桜井 成一朗 SAKURAI Seiichiro

Articles:  1-20 of 28

  • 1 / 2
  • 社会的弱者を減らすためのAI(<特集>編集委員今年の抱負2009:経糸から横糸まで)  [in Japanese]

    SAKURAI Seiichiro , Seiichiro Sakurai

    Journal of the Japanese Society for Artificial Intelligence 24(1), 11, 2009-01-01

    J-STAGE  JSAI 

  • Editors' Introduction to "Bleeding Edge of Legal Informatics"  [in Japanese]

    NITTA Katsumi , SAKURAI Seiichiro , Katsumi Nitta , Seiichiro Sakurai

    Journal of the Japanese Society for Artificial Intelligence 23(4), 498, 2008-07-01

    J-STAGE  JSAI 

  • Introduction of Special Issue "Collaborative Learning and AI"  [in Japanese]

    SAKURAI Seiichiro , Seiichiro Sakurai

    Journal of the Japanese Society for Artificial Intelligence 23(2), 159-162, 2008-03-01

    J-STAGE  JSAI  References (7)

  • Tutorial: Panel discussion on agent-based modeling  [in Japanese]

    TERANO Takao , NAKAI Yutaka , SAKURAI Seiichiro , YAMAMOTO Hitoshi , OKADA Isamu

    日本社会情報学会学会誌 19(2), 45-53, 2007-09

    NDL Digital Collections 

  • Education of legal minds by means of Web  [in Japanese]

    櫻井 成一朗

    Law and computers. (25), 11-17, 2007-07

  • 法の解釈とAI(<特集>編集委員2007年の抱負)  [in Japanese]

    SAKURAI Seiichiro , Seiichiro Sakurai

    Journal of the Japanese Society for Artificial Intelligence 22(1), 31, 2007-01-01

    J-STAGE  JSAI 

  • Case problem-based education for creative legal minds using a legal knowledge base and debate system  [in Japanese]

    吉野 一 , 加賀山 茂 , 櫻井 成一朗 [他]

    Journal of the educational application of information technologies 9(1), 1-5, 2006-11

  • Research to make out intention of risk communications on web  [in Japanese]

    SAITO Koichi , 大幢 勝利 , SAKURAI Saiichiro , 寺野 隆雄

    安全を守る為の安全対策でもWeb上のリスクコミュニケーションが、盛んに行われている。しかし、Web上で参加者は、共通の認識がかけている場合があり、共通の危険に直面したときでも人それぞれの対応を示す。対応によっては、大きな事故の発生の要因になる。本文では、共通認識を前提としないメッセージの意図をくみ取るためのコンピュータによるリスクコミュニケーションの支援の方法を提案する。支援の方法の一つは、コミュ …

    IPSJ SIG Notes 136, 17-24, 2005-09-19

    References (8)

  • Research to Make Out Intention of Risk Communications by Site Participation  [in Japanese]

    SAITO Koichi , OHDO Katsutoshi , SAKURAI Seiichiro

    Journal of Japan Society for Safety Engineering 44(4), 241-249, 2005-08-15

    References (15)

  • Research to make out intention of risk communications on web  [in Japanese]

    SAITO Koichi , 大幢 勝利 , SAKURAI Saiichiro , 寺野 隆雄

    安全を守る為の安全対策でもWeb上のリスクコミュニケーションが、盛んに行われている。しかし、Web上で参加者は、共通の認識がかけている場合があり、共通の危険に直面したときでも人それぞれの対応を示す。対応によっては、大きな事故の発生の要因になる。本文では、共通認識を前提としないメッセージの意図をくみ取るためのコンピュータによるリスクコミュニケーションの支援の方法を提案する。支援の方法の一つは、コミュ …

    IPSJ SIG Notes 2005(42), 17-24, 2005-05-19

  • Legal Education for Creative Legal Mind Using the Legal Knowledge Based System(<Special Issue>Education for Creatrve Legal Minds and Artificial Intelligence)  [in Japanese]

    YOSHINO Hajime , SAKURAI Seiichiro , Hajime Yoshino , Seiichiro Sakurai

    Journal of the Japanese Society for Artificial Intelligence 19(5), 549-554, 2004-09-01

    J-STAGE  JSAI  References (6)

  • Fundamental Technology for Creative Legal Education Methods(<Special Issue>Education for Creatrve Legal Minds and Artificial Intelligence)  [in Japanese]

    SAKURAI Seiichiro , NITTA Katsumi , Seiichiro Sakurai , Katsumi Nitta

    Journal of the Japanese Society for Artificial Intelligence 19(5), 544-548, 2004-09-01

    J-STAGE  JSAI  References (9)

  • Editor's Introduction to "Education for Creative Legal Minds and Artificial Intelligence"(<Special Issue>Education for Creatrve Legal Minds and Artificial Intelligence)  [in Japanese]

    SAKURAI Seiichiro , Seiichiro Sakurai

    Journal of the Japanese Society for Artificial Intelligence 19(5), 525-526, 2004-09-01

    J-STAGE  JSAI 

  • Knowledge Mining from HTML Layout Information  [in Japanese]

    SAKURAI Seiichiro

    統一的なWebページを保守していくために,HTML文書の内容と表示を分離しておくことが望ましい.HTML文書の内容と表示を分離しておくことで, HTML文書作成者は内容の保守に専念することができるからである.本論文では, HTML文書の表示をテンプレートとして分離し,内容を外部データとして取り扱う.HTML文書の表示のための知識をHTMLテンプレートとして分離することでHTML作成者のページデザイ …

    IPSJ SIG Notes. ICS 132, 87-92, 2003-03-13

    References (10)

  • Knowledge Mining from HTML Layout Information  [in Japanese]

    SAKURAI Seiichiro

    統-的なWebページを保守していくために,HTML文書の内容と表示を分離しておくことが望ましい.HTML文書の内容と表示を分離しておくことで, HTML文書作成者は内容の保守に専念することができるからである.本論文では,HTML文書の表示をHTMLテンプレートとして分離し,内容を外部データとして取り扱う.HTML文書の表示のための知識をHTMLテンプレートとして分離することでHTML作成者のページ …

    IEICE technical report. Artificial intelligence and knowledge-based processing 102(710), 35-40, 2003-03-07

    References (10)

  • Extracting Web Page Writer's intention by using ILP  [in Japanese]

    SAKURAI Seiichiro

    Webコミュニティ手法は,同種の内容を持つWebページ同士を関連付ける方法であり,Webのグラフ構造に基づいてWebコミュニティが構成される。有用なWebコミュニティが得られる場合も多いが,得られるWebコミュニティ自身はWeb作成者の意図を必ずしも考慮したものではない.本論文では,Webページ作成者の作成意図を自らの分類階層の提示にあるととらえて,帰納論理プログラミングによって分類階層知識を抽出 …

    IPSJ SIG Notes. ICS 128, 99-103, 2002-05-23

    References (10) Cited by (1)

  • Explanations of the multi-agents' reinforcement learning results  [in Japanese]

    SHIRAKABE Keigo , INUI Takeshi , SAKURAI Seiichiro

    自律エージェントを複数協調させることによって問題解決を図るマルチエージェント系の研究が多数行われているが.それらは問題解決の効率向上を主目標としたものであり, 組織形成の仕組みについては明らかになっていない.本論文では, 特に強化学習によってマルチエージェント系が強調的行動が創発される場合の動的組織形成の仕組みを明らかにすることを目的として, 強化学習結果を分析する.本研究で対象とする強化学習結果 …

    IPSJ SIG Notes. ICS 124, 55-60, 2001-05-17

    References (10)

  • A basic study on formation of collaborative behavior in a multi-agent pursuit game  [in Japanese]

    INUI Takeshi , SAKURAI Seiichiro

    自律エージェントを複数協調させることによって問題解決を図るマルチエージェントシステムの研究が行われているが,その多くは問題解決の効率向上を目標としたものであり,組織形成の仕組みについては明らかになっていない.本研究では,マルチエージェントシステムを用いて動的組織形成の仕組みを明らかにすることを目的とする.コンピュータシミュレーションにより,エージェント間の通信路の結合状態と静的組織形成との関係につ …

    情報処理学会研究報告. GI, [ゲーム情報学] 5, 23-30, 2001-03-16

    References (11) Cited by (2)

  • Routing Control for a network including public address and private address networks  [in Japanese]

    YOSHIURA Noriaki , SAKURAI Seichiro , SAKAMOTO Naoshi , FUJIMOTO Kou

    IPアドレスの枯渇やセキュリティーの問題からプライベートアドレスの広く利用されている。本稿では、パブリックネットワークアドレスを利用しているキャンパスネットワークにプライベートネットワークを併用し、双方で通信可能なネットワークとして運用する場合の特に経路制御の問題と運用例について述べる。この問題を解決するためには、プライベートネットワークとの通信の中継をするルータがすべて可変長サブネットマスクに対 …

    情報処理学会研究報告. DSM, [分散システム/インターネット運用技術] 15, 1-6, 1999-09-24

    References (7) Cited by (1)

  • 1 / 2
Page Top