新本 光孝 ARAMOTO Mitsunori

Articles:  1-20 of 47

  • 1 / 3
  • Measuring mortality of different species stump with DBH in a naturally regenerated clearcut subtropical forest

    Wu Lichao , Shinzato Takakazu , Ishigaki Choken , Aramoto Mitsunori , 呉 立潮 , 新里 孝和 , 石垣 長健 , 新本 光孝

    本研究は、亜熱帯常緑広葉樹林の森林回復に関する研究の一環として、1993年に沖縄島北部の琉球大学農学部与那フィールドの林地に設置された試験地を対象に、皆伐施業5年後の1998年に根株の生育と毎木調査を実施した。今回は主として、根株の生育、とくに枯死状態について報告する。皆伐施業試験地では、設定された天然林当時の樹高1.2m以上の立木62樹種、1,893個体のうち、382個体の根株が枯死し、1,51 …

    The Science bulletin of the Faculty of Agriculture, University of the Ryukyus (54), 29-34, 2007-12

    IR  JASI 

  • Feed plant, dressing and utilization of carcass of Ryukyuan wild boar in Iriomote Island  [in Japanese]

    石垣 長健 , 新里 孝和 , 新本 光孝 [他] , 呉 立潮 , Ishigaki Choken , Shinzato Takakazu , Aramoto Mitunori , Wu Lichao

    近年、イノシシ肉はグルメブーム、観光ブーム、村おこしブームなどにより商品化が高まりつつある。西表島におけるリュウキュウイノシシと餌資源である森林植物との関係、解体および利用方法を明らかにし、将来的に持続可能な狩猟を行い、食用資源としての需要を図ることを目的とした。調査の結果、西表島のリュウキュウイノシシはドングリ(イタジイ、オキナワウラジロガシ)などの堅果類を好み、その他主に植物性のものを採食し、 …

    The Science bulletin of the Faculty of Agriculture, University of the Ryukyus (54), 23-27, 2007-12

    IR  JASI 

  • The traditional techniques and current conditions of wild boar hunting in Iriomote island  [in Japanese]

    石垣 長健 , 新里 孝和 , 新本 光孝 , Ishigaki Choken , Shinzato Takakazu , Aramoto Mitsunori

    西表島に生息するイノシシは、ニホンイノシシに比較して小形のリュウキュウイノシシである。イノシシ猟は西表島の自然と人間の生活の共存の中で維持されてきた。西表島におけるイノシシ猟の伝統的な技術の変遷をたどり、現在、住民が行っているイノシシ猟の方法とそれに係る生息数などの実状を明らかにし、安定的で持続的なイノシシ猟の需要を図ることを目的とした。調査の結果、イノシシの狩猟資格者が多くなりそれに伴ってイノシ …

    The Science bulletin of the Faculty of Agriculture, University of the Ryukyus (53), 11-18, 2006-12

    IR  JASI 

  • Stand structure and species diversity of 18-year-old post clearcut-burn regeneration of a subtropical evergreen broad-leaved forest on Iriomote Island, Okinawa

    WU Lichao , SHINZATO Takakazu , ARAMOTO Mitsunori

    亜熱帯常緑広葉樹林の天然林伐採跡地における二次遷移の研究の一環をなすものである。本論文では熱帯,亜熱帯地域の焼畑を想定し,沖縄西表島で天然林を伐採,伐木を燃焼した跡地18 年後の林分構造と出現樹種の種の多様性について分析した。試験地の面積は0.87 ha で伐採前に燃焼区と対照区に区分し,10m×10m (100 m<SUP>2</SUP>)の方形プロットを4 …

    Journal of the Japanese Society of Revegetation Technology 32(2), 337-345, 2006-11-30

    J-STAGE  References (34)

  • Seven-year succession of a subtropical laurel forest following strip clear-cutting on Okinawa Island

    WU Lichao , SHINZATO Takakazu , ARAMOTO Mitsunori

    本論文は沖縄の亜熱帯照葉樹林地帯において、天然更新を基盤とする各種天然林施業法に関する研究の一環をなすものである。帯状伐採施業は1994年実行され、保残区残存木の報告に引き続き施業7年後の伐採区について調査した。試験林設定時の伐採区は伐採樹種53種、891株で、今回は根株(伐採株)の腐朽状態と萌芽幹、実生幹、新規発生木を樹高1.0m以上の全出現個体について毎木調査を行った。根株の枯死率(腐朽状態- …

    The Science bulletin of the Faculty of Agriculture, University of the Ryukyus (52), 15-21, 2005-12

    IR  JASI 

  • Resources plant studies on the natural forest in subtropical Okinawa(7)About plant distribution on the main islands of the Ryukyus

    ARAMOTO Mitsunori , SHINZATO Takakazu , ASATO Isao , ISHIGAKI Choken , WU Lichao

    本研究は、亜熱帯沖縄における天然林の資源植物学的研究の一環として、亜熱帯・沖縄県の主要島嶼の沖縄島、宮古島、石垣島、西表島を対象に既応の著書・文献を用いて分布植物のデータベース化をはかるために森林植物を中心とした全ての在来植物の分布種及び外来種を明らかにするために行ったものである。琉球列島全体の分布植物は、琉球植物目録(FRSAI、1994)で238科、1688属、5473種で最も多く、Flora …

    The Science bulletin of the Faculty of Agriculture, University of the Ryukyus (52), 9-14, 2005-12

    IR  JASI 

  • Surviving States of Primary Trees in Residual Areas Seven Years after Strip Clear-cutting in a Natural Laurel Forest in Okinawa, Japan

    SHINZATO Takakazu , Wu Lichao , ARAMOTO Mitsunori

    本論文は亜熱帯照葉樹林地帯において、天然更新を基盤とする各種天然林施業法に関する研究の一環をなすものである。天然林施業試験林は沖縄島北部と西表島西部にあり、沖縄島北部では琉球大学農学部附属亜熱帯フィールド教育研究センター・与那フィールドに皆伐施業(1992年度)、択伐施業(1993年度)、帯状伐施業(1994年度)が設定された。帯状伐施業は天然林の面積3600m(2)で、斜面方向に10m幅の6帯状 …

    The Science bulletin of the Faculty of Agriculture, University of the Ryukyus (51), 151-157, 2004-12

    IR  JASI 

  • Plant resources studies on the natural forest in subtropical Okinawa (VI) : Distribution of the economically important plant in Miyako Island  [in Japanese]

    ARAMOTO Mitsunori , ISHIGAKI Choken , HIRATA Eiji , SHINZATO Takakazu , ASATO Isao

    本研究は、亜熱帯沖縄における天然林の資源植物学的研究の一環として、宮古島を対象に森林植物を中心とした資源植物の分布および用途別の分類を行い、今後の資源植物の収集・保存・増殖および開発・利用を進めていく上での基礎的な資料を得るために行ったものである。 調査の結果は次のとおりである。 1.森林資源調査における出現樹種は28種、樹種別の分布率はCasuarina equisetifoliaモクマオウ38 …

    The Science bulletin of the College of Agriculture,Universty of the Ryukyus (48), 195-203, 2001-12

    IR  JASI 

  • The point of view on the improvement operation of natural broad leaved forest in Okinawa prefecture  [in Japanese]

    ASATO Isao , HIRATA Eiji , ARAMOTO Mitunori , IKUZAWA Hitoshi , TERAZONO Ryuichi

    1)天然林改良事業の施業法改善に資するため、沖縄県内で実績のある16市町村について、施業方法に関する意向を調査した。 2)沖縄県においては、天然林改良事業が最も重要な森林整備事業である。 3)天然林改良事業の目的については、水源かん養、生活環境保全、森林レクリエーションに貢献することを重視している。 4)施業の方法としては、これまでの施業指針に基づきつつ、特に有用樹種の保残を図ることを望んでいる。 …

    The Science bulletin of the College of Agriculture,Universty of the Ryukyus (48), 61-69, 2001-12

    IR  JASI 

  • 亜熱帯沖縄における天然林の資源植物学的研究(5)  [in Japanese]

    新本 光孝 , 石垣 長健 , 新里 孝和 , 仲里 長浩

    この研究は,亜熱帯沖縄における森林植物の希少植物等の探索・収集・保存・増殖に関する研究の一環として,石垣島於茂登岳山麓において自生が確認されたサキシマスオウノキ(Heitiera littoralis)林を対象に生育木の現状および生育地の植生を明らかにしたものである。 調査の結果は次のとおりである。 1.サキシマスオウノキは通常マングローブの後背湿地や海岸付近に分布する。しかし,石垣島於茂登岳山麓 …

    琉球大学農学部学術報告 = The science bulletin of the College of Agriculture, University of the Ryukyus (47), 159-165, 2000-12

    JASI 

  • Plant resources studies on the natural forest in subtropical Okinawa (V) : Heritiera littoralis at the Omotodake on Ishigaki Island  [in Japanese]

    ARAMOTO Mitsunori , ISHIGAKI Choken , SHINZATO Takakazu , NAKAZATO Nagahiro

    この研究は, 亜熱帯沖縄における森林植物の希少植物等の探索・収集・保存・増殖に関する研究の一環として, 石垣島於茂登岳山麓において自生が確認されたサキシマスオウノキ(Heitiera littoralis)林を対象に生育木の現状および生育地の植生を明らかにしたものである。調査の結果は次のとおりである。1. サキシマスオウノキは通常マングローブの後背湿地や海岸付近に分布する。しかし, 石垣島於茂登岳 …

    The Science bulletin of the College of Agriculture,Universty of the Ryukyus (47), 159-171, 2000-12

    IR 

  • Plant resources studies on the natural forest in subtropical Okinawa (IV) : Pterocarpus indicus Willd in the Hirakubo, Ishigaki Island  [in Japanese]

    ARAMOTO Mitsunori , SHINZATO Takakazu , NAKAZATO Nagahiro , ISHIGAKI Choken

    この研究は, 亜熱帯沖縄における森林植物の希少植物等の探索・保存・増殖に関する研究の一環として, 石垣島平久保のヤエヤマシタン(Pterocarpus indicus)林を対象に生育木の現状および生育地の植生調査を行ったものである。調査の結果は, 次のとおりである。1. 平久保のヤエヤマシタンは, 1972年5月15日に国の天然記念物に指定された。2. 現在, ヤエヤマシタンは石垣島で自生木, 栽 …

    The Science bulletin of the College of Agriculture,Universty of the Ryukyus (46), 169-181, 1999-12

    IR  JASI 

  • A characteristic of activity of working squad affiliated to forestry cooperative in Okinawa prefecture  [in Japanese]

    ASATO Isao , HIRATA Eiji , ARAMOTO Mitunori , SHINOHARA Takeo

    沖縄県における林業従事者の雇用の促進や就労環境の改善に寄与することを目的に,森林組合傘下の13作業班について,年間の就労日数や作業内容等の就労実態調査を行った。その結果を要約するとおよそ次の通りである。1) 作業班員には60歳以上の者が多く,5年以上の林業経験者が約60%を占めている。2) 沖縄本島の作業班は,班長の個人経営体的性格が強く,森林組合と班長の間で「下請け」契約を交わして事業を行ってい …

    The Science bulletin of the College of Agriculture,Universty of the Ryukyus (46), 61-70, 1999-12

    IR  JASI 

  • Studies on the collection and preservation of tropical and subtropical economically important plants (XIII) : Natural forest in the Iriomote Island  [in Japanese]

    ARAMOTO Mitsunori , HIRATA Eiji , ASATO Isao , SHINZATO Takakazu

    本研究は, 西表島における天然林の樹種の分布, 資源量および資源植物学的分類を明らかにしたものである。その結果を要約すると次のとおりである。1 森林資源調査における出現樹種は90種であった。樹種別の本数分布率はイタジイ13%, タブノキ6%, リュウキュウマツ6%, エゴノキ5%, シャリンバイ3%, モクタチバナ 3%, リュウキュウモチノキ3%, エゴノキ3%, ハゼノキ3%, リュウキュウガ …

    The Science bulletin of the College of Agriculture,Universty of the Ryukyus (45), 221-229, 1998-12

    IR  JASI 

  • Studies on the Multiple Storied Forest : 2. A case of a nutural broad leaved forest as an upper story  [in Japanese]

    HIRATA Eiji , ASATO Isao , ARAMOTO Mitsunori , SHINZATO Takakazu

    天然生広葉樹林を上層とする複層林について, 名護市及び国頭村で調査を行い, 上層の林分構造を明らかにすると共に, 下層木のイスノキ及びイヌマキの樹高成長について検討した。その結果を要約するとおよそ次の通りである。1) 施業林分は18∿50年生(平均38年)の壮齢林分で, 天然生広葉樹林の現実林林分材積収穫表(平均地位)と比較して, 直径及び樹高は類似しているが, 本数及び材積についてはかな …

    The Science bulletin of the College of Agriculture,Universty of the Ryukyus (45), 209-219, 1998-12

    IR  JASI 

  • Studies on the collection and preservation of tropical and subtropical economically important plants (XII) : Forest resources in the Ishigaki Island (Tropical Biosphere Research Center)  [in Japanese]

    ARAMOTO Mitsunori , HIRATA Eiji , YAMAMORI Naosi , ASATO Isao

    本研究は,石垣島における森林資源の樹種の分布および資源量を明らかにしたものである。その結果を要約すると次のとおりである。1 森林資源調査における出現樹種は112種,樹種別の本数分布率はイタジイ11%,タブノキ6%,モクタチバナ5%,フカノキ4%,エゴノキ3%,ハゼノキ3%,リュウキュウガキ3%,オオバギ2%の順であった。ha当たり100本以上のこれら8種で全本数の約37%を占め,残りの約63%は1 …

    The Science bulletin of the College of Agriculture,Universty of the Ryukyus (43), 153-162, 1996-12

    IR  JASI 

  • Studies on improvement of stand structure of evergreen broadleaved forest in Okinawa : (7) On height growth of Distylium racemosum S. & Z. and Podocarpus macrophyllus D. Don in under-planting and Garcinia subelliptica Merr. in underseeding (Forestry Experiment Station)  [in Japanese]

    HIRATA Eiji , ASATO Isao , TERAZONO Ryuichi , ARAMOTO Mistunori , ZHOU Guangming

    本報は,天然生広葉樹林内に,弱度,中度,強度の除伐区及び皆伐区,対照区(無除伐)の合計5つのプロット(20m×20m)を設置し,各プロットにイスノキ,イヌマキ及びフクギ(播種)を植え付け,その活着率,発芽率(フクギ)及び樹高成長について調査したものである。調査の結果を要約すると次の通りである。1) イスノキ及びイヌマキの活着率は,それぞれ平均99.7%及び99.2%に達し,植栽後3年間が経過したに …

    The Science bulletin of the College of Agriculture,Universty of the Ryukyus (43), 131-141, 1996-12

    IR  Cited by (1)

  • Studies on the collection and preservation of tropical and subtropical economically important plants (XI) : Forest resources in the Kerama Islands (Research Institute of Tropical Agriculture)  [in Japanese]

    ARAMOTO Mitsunori , HIRATA Eiji , YAMAMORI Naoshi , ASATO Isao

    本研究は,慶良間諸島における森林資源の林木の分布および資源量を明らかにしたものである。その結果を要約すると次のとおりである。1 森林資源調査における出現樹種は46種であった。樹種別の本数率はシバニッケイ20%,リュウキュウマツ19%,タブノキ12%,イタジイ7%,ホソバシャリンバイ5%,ヒメユズリハ5%,ヤマモモ4%,モッコク4%,コバンモチ3%,カクレミノ3%,フカノキ2%であった。ha当たり1 …

    The Science bulletin of the College of Agriculture,Universty of the Ryukyus (40), p167-174, 1993-12

    IR  JASI 

  • The grazing plants and vegetation on the range and field in Iriomote Island, Ryukyus (Forestry Experiment Station)  [in Japanese]

    Shinzato Takakazu , Aramoto Mitsunori , Yamamori Naosi

    熱帯,亜熱帯性資源植物の収集,保存に関する研究の一環として,西表島における原野の植生と牛の採食する植物を調査した。放牧地の植生は,チガヤ,ハイキビ,オガサワラスズメノヒエ,フタシベネズミノオなどが全域の共通種として出現し,やや湿地性の植物と乾燥地性の植物とで植生が異なるところがみられた。放牧地では比較的短期間で植生遷移が進むようで,造成後3年くらいで低木性のアダン,バンジロウ,アカメガシワ,オオバ …

    The Science bulletin of the College of Agriculture,Universty of the Ryukyus (40), p153-165, 1993-12

    IR  JASI 

  • Studies on the collection and preservation of tropical and subtropical economically important plants (IX) : Forest resources in the central and southern parts of Okinawa Island (Reseach Institute of Tropical Agriculture)  [in Japanese]

    ARAMOTO Mitsunori , HIRATA Eiji , YAMAMORI Naoshi , ASATO Isao

    本研究は,沖縄本島中南部地域における森林資源の林木の分布および資源量を明らかにしたものである。その結果を要約すると次のとおりである。1森林資源調査における出現樹種は60種であった。樹種別の本数率はギンネム14%,イジュ13%,ヤブニッケイ10%,リュウキュウマツ8%,ナカハラクロキ5%,シバニッケイ4%,モマタチバナ4%,ハマイヌビワ3%,ホルトノキ3%,タブノキ3%であった。ha当り100本以上 …

    The Science bulletin of the College of Agriculture,Universty of the Ryukyus (39), p189-197, 1992-12

    IR  JASI 

  • 1 / 3
Page Top