川口 剛 KAWAGUCHI Tsuyoshi

ID:1000020145543

大分大学工学部知能情報システム工学科 Faculty of Engineering, Oita University (2009年 CiNii収録論文より)

Search authors sharing the same name

Articles:  1-17 of 17

  • Accurate Determination of Lung Boundaries from Lung Apex to Costophrenic Angle in Chest Radiographs  [in Japanese]

    NAGATA Ryoichi , KAWAGUCHI Tsuyoshi , MIYAKE Hidetoshi

    Medical imaging technology 27(5), 341-349, 2009-11-25

    References (17)

  • A Contralateral Subtraction Scheme for Detection of Pulmonary Nodules in Chest Radiographs  [in Japanese]

    HARADA Yoshitomi , NAGATA Ryoichi , KAWAGUCHI Tsuyoshi , MIYAKE Hidetoshi

    経時差分は,胸部X線像から肺結節を検出するための有効な手法であるが,過去画像と現在画像の2枚の画像を必要とする.一方,1枚の画像のみを用いて肺結節を検出できる手法として,対側差分がある.この手法は,元画像から左右反転像を作成し,両者の差分をとる.対側差分では,元画像と左右反転像の位置合わせのために,大局的位置合わせと局所的位置合わせが必要であるが,本論文では,大局的位置合わせのための新たな手法とこ …

    IEICE technical report 109(197), 1-6, 2009-09-09

    References (13)

  • A Novel Method for Detection of Ribcage Boundary in Chest Radiographs  [in Japanese]

    NAGATA Ryoichi , KAWAGUCHI Tsuyoshi , MIYAKE Hidetoshi

    本論文では,胸部X線像から胸郭境界を検出するための新たな手法を提案する.この手法は,まず右胸部から肋骨側面部下縁上の画素と同じ勾配方向をもつ画素を抽出した後,これらの画素の連結成分を求める.そして,面積最大の連結成分の最左点列を,右胸郭境界点列Rの初期値とする.この後,最左点列がRとの間でマージの条件を満たす連結成分があれば,その最左点列をマージしてRを更新する.また提案手法は,左胸部から,同様な …

    IEICE technical report 108(271), 31-36, 2008-10-23

    References (18) Cited by (1)

  • Object Recognition by Matching between Model and Image Line Segments  [in Japanese]

    KAWAGUCHI Tsuyoshi , NAGATA Ryoichi , MANAKO Keisuke

    画像からモデル図形に相似な図形を抽出し,その変換パラメータ(スケール,位置,向き)を求めるための手法を提案する.この手法はBeveridgeら(IEEE Trans. PAMI, 1997)の手法と同様,画像から抽出された線分とモデル線分間のマッチングによって画像中のモデルを抽出するので,複雑な背景をもつ画像からでも正しくモデルを抽出できる.提案手法はBeveridgeらの手法ほど真値に近い変換パ …

    The Transactions of the Institute of Electronics, Information and Communication Engineers A 86(8), 891-899, 2003-08-01

    References (8)

  • Detection of Eyes from Human Faces by Hough Transform and Separability Filter  [in Japanese]

    KAWAGUCHI Tsuyoshi , RIZON Mohamed , HIDAKA Daisuke

    画像から顔の両目を検出することは, 顔認識のための前処理として重要である.顔の両目を検出することにより, 画像中の顔の位置, サイズ, 回転を決定できる.本論文では, 輝度画像から顔の両目の虹彩を検出するための手法を提案する.この手法は, まず福井らの分離度フィルタを用いて, 虹彩の候補となる小領域(以後blobと呼ぶ)を求める.次に, 両者を結ぶ線分の長さと傾きが許容値内にあるすべてのblob対 …

    The Transactions of the Institute of Electronics,Information and Communication Engineers. 00084(00010), 2190-2200, 2001-10-01

    References (15) Cited by (16)

  • Scale and rotation invariant face recognition  [in Japanese]

    Kawaguchi Tsuyoshi , Kunihiro Toshiharu , Rizon Mohamed

    Reports of the Faculty of Engineering,Oita University. (44), 47-54, 2001-09

    IR  DOI 

  • Detection of Eyes from Human Faces by Hough Transform and Separability Filter  [in Japanese]

    KAWAGUCHI Tsuyoshi , HIDAKA Daisuke , ABE Hideki

    画像から顔の両目を検出することは、顔認識のための前処理として重要である。顔の両目を検出することにより、画像中の顔の位置、サイズ、回転を決定できる。本論文では、輝度画像から顔の両目の虹彩を検出するための手法を提案する。この手法は、まず福井ら[6]の分離度フィルタを用いて、虹彩の候補となる小領域(以後blobと呼ぶ)を求める。次に、すべてのblobに対してコストを計算する。このコストは、blobの近傍 …

    Technical report of IEICE. PRMU 99(448), 91-98, 1999-11-18

    References (11) Cited by (2)

  • Detection of Human Faces in a Color Image with Complex Background  [in Japanese]

    NAGATA Ryo-ichi , KAWAGUCHI Tsuyoshi

    画像中の位置や大きさが未知の顔を、計算機によって自動的に認識するためには、顔認識処理の前に、顔領域を切り出す処理が必要である。この処理は、顔検出と呼ばれる。本論文では、複雑な背景をもつカラー画像から人物顔を検出するための新たな手法を提案する。提案手法は、人物の頭を直立しただ円で近似し、だ円内部に膚領域と頭髪領域を定義する。そして、画像中でだ円を生成しながら、だ円の適合度を計算する。だ円の適合度は、 …

    Technical report of IEICE. PRMU 99(448), 77-82, 1999-11-18

    References (11) Cited by (11)

  • Occluded Objects Recognition Using a Genetic Algorithm  [in Japanese]

    KAWAGUCHI Tsuyoshi , SUZUKI Nobuaki

    本論文では, オクルードされた物体を認識するための新たな手法を提案する. 提案手法のポイントは, 物体境界線のコーナ点の位置が正確に求まらない場合でも, 画像中の物体のスケール, 位置, 姿勢を正しく求めることができる点である. 提案手法は, モデル境界線の特徴的な部分をモデル切片としてデータベースに記憶しておく. また, 画像中の物体境界線をデータ切片に分割し, これらのデータ切片の中から, モ …

    The Transactions of the Institute of Electronics,Information and Communication Engineers. 00082(00003), 350-360, 1999-03-25

    References (10) Cited by (1)

  • Ellipse Detection Using a Genetic Algorithm and Grouping of Edgels into Line- Support Regions  [in Japanese]

    NAGATA Ryo-ichi , KAWAGUCHI Tsuyoshi

    本論文ではGA(遺伝的アルゴリズム)を用いる新たなだ円検出法を提案する.この手法は, まず, エッジ方向が類似した, 隣接するエッジ点同士を一つの領域(線分領域と呼ぶ)にまとめた後, 線分領域の中からだ円弧の候補領域を選び出す.次に, 「だ円弧の候補として選ばれた線分領域から3個の線分領域を選び, これら3個の線分領域に最も適合するだ円を生成する」という処理を繰り返し, 適合度最大のだ円を探索する …

    The Transactions of the Institute of Electronics,Information and Communication Engineers. 00081(00009), 2074-2085, 1998-09

    References (22) Cited by (5)

  • Occluded objects recognition using a genetic algorithm  [in Japanese]

    Suzuki Nobuaki , Kawaguchi Tsuyoshi

    Reports of the Faculty of Engineering,Oita University. (38), 35-42, 1998-09

  • Circle Extraction Using a Genetic Algorithm  [in Japanese]

    KAWAGUCHI Tsuyoshi , KAWANO Masaru

    雑音点の多いエッジ画像から円を検出するための, ハフ変換よりも高速な手法として, RANSACやGA(遺伝的アルゴリズム)がある.両者は類似した手法であることから, 正しい円を検出できるまでの計算時間によって, 両者の優劣が決まる.「画像の中からランダムに3点組を選んで初期母集団をつくり, 母集団中の3点組を交差させて適合度の高い円を求めていく」という単純なGAでは, RANSACより速く円を検出 …

    The Transactions of the Institute of Electronics,Information and Communication Engineers. 00081(00006), 1233-1241, 1998-06

    References (12) Cited by (9)

  • 2-D model matching by a genetic algorithm  [in Japanese]

    Shinozaki Takayuki , Kawaguchi Tsuyoshi , Nagata Ryo-ichi

    Reports of the Faculty of Engineering,Oita University. (37), 45-52, 1998-03

  • Ellipse detection using grouping of edgels into line-support regions  [in Japanese]

    Nagata Ryo-ichi , Kawaguchi Tsuyoshi

    Reports of the Faculty of Engineering,Oita University. (37), 37-44, 1998-03

  • Approximation of Digitized Curves by Maximum Perimeter Polygons  [in Japanese]

    KAWAGUCHI Tsuyoshi , NAGAO Makoto

    ディジタル曲線の多角形近似は,コンピュータによる2次元物体認識のための重要な処理の一つである.本論文では,多角形の原曲線に対する近似の細かさを多角形の頂点数で与え,与えられた頂点数をもつ多角形の中で周長(多角形の辺の長さの総和)が最大の多角形によって原曲線を近似する,という多角形近似手法を提案する.以後,この多角形近似手法を周長最大化多角形近似手法と呼ぶ.本論文では,周長最大化多角形近似手法として …

    The Transactions of the Institute of Electronics,Information and Communication Engineers. 00079(00011), 1800-1809, 1996-11-25

    References (19)

Page Top