竹内 勉 [他] Takeuchi Tsutomu

ID:1000020154974

京都産業大学コンピュータ理工学部 Faculty of Computer Science and Eng., Kyoto Sangyo University (2009年 CiNii収録論文より)

Search authors sharing the same name

Articles:  1-20 of 54

  • 1 / 3
  • B-21-6 A Study on Ad-hoc Multihop Wireless Networks Using Adaptive Cooperative Relaying (1) : Transmission Scheme  [in Japanese]

    Munechika Hiroaki , Tanaka Takuya , Ikeuchi Masanori , Kumamoto Kazuo , Zhou Hong , Takeuchi Tsutomo

    Proceedings of the IEICE General Conference 2009年_通信(2), 662, 2009-03-04

  • B-21-7 A Study on Ad-hoc Multihop Wireless Networks Using Adaptive Cooperative Relaying (2) : Protocols  [in Japanese]

    Hoshino Hikaru , Kumamoto Kazuo , Zhou Hong , Takeuchi Tsutomu

    Proceedings of the IEICE General Conference 2009年_通信(2), 663, 2009-03-04

  • A Study on Indoor MIMO-OFDM Transmission Performance Based on the Measured MIMO Propagation Characteristics  [in Japanese]

    NORIKAWA Hisashi , TAKEUCHI Tsutomu

    筆者らは、帯域幅2GHzの信号を用いた遅延時間分解能0.5nsを有する超広帯域チャネルサウンダを開発してきた。本研究では、このチャネルサウンダを4x4 MIMO(Multiple-Input Multiple-Output)チャネル測定装置へと改良し、屋内でのLOS(Line Of Sight)環境におけるMIMOチャネルの実測を行った。その後、この測定データに基づいたMIMO-OFDM(Mult …

    IEICE technical report 107(543), 31-36, 2008-03-13

    References (2)

  • B-1-227 A Study on MIMO-OFDM Transmission Performance Based on the Measured Indoor MIMO Channel  [in Japanese]

    Norikawa Hisashi , Takeuchi Tsutomu

    Proceedings of the IEICE General Conference 2008年_通信(1), 227, 2008-03-05

  • UWB伝搬特性測定とギガビット無線LAN方式の基礎検討  [in Japanese]

    竹内 勉 , 向井 裕人 , 千葉 正隆

    京都産業大学先端科学技術研究所所報 (3), 105-113, 2004-07

    IR 

  • 超広帯域チャネルサウンダによる屋内電波伝搬測定  [in Japanese]

    向井 裕人 , 竹内 勉 , 千葉 正隆

    京都産業大学先端科学技術研究所所報 (2), 79-89, 2003-07

  • A Study on Indoor Wireless Propagation Measurement By Using an Ultra Wide Band Channel Sounder  [in Japanese]

    MUKAI Hiroto , TAKEUCHI TSUTOMU , TIBA Masataka

    筆者らは遅延時間分解能0.5nsを有する超広帯域チャネルサウンダを開発してきた。開発装置は経路差15cmを見分けることができるため、これを利用した様々な特色ある測定ができる。本報告では改良した超広帯域チャネルサウンダを用いて行った屋内アンテナ指向性測定、壁面反射損失測定、遅延到来波到来方向(DOA)測定などの結果について報告する。

    Technical report of IEICE. SST 102(668), 185-190, 2003-03-05

  • A Study on Indoor Wireless Propagation Measurement By Using an Ultra Wide Band Channel Sounder  [in Japanese]

    MUKAI Hirohito , TAKEUCHI Tsutomu , CHIBA Masataka

    筆者らは遅延時間分解能0.5nsを有する超広帯域チャネルサウンダを開発してきた。開発装置は経路差15cmを見分けることができるため、これを利用した様々な特色ある測定ができる。本報告では改良した超広帯域チャネルサウンダを用いて行った屋内アンテナ指向性測定、壁面反射損失測定、遅延到来波到来方向(DOA)測定などの結果について報告する。

    Technical report of IEICE. RCS 102(674), 185-190, 2003-02-26

    References (2)

  • A Study on Indoor Wireless Propagation Measurement By Using an Ultra Wide Band Channel Sounder  [in Japanese]

    MUKAI Hirohito , TAKEUCHI Tsutomu , CHIBA Masataka

    筆者らは遅延時間分解能0.5nsを有する超広帯域チャネルサウンダを開発してきた。開発装置は経路差15cmを見分けることができるため、これを利用した様々な特色ある測定ができる。本報告では改良した超広帯域チャネルサウンダを用いて行った屋内アンテナ指向性測定、壁面反射損失測定、遅延到来波到来方向(DOA)測定などの結果について報告する。

    IEICE technical report. Antennas and propagation 102(671), 185-190, 2003-02-26

    References (2)

  • A Study on Indoor Wireless Propagation Measurement By Using an Ultra Wide Band Channel Sounder  [in Japanese]

    MUKAI Hirohito , TAKEUCHI Tsutomu , CHIBA Masataka

    筆者らは遅延時間分解能0.5nsを有する超広帯域チャネルサウンダを開発してきた。開発装置は経路差15cmを見分けることができるため、これを利用した様々な特色ある測定ができる。本報告では改良した超広帯域チャネルサウンダを用いて行った屋内アンテナ指向性測定、壁面反射損失測定、遅延到来波到来方向(DOA)測定などの結果について報告する。

    IEICE technical report. Microwaves 102(680), 185-190, 2003-02-26

    References (2)

  • A Study on Indoor Wireless Propagation Measurement By Using an Ultra Wide Band Channel Sounder  [in Japanese]

    MUKAI Hirohito , TAKEUCHI Tsutomu , CHIBA Masataka

    筆者らは遅延時間分解能0.5nsを有する超広帯域チャネルサウンダを開発してきた。開発装置は経路差15cmを見分けることができるため、これを利用した様々な特色ある測定ができる。本報告では改良した超広帯域チャネルサウンダを用いて行った屋内アンテナ指向性測定、壁面反射損失測定、遅延到来波到来方向(DOA)測定などの結果について報告する。

    IEICE technical report 102(677), 185-190, 2003-02-26

    References (2)

  • Indoor DOA Measurement by Ultra-Wide Band Power Delay Profile Measurements  [in Japanese]

    Mukai Hirohito , Takeuchi Tsutomu

    Proceedings of the IEICE General Conference, 20, 2003

    Cited by (1)

  • Ultra-Wide Band Channel Sounding for Mobile Communication Systems

    Takeuchi Tsutomu , Tamura Masaya

    京都産業大学先端科学技術研究所所報 1, 85-94, 2002-03

  • A Code Combinning RAKE Receiver for Downlink W-CDMA  [in Japanese]

    ZHOU Hong , KOSONE Mikio , TAKEUCHI Tutomu

    本論文では、W-CDMA移動通信下りリンクの特徴を考慮し、符号合成RAKE受信方式を提案する。従来のパイロットシンボルを用いた同期RAKE受信と軟判定ビタビ復号のかわりに、遅延検波、符号合成、誤りと消去訂正ビタビ復号などを採用する。これらの技術は全てディジタル2値演算で実現できるので、比較的に高い伝送品質を維持しながら、受信機の構成の大幅な簡単化と消費電力の大幅な削減が可能になり、特に移動通信端末 …

    Technical report of IEICE. RCS 100(663), 151-158, 2001-03-08

    References (9)

  • A Code Combinning RAKE Receiver for Downlink W-CDMA  [in Japanese]

    ZHOU Hong , KOSONE Mikio , TAKEUCHI Tutomu

    本論文では、W-CDMA移動通信下りリンクの特徴を考慮し、符号合成RAKE受信方式を提案する。従来のパイロットシンボルを用いた同期RAKE受信と軟判定ビタビ複号のかわりに、遅延検波、符号合成、誤りと消去訂正ビタビ復号などを採用する。これらの技術は全てディジタル2値演算で実現できるので、比較的に高い伝送品質を維持しながら、受信機の構成の大幅な簡単化と消費電力の大幅な削減が可能になり、特に移動通信端末 …

    Technical report of IEICE. SST 100(657), 151-158, 2001-03-08

  • A Code Combinning RAKE Receiver for Downlink W-CDMA  [in Japanese]

    ZHOU Hong , KOSONE Mikio , TAKEUCHI Tutomu

    本論文では、W-CDMA移動通信下りリンクの特徴を考慮し、符号合成RAKE受信方式を提案する。従来のパイロットシンボルを用いた同期RAKE受信と軟判定ビタビ復号のかわりに、遅延検波、符号合成、誤りと消去訂正ビタビ復号などを採用する。これらの技術は全てディジタル2値演算で実現できるので、比較的に高い伝送品質を維持しながら、受信機の構成の大幅な簡単化と消費電力の大幅な削減が可能になり、特に移動通信端末 …

    IEICE technical report. Antennas and propagation 100(660), 151-158, 2001-03-08

    References (9)

  • A Code Combinning RAKE Receiver for Downlink W-CDMA  [in Japanese]

    ZHOU Hong , KOSONE Mikio , TAKEUCHI Tutomu

    本論文では、W-CDMA移動通信下りリンクの特徴を考慮し、符号合成RAKM受信方式を提案する。従来のパイロットシンボルを用いた同期RAKE受信と軟判定ビタビ複号のかわりに、遅延検波、符号合成、誤りと消去訂正ビタビ復号などを採用する。これらの技術は全てディジタル2値演算で実現できるので、比較的に高い伝送品質を維持しながら、受信機の構成の大幅な簡単化と消費電力の大幅な削減が可能になり、特に移動通信端末 …

    IEICE technical report. Microwaves 100(666), 151-158, 2001-03-08

    References (9)

  • A Ultra-wide Band Channel Sounder with 0.5ns Time Delay Resolution

    TAKEUCHI Tsutomu , TAMURA Masaya

    屋内無線LANなどの多重波伝搬環境において、到来多重波の遅延時間は様々なシステム設計の上で重要なパラメタである。これまで、筆者らは遅延プロファイル測定を行う遅延測定装置を開発し、屋内電波伝搬測定を行ってきた。本報告では、既に報告済みのスペクトル拡散方式による5nsの遅延時間分解能を持つ測定装置を改良し、新たに0.5nsの遅延時間分解能を持つ装置を試作した。試作装置は不完全ながら、約5kchip/s …

    Technical report of IEICE. RCS 100(662), 65-70, 2001-03-07

    References (7)

  • A U1tra-wide Band Channel Sounder with 0.5 ns Time Delay Resolution

    Takeuchi Tsutomu , Tamura Masaya

    屋内無線LANなどの多重波伝搬環境において、到来多重波の遅延時間は様々なシステム設計の上で重要なバラメタである。これまで、筆者らは遅延プロファイル測定を行う遅延測定装置を開発し、屋内電波伝搬測定を行ってきた。本報告では、既に報告済みのスペクトル拡散方式による5nsの遅延時間分解能を持つ測定装置を改良し、新たに0.5nsの遅延時間分解能を持つ装置を試作した。試作装置は不完全ながら、約5kchip/s …

    Technical report of IEICE. SST 100(656), 65-70, 2001-03-07

  • A Study on a Transmission Characteristic of MMAC-HiSWAN Scheme in an Indoor Radio Environment  [in Japanese]

    Horiuchi Keijyu , Takeuchi Tsutomu

    Proceedings of the IEICE General Conference 2001年.通信(1), 623, 2001-03-07

  • 1 / 3
Page Top