鈴木 洋 SUZUKI H.

ID:1000020007222

山形大学農学部 Yamagata University, Faculty of Agriculture (2008年 CiNii収録論文より)

Search authors sharing the same name

Articles:  1-20 of 21

  • 1 / 2
  • Apple Harvesting by a Backpack Shaker and a Tractor-Mounted Shaker  [in Japanese]

    AKASE Akira , SUZUKI Hiroshi , HONMA Hideharu , BIZEN Kazuhiro

    Japanese journal of farm work research 43(3), 117-125, 2008-09-25

    References (11)

  • Effects of high humidity on tip-burn in Eustoma plants  [in Japanese]

    OGASAWARA N. , HARADA Y. , SUZUKI H.

    園芸学研究. 別冊, 園芸学会大会研究発表要旨 6(2), 344, 2007-09-29

  • Interspecific Crossing between Sweet Cherry (Prunus avium L.) and Ornamental Cherry (Prunus × yedoensis Matsum.)  [in Japanese]

    SUZUKI Hiroshi , EGASHIRA Hiroaki , YAMADA Taku , FUJITA Mayumi , OGASAWARA Nobuyoshi

    オウトウ7品種と観賞用サクラ'ソメイヨシノ'との間の種間交雑を試みることで,生食可能な果実と観賞価値のある花を兼ね備えた雑種を獲得することを目的とした.'ソメイヨシノ'×オウトウの交雑ではほぼ0%の結実率であった.一方,オウトウ×'ソメイヨシノ'の交雑の組み合せではほぼ全ての組み合せで結実が認められ種子が得られた.得られた456果の果実のうち,192果(42.1%)を胚培養した結果,1年後には計4 …

    Horticultural research (Japan) 5(4), 343-349, 2006-12-15

    JASI NDL Digital Collections References (18)

  • Effects of water stress and root heating in hydroponics on the flowering of Eustoma seedlings  [in Japanese]

    OGASAWARA N. , KAMIKO K. , SUZUKI H.

    園芸学会雑誌. 別冊, 園芸学会大会研究発表 73(2), 465, 2004-09-25

  • アサガオとヒルガオの花と茎葉に対する評価の比較  [in Japanese]

    諸橋 武明 , 鈴木 洋 , 小笠原 宣好

    Journal of Japanese Society of People-Plant Relationships 3(2), 12-15, 2004-05-27

  • Matric potential in gelled media for plant tissue culture  [in Japanese]

    ABO T. , OGASAWARA N. , MAENO M. , SUZUKI H.

    園芸学会雑誌. 別冊, 園芸学会大会研究発表 72(1), 156, 2003-04-04

  • Effects of watering at nursery stage under heated condition on the flowering of Eustoma cultivars  [in Japanese]

    OGASAWARA N. , YOSHIDA M. , SUZUKI H.

    園芸学会雑誌. 別冊, 園芸学会大会研究発表 69(1), 322, 2000-03-26

  • Leaf Segment Culture of Glaucidium palmatum Sieb. et. Zucc.  [in Japanese]

    Suzuki Hiroshi , Sugai Daisuke , Kudoh Mikio , Ogasawara Nobuyoshi

    【緒言】シラネアオイ(Glaucidium palmatum)は,北海道から本州中部にかけて広がる温帯林や亜寒帯林のやや湿った林床に自生する多年生植物である.春には1茎当たり1輪の大きな4枚のがく片が花弁状をなす青紫色の美しい花を咲かせ,登山者や自然愛好家に人気の高い植物である.佐野らによれば,シラネアオイは以前分類されていたキンポウゲ科から独立し,1科1属1種の貴重な日本特産種である.近年の土地 …

    Bulletin of the Yamagata University. Agricultural science 13(3), 191-198, 2000-02

    JASI

  • Effects of Thiamine in the Leaf Blade Culture of Lilium rubellum  [in Japanese]

    Hiura Iwao , Shinohara Wataru , Suzuki Hiroshi

    【諸言】組織培養の培養培地の内容成分のうち微量要素についての作用性の検討報告は多くない.中でも有機物要素のビタミン類については多くの種類の培地に用いられ,その添加量は,O.1~30mg/lにわたっているが,培養に当たっての作用性を問題にしているものは殆ど見当たらない.ただ,LINSMAIER et al.は幾多のビタミン類についてその作用性を検討した結果,サイアミンのみが培養に際してタバコのカルス …

    Bulletin of the Yamagata University. Agricultural science 12(2), p141-153, 1995-01

    JASI

  • Investigation of Germination Substratum for Embryo Culture of Sweet Cherry  [in Japanese]

    Suzuki Hiroshi , Takahashi Teruaki , Hiura Iwao

    【摘要】まず,胚発芽時の形態的特徴の観察を行ない,正常に生長をする個体は発芽の段階で子葉を大きく開かずに幼根肥大,本葉展開を行ない,子葉自体は緑化,硬化してゆくという特徴を観察した寒天,ペーパーブリッジ,パーミキュライトの3種の発芽床の比較から,パーミキュライトは従来最も普通に用いられてきた寒天よりも高い発芽をもたらすことを明らかにした.さらに,パーミキュライトの発芽床においては果実肥大完了の段階 …

    Bulletin of the Yamagata University. Agricultural science 12(2), p111-118, 1995-01

    JASI

  • マメザクラ台木に対する甘果オウトウ品種のつぎ木親和性  [in Japanese]

    鈴木 洋 , 荒井 智 , 樋浦 巌

    山形農林学会報 (51), p53-61, 1994-12

  • Germination Viability of Malus spp. Pollens under Conditions of Storage by Low Temperatures and Organic Solvents  [in Japanese]

    Hiura Iwao , Nishimura Tatuhiro , Watanabe Kaoru , Suzuki Hiroshi

    【諸言】筆者等はリンゴ台木または栽培樹の樹種同定に資するための形質を追求するために,1970年以来収集したMalus属数種の植物を用いて育成した実生群の開花到達樹に現われる形態学的形質を検討して来た.このような育種のための素材となる種の系統関係を明らかにするためのもう一つの有力な方法として種間交雑を実施して相互の交配親和性を調べたり,雑種実生植物に現われる形質と両親種のそれとを比較することも重要と …

    Bulletin of the Yamagata University. Agricultural science 12(1), p23-30, 1994-01

    JASI

  • Interspecific Crosses between P.avium cv.and P.pauciflora  [in Japanese]

    Suzuki Hiroshi , Satoh Mituyoshi , Takagi Yasumori

    【摘要】オウトウわい性台木の開発を目的に,甘果オウトウ品種とシナミザクラ間の種間交雑を行った.その結果,(1)交雑による結果率には,おそらく交配時の環境条件に影響された年度別変異が見られ,単年度で高い結果率を示した組合せが複数年度にわたり同じ傾向を示すことはなかった.(2)交雑組合せの結果率には正逆間で違いが認められた.斉一な環境下の実験に限ると,シナミザクラを母親に用いた場合がその逆交雑組合せに …

    Bulletin of the Yamagata University. Agricultural science 12(1), p1-6, 1994-01

    JASI

  • Experiments about Media Condition for Embryo Culture of Sweet Cherry (P.avium cv.)  [in Japanese]

    Suzuki Hiroshi , Chiba Yukari , Hiura Iwao

    【緒言】著者らはこれまでに甘果オウトウを中心とするいくつかの組合せについて種間交雑を実施してきたがいずれの場合も,胚培養の結果は, TUKEYらの報告と比べても低い結果であった.供試胚が外観上かなり充実しているように見える場合でも成績不良となることが多かったところから,胚自体の休眠の問題と並んで培地条件にも何らかの問題があったことが推察される.これまで,この問題を解決するのに,種間交雑によって得ら …

    Bulletin of the Yamagata University. Agricultural science 11(4), p683-690, 1993-01

    JASI

  • Graft Compatibility for Sweet Cherry Scion Cultivarson Prunus japonica and P.glandulosa Rootstocks  [in Japanese]

    Suzuki Hiroshi , Hayasaka Yuko , Hiura Iwao

    【諸言】これまで甘果オウトウの慣行栽培用台木として用いられて来たアオバザクラP.lannesianaに代るわい化栽培を目的とした優良台木を求めて,種々の試みがなされているが,著者らは先に甘果オウトウ品種'佐藤錦'に対してニワザクラP.glandulsaを台木として用いた場合,両者は互いによく接着し,つぎ木活着の可能性を示唆する結果を得た.その際の実験では,つぎ木数が少なく確実な根拠となるデーグも十 …

    Bulletin of the Yamagata University. Agricultural science 11(3), p529-540, 1992-01

    JASI

  • オウトウとオクチョウジザクラ間の種間交雑  [in Japanese]

    鈴木 洋 , 石川 貴之 , 樋浦 巌

    山形農林学会報 (45), p9-18, 1988-11

    Cited by (1)

  • Fundamental Studies on the Development of Dwarfing Cherry Root Stocks (1) : Graft Compatibility in a few Japanese Prunus spp.  [in Japanese]

    Suzuki Hiroshi[et al.] , 樋浦 巌 , 熊田 光雄

    【緒言】山形県は全国一の甘果オウトウの生産県として知られているが,近年,米国産オウトウの輸入解禁などのあおりを受け,現在オウトウを栽培している農民はオウトウ栽培のあり方を非常に深刻な問題として受けとめており,生産コストの低下や品質の向上などの面からの対応を模索している.また,わが国は国土が狭い上に,オウトウ栽培に適する地域が少ない収穫期に降雨が多いので裂果の防止対策等の集約度の高い栽培管理が要請さ …

    Bulletin of the Yamagata University. Agricultural science 8(4), p683-695, 1981-01

    JASI Cited by (1)

  • オウトウ(P.avium L.cv.Napoleon)とサクラ属植物との種間交雑について  [in Japanese]

    鈴木 洋 , 樋浦 巌 , 佐藤 葉

    山形農林学会報 (37), p61-68, 1980-10

  • Promotion of Iris Seed Germination  [in Japanese]

    SUZUKI Hiroshi , YAMAGATA Hirotada

    育種上の観点より,アイリス種子にみられる難発芽性の原因を明らかにし,発芽促進の方法を知るため,キショウブの成熟種子を供試し,発芽環境条件の制御たらびに種皮の除去,溶脱あるいは胚乳の一部切除などの予措を行なって発芽試験を実施した。その結果,内種皮ないし内種皮と胚乳の問に存在する油脂様物質による胚のガス交換の阻害が難発芽性の主要因であること,外種皮除去後クレンザーやキシレンで洗浄すると著しく発芽が促進 …

    Breeding science 30(2), p161-169, 1980-06

    Cited by (1)

  • 1 / 2
Page Top