深沢 良彰 FUKAZAWA Yoshiaki

ID:1000020165252

早稲田大学 (2014年 CiNii収録論文より)

Search authors sharing the same name

Articles:  1-20 of 273

  • Support Method of Usability Evaluations for Android Applications Based on Operation Histories  [in Japanese]

    MATSUZAWA Misaki , IWATA Hajime , SHIROGANE Junko , FUKAZAWA Yoshiaki

    Because Android applications are widely used, it is necessary to improve usability of User Interfaces (UIs) for them. In our method, we propose a method for automatically evaluating usability based on …

    Technical report of IEICE. KBSE 114(292), 7-12, 2014-11-06

  • 保守性・再利用性が低いファイルの予測:産業データを用いた研究  [in Japanese]

    津田直彦 , 高田正樹 , 鷲崎弘宜 , 深澤良彰 , 杉村俊輔 , 保田裕一朗 , 二上将直

    再利用性の高い資産を蓄積するためには,保守性・再利用性の低いソースコードファイル (Unacceptable Files:FS) とそうでないファイル (Acceptable Files:Fs) を見分け,早い段階で UFs を発見し修正する必要がある.人手レビューには時間がかかるため,自動で UFs を検出するための研究がこれまでされてきた.しかし,言語や開発形態の違いなどからソフトウェアプロジ …

    IPSJ SIG Notes 2014-SE-186(10), 1-8, 2014-11-06

    IPSJ

  • Predicting Number of Faults Based on Software Reliability Growth Model from Repository System  [in Japanese]

    HONDA Kiyoshi , WASHIZAKI Hironori , FUKAZAWA Yoshiaki

    Software development requires repository system to manage the whole developing phases such as coding and testing. We acquire the fault numbers, their detected times and software versions which can pre …

    Technical report of IEICE. SS 114(271), 13-16, 2014-10-23

  • Refactoring Script: A Script for Composite Refactoring and Its Processor  [in Japanese]

    神谷 知行 , 坂本 一憲 , 鷲崎 弘宜 , 深澤 良彰

    リファクタリングはコード体質改善の手法として広く知られているが,手動での実行はコストが高く欠陥を埋め込みやすいため,リファクタリングツールが多数提案されている.しかし,これらのツールは単体の単純なリファクタリングの実行を支援するものであり,リファクタリングによるデザインパターンの導入など,複雑なリファクタリングを行うのは難しい.すなわち,単体のリファクタリングを複数種類組み合わせて逐次実行したり, …

    情報処理学会論文誌プログラミング(PRO) 6(3), 33-45, 2013-12-20

    IPSJ

  • Support Method of Accessibility Evaluation for Web Sites with JavaScript  [in Japanese]

    OHARA Tamaki , IWATA Hajime , SHIROGANE Junko , FUKAZAWA Yoshiaki

    Accessibility guidelines provide methods to make Web sites accessible for handicapped people using assistive technology. However, guidelines have large contents, therefore great cost and efforts are r …

    Technical report of IEICE. KBSE 113(277), 53-58, 2013-11-01

  • 新しいオープン教育に関するわが国の現状と将来  [in Japanese]

    深澤 良彰

    大学時報 62(353), 88-93, 2013-11

  • Extending Pattern Languages Employed Structuring Pattern  [in Japanese]

    NAKANO Toshiyuki , KADOYA Masashi , SUZUKI Shota , WASHIZAKI Hironori , FUKAZAWA Yoshiaki , HANYUDA Eiichi , MOTOHASHI Masanari , MIKAMI Tetsuya

    数多くのパターンからパターンランゲージを構築することで,言語として体系化されたパターン名を利用した円滑なコミュニケーションが可能となり,思考や情報の共有が容易となる.しかしながら,パターンを抽出するための従来手法では,関連を伴う多くのパターンを抽出することは困難である.そこで我々は,既知のパターンのモデル化とそれに基づく構造変形を利用して,関連するパターンの候補群を導出する手法を提案する.本手法を …

    The IEICE transactions on information and systems (Japanese edition) 96(11), 2705-2709, 2013-11

  • A Generalized Software Reliability Model Including Uncertainty and Dynamics in Development  [in Japanese]

    Kiyoshi Honda , Hironori Washizaki , Yoshiaki Fukazawa

    Development environments have changed drastically in recent years. The development periods are shorter than ever and the number of team has increased. These changes have led to difficulties in control …

    研究報告組込みシステム(EMB) 2013-EMB-29(8), 1-8, 2013-05-20

    IPSJ

  • A Generalized Software Reliability Model Including Uncertainty and Dynamics in Development  [in Japanese]

    Kiyoshi Honda , Hironori Washizaki , Yoshiaki Fukazawa

    Development environments have changed drastically in recent years. The development periods are shorter than ever and the number of team has increased. These changes have led to difficulties in control …

    IPSJ SIG Notes 2013-SE-180(8), 1-8, 2013-05-20

    IPSJ

  • Multiple Programming Languages Support Customizable Bug Localization Framework  [in Japanese]

    SHIMOJO Kiyofumi , SAKAMOTO Kazunori , WASHIZAKI Hironori , FUKAZAWA Yoshiaki

    Bug localization technique is effectual approach for locating software bugs using the number of failing and passing test cases that execute the statement. However, existing bug localization tools only …

    Technical report of IEICE. SS 112(458), 45-50, 2013-03-06

  • Multiple Programming Languages Support Customizable Bug Localization Framework  [in Japanese]

    SHIMOJO Kiyofumi , SAKAMOTO Kazunori , WASHIZAKI Hironori , FUKAZAWA Yoshiaki

    Bug localization technique is effectual approach for locating software bugs using the number of failing and passing test cases that execute the statement. However, existing bug localization tools only …

    Mathematical Systems Science and its Applications : IEICE technical report 112(457), 45-50, 2013-03-06

  • JavaScriptを使用したHTMLのアクセシビリティ評価支援  [in Japanese]

    大原圭木 , 白銀純子 , 岩田一 , 深澤良彰

    障害を持つユーザがWebサイトを利用するために様々な支援技術が提供されている。Webサイトを支援技術に対応させるためのガイドラインも多く存在する。しかしガイドラインは膨大であり、Webコンテンツに適用させるにはコストや労力が多く必要である。また、現在ではRIA(Rich Internet Application)によるWebサイトが多数となり、そのための技術も様々なものが存在するため、技術に応じた …

    全国大会講演論文集 2013(1), 183-185, 2013-03-06

    IPSJ

  • 上流工程のUMLクラス図を入力としたソフトウェアの保守性測定メトリクススイート  [in Japanese]

    津田直彦 , 鷲崎弘宜 , 深澤良彰

    ソフトウェアの品質測定では,蓄積された過去のデータを元に,メトリクスの最適値を推定してきた。 しかし,上流工程のUMLクラス図は開発ごとに異なった抽象度でモデル化される場合が多く,データの蓄積が困難である。 この研究では,過去のデータの蓄積なしに,単一のクラス図からソフトウェアの品質(特に保守性)を測定する方法を取り上げる。 開発分野固有の特徴の推定を必要としない手法として,単一のUMLクラス図に …

    全国大会講演論文集 2013(1), 495-497, 2013-03-06

    IPSJ

  • ゲーミフィケーションを用いたバグパターンによる欠陥除去を促進する手法の提案  [in Japanese]

    新井慧 , 坂本一憲 , 鷲崎弘宜 , 深澤良彰

    バグパターンを利用した欠陥検出ツールを利用することで,欠陥の早期発見が可能となり,開発時の欠陥除去コストを削減できる.しかし,実際には検出された欠陥が放置される場合があり,その結果,欠陥が除去されないことがある.本論文では,バグパターンを利用した欠陥検出ツールFindBugsを利用して,報告された欠陥を少しでも多く除去させるために,ゲーミフィケーションの要素を用いた除去促進の手法を提案する.提案手 …

    全国大会講演論文集 2013(1), 447-449, 2013-03-06

    IPSJ

  • テスト貢献度に基づくゲーミフィケーションを用いた教育用ソフトウェアテストツールの提案  [in Japanese]

    ?澤亮平 , 坂本一憲 , 鷲崎弘宜 , 深澤良彰

    ソフトウェアテストは,ソフトウェアの品質を保証する上で重要な工程である.しかし,実際の開発では,テスターによる貢献が成果物から見えにくいため,モチベーションの低下,ひいてはテスト工程への倦厭を引き起こす傾向がある.本研究では,テストカバレッジなどのメトリクスから貢献度を数値化して,テスト記述者の貢献度として可視化する手法を提案する.さらに,貢献度を用いたゲー ミフィケーションの要素を導入した教育用 …

    全国大会講演論文集 2013(1), 427-429, 2013-03-06

    IPSJ

  • オブジェクトおよびアスペクト指向プログラミング言語との比較実験を通した新しいコンテキスト指向プログラミング言語の提案  [in Japanese]

    加藤史也 , 坂本一憲 , 鷲崎弘宜 , 深澤良彰

    実行時の状態に応じて振る舞いが変化する処理群を,基本となる処理から分離してモジュール化する手法として,コンテキスト指向プログラミング(以下COP)がある.現在,複数のCOP言語が提案されているが,COPを適用することによりソフトウェア品質がどのように改善されるか,という議論が十分になされていない.本論文ではCOP言語の1つであるJCop言語を用いてJava言語, AspectJ言語との比較実験を行 …

    全国大会講演論文集 2013(1), 355-357, 2013-03-06

    IPSJ

  • UNICOEN: A Unified Framework for Code Engineering Supporting Multiple Programming Languages  [in Japanese]

    坂本 一憲 , 大橋 昭 , 太田 大地 [他] , 鷲崎 弘宜 , 深澤 良彰

    近年,プログラミング言語の多様化とソフトウェア開発を支援するソースコードの解析および変形ツールの開発が進んでいる.しかし,これらの既存ツールの多くは1つのプログラミング言語を対象として開発されているため,プログラミング言語とツール間に多対多の関係があり,すべての言語とツールの組合せに対して実装した場合,非常に莫大なコストが必要であるうえ,ツールごとに実装や仕様に差異が存在していて,複数のプログラミ …

    情報処理学会論文誌 54(2), 945-960, 2013-02-15

    IPSJ

  • Research on the clustering towards the improvement in conservativeness of a Simulink model, and bidirectional conversion with an UML model  [in Japanese]

    OZAWA Takayuki , WASHIZAKI Hironori , FUKAZAWA Yoshiaki

    Simulink model is suitable for embedded software development. On the other hand, it is difficult to fix, often tend to be large and complicated model. Understandability of the model is low abstraction …

    Technical report of IEICE. SS 112(373), 49-53, 2013-01-10

  • A Framework for Web Services Integration with Dynamic Use of Clouds  [in Japanese]

    TSURUMI Naoki , ISHIKAWA Fuyuki , HONIDEN Shinichi , FUKAZAWA Yoshiaki

    Dynamic integration of Web services has been studied actively, and description and execution languages for services integration are widely used. Services integration is executed across multiple clouds …

    IEICE technical report. SC, Services Computing 112(299), 25-30, 2012-11-09

    References (7)

  • Towards software metrics to evaluate maintainability for measuring Ajax application software  [in Japanese]

    HIRAYAMA YUSUKE , ONO KOUICHI , FUKAZAWA YOSHIAKI

    We are working on software metrics to measure maintainability of Ajax application software. There are a number of previous studies about software maintainability metrics of classical Web application s …

    Technical report of IEICE. SS 112(275), 143-150, 2012-10-25

    References (16)

Page Top