杉森 みど里 SUGIMORI Midori

ID:1000020070758

群馬県立県民健康科学大学 Gunma Prefectural College of Health Sciences (2009年 CiNii収録論文より)

Search authors sharing the same name

Articles:  1-20 of 84

  • 1 / 5
  • Analysis of trends in nursing research on "safety management" in Japan from 2002 to 2006  [in Japanese]

    Yamasumi Naomi , Sagara Yumi , Sadahiro Wakako , Ogawa Taeko , Iwanami Hiromi , Enoki Etsuko , Sugimori Midori

    目的:2002年から2006年に公表されたわが国の安全管理に関する看護学研究を分析し,研究の動向と領域を明らかにし,看護基礎教育における安全管理教育とエビデンス構築に向けた課題を検討する.方法:医学中央雑誌WEB版を用いて検索した研究を対象とし,分析フォームを用いてデータ化した.研究内容の分類には,先行研究に基づき作成した分類カテゴリを用いた.分析項目毎に記述統計値を算出した.結果:932件の研究 …

    Bulletin of Gunma Prefectural College of Health Sciences 4, 47-66, 2009-03

    IR  Ichushi Web 

  • The current situation and issues surrounding safety management education in undergraduate nursing programs  [in Japanese]

    Iwanami Hiromi , Ogawa Taeko , Sadahiro Wakako , Sasaki Kaoru , Sagara Yumi , Sugimori Midori

    目的:安全管理教育の充実に向けて,看護系大学における現状と課題を明らかにする.方法:安全管理に関する教育内容の19要素について授業で取り扱っている程度を問う選択式質問と,安全管理教育の課題を問う自由記述式質問から質問紙を構成した.質問紙は,研究協力を得た21大学に所属する教員448名に郵送により配布した.結果:95の回答を得た(有効回答率21.3%).安全管理に関する教育内容の要素の多くは,単元あ …

    Bulletin of Gunma Prefectural College of Health Sciences 4, 91-103, 2009-03

    IR  Ichushi Web  Cited by (1)

  • Current status and features of definitions of terms related to health care accidents  [in Japanese]

    Sagara Yumi , Iwanami Hiromi , Sadahiro Wakako , Yamasumi Naomi , Takai Yukari , Enoki Etsuko , Sugimori Midori

    本論文は,看護基礎教育課程における安全管理教育の充実に向けた基礎資料とすることを目的に,医療事故に関連する主要な用語の定義について,その現状と特徴を整理した.安全管理に関する主要な指針,報告書,研究論文等を概観し,「医療事故」と,医療事故に関連して用いられることの多い「看護事故」,「有害事象」,「警鐘事象」,また国内外で異なる内容で用いられている「インシデント」および「ヒヤリ・ハット」,「ニアミス …

    Bulletin of Gunma Prefectural College of Health Sciences 3, 83-100, 2008-03

    IR  Ichushi Web  Cited by (1)

  • Content analysis of safety management described in published syllabi of undergraduate nursing programs  [in Japanese]

    Iwanami Hiromi , Sadahiro Wakako , Sasaki Kaoru , Sagara Yumi , Yamasumi Naomi , Sugimori Midori

    目的:看護系大学のシラバスの記述内容の分析を通して,安全管理に関する教育内容の現状を明らかにし,看護基礎教育課程におけるカリキュラム検討の基礎資料とする.方法:平成18年度に開学しているわが国の全ての看護系大学にシラバスの提供を依頼した.入手したシラバスを精読し,安全管理に関する教育内容を含む授業科目を抽出した.次に授業の内容について, Berelson,B.の内容分析の手法を参考に分析した.結果 …

    Bulletin of Gunma Prefectural College of Health Sciences 3, 53-68, 2008-03

    IR  Ichushi Web 

  • Content analysis to clarify the status and features of overseas nursing doctoral dissertations on "safety management"  [in Japanese]

    Takai Yukari , Sagara Yumi , Sadahiro Wakako , Yamasumi Naomi , Iwanami Hiromi , Hara Miyako , Enoki Etsuko , Sugimori Midori

    目的:諸外国の博士論文における安全管理研究の動向やその内容の特徴を明らかにし,その結果をもとに,看護基礎教育における安全管理に関する教育内容を検討する.方法:「nursing」,「doctoral dissertation」と「incident」,「adverse event」などの用語を用いてWeb版CINAHLにより対象文献を検索した.検索された研究を分析フォームに基づきデータ化した.データの …

    Bulletin of Gunma Prefectural College of Health Sciences 3, 21-39, 2008-03

    IR  Ichushi Web 

  • Examination of the concept of "safety management" in the curriculum of Gunma Prefectural College of Health Sciences  [in Japanese]

    Iwanami Hiromi , Sadahiro Wakako , Sugimori Midori , Sagara Yumi

    本論文は,群馬県立県民健康科学大学における共同研究プロジェクトの一部であり,本学カリキュラムにおける安全管理教育の充実を目指した共同研究の前提として,文献検討を行った.安全管理に関する文献を概観し,「安全」,「医療事故」,「リスクマネジメント」,「安全管理」について,それぞれの概念および定義を整理した.さらに,医療の質と安全管理の関係を考察した.これらの検討に基づき,「安全管理」を概念規定した.資 …

    Bulletin of Gunma Prefectural College of Health Sciences 2, 47-56, 2007-03

    IR  Ichushi Web 

  • Present state of nursing research on "safety management" in Japan  [in Japanese]

    Yamasumi Naomi , Iwanami Hiromi , Sadahiro Wakako , Sagara Yumi , Murakami Michiko , Ohkawa Michiyo , Sugimori Midori

    目的: わが国の「安全管理」に関する看護学研究の現状を解明し,看護基礎教育における安全管理教育のためのエビデンスの構築に向けた課題を検討する.方法: 2004年と2005年に医学中央雑誌Web版に掲載された安全管理に関する看護学研究を対象とした.分析フォームを用いてデータ化し,研究デザイン等に関しては記述統計値を算出,研究内容はBerelson,B.の内容分析の手法を参考に分析した.結果: 317 …

    Bulletin of Gunma Prefectural College of Health Sciences 2, 27-45, 2007-03

    IR  Ichushi Web 

  • 学術集会会長挨拶 : 経験から研究へ、研究成果から実践へ(日本看護教育学学会第16回学術集会)  [in Japanese]

    杉森 みど里

    Journal of Research for Nursing Education 15(2), 1, 2006

    J-STAGE 

  • 看護職者の可能性を拓く自律的な学習の継続(日本看護教育学学会第14回学術集会報告)  [in Japanese]

    横山 京子 , 杉森 みど里

    Journal of Research for Nursing Education 14(1), 87, 2005

    J-STAGE 

  • Learning Experiences of Male Nursing Students  [in Japanese]

    Matsuda Yasuhiro , Funashima Naomi , Sugimori Midori

    本研究の目的は、男子看護学生の学習経験を説明する概念を創出し、その総体から男子看護学生の学習経験の特徴を明らかにすることである。研究方法論には、看護概念創出法を適用した。データ収集は、看護基礎教育課程を卒業した看護士を対象とし、半構造化面接法を用いて行った。その結果、男子看護学生の学習経験の総体を示す7つの概念を創出した。その概念とは、【卒業要件充足・看護士免許取得に向けた学習進行による成果の獲得 …

    Journal of Research for Nursing Education 10(1), 15-28, 2001

    J-STAGE  Ichushi Web 

  • Faculty's Behaviors toward Goal Attainment in Nursing Clinical Practicum : Focused on Interaction with Nursing Student  [in Japanese]

    Hirota Toshiko , Funashima Naomi , Sugimori Midori

    本研究の目的は、看護学実習における学生との相互行為場面に焦点を当て、実習目標達成という視点から教員の行動を説明する概念を創出することである。研究方法論には看護概念創出法を適用した。データは、学生との相互行為場面における教員の行動を参加観察法(非参加型)により収集し、実習目標達成という視点から持続比較分析した。その結果、学生との相互行為場面における教員の行動を説明する8つの概念を創出した。8つの概念 …

    Journal of Research for Nursing Education 10(1), 1-14, 2001

    J-STAGE  Ichushi Web  Cited by (2)

  • これからの看護に求められるもの  [in Japanese]

    杉森 みど里

    Annual reports of Gunma Prefectural College of Health Science (7), 41-46, 2000-03

    Ichushi Web 

  • 医療を受ける人々への支援の在り方  [in Japanese]

    杉森 みど里

    Annual reports of Gunma Prefectural College of Health Science (7), 1-5, 2000-03

    Ichushi Web 

  • Initial Study in Development of the Self-evaluation Scale of Nurse's Understanding of the Patient : Making and Selecting of Items of the Scale on the Qualitative and Inductive Study  [in Japanese]

    Kawashima Rie , Shadahiro Wakako , Funashima Naomi , Shugimori Midori

    本研究の目的は、看護の対象理解に関する自己評価尺度の開発に向けて質問項目を作成し、その中から適切な質問項目を選定することである。質問項目作成の枠組みには、質的帰納的研究の成果である患者行動を説明する5概念を用いた。本研究は、質問項目の作成と尺度化(第1段階)、作成した質問項目の内容的妥当性の検討とそれに基づく修正(第2段階)、作成した質問項目で構成した尺度を用いる調査の実施(第3段階)の3段階を経 …

    Journal of Research for Nursing Education 9(1), 26-39, 2000

    J-STAGE  Ichushi Web 

  • Concept Analysis of "Goal Attainment in Nurse-Patient Interaction" and "Satisfaction in Nurse-Patient Interaction" : Toward to Test King's Theory of Goal Attainment  [in Japanese]

    Kameoka Tomomi , Funashima Naomi , Sugimori Midori

    本研究の目的は、キング目標達成理論の検証に向けて、同理論の概念「看護婦・士-患者相互行為における目標達成」及び「看護婦・士-患者相互行為における満足感」に関する属性の定義と、各々の経験的指標となる測定用具の要件を明らかにすることである。研究方法論には、WalkerとAvant(1995)の方法による概念分析を用いた。その結果、「看護婦・士-患者相互行為における目標達成」の属性は、「看護婦・士と患者 …

    Journal of Research for Nursing Education 9(1), 15-25, 2000

    J-STAGE  Ichushi Web  Cited by (1)

  • Study on Learning Experiences at the Nursing Course of Registered Nurse Baccalaureate Students who had Practical Experiences  [in Japanese]

    Yokoyama Kyoko , Funashima Naomi , Sugimori Midori

    本研究の目的は、実務経験を持つ編入学生の看護学士課程における学習経験の説明概念を創出し、その総体を明らかにすることである。研究方法には、看護概念創出法を用いた。データ収集は、短期大学卒業後、実務経験を経て編入学により看護学士課程を卒業した看護職者を対象とし、半構造化面接により行った。その結果、実務経験を持つ編入学生の学習経験の総体を示す6つの概念を創出した。その概念とは、【履修計画に沿った学習活動 …

    Journal of Research for Nursing Education 9(1), 1-14, 2000

    J-STAGE  Ichushi Web 

  • 学生が知覚している看護学教員のロールモデル行動に関する研究(演題発表及び研究批評,研究・教育・実践の循環と看護教育学の発展,日本看護教育学学会 第10回学術集会)  [in Japanese]

    中谷 啓子 , 松田 安弘 , 廣田 登志子 , 三浦 弘恵 , 横山 京子 , 杉森 みど里 , 亀岡 智美 , 定廣 和香子 , 舟島 なをみ

    Journal of Research for Nursing Education 9(2), 8-9, 2000

    J-STAGE  Ichushi Web 

  • 学会長挨拶(研究・教育・実践の循環と看護教育学の発展,日本看護教育学学会 第10回学術集会)  [in Japanese]

    杉森 みど里

    Journal of Research for Nursing Education 9(2), 1, 2000

    J-STAGE 

  • TESTING OF THE ASSOCIATION BETWEEN NURSES' ATTRIBUTES AND THEIR PROBLEM-SOLVING BEHAVIORS  [in Japanese]

    永野 光子 , 舟島 なをみ , 杉森 みど里

    本研究の目的は,先行研究により関係が明らかになった,看護婦・士になった動機,自己教育力,仕事に対する満足度の3因子と問題解決行動の質との関連を示す3つの仮説を検証することである。測定用具は,(1)問題解決行動の質を測定するProblem-Solving Inventory,(2)自己教育力を測定するSelf Directed Learning Readiness Scale,(3)仕事に対する満足 …

    千葉看護学会会誌 5(1), 23-30, 1999-07-30

    IR  Ichushi Web 

  • 1 / 5
Page Top