田中 克 Tanaka Masaru

ID:1000020155170

(財)国際高等研究所 (2013年 CiNii収録論文より)

Search authors sharing the same name

Articles:  1-20 of 34

  • 1 / 2
  • SATOUMI over-viewed from H to O Studies  [in Japanese]

    TANAKA MASARU

    NIPPON SUISAN GAKKAISHI 79(6), 1037-1040, 2013-11-15

    J-STAGE  References (10)

  • 大震災からの復興と干潟再生を考える京都シンポジウム  [in Japanese]

    田中 克

    NIPPON SUISAN GAKKAISHI 79(1), 121-124, 2013-01-15

    J-STAGE  References (6)

  • Fisheries production and aquatic environments considering from "The sea is longing for the forest"  [in Japanese]

    田中 克

    海洋と生物 34(2), 125-131, 2012-04

  • An easy search method for submarine debris in a small bay  [in Japanese]

    YOKOYAMA Katsuhide , OHNO Atsuo , HATAKEYAMA Makoto , TANAKA Masaru

    水産海洋研究 76(1), 31-38, 2012-02-01

    References (4)

  • Learning from staying at Universiti Malaysia Sabah in Borneo Island  [in Japanese]

    田中 克

    NIPPON SUISAN GAKKAISHI 76(1), 132-138, 2010-01-15

    J-STAGE  References (8)

  • Dynamics of particulate organic matter in the estuarine turbidity maximum of the Chikugo River estuary, Ariake Sea, in summer : Influence of the fluctuation of freshwater discharge  [in Japanese]

    SUZUKI Keita W. , SUGIMOTO Ryo , KASAI Akihide , NAKAYAMA Kouji , TANAKA Masaru

    有明海(面積約1700km2)は九州西岸に位置し、伊勢湾や大阪湾と同規模の内湾であるが、日本最大の潮汐(最大潮差約6m)にともなう広大な干潟と高濁度な汽水域は日本では他に例を見ない。主に湾奥部に発達するこのような環境を基盤とし、これまで高い漁業生産が実現されるとともに、多くの特産種(日本では有明海だけに生息する生物)の生息が維持されてきた。しかし近年は、赤潮の発生やノリの色落ち、二枚貝の漁獲量減少 …

    Bulletin of the Japanese Society of Fisheries Oceanography 73(3), 149-160, 2009-08-28

    JASI  References (38) Cited by (1)

  • Estimation of the Daily Food Intake and Gross Growth Efficiency of Chub Mackerel (Scomber japonicus) Larvae Under Various Temperatures

    MENDIOLA Diego , YAMASHITA Yoh , MATSUYAMA Michiya , MASUDA Reiji , OKAMOTO Kumiko , ALVAREZ Paula , TANAKA Masaru

    マサバ(Scomber japonicus)仔魚の成長速度、摂餌量、排泄速度を飼育実験下で推定した。水温は摂餌と成長に大きな影響を与え、体重当たり日間成長率は16.8%(16℃)から52.6%(25℃)、瞬間排泄速度は0.68(16℃)から1.44(22℃)、体重当たり日間摂餌量は10日齢の29.1%(16℃)から15日齢の126.4%(22℃)まで変化した。粗成長効率は低水温区で高い傾向が見られ …

    水産増殖 = The aquiculture 57(2), 291-299, 2009-06-20

    JASI  References (45)

  • 稚魚研究40年の先に広がった世界  [in Japanese]

    田中 克 , 京都大学:マレーシアサバ大学

    日本水産学会誌 74(4), 726-728, 2008-07-15

  • Dynamics of particulate organic matter in the estuarine turbidity maximum of the Chikugo River, Ariake Sea, in spring  [in Japanese]

    SUZUKI Keita W. , SUGIMOTO Ryo , KASAI Akihide , SHOJI Jun , NAKAYAMA Kouji , TANAKA Masaru

    Bulletin of the Japanese Society of Fisheries Oceanography 71(3), 190-198, 2007-08-31

    References (38) Cited by (4)

  • Prevalence, intensity and reproduction of copepods parasitic on temperate bass Lateolabrax japonicus collected from Ariake Sea  [in Japanese]

    OHTSUKA SUSUMU , NAKADACHI NOBUTO , TANAKA MASARU , UEDA HIROSHI , SUSUMU OHTSUKA , NOBUTO NAKADACHI , MASARU TANAKA , HIROSHI UEDA , 広島大学大学院生物圈科学研究科附属瀬戸内圈フィールド科学教育研究センター竹原ステーション , 広島大学大学院生物圈科学研究科附属瀬戸内圈フィールド科学教育研究センター竹原ステーション , 京都大学フィールド科学教育研究センター , 高知大学総合研究センター海洋生物研究教育施設 , Takehara Marine Science Station Setouchi Field Science Center Graduate School of Biosphere Science Hiroshima University , Takehara Marine Science Station Setouchi Field Science Center Graduate School of Biosphere Science Hiroshima University , Field Science Education and Research Center Kyoto University , Usa Marine Biological Institute Kochi University

    2000 年 6 月~2001 年 3 月の間に採集された有明海産スズキの鼻腔,口腔,鰓腔および鰓から 6 種の寄生性カイアシ類が発見され,<i>Caligus tanago, Naricolax atypicus, Nothobomolochus lateolabracis</i> の 3 種が優占した。大陸遺存種と考えられるものは出現しなかった。これらの寄生率,寄生数は …

    NIPPON SUISAN GAKKAISHI 73(4), 693-702, 2007-07-15

    IR  J-STAGE  References (74) Cited by (1)

  • Relict estuarine ecosystem isolated from the continental coastal waters  [in Japanese]

    田中 克

    Aquabiology 29(1), 3-9, 2007-02

    Cited by (1)

  • Effect of tide and river flow on physical and biological properties in the estuarine turbidity maximum of the Chikugo River estuary during spring in 2005 : evaluation as a nursery for the estuarine-dependent fish, Japanese seaperch Lateolabrax japonicus  [in Japanese]

    SHOJI Jun , SUZUKI Keita W , TANAKA Masaru

    2005年春季の筑後川河口域において、潮位差と河川流量の変動が高濁度水塊の物理・生物環境の変動を通じてスズキ仔稚魚の生残に及ぼす影響を評価した。3月上旬から4月上旬に4-6日間隔で合計8回の物理・生物環境調査を行った。日平均流量は3月上旬と4月上旬には過去10年間の平均値に近く、3月下旬には過去10年間の最高値に近い値で推移した。高濁度水塊の中心は河口から約10-15km上流に認められた。濁度は潮 …

    Bulletin of the Japanese Society of Fisheries Oceanography 70(1), 31-38, 2006-02-28

    JASI  References (31) Cited by (3)

  • Geographical differences in stomach contents and feeding intensity of juvenile Japanese flounder Paralichthys olivaceus  [in Japanese]

    TANAKA YOSUKE , OHKAWA TOSHIYUKI , YAMASHITA YOH , TANAKA MASARU , YOSUKE TANAKA , TOSHIYUKI OHKAWA , YOH YAMASHITA , MASARU TANAKA , (独)水産総合研究センター遠洋水産研究所:(現)日本学術振興会特別研究員 , 高知県水産試験場 , 京都大学フィールド科学教育研究センター , 京都大学フィールド科学教育研究センター , National Research Institute of Far Sea Fisheries Fisheries Research Agency , Kochi Prefectural Fisheries Station Uranouchi-Haikata , Science Education and Research Center Kyoto University , Science Education and Research Center Kyoto University

    長崎から北海道までの 12 地点でヒラメ稚魚の食物組成および摂餌強度の地域性を検討した。稚魚は主にアミ類,仔稚魚類,エビジャコ類,ヨコエビ類を摂餌し,ヒラメ稚魚の食物組成は主に環境中に多く出現したアミ類で占められていた。環境中のアミ類の出現種および分布量は 1~10 種,3.0~1712.8 mg/m<sup>2</sup> と変化し,主要種は地点によって変化した。全ての餌 …

    NIPPON SUISAN GAKKAISHI 72(1), 50-57, 2006-01-15

    JASI  J-STAGE  References (29) Cited by (5)

  • フィールドに学ぶマクロ生物学の魅力 (特集 海洋環境から見直す水産学)  [in Japanese]

    田中 克

    Aquabiology 27(2), 139-147, 2005-04

  • ヒラメの初期生態と資源変動様式の南北差 (総特集 動物の個体数変動様式の南北差)  [in Japanese]

    山下 洋 , 田中 庸介 , 田中 克

    Kaiyo monthly 36(10), 766-770, 2004-10

  • Temperature effects on larval development and occurrence of metamorphosis-related morphological abnormalities in hatchery-reared spotted halibut Verasper variegatus juveniles  [in Japanese]

    ARITAKI MASATO , OHTA KENGO , HOTTA YUUJI , TAGAWA MASATOMO , TANAKA MASARU , MASATO ARITAKI , KENGO OHTA , YUUJI HOTTA , MASATOMO TAGAWA , MASARU TANAKA , (独)水産総合研究センター宮古栽培漁業センター , (独)水産総合研究センター宮古栽培漁業センター:(現)(独)水産総合研究センター伯方島栽培漁業センター , 京都大学大学院農学研究科 , 京都大学大学院農学研究科 , 京都大学大学院農学研究科 , Miyako Station National Center for Stock Enhancement , Miyako Station National Center for Stock Enhancement:(Present address)Hakatajima Station National Center for Stock Enhancement , Graduate School of Agriculture Kyoto University , Graduate School of Agriculture Kyoto University , Graduate School of Agriculture Kyoto University

    水温がホシガレイ仔魚の発育と変態に関連した形態異常の出現に及ぼす影響を検討するため, 9℃~21℃の5段階の水温で飼育実験を行った。変態完了直後の稚魚の形態を眼位と左右の体色から正常, 白化, 両面有色魚の3タイプに区分した。正常魚は18℃区, 白化魚は12℃区, 両面有色魚は21℃区において最も高い出現率を示した。仔魚期における変態後の左右の形質が水温によって大きな影響を受けることから, 変態期 …

    NIPPON SUISAN GAKKAISHI 70(1), 8-15, 2004-01-15

    JASI  J-STAGE  References (29) Cited by (7)

  • Morphological development and growth of laboratory-reared slime flounder Microstomus achne  [in Japanese]

    ARITAKI MASATO , TANAKA MASARU

    飼育したババガレイ仔稚魚を用い,ふ化から変態完了期までの連続した外部形態変化および体各部の相対成長を観察した。平均水温13.9℃(9.2-21.1℃)で飼育すると浮遊生活期は85日間,変態期は40日間に及んだ。変態期仔魚の外部形態には,突出した腹部や眼,最大25mmに達する全長,頭部に存在する巨大な棘,高い体高など浮遊適応と推察される特徴が観察された。また,本種は大形で発育が進んだ仔魚でふ化するこ …

    NIPPON SUISAN GAKKAISHI 69(4), 602-610, 2003-07-15

    J-STAGE  NDL Digital Collections  References (36) Cited by (4)

  • Effects of Temperature and Salinity on Egg Development of the Japanese Sea Bass, Lateolabrax japonicus  [in Japanese]

    MAKINO Naoshi , MATUMARU Yutaka , TANAKA Masaru

    スズキの卵発生に及ぼす水温と塩分の影響を人工受精卵を用いて調べた。卵発生は水温10~20℃並びに塩分8.7~49.2PSUの範囲で、進行しふ化に至った。分散分析結果から本種の卵発生は水温と塩分および両者の相互作用を受けることが示された。最適水温と最適塩分は15℃、33.8PSU付近と算出され、本種の産卵期の水温と塩分にほぼ一致した。各発生段階までの到達時間は水温の上昇に伴って短くなり、両者の関係は …

    水産増殖 51(1), 55-64, 2003-03-20

    JASI  References (33) Cited by (3)

  • 生態の研究  [in Japanese]

    山下 洋 [他] , 河村 知彦 , 田中 克

    NIPPON SUISAN GAKKAISHI 69(The_70th_Anniversary_of_JSFS), S41-S50, 2003

    J-STAGE  NDL Digital Collections 

  • Fish larvae and juveniles occurring in the littoral zone of a tidal flat, in the bottom of Ariake Bay  [in Japanese]

    HIBINO Manabu , OHTA Taro , KINOSHITA Izumi , TANAKA Masaru

    Japanese journal of ichthyology 49(2), 109-120, 2002-11-25

    References (45) Cited by (6)

  • 1 / 2
Page Top