中森 伸行 NAKAMORI Nobuyuki

ID:1000020107353

京都工芸繊維大学工芸学部電子情報工学科 Dept. of Electronics and Information Science, Kyoto Institute of Technology (2005年 CiNii収録論文より)

Search authors sharing the same name

Articles:  1-20 of 38

  • 1 / 2
  • Analog Photograph of Memories, Digital Image of Work  [in Japanese]

    NAKAMORI Nobuyuki

    日本写真学会誌 = Journal of The Society of Photographic Science and Technology of Japan 68(6), 482-483, 2005-12-25

  • LA-008 Measure of Shift Sensitivity in Filtering with Decimation or Interpolation  [in Japanese]

    Matsuo Tadashi , Yoshida Yasuo , Nakamori Nobuyuki

    情報科学技術レターズ (4), 29-32, 2005-08-22

    IPSJ 

  • Proposition of Shift Insensitive Wavelet Decomposition with Decimation  [in Japanese]

    MATSUO Tadashi , YOSHIDA Yasuo , NAKAMORI Nobuyuki

    間引きありのウェーブレット変換を用いると,原信号のシフトに依存して結果の信号が大きく変化してしまう.このため,波形の特徴量を信号の相対位置によらず安定に抽出することが難しい.間引きなしのウェーブレット変換を用いればこの間題を回避できるが,分解レベル数に応じて変換後信号のデータ量が非常に大きくなってしまう・本報告では,シフト依存性の評価法と,それを基に設計された新しいウェーブレットについて述べる.こ …

    Technical report of IEICE. EA 104(304), 31-36, 2004-09-10

    References (3)

  • Proposition of Shift Insensitive Wavelet Decomposition with Decimation  [in Japanese]

    MATSUO Tadashi , YOSHIDA Yasuo , NAKAMORI Nobuyuki

    間引きありのウェーブレット変換を用いると,原信号のシフトに依存して結果の信号が大きく変化してしまう.このため,波形の特徴量を信号の相対位置によらず安定に抽出することが難しい.間引きなしのウェーブレット変換を用いればこの間題を回避できるが,分解レベル数に応じて変換後信号のデータ量が非常に大きくなってしまう・本報告では,シフト依存性の評価法と,それを基に設計された新しいウェーブレットについて述べる.こ …

    IEICE technical report. Signal processing 104(306), 31-36, 2004-09-10

    References (3)

  • Proposition of Shift Insensitive Wavelet Decomposition with Decimation  [in Japanese]

    MATSUO Tadashi , YOSHIDA Yasuo , NAKAMORI Nobuyuki

    間引きありのウェーブレット変換を用いると,原信号のシフトに依存して結果の信号が大きく変化してしまう.このため,波形の特微量を信号の相対位置によらず安定に抽出することが難しい.間引きなしのウェーブレット変換を用いればこの問題を回避できるが,分解レベル数に応じて変換後信号のデータ量が非常に大きくなってしまう.本報告では,シフト依存性の評価法と,それを基に設計された新しいウェーブレットについて述べる.こ …

    電子情報通信学会技術研究報告. SIS, スマートインフォメディアシステム 104(308), 31-36, 2004-09-10

    References (3)

  • Construction of 2-D Wavelets with Directionality  [in Japanese]

    MATSUO Tadashi , YOSHIDA Yasuo , NAKAMORI Nobuyuki

    通常よく用いられている2次元ウェーブレット変換は1次元のウェーブレット変換を縦方向,横方向に施すものである.ウェーブレット変換を行うことで局所的な周波数を解析,操作することができるが,縦方向,横方向に1次元の変換を施す方法で2次元に拡張すると45度方向と135度方向の成分を区別することができない.本論文で提案する方法は,ウェーブレット変換と完全再構成可能なフィルタとを組み合わせることで4方向または …

    The Transactions of the Institute of Electronics, Information and Communication Engineers A 87(4), 554-562, 2004-04-01

    References (7)

  • Development of Automatic Verification System for Portal Image in Radiotherapy  [in Japanese]

    AKAZAWA HIROYUKI , NAGATA YASUSHI , HIRAOKA MASAHIRO , NAKAMORI NOBUYUKI , SHIOMOTO ATSUKO , YANO SHINSUKE , OKADA TAKASHI , OGAWA KENICHI , KOMATSU RYUUICHI , MORIMOTO MIHO , TAKAKURA TOORU

    The current method of verification for external beam radiation therapy visually compares a simulation image with a portal image. However, because this method depends largely upon the observer's e …

    Japanese Journal of Radiological Technology 60(1), 101-110, 2004

    J-STAGE  Ichushi Web  References (8) Cited by (5)

  • Proposition of 2-D Wavelet Transform with Four Directionality  [in Japanese]

    MATSUO Tadashi , YOSHIDA Yasuo , NAKAMORI Nobuyuki

    通常用いられているウェーブレット変換はシフト不変性を持たないため、原信号をシフトするだけで、展開係数の値が大きく変化してしまう。本発表では複素フィルタを用いた新しいウェーブレット変換の方法を提案する。提案方法はovercompleteな変換よりも冗長性が低く、しかも近似的なシフト不変性を持つため、シフトを行うことで展開係数が大きく変化することがない。さらにこの方法を2次元信号に応用することで、従来 …

    IEICE technical report. Image engineering 103(325), 69-74, 2003-09-26

    References (3)

  • Proposition of 2-D Wavelet Transform with Four Directionality  [in Japanese]

    MATSUO Tadashi , YOSHIDA Yasuo , NAKAMORI Nobuyuki

    通常用いられているウェーブレット変換はシフト不変性を持たないため、原信号をシフトするだけで、展開係数の値が大きく変化してしまう。本発表では複素フィルタを用いた新しいウェーブレット変換の方法を提案する。提案方法はovercomoleteな変換よりも冗長性が低く、しかも近似的なシフト不変性を持つため、シフトを行うことで展関係数が大きく変化することがない。さらにこの方法を2次元信号に応用することで、従来 …

    IEICE technical report. Office Information Systems 103(323), 69-74, 2003-09-26

    References (3)

  • Proposition of 2-D Wavelet Transform with Four Directionality  [in Japanese]

    MATSUO Tadashi , YOSHIDA Yasuo , NAKAMORI Nobuyuki

    ITE technical report 27(52), 69-74, 2003-09-26

    References (3)

  • Denoising of cone-beam CT images and reduction of patient's dose  [in Japanese]

    NAKAMORI Nobuyuki , YANG Yi-Qiang , YOSHIDA Yasuo , TSUNOO Takanori , ENDO Masahiro , SATO Kazumasa

    Japanese journal of medical physics 22, 156-159, 2002-04-04

    References (6)

  • Noise removal from cone-beam CT images and reduction of patient dose  [in Japanese]

    YANG Yi-Qiang , NAKAMORI Nobuyuki , YOSHIDA Yasuo

    将来の医療画像診断装置として期待されるコーンビーム型3次元CT装置や4次元CTでは, 被曝線量の増加が問題となる.逆に被曝線量を低減すると量子モトルの増加で診断画像が劣化し, 診断能を低下させてしまう.本研究では, Shepp-Loganの3次元頭部ファントムを対象に, 患者の被曝線量とコーンビーム型CT画像のノイズ特性の関係を調べた.また, ノイズで劣化した2次元投影データをウェーブレットで分解 …

    IEICE technical report. 101(580), 7-11, 2002-01-16

    References (6)

  • コーンビームCTの原理と現状(第52回画像分科会)  [in Japanese]

    中森 伸行

    Communication of the Imaging Group of the JSRT 25(2), 2-7, 2002

    J-STAGE 

  • Noise reduction of cone-beam CT images using wavelet analysis  [in Japanese]

    YANG Yi-Qiang , NAKAMORI Nobuyuki , YOSHIDA Yasuo

    コーンビーム型CT装置は短時間で3次元画像を再構成できる反面, 被写体からの散乱線やX線光子数の空間的な揺らぎで生じる量子モトルのため画質が悪い.本研究では, 散乱線除去後顕著となったノイズを除去する方法を検討した.ウェーブレット変換で信号をスケールで分解すると, 周りの画素と相関の無いノイズは, 分解レベルが低周波数域に移るとともに詳細係数の値が急激に減少する.一方, 信号は周りの画素と相関が強 …

    IEICE technical report. 100(596), 25-30, 2001-01-18

    References (5)

  • Detection of Organ Contour in Medical Images Using an Active Contour Model Based on Markov Random Field  [in Japanese]

    YOSHIDA Koji , NAKAMORI Nobuyuki , YOSHIDA Yasuo

    We have proposed a new method for detection of organ contours in medical images. Our method is modified active contour model by replacement of edge information of image with region information, such a …

    Medical Imaging and Information Sciences 17(2), 80-87, 2000-05-05

    J-STAGE  References (12)

  • Open Lectures on Imaging Science  [in Japanese]

    KAWASAKI M. , NAKAMORI N. , IWASAKI M.

    日本写真学会誌 = Journal of The Society of Photographic Science and Technology of Japan 63(1), 36-38, 2000-02-25

  • Detection of Microcalcifications in Mammography Using Spectral Moments  [in Japanese]

    UEDA Akira , YOSHIDA Yasuo , TSUJI Toshio , NAKAMORI Nobuyuki

    乳癌の微小石灰化領域の検出のために, 画像のパワースペクトルのモーメントを用いる. 2次のスペクトルモーメントより得られる等方性と非等方性の回転不変量を特徴量として, しきい値処理により石灰化領域の検出を行う. 石灰化領域はパワースペクトルを大きくするので等方性不変量で検出可能であるが, 濃淡変化の激しい血管, 乳腺等の領域を誤検出する. これに対し, 非等方性不変量は血管, 乳腺等の線状部分に対 …

    Technical report of IEICE. DSP 99(24), 1-8, 1999-04-23

    References (8)

  • Detection of Microcalcifications in Mammography Using Spectral Moments  [in Japanese]

    UEDA Akira , YOSHIDA Yasuo , TSUJI Toshio , NAKAMORI Nobuyuki

    乳癌の微小石灰化領域の検出のために, 画像のパワースペクトルのモーメントを用いる. 2次のスペクトルモーメントより得られる等方性と非等方性の回転不変量を特徴量として, しきい値処理により石灰化領域の検出を行う. 石灰化領域はパワースペクトルを大きくするので等方性不変量で検出可能であるが, 濃淡変化の激しい血管, 乳腺等の領域を誤検出する. これに対し, 非等方性不変量は血管, 乳腺等の線状部分に対 …

    IEICE technical report. Image engineering 99(25), 1-8, 1999-04-23

    References (8)

  • The influence of scattered X-ray on cone-beam CT image and improvement of its quality  [in Japanese]

    TSUKAMOTO Kazuya , NAKAMORI Nobuyuki , TSUNOO Takanori , YOSHIDA Yasuo , ENDO Masahiro , KUSAKABE Masahiro

    In this study, We have develoved a new method to improve the quality of cone-beam CT images that were degraded by scattered X-rays. To improve the quality of the images, we employed the multiresolutio …

    Medical Imaging and Information Sciences 16(1), 20-28, 1999-01-07

    J-STAGE  References (4) Cited by (5)

  • Dependence of Primary Radiation Loss in The Incliation of Focused Grid on Grid Density and Tube Voltage  [in Japanese]

    TSUNOO Takanori , NAKAMORI Nobuyuki , YOSHIDA Yasuo , KANAMORI Hitoshi

    The focused grid has been used widely in medical radiography because of removing the scatter radiation in the large exposure field. However, it is necessary to set the focused grid on the correct posi …

    Japanese Journal of Medical Physics 18(3), 288-296, 1998-09-30

    J-STAGE  Ichushi Web  References (10)

  • 1 / 2
Page Top