山本 喜一 YAMAMOTO YOSHIKAZU

Articles:  1-20 of 28

  • 1 / 2
  • A Class Estimation Method for Extended Named Entities with Multiple Meanings  [in Japanese]

    富田 準二 , 福田 浩章 , 山本 喜一

    文書からの知識抽出を行うために,詳細にクラス分けされた固有表現の辞書が必要とされている.本稿では,このような辞書の自動構築を目指し,未知語が与えられたときに,その表記が対象クラスに属するかどうかを自動判定する手法を提案する.まず,教師データとして,クラスとそのクラスに属する表記集合だけが与えられたときに,タグなしコーパスから文脈情報を取得して集約し,学習および推定を行う従来手法について検証する.こ …

    情報処理学会論文誌データベース(TOD) 4(4), 34-47, 2011-12-28

    IPSJ  IPSJ 

  • A system for supporting development of large scale RIA applications  [in Japanese]

    福田 浩章 , 山本 喜一

    全国大会講演論文集 第70回(ソフトウェア科学・工学), 227-228, 2008-03-13

    IPSJ 

  • 2.ドキュメンテーション技術の標準化  [in Japanese]

    山本 喜一

    IPSJ Magazine 42(2), 付録54, 2001-02-15

  • 1.ソフトウェア技術の現状とISOの標準化活動の役割  [in Japanese]

    山本 喜一

    IPSJ Magazine 42(2), 付録53, 2001-02-15

  • グラフアルゴリズムアニメーション with AATT  [in Japanese]

    松井 望 , 山本 喜一

    現在, 大学のアルゴリズムの講義に使用されている教材は大半が教科書であろうと推測する. しかし, 紙面上でのアルゴリズムの動きを紹介, 説明することは容易ではなく, また理解も困難である. つまり動きを持つアルゴリズムを説明したり理解するには静的な紙面上では限界がある. そこでXウィンドウ上で動的にアルゴリズムをとらえるために AATT:アルゴリズムアニメーションシステムを試作した。今回試作したグ …

    全国大会講演論文集 第54回(ソフトウェア科学・工学), 433-434, 1997-03-12

    IPSJ 

  • 特集「情報の可視化」の編集にあたって  [in Japanese]

    島崎 眞昭 , 山本 喜一

    コンピュータソフトウェア 00012(00004), 322, 1995-07-17

  • Production of electronic art exhibition  [in Japanese]

    Ikeda Shinkichi , Yamamoto Yoshikazu

    People all over the world is now very interested in the Multimedia. While, we haven't found what it is. It is true that everyone is looking for the exact example of the Multimedia, which satisfies the …

    IPSJ SIG Notes 95(40), 31-37, 1995-05-12

  • Utilizing Knowledge in Shogi Opening  [in Japanese]

    松永 賢次 , 山本 喜一

    将棋の序盤戦を,知識を利用してプレーするシステムについて述べる。従来のゲームプレイングシステムにおいては,Brute Force Searchingに代表されるような発見的探索を用いて着手を決定していた。ゲームの中盤戦や終盤戦において,知識を利用して着手を決定する研究がなされてきたが,必ずしも発見的探索による着手よりも良い手を選べないのが現状である。一方,序盤戦においては,発見的探索によって良い手 …

    全国大会講演論文集 第37回(知識情報処理), 1401-1402, 1988-09-12

    IPSJ 

  • Icon  [in Japanese]

    YAMAMOTO YOSHIKAZU

    IPSJ Magazine 28(9), p1153-1157, 1987-09-14

    IPSJ 

  • GPSS処理系の比較  [in Japanese]

    山本 喜一 , Yoshikazu Yamamoto , 慶応義塾大学情報科学研究所

    コンピュータソフトウェア = Computer software 3(2), 133-152, 1986-04-15

  • SIMULA  [in Japanese]

    YAMAMOTO YOSHIKAZU

    IPSJ Magazine 22(6), p477-482, 1981-06-15

    IPSJ 

  • A Document Database for Aggregating Information Elements in a Large Document Set and Its Evaluation on a Sentiment Analysis Service  [in Japanese]

    TOMITA Junji , MATSUO Yoshihiro , FUKUDA Hiroaki , YAMAMOTO Yoshikazu

    Webから得られる様々な情報の中には,会社や製品の評判や競合他社の動向などのように,多数の文書の中の情報の断片(情報要素)を集約して初めて得られるものも数多く存在する.本論文では,このような情報要素の集約タスクへの適用を目的とした文書情報集約データベースの基本アーキテクチャを提案する.本データベースでは,大規模文書データに含まれる各情報要素をタプルとする単一の仮想的なリレーションを生成し,そこへの …

    The IEICE transactions on information and systems (Japanese edetion) 95(2), 250-263, 2012-02-01

    References (19)

  • Motion Groove : An Augmented Live Stage System  [in Japanese]

    Matsushita Nobuyuki , Katsube Moto , Hihara Daisuke , Ushiro Teruyuki , Kanematsu Koichi , Yoshimura Shinichi , Rekimoto Jun , Yamamoto Yoshikazu

    This paper describes our design and implementation of a new augmented live stage system called Motion Groove. Our system is a new application of a Mixed Reality system. On a live stage, because of lig …

    Transactions of the Virtual Reality Society of Japan 8(3), 329-338, 2003

    J-STAGE  References (15) Cited by (1)

  • AspectFX : A Framework for Supporting Collaborative Works in RIA by Aspect Oriented Approach  [in Japanese]

    FUKUDA Hiroaki , YAMAMOTO Yoshikazu

    本論文では,リッチインターネットアプリケーション(RIA)開発におけるデザイナと開発者の協業を,アスペクト指向を導入して支援するフレームワーク,AspectFXの提案と実装について述べる.従来のウェブアプリケーションと異なり,RIAでは洗練されたデザインやアニメーション,操作性を提供する.そのため,RIA開発では画面をデザインするデザイナと,機能を実装する開発者の協業が必要になる.一般に複数人で行 …

    The IEICE transactions on information and systems 93(7), 1165-1178, 2010-07-01

    References (18)

  • Mobicom : A Framework for Developing an Application with Partial Mobility  [in Japanese]

    FUKUDA Hiroaki , YAMAMOTO Yoshikazu

    現在の情報システムでは,ユーザが一意のデータを複数のコンピュータで継続して処理する機会も増えている.しかし,我々が使用するアプリケーションの多くは単一のコンピュータで処理が完結することを前提としており,ネットワークでつなかった複数のコンピュータで処理を継続する場合でもデータを保存して転送し,別のコンピュータのアプリケーションで読み込む必要がある.そのため,データを処理できるアプリケーションの有無で …

    The IEICE transactions on information and systems 89(12), 2543-2552, 2006-12-01

    References (13)

  • SmartMobile : A Framework for Supporting Partial on Demand Loading of an Application  [in Japanese]

    FUKUDA Hiroaki , YAMAMOTO Yoshikazu

    近年アプリケーションの多様化に伴い,我々はコンピュータを使用して日常的な活動を効率的に行うことが多くなった.また,無線LANなどのインフラも整備され,容易にネットワークを利用できるようになった.しかし,多くのアプリケーションはデータの送受信などでネットワークを使用することはあるものの,それ自身のインストールと実行をネットワークを介してシームレスに行うことを前提としていない.したがって,ユーザは前も …

    The IEICE transactions on communications B 89(10), 1902-1910, 2006-10-01

    References (10) Cited by (1)

  • Generation of a Help Document Based on Factbases  [in Japanese]

    TSUJI SHOGO , YAMAMOTO YOSHIKAZU , HIRAI KOICHI

    We propose a framework of dynamic generation for user's manual of GUI-based software and its authoring environment for technical writers. This framework and environment are based on our proposed fact …

    IPSJ journal 48(8), 2699-2712, 2007-08-15

    IPSJ  References (11)

  • MobileStart:A System for Supporting Seamless Loading of an Application  [in Japanese]

    FUKUDA HIROAKI , YAMAMOTO YOSHIKAZU

    As a result of the popularization of information system and the appearance of low cost computers with high performance, the opportunities that we work with two or three computers are increased nowaday …

    IPSJ journal 48(2), 578-587, 2007-02-15

    IPSJ  References (13)

  • XFW: A System Implementation against Address Spoofing for Open Network Access Service  [in Japanese]

    FUKUDA HIROAKI , YAMAMOTO YOSHIKAZU

    Personal computers are getting much smaller and easier to carry about in these days. LAN sockets and Access Points of wireless network are being installed in public areas like hotels, airports and uni …

    IPSJ journal 47(8), 2352-2361, 2006-08-15

    IPSJ  References (14)

  • Automatic identification of cited papers.  [in Japanese]

    MIHIRA Yoshiro , YAMAMOTO Yoshikazu , Yoshiro Mihira , Yoshikazu Yamamoto , 慶応義塾大学大学院理工学研究科計算機科学専攻 , 慶応義塾大学大学院理工学研究科計算機科学専攻 , Department of Computer Science Graduate School of Science and Technology Keio University , Department of Computer Science Graduate School of Science and Technology Keio University

    文献検索の適合率を高めるために,引用関係を利用するには,引用文献の同定が重要となる.引用文献が同定できれば,文献群を自動的にリンクしたデータベースを作成できる.しかし,一般論文の文献リストでは,要素の書き方や順番がさまざまで,そこから被引用文献を機械的に特定することが難しい.そこで本研究では,文献リストの引用文献を,被引用文献の二次情報データベースを用いて同定する方法について述べる.

    コンピュータソフトウェア 00014(00001), 35-39, 1997-01-16

    References (3)

  • 1 / 2
Page Top