高橋 武重 TAKAHASHI Takeshige

ID:1000020041543

鹿児島大学工学部 応用化学工学科 Department of Applied Chemistry and Chemical Engineering, Kagoshima University (2008年 CiNii収録論文より)

Search authors sharing the same name

Articles:  1-20 of 50

  • 1 / 3
  • Defluidization Caused by the Reaction Involving a Volume Reduction in a Fluidized Catalyst Bed and Improvement of the Fluidity by Internals  [in Japanese]

    KAI Takami , TORIYAMA Kei-ich , TAKAHASHI Takeshige , NAKAJIMA Mitsuyuki

    反応物と生成物の量論関係によって体積が減少する反応を流動触媒反応器で行った場合,反応速度が高くなると流動化状態が極めて悪化する.条件によっては層の上部が非流動化状態となり,固定層となった部分がピストンのようにガスによって持ち去られた.体積減少速度が大きな場合には,エマルション相の粒子における抗力,重力および浮力のバランスが崩れ,気泡相からのガスの補給が追いつかずにエマルション相におけるガス速度が流 …

    KAGAKU KOGAKU RONBUNSHU 34(3), 351-357, 2008-05-20

    J-STAGE  References (23)

  • Preparation of Highly Active Methanol Steam Reforming Catalysts from Glassy Copper-Zirconium Alloys with Small Amount of Noble Metals  [in Japanese]

    TAKAHASHI Takeshige , KAWABATA Makoto , KAI Takami , KIMURA Hisamichi , INOUE Akihisa

    日本金屬學會誌 = Journal of the Japan Institute of Metals 71(8), 615-619, 2007-08-01

    References (18)

  • Selective Synthesis of Gas Oil via Oligomerization of Light Olefins Catalyzed by Methanesulphonic Acid

    TAKEUCHI Shingo , MOCHIHARA Tetsuya , TAKAHASHI Takeshige , KAI Takami , MORITA Yasumasa , MAIYA Seijuro

    軽質オレフィンの有効利用を目的として,エチレン,プロピレン,1-ブテン,イソブテンのオリゴメリゼーションをメタンスルホン酸(MSA)を触媒として,高圧流通式反応器を用い,20℃から40℃の温度で250 min反応を行った。液状炭化水素を分離後,質量分析計のついたガスクロマトグラフで分析し,分子量分布からガソリン,灯油そして軽油に分類した。エチレンそしてプロピレンは,わずかにMSAに溶解したが,液状 …

    Journal of the Japan Petroleum Institute 50(4), 188-194, 2007-07-01

    IR  J-STAGE  References (11)

  • Effect of Micropore Size on Catalyst Deactivation in Vapor Phase Beckmann Rearrangement over Zeolites

    TAKAHASHI Takeshige , NAKANISHI Mayumi , KAI Takami

    シクロヘキサノンオキシムの気相ベックマン転位反応において触媒活性劣化に及ぼす細孔径の影響を明らかにするため,MFI構造をもつTS-1およびこれよりも大きな細孔をもつSSZ-31およびSSZ-24を触媒として反応を行った。SSZ-24を用いたときの活性劣化定数は,本研究で使用したゼオライトの中で最大になった。さらに,ε-カプロラクタムの分子径/ゼオライトの細孔径比が1になるとき,同程 …

    Journal of the Japan Petroleum Institute 49(6), 301-307, 2006-11-01

    IR  J-STAGE  References (26)

  • Synergistic Effect of Vitamin E Related Additives on Antioxidation of Polyolefin Resin  [in Japanese]

    KATSUYAMA Kazuki , INOUE Takeshi , TAKAHASHI Takeshige , KAI Takami

    ポリオレフィン(PP・PE等)樹脂の酸化防止効果を向上させる目的で,ビタミンE骨格をもつ2種類の化合物,S-13およびS-19を合成した。これをPPに対して0.005 wt%添加して,酸化防止効果をメルトインデックス(MI)およびイエローインデックス(YI)を用いて評価した。その結果,これらの酸化防止剤は単独でも効果があるが,既存のフェノール系およびリン系酸化防止剤と組み合わせることで相乗的な効果 …

    Journal of the Japan Petroleum Institute 49(3), 121-126, 2006-05-01

    IR  J-STAGE  References (14)

  • 高速X線CTスキャナの利用による流動層内気泡の可視化 (特集 先端化学工学技術の展望)  [in Japanese]

    甲斐 敬美 , 高橋 武重 , 三澤 正樹 [他]

    Chemical engineering 51(4), 277-282, 2006-04

  • Effect of Sulfur Compound Addition on Hydrodesulfurization of Coker Gas Oil  [in Japanese]

    TAKAHASHI Takeshige , HARADA Yoshiko , UEKI Masaru , KAI Takami

    数種類の水素化脱メタル触媒,耐メタル水素化脱硫触媒および水素化脱硫触媒を用いて,1.88 wt%の硫黄を含む熱分解重質軽油(CGO)の脱硫反応を高圧撹拌槽型反応器で行い,触媒の初期反応速度および活性劣化に及ぼすジメチルジスルフィド(DMDS)の添加の効果について検討した。さらに,使用済み触媒の表面積および堆積したコーク量の測定を行った。その結果,1000 ppm程度のDMDSの添加により,反応開始 …

    Journal of the Japan Petroleum Institute 49(1), 22-27, 2006-01-01

    IR  J-STAGE  References (7)

  • 常圧残渣油の直接脱硫用触媒の活性劣化  [in Japanese]

    TAKAHASHI Takeshige

    Petrotech 28(10), 749-756, 2005-10-01

    References (8)

  • Effect of the Volume Reduction Rate of Emulsion-Phase Gas on The Fluidization Quality of Fluidized Catalyst Beds  [in Japanese]

    TORIYAMA Kei-ich , KAI Takami , TAKAHASHI Takeshige

    The fluidization quality severely decreased when the reaction involving a decrease in the gas volume was carried out in a fluidized catalyst bed. In the present study, we carried out the hydrogenation …

    The research reports (47), 87-91, 2005-10

    IR 

  • Methanol steam reforming over amorphous Cu-Zr alloy with a small amount of platinum  [in Japanese]

    TAKAHASHI Takeshige , YOSHIDA Asami , KAI Takami

    触媒 = Catalysts & Catalysis 46(6), 444-446, 2004-09-10

    References (10)

  • Involvement of Asphaltene Decomposition in the Rapid Deactivation of Hydrodesulfurization Catalysts under Conditions for Deep Desulfurization of Atmospheric Residue  [in Japanese]

    HIGASHI Hidehiro , TAKAHASHI Takeshige , KAI Takami

    深度脱硫条件下における触媒の活性劣化に及ぼすアスファルテン(ASP)の影響を明らかにするため,前処理された0.3 mass% の硫黄を含む常圧残さ油を0.1 mass% に減少させる水素化処理(HT)を2種類の市販のHDS触媒,CDS-R2および46Y-678触媒を充填したパイロットプラント型の固定層反応器を用いて行った。CDS-R2は平均細孔径が11 nmのγ-アルミナに担持した触媒 …

    Journal of the Japan Petroleum Institute 47(4), 297-302, 2004-07-01

    IR  J-STAGE  References (14)

  • Effects of Decrease in Gas Volume due to Reactions on the Fluidization Quality in a Fluidized Catalyst Bed  [in Japanese]

    KAI Takami , NISHIE Kyouichi , TAKAHASHI Takeshige , NAKAJIMA Mitsuyuki

    反応によってガス体積(モル数)が減少する反応を流動触媒層で行った場合の流動化状態を調べるために, ガラス製の反応器を使用して層内で起きる現象を観察した. その結果, 反応が進行すると, 条件によっては層上部の触媒粒子が凝集し, 流動化が停止して, 塔径大の粒子層の塊が流動化ガスによって持ち上げられることがわかった. このようにエマルション相が凝集することの原因の一つとして, エマルション相と気泡相 …

    KAGAKU KOGAKU RONBUNSHU 30(3), 256-261, 2004-05-20

    J-STAGE  References (13)

  • Catalyst Deactivation of High-silica ZSM-5 Zeolite Modified with Noble Metals during Vapor Phase Beckmann Rearrangement of Cyclohexanone Oxime  [in Japanese]

    TAKAHASHI Takeshige , KAI Takami

    調製ゲルにヒ素あるいはリンのような5価イオンを添加して調製した高シリカZSM-5およびこれを貴金属で修飾した触媒を用いて,シクロヘキサノンオキシムの気相ベックマン転位反応を行い,触媒の活性劣化に及ぼす希釈ガスおよび希釈溶媒の影響について検討した。希釈ガスとして二酸化炭素を用い,希釈溶媒としてメタノールを使用すると,貴金属修飾ZSM-5の触媒寿命が未修飾触媒の場合よりも著しく向上した。さらに,希釈ガ …

    Journal of the Japan Petroleum Institute 47(3), 190-196, 2004-05-01

    IR  J-STAGE  References (21)

  • Effects of Asphaltene Content in Atmospheric Residue and Mean Pore Size of Catalyst on Initial Deactivation of Hydrodesulfurization Catalyst  [in Japanese]

    HIGASHI Hidehiro , TAKAHASHI Takeshige , KAI Takami

    常圧残油の水素化脱硫反応(HDS)を細孔径の異なるγ-アルミナに担持したニッケル-コバルト-モリブデン触媒を用いて,深度脱硫条件で常圧残油の反応を行い,水素化脱硫(HDS)活性,水素化脱メタル(HDM)活性および触媒活性劣化に及ぼす細孔径の影響を検討した。HDM活性は細孔径とともにわずかに増加したが,HDS活性は細孔径とともに減少した。また,大きな細孔径をもつ担体に担持した触媒の初期活 …

    Journal of the Japan Petroleum Institute 47(2), 121-129, 2004-03-01

    IR  J-STAGE  References (13)

  • 焼酎を知ろう(応用編) : 芋焼酎を主とした本格焼酎の楽しみ  [in Japanese]

    TAKAHASHI Takeshige

    Petrotech 26(11), 918-921, 2003-11-01

  • 焼酎を知ろう(基礎編) : 芋焼酎を主とした本格焼酎の楽しみ  [in Japanese]

    TAKAHASHI Takeshige

    Petrotech 26(10), 831-834, 2003-10-01

  • Hydrolysis of Propylene Oxide in Presence of Hydrogen Peroxide  [in Japanese]

    TAKAHASHI Takeshige , NAKAO Eiko , KAI Takami

    触媒 = Catalysts & Catalysis 45(6), 498-500, 2003-09-10

    References (7)

  • Analysis of Bubbles in a Fluidized Catalyst Bed using a Fast X-ray CT Scanner  [in Japanese]

    KAI Takami , MISAWA Masaki , KANDA Tatsuji , TAKAHASHI Takeshige , TISEANU Ion , ICHIKAWA Naoki

    可視化情報学会誌. Suppl. 23(1), 173-174, 2003-07-01

    References (6)

  • Analysis of Bubbles in a Three-Dimensional Fluidized Catalyst Bed Using a Fast X-ray CT Scanner  [in Japanese]

    KANDA TATSUJI , KAI TAKAMI , TAKAHASHI TAKESHIGE , MISAWA MASAKI , ICHIKAWA NAOKI , TISEANU ION

    高速X線CTスキャナを利用して触媒流動層の分散器より0.6mの高さにおいて気泡の断層画像を得た.流動層には内径46mm,高さ1.5mのアクリル樹脂製のカラムを使用した.空気を流動化ガスとし,空塔ガス速度0.01–0.07ms<sup>− 1</sup>の範囲で測定を行った.得られた断層画像を使用して気泡の境界部の解析を行った.エマルション相の空隙率が …

    KAGAKU KOGAKU RONBUNSHU 29(1), 112-117, 2003-01-20

    J-STAGE  References (17) Cited by (1)

  • Development of non-halogen chemical processes  [in Japanese]

    TAKAHASHI Takeshige

    Nippon Nōgeikagaku Kaishi 77(1), 26-29, 2003-01-01

    J-STAGE  References (14)

  • 1 / 3
Page Top