瀧山 龍三 TAKIYAMA Ryuzo

Articles:  1-20 of 29

  • 1 / 2
  • 中心距離法によるディジタル図形の位置・尺度・回転に不変な認識法  [in Japanese]

    金子 照之 , 瀧山 龍三

    Reports of Technical Research Center,Nagasaki Institute of Applied Science (17), 27-32, 2003

  • View-Invariant Recognition of Planar Object Based on Point Pattern Matching  [in Japanese]

    INOUE Kohei , SAGARA Tetsuo , URAHAMA Kiichi , TAKIYAMA Ryuzo

    Technical report of IEICE. PRMU 99(306), 19-24, 1999-09-17

    References (11)

  • Affine Invariant Digital Figure Recognition : Self-triangle Function Method  [in Japanese]

    SAGARA Tetsuo , INOUE Kohei , TAKIYAMA Ryuzo

    Technical report of IEICE. PRMU 99(306), 13-18, 1999-09-17

    References (4)

  • Binarization of Beef Image by Neural Network Techniques  [in Japanese]

    SHIRANITA Kazuhiko , HAYASHI Kenichiro , OTSUBO Akifumi , TAKIYAMA Ryuzo

    牛枝肉の等級判定を自動化するためには, 牛枝肉画像を正確に脂肪領域と筋肉領域に分離する必要がある.本論文では, 牛枝肉画像において "脂肪パターン" と "筋肉パターン" の概念を定義し, この "脂肪パターン" と "筋肉パターン" を利用して, ニューラルネットワークによって牛枝肉画像を2値化 (脂肪領域と筋肉領域) する方法を提案する.この方法を実際の牛枝肉画像に適用した実験の結果によって, …

    The Journal of The Institute of Image Information and Television Engineers 53(4), 629-633, 1999-04-20

    J-STAGE  References (4)

  • Determination of Quality of Dressed Carcass of Cattle by Texture Analysis  [in Japanese]

    SHIRANITA Kazuhiko , HAYASHI Kenichiro , OTSUBO Akifumi , MIYAJIMA Tsuneharu , TAKIYAMA Ryuzo

    Proceedings of the IEICE General Conference 1999年.情報・システム(2), 143, 1999-03-08

  • A Digital Curve Recognition Method Applicable to Non-Singly Connected Curves  [in Japanese]

    KANEKO Teruyuki , SAGARA Tetsuo , TAKEDA Takashi , TAKIYAMA Ryuzo

    ディジタル曲線の新しい特徴抽出法を考案し, これを用いてディジタル曲線を認識する方法を提案する. 本論文で提案する特徴量は, ディジタル曲線の"自己距離関数"という概念に基づいており, 単連結ではない曲線にも適用できる. この自己距離関数の違いを測ることによって, 位置・尺度・回転に不変な図形認識を行うことができる. 実験の結果も示す.

    The Transactions of the Institute of Electronics,Information and Communication Engineers. 00082(00002), 216-221, 1999-02-25

    References (13) Cited by (2)

  • 2-8 Affine lnvariant Digital-Figure Recognition Using"Self-Triamgle Function"  [in Japanese]

    SAGARA Tetsuo , KANEKO Teruyuki , TAKIYAMA Ryuzo

    PROCEEDINGS OF THE ITE WINTER ANNUAL CONVENTION 1999(0), 51, 1999

    J-STAGE 

  • A Digital Curve Recognition Method Applicable to Non-Singly Connected Curves  [in Japanese]

    KANEKO Teruyuki , OHISHI Tetsuo , TAKEDA Takashi , TAKIYAMA Ryuzo

    ディジタル曲線の新しい特微抽出法を考案し, これを用いてディジタル曲線を認識する方法を提案する. 本論文で提案する特徴量は, ディジタル曲線の"自己距離関数"という概念に基づいており, 単連結ではない曲線にも適用できる. この自己距離関数の違いを測ることによって, 位置・尺度・回転に不変な図形認識を行うことができる. 実験の結果も示す.

    Technical report of IEICE. PRMU 97(459), 23-28, 1997-12-19

    References (10)

  • Grading Meat Quality by Image Processing  [in Japanese]

    SHIRANITA Kazuhiko , MIYAJIMA Tsuneharu , TAKIYAMA Ryuzo

    We study for implementation of a meat quality grading system, using the concept of a "marbling score", as well as image processing, neural network techniques and multiple regression analysis. The marb …

    Transactions of the Japan Society of Mechanical Engineers. Series C. 00063(00614), 3524-3529, 1997-10

    References (6) Cited by (2)

  • Recognition of Non-singly Connected Digital Curves  [in Japanese]

    KANEKO Teruyuki , TAKEDA Takashi , TAKIYAMA Ryuzo

    センシングフォーラム資料 14, 55-58, 1997-10

    References (8)

  • Image Recognition by Unifying Controur and Texture Information  [in Japanese]

    YANO Keiji , SHIRANITA Kazuhiko , TAKIYAMA Ryuzo

    画像の輪郭線およびテクスチャ情報は, 画像認識においてしばしば単独で用いられるが, これら2つの情報を同時に用いればより効果的な認識が期待できる.本論文では, 輪郭線情報としてP型記述子のパワースペクトルを, テクスチャ情報としては濃度共起行列から作られる行列の要素を用い, これらを統合し, 拡大・縮小, 平行移動, ある角度の回転に関し不変な画像の識別法を述ベる.3層ニューラルネットワークを用い …

    The Journal of The Institute of Image Information and Television Engineers 00051(00006), 935-939, 1997-06-20

    J-STAGE  References (9) Cited by (3)

  • Determination of Quality of Dressed Carcass of Cattle by Texture Analysis  [in Japanese]

    SHIRANITA Kazuhiko , MIYAJIMA Tsuneharu , TAKIYAMA Ryuzo

    客観的な牛枝肉の等級判定を実現する自動化技術の開発が望まれている.本論文では, 牛枝肉の等級判定をテクスチャ解析により実現する方法を提案し, 実験を通してその有効性を示す.

    The Journal of The Institute of Image Information and Television Engineers 00051(00006), 931-934, 1997-06-20

    J-STAGE  References (8) Cited by (4)

  • Image Recognition Based on Contour and Texture Information : An Application to Fish Images  [in Japanese]

    HIRAOKA Tohru , YANO Keiji , TAKIYAMA Ryuzo

    画像の輪郭線及びテクスチャ情報は, 画像認識においてしばしば単独で用いられるが, これら2つの情報を同時に用いればより効果的な認識が期待できる. 本稿では, 輪郭線情報としてP型記述子のパワースペクトルを, テクスチャ情報としては濃度共起行列から作られる行列の要素を用い, これらを統合し, 拡大・縮小, 平行移動, ある角度の回転に関し不変な画像の識別法を述べるユークリッド距離とニューラルネットワ …

    Technical report of IEICE. PRMU 96(492), 55-62, 1997-01-24

    References (11) Cited by (6)

  • Grading Meat Quality by Image Processing and Neural Network Techniques  [in Japanese]

    SHIRANITA Kazuhiko , MIYAJIMA Tsuneharu , TAKIYAMA Ryuzo

    画像処理とニューラルネットワークを用いて脂肪交雑により肉質を等級付けするシステムについて検討する。脂肪交雑は、ロース芯部分の全体面積に対する脂肪領域の面積比であり、肉質等級の最も重要な要因である。実際の肉画像に対して脂肪交雑を求める場合には、ロース芯部分を正確に脂肪領域と筋肉領域に分離する必要がある。我々は熟練した格付員を手本にして、3層ニューラルネットワークを用いて画像を2値化する方法を提案する …

    IEICE technical report. Neurocomputing 96(393), 41-46, 1996-11-29

    References (2) Cited by (2)

  • Nonlinear Regression by Using GNC Method  [in Japanese]

    URAHAMA Kiichi , OKADA Masayuki , SHINGAI Hiroto , TAKIYAMA Ryuzo

    非線形な関数回帰法であるM推定とLMedS推定について最適解に近い解を求める方法としてGNC (Graduated Non-Convexity)法によるアナログ解法を提案する.

    The Transactions of the Institute of Electronics,Information and Communication Engineers. A 00079(00005), 1119-1121, 1996-05-25

    References (6)

  • An Equilateral Polygon Approximation of Digital Contours  [in Japanese]

    SHINGAI Hiroto , TAKIYAMA Ryuzo

    In image processing, there are many cases where closed contours are desired to be equidistantly sampled along the contours in Euclidean meaning. For example, the P-type descriptor, a Fourier domain ex …

    Proceedings of The ITE Annual Convention 32(0), 174-175, 1996

    J-STAGE 

  • Dimension-Preserving Transformation Of Pattern-Signal By Neural Networks  [in Japanese]

    SHINGAI Hiroto , TAKIYAMA Ryuzo

    各層が同一個数のニューロンから構成される層状ニューラルネットを考察の対象とする.この変換はいわば同次元変換であり,雑音の加わった画像からそれを取り除くことなどへの応用がある.本稿では,この同次元層状回路の1つの層での変換によって任意の信号を他の任意の信号に同一化し,他のすべての信号を不変に保つものが存在することをまず示し,続いてこれの一般化について述べている.この議論ではニューロンの非線形特性はシ …

    IEICE technical report. Neurocomputing 95(346), 103-110, 1995-10-28

    References (4)

  • Extraction of Feature Points from Curves and Figure Recognition  [in Japanese]

    KANEKO Teruyuki , TAKIYAMA Ryuzo

    線図形(曲線)の情報圧縮とその認識法を提案する。情報圧縮のためには、(ディジタル)線図形を構成する画素に比べて、ごく少数個の点(画素)を抽出する。これを特徴点と呼ぶ。この特徴点は平滑化された曲率関数の零点と相隣る零点間で曲率が最大の絶対値をとる点である。これらは極めて安定して抽出し得ることが分かる。これら特徴点のみを用いて線図形の位置・尺度・回転に不変な認識を行う。このためには、筆者らの開発した方 …

    IEICE technical report. Pattern recognition and understanding 95(279), 61-66, 1995-09-29

  • A Shift, Scaling and Rotational Invariant Digital-figure Identification Based on Algebraic Equations  [in Japanese]

    KANEKO Teruyuki , TAKIYAMA Ryuzo

    複素平面上のn個の点によってn角形が与えられる.このn個の点をn次方程式の解とみなすと, そのような解を持つn次方程式が1つ定まる.方程式の正規化をすると, 互いに相似な図形は同じ係数を持つ方程式で表現される.本論文では, このことを利用して, シフト, スケール, 回転変換に対して不変な図形の同定を行う.本方法は, フーリエ変換などによる従来の方法と比べ, 計算に必要なデータ量が少なく, 処理が …

    The Journal of the Institute of Television Engineers of Japan 00049(00006), 781-786, 1995-06-20

    J-STAGE  References (7)

  • An identification of digital curves described by a small number of feature points  [in Japanese]

    KANENO Teruyuki , TAKIYAMA Ryuzo

    図形の輪郭線を数量的に記述することは、図形認識における重要な処理のひとつである。輪郭線の記述において従来用いられてきた方法として、フーリエスペクトルやモーメント不変量による方法が挙げられるが、これらの方法では処理に用いるデータ量が一般に多くなる。曲線を構成する全ての座標値を用いて曲線を記述するよりも、曲線の特徴点のみで記述する方がデータ量が少なくて済む。筆者らは代数方程式を利用して、図形の平行移動 …

    Proceedings of the IEICE General Conference 1995年.情報・システム(2), 311, 1995-03-27

  • 1 / 2
Page Top