TAYA Kazuyoshi , OSAWA Takeshi , MIYAKE Yoh-Ichi

    顆粒膜細胞腫(GTCT)に罹患した雌馬の内分泌学的特徴を明らかにする目的で,罹患卵巣摘出前後に血液を採取して,血中テストステロン(T),卵胞刺激ホルモン(FSH),黄体形成ホルモン(LH),インヒビン(INH),プロジュステロン(P)およびエストラジオール17β (E_2)濃度をRIA法により測定した.摘出前においては全例ともT濃度は繁殖季節および非繁殖季節の正常な雌馬のそれに比べて有意に高かった …

    Journal of Veterinary Medical Science 65(8), 887-891, 2003-08-25

    J-STAGE  References (27) Cited by (1)

  • 講座 雌馬の繁殖障害の最近の知見と治療法  [in Japanese]

    三宅 陽一

    Journal of veterinary clinic 50(8), 537-549, 2003-08

    Ichushi Web 

  • Spontaneous Repair of the Atrophic Contralateral Ovary without Ovariectomy in the Case of a Granulosa Theca Cell Tumor (GTCT) Affected Mare

    HOQUE MD. Shafiqul , DERAR Refaat Ibrahim , OSAWA Takeshi , TAYA Kazuyoshi , WATANABE Gen , MIYAKE Yoh-Ichi

    右側の卵巣が顆粒膜細胞腫に罹患した21歳のサラブレッド種の馬を1999年12月10日から長期間臨床的に観察し,経時的に採血を行って血中ホルモン濃度を測定した.発症が認められて以来約19か月の観察後,反対側の萎縮卵巣は罹患卵巣の摘出処置せずに正常となり,各種サイズの卵胞が発育したが,罹患卵巣は発症後約4か月から退縮して,その後は卵胞が消失し,不活性状態であった.今回の結果から,顆粒膜細胞腫に罹患した …

    Journal of Veterinary Medical Science 65(6), 749-751, 2003-06-25

    J-STAGE  Ichushi Web  References (6)

  • Localization of Inhibin α-, βA- and βB-Subunits and Aromatase in Ovarian Follicles with Granulosa Theca Cell Tumor (GTCT) in 6 Mares

    HOQUE MD. Shafiqul , DERAR Refaat Ibrahim , SENBA Hiroyuki , OSAWA Takeshi , KANO Kiyoshi , TAYA Kazuyoshi , MIYAKE Yoh-Ichi

    顆粒膜細胞腫(GTCT)に罹患した雌馬における卵胞の形態学的および免疫組織化学的特徴を明らかにする目的で,卵巣内卵胞の顆粒層細胞および卵胞膜細胞におけるインヒビンα,βAおよびβBサブユニットとアロマターゼの局在を調べた.卵胞はGTCT罹患雌馬6例と,対照として正常雌馬4例から採取した.インヒビンαサブユニットは6例のGTCT罹患馬のすべての大きさの卵胞の顆粒層細胞に局在性が認められたが,インヒビ …

    Journal of Veterinary Medical Science 65(6), 713-717, 2003-06-25

    J-STAGE  Ichushi Web  References (24) Cited by (4)

  • Origin of Plasma Insulin-Like Growth Factor-I (IGF-I) During Estrus in Goats

    NONAKA Sumie , HASHIZUME Tsutomu , HORIUCHI Mami , MIKAMI Utako , OSAWA Takeshi , MIYAKE Yoh-Ichi , HARA Shigeo

    The Journal of reproduction and development 49(3), 253-258, 2003-06-01

    References (40)

  • Application of Timed Artificial Insemination Protocols to Grazing Japanese Black Cattle with Long Open Period

    OSAWA Takeshi , MORISHIGE Daisaku , OHTA Daisaku , KIMURA Yusuke , MIYAKE Yoh-Ichi

    長期空胎の黒毛和種放牧牛における定時授精プログラムの有用性を検討する目的で、個体毎の卵巣動態ならびに血漿中プロジェステロンおよびエストロジェン動態を観察した.1998年には36頭に対してGnRH投与7日後にPGF_2a (PG)を投与した.その後発情が観察された3頭に対しては定時授精前に授精し,2回目のGnRHは投与されなかった.残る33頭にはPG投与後48時間にGnRHを再投与し,さらに24時間 …

    The Journal of veterinary medical science 65(4), 459-464, 2003-04-25

    Ichushi Web  References (17) Cited by (2)

  • 1 / 3
Page Top