山田 明夫 YAMADA Haruo

ID:1000020003113

帯広畜産大学臨床獣医学研究部門 (2010年 CiNii収録論文より)

Search authors sharing the same name

Articles:  1-20 of 52

  • 1 / 3
  • Calf with Metatarsal Open Fracture Treated with bFGF-Impregnated GH Sheet and Vancomycin-Loaded PLGA Sheet  [in Japanese]

    SEO Hiroyuki , SASAKI Naoki , SUGIYAMA Hitoshi , TSUZUKI Nao , NISHI Satoru , OTSUKA Kenji , YAMADA Haruo , TABATA Yasukiko

    症例はホルスタイン種乳用子牛(5カ月齢,雌)であり,右中足骨開放骨折を発症した. 螺旋状骨折ならびに短縮性縦軸転位が認められ,内外側2カ所で皮膚損傷ならびに排膿が観察された. 全身吸入麻酔下でDCP 固定およびLag Screw 固定を実施し,basic Fibroblast Growth Factor(bFGF)含浸ゼラチンハイドロゲル(GH)シートならびにバンコマイシン含有ポリ乳酸グルコール酸 …

    Journal of the Japan Veterinary Medical Association 63(6), 435-438, 2010-06-20

    J-STAGE  JASI  Ichushi Web  References (27)

  • Diagnostic Imaging of Congenital Microphthalmia in a Thoroughbred Foal  [in Japanese]

    OTSUKA Kenji , SASAKI Naoki , YAMADA Kazutaka , KAMIO Kyohei , HURUOKA Hidehumi , YOSHIDA Masato , YAMADA Haruo

    サラブレッド種の子馬に,出生時より両眼球の形成異常が認められた.超音波検査では,角膜および水晶体などの眼球構造が不明瞭であり,硝子体腔に等エコー像が観察された.Computed tomography(CT)検査では,硝子体腔に高CT 値を示す組織が散見された.肉眼的には水晶体欠損および瞳孔上の乳白色結節が確認された.組織学的検査により,水晶体,硝子体,脈絡膜,網膜などの正常眼球組織の欠損と,軟骨や …

    Journal of the Japan Veterinary Medical Association 62(11), 871-874, 2009-11-20

    J-STAGE  JASI  Ichushi Web  References (7)

  • A Congenital Rupture of the Common Digital Extensor Tendons in a Draught Foal  [in Japanese]

    SASAKI Naoki , TAKAKUWA Jun , SEKIZUKA Jirou , YAMADA Haruo

    北海道十勝地区で出生した重種子馬に,出生直後より起立が不自由であり,左側腕節外側面に直径3cmの腫脹が認められた. 生後15日目の超音波検査において,左側腕節前面の腱実質が確認されず,片側性総指伸筋腱断裂と診断された. 圧定包帯によって歩様は改善し,最終的に生後270日目に市場取引された. 本症例はわが国で最初の報告例である.

    Journal of the Japan Veterinary Medical Association 62(7), 542-544, 2009-07-20

    IR  J-STAGE  JASI  Ichushi Web  References (6)

  • Effect of Erythritol on Verrucous Dermatitis in Dairy Cattle  [in Japanese]

    SASAKI Naoki , TAKAKUWA Jun , NISHII Satoru , ISHII Mitsuo , KADOHIRA Mutuyo , NAITOU Yuko , MANABE HIROYUKI , YAMADA Haruo

    牛の疣状皮膚炎に対してエリスリトール製剤と従来用いられてきた抗生物質の局所療法を実施し,その効果を比較検討した. 2008年2月に北海道十勝地域のタイストール飼養牧場で,疣状皮膚炎に罹患したホルスタイン種搾乳牛10頭(15蹄)を無作為にエリスリトール群(N =8)とオキシテトラサイクリン群(N =7)に分けた. 治療前,治療後2日目,5日目,12日目に病変部スコア,大きさ,部位および圧痛スコアを調 …

    Journal of the Japan Veterinary Medical Association 62(3), 208-210, 2009-03-20

    J-STAGE  JASI  Ichushi Web  References (8)

  • Comparison of lactated and acetated Ringer's solutions in horses undergoing general inhalation anesthesia  [in Japanese]

    SASAKI Naoki , TSUDUKI Nao , MINAMI Takuto , YAMADA Michiaki , ISHII Mitsuo , KAWAGUCHI Masako , YAMADA Haruo

    馬の全身吸入麻酔下における, 乳酸リンゲルと酢酸リンゲルの代謝機能に及ぼす影響を中心に比較検討した. 供試動物として健康なサラブレッド種成馬7頭を用いた. 鎮静・倒馬後, 気管内挿管してハロタン・酸素の吸入麻酔にて3時間の維持を行った. 輸液剤として酢酸リンゲルと乳酸リンゲルを10m<I>l</I>/kg/hrの投与速度で3時間静脈内輸液した. 測定項目は, 平均動脈血圧, …

    Journal of the Japan Veterinary Medical Association 61(10), 777-779, 2008-10-20

    J-STAGE  JASI  Ichushi Web  References (8)

  • The Prokinetic Effect of Mosapride Citrate on Horse Gastric Emptying Rates

    OKAMURA Koichi , SASAKI Naoki , FUKUNAKA Morito , YAMADA Haruo , INOKUMA Hisashi

    本研究では、胃の排出能に及ぼすモサプリドの影響についてサラブレッド種成馬7頭を用いて検討した。モサプリド0.5、1.0および1.5mg/kgを経口投与した。呼気中(13)CO2/(12)CO2(Δ(13)CO2)は、0mg/kgに比較して0.5mg/kgにおいて15、20および165分に、1.0mg/kgにおいて30分に、ならびに1.5mg/kgにおいて165分に有意に高値を示した(p<0.05) …

    The journal of veterinary medical science 70(6), 627-628, 2008-06-25

    IR  JASI  Ichushi Web  References (15)

  • Equine motor neuron disease(EMND)の一症例  [in Japanese]

    佐々木 直樹 , 山田 倫明 , 森田 美範 [他]

    Equine science 44(3), 142-146, 2007

  • A Case of Equine Motor Neuron Disease (EMND)

    SASAKI Naoki , YAMADA Michiaki , MORITA Yoshinori , FURUOKA Hidefumi , ITOH Miyuki , SATOH Motoyoshi , YAMADA Haruo

    北海道で飼育,調教された重種馬にEMNDの発生がみられたのでその概要を報告する.臨床症状は四肢における重度の運動失調,頭頚部の傾斜,嗜眠および口唇の弛緩が見られた.病理組織学的には,小脳歯状核,舌下神経核を中心とする神経核および頸椎脊髄腹角に多数の軸索変性あるいは軸索腫大が観察された.また,頸椎脊髄腹角では部位によっては神経細胞の変性腫大および壊死が観察された.本症例は臨床症状および病理学的所見か …

    Journal of Veterinary Medical Science 68(12), 1367-1369, 2006-12-25

    IR  J-STAGE  JASI  Ichushi Web  References (9)

  • Effects of Orally Administrated Mosapride, a 5-HT_4 Receptor Agonist on the Digestive Tract of Horses

    SASAKI Naoki , LEE Inhyung , AYUKAWA Yu , YAMADA Haruo

    Journal of equine science 15(3), 81-84, 2004-09-01

    Ichushi Web  References (28)

  • キシラジンによるウシの尾椎硬膜外麻酔に対するアチパメゾールの拮抗効果  [in Japanese]

    小見山 剛英 , 李 仁炯 , 山岸 則夫 , 大星 健治 , 鮎川 悠 , 佐々木 直樹 , 山田 明夫

    獣医麻酔外科学雑誌 = Japanese journal of veterinary anesthesia & surgery 34, 91-92, 2003-09-20

    Ichushi Web 

  • ケタミン・キシラジン混合投与によるウシの尾椎硬膜外麻酔  [in Japanese]

    大矢 綾子 , 李 仁炯 , 山岸 則夫 , 大星 健治 , 鮎川 悠 , 佐々木 直樹 , 山田 明夫

    獣医麻酔外科学雑誌 = Japanese journal of veterinary anesthesia & surgery 34, 90, 2003-09-20

    Ichushi Web 

  • ケタミンによるウシの尾椎硬膜外麻酔  [in Japanese]

    吉内 圭 , 李 仁炯 , 伊藤 雄悟 , 山岸 則夫 , 大星 健治 , 鮎川 悠 , 佐々木 直樹 , 山田 明夫

    獣医麻酔外科学雑誌 = Japanese journal of veterinary anesthesia & surgery 34, 88-89, 2003-09-20

    Ichushi Web 

  • ウシの尾椎硬膜外腔に注入したNew Methylene Blueの拡散状態  [in Japanese]

    李 仁炯 , 平岡 美穂 , 小見山 剛英 , 山岸 則夫 , 大星 健治 , 鮎川 悠 , 佐々木 直樹 , 山田 明夫

    獣医麻酔外科学雑誌 = Japanese journal of veterinary anesthesia & surgery 34, 86-87, 2003-09-20

    Ichushi Web 

  • バーベキュー用ステンレス製串を用いた雄種牛の鼻唇形成術  [in Japanese]

    鮎川 悠 , 李 仁炯 , 山田 明夫

    獣医麻酔外科学雑誌 = Japanese journal of veterinary anesthesia & surgery 34, 84-85, 2003-09-20

    Ichushi Web 

  • 重種馬の喉頭形成術の実際  [in Japanese]

    山田 明夫 , 佐々木 直樹 , 鮎川 悠

    獣医麻酔外科学雑誌 = Japanese journal of veterinary anesthesia & surgery 34, 23-26, 2003-09-20

    Ichushi Web  References (4)

  • 講座 大動物臨床におけるレーザー治療  [in Japanese]

    山田 明夫

    Journal of veterinary clinic 50(9), 589-600, 2003-09

    Ichushi Web 

  • 実習 重種馬の喉頭形成術の実際 (第67回獣医麻酔外科学会 講演要旨)  [in Japanese]

    山田 明夫 , 佐々木 直樹 , 鮎川 悠

    Japanese journal of veterinary anesthesia & surgery 34(-), 21-26, 2003-09

  • 講座 牛に対する内視鏡検査法の応用  [in Japanese]

    山田 明夫

    Journal of veterinary clinic 49(8), 483-494, 2002-08

    Ichushi Web 

  • Effects of a Monthly Foot-care Program (Lameness Screening and Hoof Trimming) on Dairy Cattle Housed in Cubicles  [in Japanese]

    TAGUCHI Kiyoshi , OHTANI Masayuki , IKETAKI Takashi , YAMADA Haruo

    64~72頭のホルスタイン種牛を搾乳していたフリーストール飼養乳牛群の蹄病 (蹄底潰瘍および白線病) 発生を2年間観察した. 1年目 (Z1), 各牛は任意の時期に1回削蹄され, 破行が発見されるたびに治療を行った. 2年目 (Z2) は毎月1回, 搾乳牛全頭の歩様と蹄壁形状をスクリーニングして異常牛を削蹄し, 蹄病があれば治療した.Z2の蹄病発生率はZ1より高かった (Z1: 19.3%, Z2 …

    Journal of the Japan Veterinary Medical Association 55(2), 69-72, 2002-02-20

    J-STAGE  JASI  Ichushi Web  References (21)

  • An Immunohistochemical Study of Endocrine Cells in the Abomasum of Vagotomized Calf

    SOEHARTONO Raden Harry , KITAMURA Nobuo , YAMAGISHI Norio , TAGUCHI Kiyoshi , YAMADA Junzo , YAMADA Haruo

    迷走神経切断が第四胃粘膜内分泌細胞に及ぼす影響を知る目的で, 1週齢で胸部全迷走神経切断術を実施した子牛の第四胃粘膜におけるchromogranin, serotonin, somatostatinおよびgastrin含有細胞の分布状態とその出現頻度を, 術後2および4週目に免疫組織化学的に検索した.第四胃内分泌細胞は術後, 非迷走神経切断子牛(対照)に比べて全般に減少した.しかし, 第四胃内分泌 …

    The Journal of veterinary medical science 64(1), 11-15, 2002-01-25

    Ichushi Web  References (26)

  • 1 / 3
Page Top