水野 進 Mizuno Susumu

ID:1000020031164

神戸大学農学部 Faculty of Agriculture, Kobe University (1995年 CiNii収録論文より)

Search authors sharing the same name

Articles:  1-20 of 60

  • 1 / 3
  • Modified Atmosphere Packaging of Immature Black Soybeans (Glycine max Merr. 'Tamba kuro') Served as a Vegetable Snack  [in Japanese]

    TERAI Hirofumi , MIZUNO Susumu , KOZUKUE Nobuyuki , MIZUNO Masashi , TSUCHIDA Hironobu

    日本食品低温保蔵学会誌 = Journal of the Japanese Society for Cold Preservation of Food 21(1), 9-15, 1995-02-28

    References (12)

  • 家畜糞尿利用によるメタンガスの生産について  [in Japanese]

    Matsui Noriyoshi , Mizuno Susumu , Ueyama Yutaka , Nanjou Iwao , Ozaki Takeshi , Yoshida Shigeki , Hourai Jousaku , Yamamoto Kazuyuki , Kobayashi Katsura , Kakei Shigefumi , Yamashita Takao

    Bulletin of the Experimental Farm, Faculty of Agriculture, Kobe University 2, 83-89, 1989-03

  • Solar Energy Utilization System and Heat Transfer by Thermosiphon Heat Pipes  [in Japanese]

    Horio Hisashi , Matsui Noriyoshi , Kutsuna Yasuaki , Yamamoto Hiroaki , Mizuno Susumu , Akagawa Koji , Ito Kiyoshi , Kato Tetsuhiro , Hangai Makoto

    太陽熱の長中期蓄熱によるプレハブ住宅のパッシブ暖房実証実験を昭和58年度より行なってきた。本報は, その稼働実績の報告である。なお, 地中蓄熱槽よりの熱輸送には, 密閉型のヒートパイプ及び, 2重円筒型(外径100mmと60mmの円筒型及び, 710×210mmと621×107mmの角筒型, 2種類)のサーモサイホンを試作・供試した。1) 蓄熱槽への温水循環開始時期を両年度において7月1日と8月1 …

    The Science reports of Faculty of Agriculture,Kobe University 17(2), p237-244, 1987

    IR  DOI  JASI 

  • Determination of .ALPHA.-chaconine and .ALPHA.-solanine in May Queen potatoes by high-performance liquid chromatography.  [in Japanese]

    KOZUKUE Nobuyuki , MIZUNO Susumu

    高速液体クロマトグラフィーによるジャガイモのグリコアルカロイド(PGA)の測定法を検討した.<BR>(1) ジャガイモよりPGAをクロロホルム:メタノール(2:1, v/v)で抽出した.HPLCの条件は,充填剤としてNucleosil NH<SUB>2</SUB> (10μm)を4.0mm I.D.×15cmと4.0mm I.D.×25cmのステンレスカラム管に …

    NIPPON SHOKUHIN KOGYO GAKKAISHI 33(4), 232-237, 1986

    J-STAGE 

  • 2-22 リグニン添加土壌の微生物相及び有機成分の変動(2.土壌有機および無機成分)  [in Japanese]

    土田 廣信 , 東 順三 , 水野 進

    Abstracts of the Annual Meetings, Japanese Society of Soil Science and Plant Nutrition 32(0), 17, 1986

    J-STAGE 

  • Changes in Indoleacetic Acid and Gibberellin Contents of Fruits during Ripening and Senescence  [in Japanese]

    Tsay Lung-Ming , Mizuno Susumu , Kozukue Nobuyuki

    Mem. Grad. School Sci. & Technol., Kobe Univ. B 3B, 17-24, 1985-03

  • Effects of Gas Conditions or Inhibitors on Ethylene Synthesis from ACC (1-Aminocyclopropane-1-Carboxylic Acid) in Cucumber Sliced Tissue  [in Japanese]

    Terai Hirofumi , Mizuno Susumu

    キュウリ切片をincubateする際, その容器内のガスを100%の窒素にかえて, エチレン生成をみた。水で処理した区(対照区)は窒素によりほとんどエチレンを生成しなくなった。またACCを添加した区でも同じく窒素によりエチレンの生成は著しく抑制された。一方容器内のガスを100%酸素にし, 同様に調査した。水処理区は酸素により, 空気のものよりやや促進される傾向があったが, ACCを添加したものは1 …

    The Science reports of Faculty of Agriculture,Kobe University 16(2), p397-401, 1985-01

    IR  DOI  JASI 

  • 2-24 下水汚泥連用区及び対照区土壌中の脂質成分比較(2. 土壌有機および無機成分)  [in Japanese]

    土田 廣信 , 東 順三 , 水野 進 , 宮本 泰宏 , 直原 毅 , 田中 平義

    Abstracts of the Annual Meetings, Japanese Society of Soil Science and Plant Nutrition 31(0), 20, 1985

    J-STAGE 

  • Comparison of Growth Characteristics between Foreign and Japanese Paddy Rice Varieties  [in Japanese]

    秋田 謙司 , 上山 泰 , 丹下 宗俊 , 水野 進

    飼料イネ生産の基礎資料を得るため, 外国稲9品種(Guze, British Honduras, TKM-6(早), TKM-6,団谷早, CO-13,Zenith, Caloro-2並びにMilfor-6 (2))の生育経過を, 日本稲9品種(日本晴, 金南風, 農林22号, 農林23号, ミネユタカ, 中生新千本, 旭, 短銀坊主並びに小丈玉錦)のそれと比較した。栽培法は当地方の慣行に従い, …

    神戸大学農学部研究報告 16(1), 73-88, 1984

    IR  DOI 

  • 2-6 褐色森林土の土壌脂質 : 第1報 リター及び土壌中の脂質成分の分離,同定(2.土壌有機および無機成分)  [in Japanese]

    土田 廣信 , 東 順三 , 宮永 恵三 , 水野 進

    Abstracts of the Annual Meetings, Japanese Society of Soil Science and Plant Nutrition 30(0), 13, 1984

    J-STAGE 

  • Changes in Phytotoxic Components of Sawdust Barnyard Manure during its Rotting Process  [in Japanese]

    Tsuchida Hironobu , Azuma Junzo , Ishida Noriaki , Nanjo Iwao , Mizuno Susumu

    おが屑中には, ワックス, 樹脂, リグニン等の難分解性成分含量が高いため, その堆肥化には長期間を要するのみでなく, その堆肥の腐熟度判定にも, 種々の問題が残されている。筆者らは, その適切な判定法を確立するための一基礎研究として, おが屑堆肥中の植物毒性成分の堆肥化過程における濃度変化を明らかにすることを試みた。その結果, 次のことが明らかになった。1. P-クマル酸, フェルラ酸, シリン …

    The Science reports of Faculty of Agriculture,Kobe University 16(1), p277-290, 1984

  • Comparison of Growth Characteristics between Foreign and Japanese Paddy Rice Varieties  [in Japanese]

    Akita Kenji , Ueyama Yutaka , Tange Munetoshi , Mizuno Susumu

    飼料イネ生産の基礎資料を得るため, 外国稲9品種(Guze, British Honduras, TKM-6(早), TKM-6,団谷早, CO-13,Zenith, Caloro-2並びにMilfor-6 (2))の生育経過を, 日本稲9品種(日本晴, 金南風, 農林22号, 農林23号, ミネユタカ, 中生新千本, 旭, 短銀坊主並びに小丈玉錦)のそれと比較した。栽培法は当地方の慣行に従い, …

    The Science reports of Faculty of Agriculture,Kobe University 16(1), p73-88, 1984

  • Keeping the Quality of Vegetables by Use of Freshness Retention Compound  [in Japanese]

    Sun Xu Mang , Mizuno Susumu , Terai Hirofumi , Tsay Lung-ming

    市販鮮度保持剤エースパック(エチレン吸収), バイタロンGA-1000(酸素吸収, 炭酸ガス発生), 及び試作品I(炭酸ガス発生), 試作品II(炭酸ガス吸収)の野菜に対する効果を検討した。1. ホウレンソウにおいては, ポリエチレン包装のみでも袋内のCA状態は十分であり, エチレンの発生も少なく, 鮮度保持剤の効果は殆んど認められなかった。2. アスパラガスにおいては, バイタロンGA-1000 …

    The Science reports of Faculty of Agriculture,Kobe University 16(1), p61-66, 1984

    IR  DOI 

  • Effect of Methionine and 1-Aminocyclopropane-1-Carboxylic Acid on Ethylene Production of Cucumber Slice Tissue  [in Japanese]

    Terai Hirofumi , Mizuno Susumu , Tsay Lung-ming

    本研究はエチレン生成経路におけるメチオニンとその中間物質であるACC (1-aminocyclopropane-1-carboxylic acid)のエチレン生成に対する役割を, キュウリ切片を用いて調査したものである。切片にDL-メチオニン(10mM, 50mM)を添加したところ, エチレン生成は促進され, 両濃度間には大差がなかった。またD型, L型のメチオニン(10mM)を個々に処理した結果 …

    The Science reports of Faculty of Agriculture,Kobe University 16(1), p55-60, 1984

    IR  DOI  JASI 

  • 太陽熱の地中長期蓄熱による温室暖房に関する研究  [in Japanese]

    Matsui Noriyoshi , Mizuno Susumu , Akagawa Koji , Kutsuna Hiroaki , Ito Kiyoshi , Kato Tetshuhiro , Hangai Makoto

    Mem. Grad. School Sci. & Technol., Kobe Univ. B 1B, 1-15, 1983-03

  • The Performances of Thermosiphon Heat Pipes for Greenhouse Heating  [in Japanese]

    松井 範義 , 水野 進 , 赤川 浩爾 , 忽那 泰章 , 伊藤 清 , 加藤 鉄弘 , 半谷 尹良

    The solar greenhouse is an effective method for saving oil and is being examined by many investigators. The long-term heat storage system is desirable for a stable heat supply in winter. We have inves …

    神戸大学農学部研究報告 15(2), 291-299, 1983-01-30

    IR  DOI 

  • 2-15 稲作跡及び麦作跡土壌中の脂質ならびにフェノール性成分組成の異同(2.土壌有機および無機成分)  [in Japanese]

    土田 廣信 , 東 順三 , 水野 進 , 吉倉 惇一郎 , 二見 敬三 , 藤井 浩

    Abstracts of the Annual Meetings, Japanese Society of Soil Science and Plant Nutrition 29(0), 16, 1983

    J-STAGE 

  • The Performances of Thermosiphon Heat Pipes for Greenhouse Heating  [in Japanese]

    Matsui Noriyoshi , Mizuno Susumu , Akagawa Koji , Kutsuna Hiroaki , Ito Kiyoshi , Kato Tetsuhiro , Hangai Makoto

    The solar greenhouse is an effective method for saving oil and is being examined by many investigators. The long-term heat storage system is desirable for a stable heat supply in winter. We have inves …

    The Science reports of Faculty of Agriculture,Kobe University 15(2), p291-299, 1983

  • Responsibility of Several Vegetables in Respiration to Ethylene Treatment  [in Japanese]

    Terai Hirofumi , Mizuno Susumu

    本実験は各種の青果物にエチレン処理を行い, その呼吸変化およびエチレン生成の状況から, 青果物のエチレンに対する反応性を調査したものである。果菜類のピーマン, キュウリ, ナス, オクラに10ppmのエチレン処理を行ったところ, いずれもエチレン処理により呼吸が促進され, また, キュウリの黄化, ナスのガクの離脱, オクラの腐敗が促進された。花蕾部, 芽, 未熟葉を利用する野菜として, ブロッコ …

    The Science reports of Faculty of Agriculture,Kobe University 15(2), p255-260, 1983

    IR  DOI  JASI 

  • 太陽熱の地中長期蓄熱とビニ-ルハウスへの応用  [in Japanese]

    水野 進 [他]

    冷凍 57(654), p349-357, 1982-04

  • 1 / 3
Page Top