上出 順一 KAMIDE Jun-ichi

ID:1000020007082

山形大学農学部 (2001年 CiNii収録論文より)

Search authors sharing the same name

Articles:  1-20 of 29

  • 1 / 2
  • Atomization of Injected Vegetable Oil Spray and Injection Nozzle Types of Desel Engines  [in Japanese]

    TOGASHI Chiyuki , MATSUMORI Kazuhiro , KAMIDE Jun-ichi

    ディーゼル噴射ノズルから噴射される噴霧液滴の大小は, 機関性能に影響を及ぼす。一方, ディーゼル機関の噴射ノズルとしてピントルタイプのほか, スロットルタイプやホールタイプがディーゼル機関の燃焼室の形態に合わせて使用されている。そこで, 代替燃料として検討している植物油を供試して各種噴射ノズルによる噴霧粒径を測定した。<br>その結果, 供試ノズル全てにおいて, 平均噴霧粒径は高動粘度 …

    JOURNAL of the JAPANESE SOCIETY of AGRICULTURAL MACHINERY 63(6), 102-106, 2001-11-01

    J-STAGE  References (10) Cited by (3)

  • Utilization and Drying Efficiency of Rice Drying Processing Storage Facilites in Shonai District  [in Japanese]

    Kamide Junichi

    【諸論】米の生産一流通の自由化が進むなかで,生産地においては米の高品質,良食味,安全性等消費者の多様なニーズに的確に応えうる体制が求められている.カントリエレベータは最初に導入されてからすでに35年を経過したが,今では米の生産-調製及び出荷の基盤として,生産性及び品質の向上,流通の合理化等に大きな役割を果たしており,稲作の近代化を象徴する施設の一つになっている.平成10年3月末現在,全国で743の …

    Bulletin of the Yamagata University. Agricultural science 13(3), 233-245, 2000-02

    IR  JASI 

  • Effect of Viscosity on the Size of Droplets of Vegetable Oil  [in Japanese]

    TOGASHI Chiyuki , MATSUMORI Kazuhiro , KAMIDE Jun-ichi

    ディーゼル機関の代替燃料の一つとして研究している植物油 (ナタネ脱酸油, パーム脱酸油) および両油と軽油の混合油の動粘度と噴霧粒径の関係を調べた。噴霧粒径の測定は前報と同様に受止め液をシリコン油とする液浸法とし, 動粘度は供試植物油と軽油の混合割合および燃料噴射温度を変えて調整した。その結果, 各噴射温度において供試油の動粘度が高くなるにつれて, 平均噴霧粒径は連続的に大きくなり, 2油種間に相 …

    JOURNAL of the JAPANESE SOCIETY of AGRICULTURAL MACHINERY 60(5), 83-89, 1998-09-01

    J-STAGE  References (11) Cited by (1)

  • Operation of a Small Diesel Engine Using Unrefined Rapeseed Oil as Fuel (Part 3) : Deposit in Combustion Chamber at No-Load Continuous Operation  [in Japanese]

    TOGASHI Chiyuki , KAMIDE Jun-ichi

    植物油によるディーゼル機関の代替燃料の研究のなかには, 燃焼温度が高くなる負荷運転では問題はないが, 無負荷運転では軽油と比較して燃焼室内のカーボン堆積が多くなることが指摘されている。本報では, ナタネ粗製油を燃料とした無負荷連続運転を行い, 予燃焼室およびノズル部へ付着した堆積物を, 供試燃料の不燃焼物含有率の関係で整理するとともに, ナタネ精製油および軽油の場合と比較した。その結果, ナタネ脱 …

    JOURNAL of the JAPANESE SOCIETY of AGRICULTURAL MACHINERY 59(3), 57-64, 1997-05-01

    J-STAGE  References (20)

  • Particle Size of Injected Deacidified Rapeseed Oil Spray  [in Japanese]

    TOGASHI Chiyuki , KAMIDE Jun-ichi

    ディーゼル機関燃料としての可能性を検討しているナタネ脱酸油の噴霧粒径の測定を液浸法で行った。液浸法で使用した受止め液は, 数段階の粘度に調整したメチルセルロース, メチルアルコール, 水の混合液およびシリコン油である。実験では受止め液および捕捉時間の違いによる噴霧粒径の差異を検討するとともに, シリコン油を受止め液として捕捉位置の違いによる噴霧粒径を測定した。また, 比較のためにシリコン油を受止め …

    JOURNAL of the JAPANESE SOCIETY of AGRICULTURAL MACHINERY 59(2), 89-99, 1997-03-01

    J-STAGE  References (14) Cited by (2)

  • Development of Small Limb Shakers for Cherry (Part 1) : Improvement of the Shaker and its Field Test  [in Japanese]

    AKASE Akira , KAMIDE Jun-ichi

    オウトウの収穫労働力の不足から, 加工用オウトウの機械収穫が望まれている。そこで小型シェーカで小枝を加振する収穫方式を検討した。ストローク8cm, 振動数13Hzのシェーカで, 成熟少し前のオウトウの小枝を加振した結果, 落果率は高く, 落下した果実の大部分は果梗付き果であった。振動収穫の後, 直ちに加工場で着色加工したところ, 製品は殆ど損傷がなく, 手収穫されたものと変わらないとの評価が得られ …

    JOURNAL of the JAPANESE SOCIETY of AGRICULTURAL MACHINERY 59(1), 99-107, 1997-01-01

    J-STAGE  References (12) Cited by (4)

  • Operation of a Small Diesel Engine Using Unrefined Rapeseed Oil as Fuel (Part 2) : Long Term Operating and Starting Tests  [in Japanese]

    TOGASHI Chiyuki , KAMIDE Jun-ichi

    機関は, 出力特性がよく, 始動性が良好で, 燃焼音が小さいことが要求される。さらに代替燃料を使用する場合は, 長時間運転でも機関に支障を及ぼさないことが必要である。本報では, 4種のナタネ粗製油 (脱酸油, 脱ガム油, 水和脱ガム油および原油) を使用した場合の機関への影響を確認するための長時間運転 (定速回転数, 75%負荷) および脱ガム油による始動試験を行った。その結果, 脱酸油および水和 …

    JOURNAL of the JAPANESE SOCIETY of AGRICULTURAL MACHINERY 58(2), 75-82, 1996-03-01

    J-STAGE  References (14)

  • ナタネ脱酸油・軽油の混合燃料による小型ディ-ゼル機関の運転  [in Japanese]

    富樫 千之 , 上出 順一

    宮城県農業短期大学学術報告 (43), 61-68, 1995-12

  • Operation of a Small Diesel Engine Using Unrefined Rapeseed Oil as Fuel (Part 1) : Load Performance Tests  [in Japanese]

    TOGASHI Chiyuki , KAMIDE Jun-ichi

    1973年の第一次オイルショックを契機にディーゼル機関の代替燃料として, ナタネ油を含めた植物油の精製油および粗製油の研究が, 実用性を中心に盛んに行われてきた。本報では, 精製工程を考慮しながら4種のナタネ粗製油 (ナタネ脱酸油, 脱ガム油, 水和脱ガム油, 原油) および比較のための軽油を燃料として農用小型ディーゼル機関の負荷性能試験を行い, 燃料消費率, 熱効率, 排気ガス温度, 排気黒煙濃 …

    JOURNAL of the JAPANESE SOCIETY of AGRICULTURAL MACHINERY 57(6), 87-95, 1995-11-01

    J-STAGE  References (17) Cited by (4)

  • Study on a Plow to Invert Furrow Slice at the Same Position (Patr 3) : Motion of Furrow Slice and Measurement of the Acceleration  [in Japanese]

    WANG Shi-xue , KAMIDE Junichi

    本報ではプラウの反転性能にかかわるれき土の運動を解析する目的で, 土を剛体としてあつかい, れき土の運動軌跡, 速度及び加速度の解析を行なった。また, れき土に埋設した加速度計によってれき土の加速度を測定し, 加速度変換式を用いて, 固定座標x, y, z軸方向加速度及びその合成加速度を求めた。さらに, 加速度からの数値積分により求めたれき土の変位を設計理論値と比較し, れき土の運動を運動学的に検 …

    JOURNAL of the JAPANESE SOCIETY of AGRICULTURAL MACHINERY 57(5), 31-40, 1995-09-01

    J-STAGE  References (2)

  • High Rate Composting of Dairy Cattle Solid Wastes by Compact Reactor : Development of Experimental Device  [in Japanese]

    Iwabuchi Kazunori , Hoshino Takayoshi , Kamide Jun-ichi

    【摘要】1.小容積の堆肥化反応解析装置を試作した.堆肥化反応槽には真空断熱壁を有するステンレス製容器を用い,さらにウォターバス温度を有機質資材温度よりも常に1℃以内で低くなるように制御することによって,小容積ながら実用規模の実験と同様な温度履歴が得られるようになった.この装置により少量の材料で堆肥化実験が可能になり,実験も格段に多く行なえるようになった.2. 有機質資材温度と酸素消費率の間に特徴的 …

    Bulletin of the Yamagata University. Agricultural science 11(4), p851-857, 1993-01

    IR  JASI  Cited by (1)

  • 縦型回転米選機の使用条件が米の品質及び農家手取り額に及ぼす影響  [in Japanese]

    赤瀬 章 , 上出 順一

    山形農林学会報 (49), p19-27, 1992-12

  • Drying Characteristics of High Moisture Wheat in a Deep-bed Drier from Drying Air State  [in Japanese]

    Kamide Junichi , Li Changyou

    【緒言】近年,我国において水田転換作物として小麦が広く栽培されているが,東北地方では収穫時期が梅雨期に当たるところから高水分小麦の乾燥が余儀なくされ,品質面及ぴ乾燥施設の運用面からも多くの問題をなげかけている.小麦の乾燥については多くの研究がなされているが国内では佐々木,岡崎ら,細川らの研究が散見されるだけであまりない.本研究は乾燥過程における乾燥空気の温・湿度の変化から厚層乾燥における特性を検討 …

    Bulletin of the Yamagata University. Agricultural science 11(2), p333-342, 1991-01

    IR  JASI 

  • Separation of Paddy and Brown Rice in a Vertical Stream  [in Japanese]

    Kamide Junichi , Tsuchiya Masanori

    Bulletin of the Yamagata University. Agricultural science 11(1), p107-119, 1990-01

    IR  JASI 

  • On the Formation of crack in Rice during Drying and Wetting  [in Japanese]

    Kamide Juiichi

    Bulletin of the Yamagata University. Agricultural science 10(2), p345-354, 1987-01

    IR  JASI 

  • Screening Process and Separating Caracteristics ofPaddy and Brown Rice by a Shaking Screen  [in Japanese]

    Kamide Junichi

    Bulletin of the Yamagata University. Agricultural science 10(1), p75-86, 1986-01

    IR  JASI 

  • 駆動型ディスク作用力の計測システム  [in Japanese]

    上出 順一

    山形農林学会報 (42), p61-64, 1985-11

  • Control of the Shaking Grain Screen by a Micro-Computer System  [in Japanese]

    Kamide Junichi

    Bulletin of the Yamagata University. Agricultural science 9(3), p319-326, 1984-01

    IR  JASI 

  • 穀粒群の終末速度および垂直管内における分散  [in Japanese]

    上出 順一

    山形農林学会報 (40), p9-12, 1983-11

  • 1 / 2
Page Top