戸北 凱惟 TOKITA Yoshinobu

ID:1000020018659

上越教育大学 Joetsu University of Education (2008年 CiNii収録論文より)

Search authors sharing the same name

Articles:  1-20 of 88

  • 1 / 5
  • 教員養成に関わって,いま思うこと  [in Japanese]

    戸北 凱惟

    Bulletin of Japanese Association of School Education (23), 239-242, 2008

    IR 

  • 3B1-B1 Issues on learning to ask what a student does not understand for other students freely and Learning to teach what a student understood for other students freely in science education in school  [in Japanese]

    MISAKI Takashi , NISHIKAWA Jun , MIZUOCHI Yoshiaki , KUBOTA Yoshihiko , TOKITA Yoshinobu

    現在,学校現場においては,子どもたちがもともと持っている課題解決に向かう能力を発揮して,分からないことを聞き合ったり発見したことや理解したことを教え合ったりする『学び合い』の授業が見られるようになってきた.そこでは,人間関係が改善され,学力が向上する.いったい,『学び合い』の授業の良さはどのような点なのであろうか,子どもたちはどのような姿なのであろうか.本研究では,臨床研究の成果として明らかになっ …

    Proceedings of the Annual Meeting of Japan Society for Science Education 32(0), 349-350, 2008

    J-STAGE  References (10) Cited by (2)

  • 2B1-J1 Issues on Learning from each other in Science Education  [in Japanese]

    MISAKI Takashi , NISHIKAWA Jun , KUBOTA Yoshihiko , TOKITA Yoshinobu

    教育現場においては,従来から学習者同士の学び合いを利用する教育的手法が多くとられ,授業者の意図的な指導・授業方略によって教育的な成果が上げられてきている.しかし,授業者が学び合いの方法に関与することによって,学習者自身の学びが深まらなかったり制限されたりしている実態がある.授業者は,適切な目標の設定や子どもの有能性への信頼,学びの場の環境整備をすべきであるという授業観へと発想を転換することが必要で …

    Proceedings of the Annual Meeting of Japan Society for Science Education 31(0), 191-192, 2007

    J-STAGE  References (8)

  • Changing Community and Science Practice by Using a Kneading Board : Through Practice with the Unit on "Function of the Electromagnet" for Sixth Graders  [in Japanese]

    KUBOTA Yoshihiko , SUZUKI Hideyuki , FUNAOI Hideo , KATOU Hiroshi , NISHIKAWA Jun , TOKITA Yoshinobu

    子どもたちが理科の授業において,科学者が実践するのと同じように「科学する」にはコミュニティの存在が必要不可欠である。小学校の実験室という限られた空間において同期型CSCLを用いることで,コミュニティの変容と,そこでの科学的実践を考察した。同期型CSCLであるKneading Board(通称KB)の利用によって,これまであまり見られなかった実験中の活動班の相互作用が緊密になった。それによって,お互 …

    Journal of research in science education 46(2), 11-19, 2006-01-31

    References (17) Cited by (14)

  • A Study of the effect of making "Annotated-Photos" using Mobile learning system : Record and reflection of "noticing" of Elementary School Children in Life Environment Study  [in Japanese]

    KUBOTA Yoshihiko , YODEN Yoshihiko , YAMANOI Kazuo , NISHIKAWA Jun , TOKITA Yoshinobu

    We used a form of practice which annotaes student's "noticing" into photographs taken using a Mobile Learning System, and examined how the reflection of nature observation would be chan …

    Journal of Science Education in Japan 30(5), 285-293, 2006

    J-STAGE  References (14) Cited by (1)

  • Analysis of Concepts about the Diversity of Igneous Rocks and Their Formation : Examples from Selected Earth Science Classes in Upper Secondary School  [in Japanese]

    TAGA Masaru , KUSACHI Isao , TOKITA Yoshinobu

    高等学校2学年を対象として,火成岩の分類と結晶分化作用の授業の前後に火成岩の多様性とその形成過程がどのように生徒に認識され概念構造が変化するのかを,コンセプトマップ法を用いて調べた。その後,引き続いて,ある生徒のコンセプトマップを考察させる授業実践を行ったところ,結晶分化作用の概念や,マグマ中で鉱物が晶出後に集まり岩石になるという形成過程についての概念が確立された。これをいくつかの概念系に分けて検 …

    Journal of research in science education 46(1), 61-68, 2005-09

    Cited by (2)

  • Development of the Expansive Curriculum Using Web GIS for "Change of the Ground" in Junior High School : Consideration on How Changes of the Ground Surface Form the Shell Mounds  [in Japanese]

    KUBOTA Yoshihiko , YAMASHIMA Kazuhiro , NISHIKAWA Jun , TOKITA Yoshinobu

    地学教育 58(2), 65-73, 2005-03-25

    References (10)

  • A Study of the Expression of Cognitive Notice in Elementary School Children : The Function of Onomatopoeia in Life Environment Study  [in Japanese]

    IKEDA Yoshito , TOKITA Yoshinobu

    「オノマトペ(擬態語・擬音語等)」は,幼稚な言語であるといわれてきたために研究が進んでいなかったが,田守,スコウラップらによって日本語における重要な言語要素であることが,また,滝浦らによって子どもの認知と関係深いことが明らかにされてきている。本研究は,「オノマトペ」が,低学年における科学的思考の萌芽となる「知的な気付き」を教師が見出す手がかりとなるのではないかと考え,「オノマトペ」が「気付き」を包 …

    Journal of research in science education 45(3), 1-10, 2005-03-01

    References (18) Cited by (2)

  • A Study on Cognitive Noticing in Children's Conversation in a Life Environment Studies Lesson : Focusing on the Expression of Metaphor  [in Japanese]

    IKEDA Yoshito , TOKITA Yoshinobu

    本研究は,個の判断を何かに例えるメタフアによる表現が,知的な気付きを見出すのに有力な手がかりとなると考えている。そこで,生活科授業の中でのメタフアの役割,他発言の介入によるメタフア表現のあらわれ方の差異を調査し,メタフア表現が「知的な気付き」を示す指標の一つとなることを検証することを目的とする。まず,小学校1年を対象に調査を行ったところ,活動中にあらわれるメタフアに次のような役割があることが認めら …

    The Bulletin of Japanese Curriculum Research and Development 28(3), 9-16, 2005

    J-STAGE 

  • Study on Situations in Which Speaking is Encouraged : Focusing on Eye-contact  [in Japanese]

    AOYAMA Yasuo , TOKITA Yoshinobu

    小集団の話し合い活動を,アイコンタクトと話者交代(Turn-Taking)の視点から分析した。その結果,話し手の視線が話者交代に大きな影響を与えており,視線が注がれない児童は発話も少なくなっていることが明らかになった。これを受けて,小集団内のすべてのメンバーを聞き手として意識するよう促したところ,発話の少なかった児童もアイコンタクトが得られるようになり,徐々に発話やバックチャンネル行為が増えていっ …

    The Bulletin of Japanese Curriculum Research and Development 28(1), 41-50, 2005

    J-STAGE 

  • Expanding science learning community using Kneading Board : Through practice in the unit of "Function of electromagnet" for sixth graders  [in Japanese]

    KUBOTA Yoshihiko , SUZUKI Hideyuki , FUNAOI Hideo , KATOU Hiroshi , NISHIKAWA Jun , TOKITA Yoshinobu

    CSCLシステムを理科実験で活用し,実験行いながら小集団が相互にかかわることのできる環境を用意した.これによってコミュニティがどのように変容したのか,またそこではどのような科学的実践が行われたのかについて報告する.

    Proceedings of the Annual Meeting of Japan Society for Science Education 29(0), 231-232, 2005

    J-STAGE 

  • A Study of Cognitive Notice in Elementary School Children Using a Mobile Learning System : Focus on the Record and Playback to Cognitive Notices by Annotated Drawing  [in Japanese]

    KUBOTA Yoshihiko , YODEN Yoshihiko , YAMANOI Kazuo , NISHIKAWA Jun , TOKITA Yoshinobu

    生活科では, 科学的思考の萌芽としての「知的な気付き」が注目されている。知的な気付きの記録, 再生を支援するために, 注釈付き写真を容易に作成できるモバイル学習システムを使った。研究は, 「注釈付き写真」と「注釈なし写真」からの気付きの再生を行い, それぞれを比較した。結果, 「注釈付き写真」による気付きの再生は, 「注釈なし写真」に比べて数多く再生できる。また, 視覚以外の嗅覚や触覚に関する気付 …

    JSSE Research Report 20(3), 83-86, 2005

    J-STAGE  References (10) Cited by (1)

  • 人材養成としての学会の役割  [in Japanese]

    戸北 凱惟

    Journal of Science Education in Japan 29(2), 85-86, 2005

    J-STAGE  References (4)

  • A Study of Awakening Science Cognition in Life Environment Study : Analysis of Cognitive Notice in the Place of Learning  [in Japanese]

    IKEDA Yoshito , TOKITA Yoshinobu

    子どもたちの科学概念は、認知的要素と、情意的な要素により構成される。それは「知的な気付き」の獲得に必要な要素と重なる。そのため、本研究では、小学校低学年における理科教育の基礎として、自然教材に触れる中で生まれる「知的な気付き」に着目した。本研究は、言葉を手がかりに、生活科の学びの場から子どもたちの「気付き」を取り出し、どのような「気付き」をしているのか、今まで着目されてこなかった子どもだけでいる場 …

    Journal of research in science education 45(1), 1-9, 2004-05-17

    References (23) Cited by (6)

  • The Effects of Counseling based on Student Self-Evaluation : A Case Study of Japanese High School Student in a Biology Class  [in Japanese]

    SATO Seiya , TOKITA Yoshinobu

    本研究は、生徒指導の機能を生かした教科指導の姿を探る方法のひとつとして、高校生物の授業において、学習ノートを活用した自己評価をもとにしたカウンセリングにより生徒が主体的、自律的な学習姿勢を促す指導、支援の実践を試みた。その結果、自己認識が深まり主体的、自律的な学習姿勢がみられ、学校生活の他方面においてもプラスの傾向が見られた。

    Proceedings of the Annual Meeting of Japan Society for Science Education 27(0), 335-336, 2003

    J-STAGE  References (3)

  • The point of view of the children against the change of the water solution in the daily life  [in Japanese]

    KAWAKAMI Akihiro , TOKITA Yosinobu

    年会論文集 26, 279-280, 2002-09-12

    References (5)

  • The School Support from the Society : Through the participation as the Area Volunteer  [in Japanese]

    FUJII Yoshihide , KOSEKI Natsuko , TOKITA Yoshinobu

    年会論文集 26, 193-194, 2002-09-12

  • これからの学校改革に応える授業実践  [in Japanese]

    戸北 凱惟

    理科の教育 = Science education monthly 51(3), 50-51, 2002-03-15

  • The point of view of the children against the change of the water solution in the daily life  [in Japanese]

    KAWAKAMI Akihiro , TOKITA Yoshinobu

    理科の学習において、「教材」は教師と共に子どもに数々の情報を与え、学びを成立するための助けになっているものである。本研究では、「水溶液の性質」を身近な教材を用いて展開することで、子どもが教材とどのように対話しながら学びを深めるか調査を行った。その結果、子どもたちは、目の前にある身近な教材と対話しながら、様々な現象を「理解・表現」し考えを深化させていることが明らかになった。

    Proceedings of the Annual Meeting of Japan Society for Science Education 26(0), 279-280, 2002

    J-STAGE 

  • Class practice about the use of the health subject in biology education (II)  [in Japanese]

    FUJIMOTO Kazuhiro , TOKITA Yoshinobu

    中学校保健教科書に記載されている環形動物を用いた喫煙の害を示す教材を用いて、高等学校における生物IBおよび生物IIの授業実践を行った。授業時の発話記録およびアンケート調査等の分析から、本教材を血管収縮・筋収縮モデルとして活用することが可能であり、生徒の学習内容の具体化・一般化が促されることが明らかとなった。また、授業に喫煙防止効果が認められた。

    Proceedings of the Annual Meeting of Japan Society for Science Education 26(0), 261-262, 2002

    J-STAGE  References (9)

  • 1 / 5
Page Top