中村 佳重郎 NAKAMURA Kajuro

Articles:  1-20 of 40

  • 1 / 2
  • On the relation between ground vibration characteristics inferred from microseisms and gravity basement structure in the northeast part of Osaka basin

    赤松 純平 , 中村 佳重郎 , 西村 敬一 [他] , 駒澤 正夫

    大阪盆地北東部において脈動を観測し,上下動-水平動スペクトル比(H/V)による震動特性と重力基盤構造との整合性を検討した。H/V の形状卓越周期(Tp),それらの異方性などの分析から,震動特性は概ね直下の基盤の深さを反映するが,基盤の尾根部直上では周囲の深い基盤構造の影響を受けて複雑な震動モードを形成していることが推測された。マイクロゾーニングの資料とするために,重力基盤構造による波線の集中を3次 …

    地学雑誌 123(1), 133-142, 2014

    IR 

  • Seasonal Variations in the Continuous Observations of the Crustal Movement  [in Japanese]

    TERAISHI M. , 大谷 文夫 , 竹内 文朗 , 森井 亙 , 尾上 謙介 , 細 善信 , 園田 保美 , 和田 安男 , 中村 佳重郎

    これまで京都大学では,多くの(横坑式)観測坑道で伸縮計・傾斜計などによる地殻変動連続観測を行ってきた。これらの連続観測は観測坑道を取り巻く環境・立地条件により,経年変化速度,季節(年周)変化など,観測点毎に非常に多様性に富んでいる。一方近年においては,センサーやデータ収録の電子化,データ伝送の発達により,歪分解能や時間分解能の高精度化が進められ,スロースリップの検出,超長周期の表面波や地球自由振動 …

    Ann. Disast. Prev. Res. Inst., Kyoto Univ., B 52(B), 285-292, 2009-06-01

    IR  Cited by (1)

  • Gravity Anomalies at Sakurajima Volcano, Southwest Japan  [in Japanese]

    KOMAZAWA M. , 中村 佳重郎 , 山本 圭吾 [他] , 井口 正人 , 赤松 純平 , 市川 信夫 , 高山 鐵朗 , 山崎 友也

    桜島で重力計3台を用いた重力調査を行った。既存点に,北岳,南岳,鍋山,周辺島嶼域の新規点を加え,566点のデータからブーゲー異常図を作成した。最適な表層密度は2.2縲・.3g/cm3で一般的な日本の火山と大差ない。表層密度2.3g/cm3のブーゲー異常は姶良カルデラの低重力異常の南西縁に桜島があることを示す。残差重力は,北岳と鍋山に明瞭な低重力異常を呈す。測定点が少ないが,活動中の南岳周辺に目立っ …

    Annual., Disas. Prev. Res. Inst., Kyoto Univ., B (51), 261-266, 2007

    IR  Cited by (4)

  • Gravity Anomalies of Kuchierabujima Volcano  [in Japanese]

    駒澤 正夫 , 中村 佳重郎 , 山本 圭吾 [他] , 井口 正人 , 赤松 純平

    鹿児島県口永良部島火山で重力調査を行った。調査には,DGPSによる測量によりラコスト重力計3台を使用した。新規の2006年測定点は,古岳,新岳および野池火山の口永良部島火山の中核をなすところに配置し,既存点も併せて約180点のデータを編集した。表層密度として最適と考えられるものは,2.2~2.3g/cm3で,一般的な日本の火山に比べ大きな違いはないようである。最適な表層密度と考えられる仮定密度2. …

    京都大学防災研究所年報 = DPRI annuals (50), 343-348, 2006

    IR 

  • Unusual Change of the Crustal Strain Preceding the 1995 Hyogoken-nanbu Earthquake  [in Japanese]

    森井 亙 , 尾上 謙介 , 中村 佳重郎 [他] , 大谷 文夫 , 細 善信 , 和田 安男

    京都大学防災研究所付属地震予知研究センターの地殻変動観測所のうち近畿地方に分布する3観測所(屯鶴峯・阿武山・天ヶ瀬)で,1989年終盤から1995年初頭にかけて顕著な地殻歪の変動が記録され,その後1995年兵庫県南部地震が発生した。上記3観測所の記録は,何れも1989年終盤から約3年の間南北方向の圧縮が増大したことを示し,その後約2年の間は南北方向の圧縮の増大が沈静化したことを示している。さらに1 …

    京都大学防災研究所年報 = DPRI annuals (49), 245-251, 2005

    IR 

  • Density of Stones Observed Near and Around the Yamasaki Fault System  [in Japanese]

    竹内 文朗 , 中村 佳重郎 , 松村 一男 [他]

    山崎断層系の構造を調べるため,断層周辺で岩石を収集し、その密度を調べる事を行なった。期間は 1988 年から 2004 年までで,少しずつデータの増加を続けた。ここでは、その進行状態と結果の概要を報告し、これと並行して行なった重力測定の結果を合わせて示す。これらは,直接間接に地質構造と関係を持つように見える。当域は西暦868年にM≒7の播磨地震が発生したところである。現在、微小地震の発生頻度が高く …

    京都大学防災研究所年報 (48), 175-183, 2004

    IR 

  • Gravity basement of Kyoto and Nara basin area  [in Japanese]

    赤松 純平 , 駒澤 正夫 , 中村 佳重郎 [他] , 西村 敬一

    重力解析により,京都盆地と奈良盆地を含む地域を一元化して基盤構造を求め,地形や活構造との関係を議論した。得られた主な結果は以下のようである。 (1)京都盆地と奈良盆地の基盤の相互関係および断層構造との関係などの全体像が明らかになった。 (2)盆地境界が地形と基盤とで異なる。すなわち,京都盆地と奈良盆地の境界は,地形では木津川断層西端よりも南であるが,基盤では北である。この食い違いは12kmに達する …

    京都大学防災研究所年報 (47), 871-876, 2003

    IR 

  • Comparison between Gravity Survey and Microseisms data in Adapazari Basin, Turkey  [in Japanese]

    KOMAZAWA Masao , AKAMATSU Junpei , MORIKAWA Hitoshi , NAKAMURA Kajuro , NISHIMURA Keiichi , SAWADA Sumio

    物理探査学会学術講演会講演論文集 = Proceeding of the SEGJ Conference 104, 278-282, 2001-05

    References (3)

  • A Gravity Survey around the Yasutomi Fault in the Yamasaki Fault System, Southwest Japan  [in Japanese]

    竹内 文朗 , 中村 佳重郎 , 渡辺 邦彦 [他] , 松村 一男 , 河野 芳輝 , 原 宏史 , 駒澤 正夫 , 西田 良平

    兵庫県, 岡山県, 鳥取県にまたがる山崎断層系で重力の測定をした。ここでは, その内安富断層と暮坂峠断層について解析した。これら2断層をまたぐ地域では通常とは逆に, 断層上に高いブーゲー異常値が見られた。これらのデータを用いて地下構造を求めるべく, 我々は断層周辺の地上の石を集め, 密度を正確に求めた。結果は, 予想通り断層周辺の石が周りよりも0.1-0.2gr/cm3重い事がわかった。この値を用 …

    京都大学防災研究所年報 (44), 177-184, 2000

    IR  Cited by (1)

  • Gravity Surveys Around the Bandung Basin and the Guntur Volcano, Jawa Barat, Indonesia  [in Japanese]

    中村 佳重郎 , 伊藤 潔 , 浅田 照行 [他] , 松尾 成光 , Y.P. テディ , D. ドゥディ , K. ミピ A. , Z.A. ハサヌディン

    インドネシアのバンドン市周辺とそこから東南東約40kmに位置するグントゥール火山周辺の2つの地域で東西, 南北何れも約30㎞の範囲で, バンドン市周辺ではほぼ南南西-北北東と西北西-東南東方向の2本の測線に沿って約1kmの間隔で, グントゥール火山周辺では数百メートル間隔で面的に重力探査を実施した。バンドン周辺では密度が2.2g/cm3と比較的小さく, グントゥール火山周辺では2.5 g/cm3で …

    京都大学防災研究所年報 (44), 207-216, 2000

    IR 

  • Bedrock structure in Lijiang basin, Yunnan, China  [in Japanese]

    KOMAZAWA Masao , NAKAMURA Kajuro , AKAMATSU Junpei , JIANG Lequn , CAI Shaoping , LI Kanlong , ZHAO Zhiguan , NISHIMURA Keiichi , MORIKAWA Hitoshi , ONOUE Kensuke , SETO Norihiko

    日本地震学会講演予稿集 = Programme and abstracts, the Seismological Society of Japan 1999(2), B84, 1999-11-09

    References (1)

  • Ground motions during the 1995 Hyogo-ken Nanbu Earthquake and bedrock structure around Koyo Fault  [in Japanese]

    AKAMATSU Junpei , JIDO Mitsuru , KOMAZAWA Masao , NISHIMURA Keiichi , SAITO Hideo , NAKAMURA Kajuro , ONOUE Kensuke , SHICHI Ryuichi

    1995年兵庫県南部地震のいわゆる「震災の帯」の成因については, 地震工学・応用地震学の観点からは, 強い震動が生じた原因の究明が課題となる。本論では, これまで明らかにされてきた地震動の特徴とそれを生起した要因-震源破壊過程, 波動の伝播による減衰, 広い意味における地盤震動特性-を概観する。3次元シミュレーションによる強震動分布は, 神戸市域中部の被害分布などは概ねうまく説明するが, 東灘区以 …

    The Memoirs of the Geological Society of Japan. 51, 20-36, 1999-03-24

    NDL Digital Collections  References (64) Cited by (2)

  • Gravity Basement Structure of Lijiang Basin in Yunnan Province, China  [in Japanese]

    駒澤 正夫 , 中村 佳重郎 , 赤松 純平 [他] , 蒋 楽群 , 蔡 紹平 , 李 康龍 , 趙 志光 , 西村 敬一 , 盛川 仁 , 尾上 謙介 , 瀬戸 憲彦

    得られた重力異常は南北に延びた低重力帯によって特徴づけられ, 大きな地溝帯に発達した盆地ということができる。地震被害の大きかった盆地南部を北東一南西に切る麗江一剣川断層については, 明瞭な構造は見いだされなかった。一方, 南北に延びた地溝状低重力帯の西側は東側に比べ大きな勾配を持っており雪山断層にほぼ対比でき, 地震断層(活断層)が想定できるかも知れない。解析締果から堆積層の最大の厚さは2kmに達 …

    京都大学防災研究所年報 (43), 67-74, 1999

    IR 

  • Global Positioning System Observation before and after the Hyogo-ken Nanbu Earthquake of January 17, 1995, Japan  [in Japanese]

    KATO Teruyuki , Catane John Patrick L. , CHACHIN Toshikazu , FUJIMORI Kunio , HIRAHARA Kazuro , HIRATA Yasuhiro , HOSO Yoshinobu , ICHIKAWA Ryuichi , INOKUCHI Hiroo , ISEZAKI Nobuhiro , IWABUCHI Tetsuya , KASAHARA Minoru , KIMATA Fumiaki , KOTAKE Yoshiko , KUBO Atsuki , KUMAGAI Hiroyuki , MATSUSHIMA Takeshi , MIURA Satoshi , NAKAMURA Kajuro , NAKANO Takehide , NAKAO Shigeru , OKUDA Takashi , OTUSKA Shigeaki , TABEI Takao , TADOKORO Keiichi , TAKAHASHI Hiroaki , TERASHIMA Tsutomu , TOKUYAMA Akira , YAMAMOTO Takeyasu , YAMAOKA Koshun

    測地学会誌 43(3), 181-207, 1997-09-25

    IR 

  • Global Positioning System Observation before and after the Hyogo-ken Nanbu Earthquake of January 17, 1995, Japan  [in Japanese]

    KATO Teruyuki , CATANE John patrick l. , CHACHIN Toshikazu , FUJIMORI Kunio , HIRAHARA Kazuro , HIRATA Yasuhiro , HOSO Yoshinobu , ICHIKAWA Ryuichi , INOKUCHI Hiroo , ISEZAKI Nobuhiro , IWABUCHI Tetsuya , KASAHARA Minoru , KIMATA Fumiaki , KOTAKE Yoshiko , KUBO Atsuki , KUMAGAI Hiroyuki , MATSUSHIMA Takeshi , MIURA Satoshi , NAKAMURA Kajuro , NAKANO Takehide , NAKAO Shigeru , OKUDA Takashi , OTUSKA Shigeaki , TABEI Takao , TADOKORO Keiichi , TAKAHASHI Hiroaki , TERASHIMA Tsutomu , TOKUYAMA Akira , YAMAMOTO Takeyasu , YAMAOKA Koshun

    The Hyogo-ken Nanbu earthquake (M<SUB>JMA</SUB>7.2), that took place on January 17th, 1995, in Kobe and Awaji area, caused tremendous disasters in the areas. After the earthquake, the Japa …

    Journal of the Geodetic Society of Japan 43(3), 181-207, 1997-09-25

    J-STAGE  References (41) Cited by (2)

  • GPS AND GRAVITY MEASUREMENTS IN WEST JAVA  [in Japanese]

    田中 寅夫 , 中村 佳重郎 , 大谷 文夫 [他] , 木股 文昭 , 大久保 修平 , 里村 幹夫 , カハール J. , バンバン S. , コサシ P. , イルダム A. , アグン I. , ケトト W. , ミピ A. R. , ハサヌディン

    Results from the 4th GPS campaign in October 1994 are compared with the previous campaign and a northeastward displacement of the northern block of the Lembang-Cimandiri Fault System is proposed. Surf …

    京都大学防災研究所年報 (39B-1), 173-182, 1996-04

    IR 

  • Japan-China International Gravimetric Connection (III) -Sensitivity Characteristics and Measurement Accuracy of LaCoste & Romberg Gravimeters (Model G)-  [in Japanese]

    NAKAGAWA Ichiro , SHICHI Ryuichi , NAKAI Sinzi , NAKAMURA Kajuro , HIGASHI Toshihiro , LI Ruihao , CHEN Yihui , WANG Dongchu

    測地学会誌 41(2), 171-195, 1995-06-25

    References (5)

  • Japan-China International Gravimetric Connection(III). Sensitivity Characteristics and Measurement Accuracy of LaCoste & Romberg Gravimeters(Model G).:—Sensitivity Characteristics and Measurement Accuracy of LaCoste & Romberg Gravimeters (Model G)—  [in Japanese]

    Nakagawa Ichiro , Shichi Ryuichi , Nakai Sinzi , Nakamura Kajuro , Higashi Toshihiro , Li Ruihao , Chen Yihui , Wang Dongchu

    An international gravimetric connection between Japan and China as well as domestic ones in both countries were carried out during the period from October 1985 to February 1986 by means of four LaCost …

    Journal of the Geodetic Society of Japan 41(2), 171-195, 1995

    J-STAGE 

  • Horizontal Crustal Deformation in Southeastern Part of Shikoku, Southwest Japan, Deduced from GPS Surveys  [in Japanese]

    TABEI Takao , DATE Yuki , HIRAHARA Kazuro , NAKAMURA Kajuro

    Zisin : Journal of the Seismological Society of Japan 47(3), 303-310, 1994-10-14

    References (14)

  • GPS OBSERVATIONS FOR CRUSTAL MOVEMENT MONITORING IN WEST JAVA, INDONESIA  [in Japanese]

    田中 寅夫 [他] , 中村 佳重郎 , 木股 文昭 , 村田 一郎 , 大久保 修平 , 三浦 哲 , カハール J. , ポニミン M.S. , P コサシ , S. バンバン , S. アグス S.

    A network for precise GPS positioning has been established in western Jawa in order to monitor the crustal movements associated with Lembang fault and Cimandri fault system and the activity of the vol …

    京都大学防災研究所年報 (37B-1), p251-256, 1994-04

    IR 

  • 1 / 2
Page Top