津上 智実 Tsugami Motomi

Articles:  1-20 of 45

  • 1 / 3
  • Cultivation of 'Art Song' in the Music Journal Ongaku published by the Tokyo Music School  [in Japanese]

    津上 智実 , Motomi TSUGAMI

    本論は、近代日本における芸術歌曲の成立を考える上で、東京音楽学校学友会発行の音楽雑誌『音楽』(1910~1922)の果たした役割を検証することを目的とする。この雑誌は、1910年頃から邦人による作曲活動が活発化した動きについて、このような機運を醸成した導因となったと評価される。そこで、本論では、雑誌『音楽』において芸術歌曲の創作がどのように奨励されたのかを、1)作曲懸賞の実態、2)外国歌曲の掲載、 …

    神戸女学院大学論集 = Kobe College studies 65(1), 27-44, 2018-06

    IR  DOI 

  • The Formation of the Japanese Art Song Concept in Modern Japan  [in Japanese]

    津上 智実 , Motomi TSUGAMI

    本論の目的は、近代日本における「芸術歌曲」としての「日本歌曲」という概念の成立と用語法の変遷を歴史的に明らかにすることである。今日、「ドイツ歌曲」等と並んで「日本歌曲」というジャンルがあるのは自明のこととなっている。しかるに戦前の音楽活動を調査すると、「歌曲」という用語の不在に驚かされる。音楽雑誌『月刊楽譜』(東京:松本楽器、1912~1945)の附録楽譜について言えば、「歌曲」という用語が安定し …

    神戸女学院大学論集 = Kobe College studies 64(1), 127-140, 2017-06

    IR  DOI 

  • YUKI Shigeko's Music Education : An Investigation by Means of the Historical Materials Owned by Kobe College  [in Japanese]

    津上 智実 , Motomi TSUGAMI

    本論では、戦後初の芥川賞受賞作家として知られる由起しげ子(1900~1969)について、神戸女学院音楽部在学時(1918~1921)とその前後の音楽教育歴の輪郭を、本学所蔵資料によって描き出すことを目的とする。「由起しげ子」は本名を「伊原(旧姓、新飼)志げ」と言う。新飼志げは17歳の1918年4月に神戸女学院音楽部に入学し、20歳の1921年1月に中退している。ここでは、1)音楽部在学時の音楽教育 …

    女性学評論 = Women's studies forum (31), 65-86, 2017-03

    IR  DOI 

  • Tonic Sol-Fa and Music Education in Elizabeth Torrey's Letters (1890-1909)  [in Japanese]

    津上 智実 , Motomi TSUGAMI

    本稿はアメリカン・ボード宣教師文書の内、音楽教師エリザベス・タレー Elizabeth Torrey (1848~1921、常勤在任1896~1909)の書簡を解読することによって、当時の音楽教育の一端を明らかにすることを目的とする。タレーは1890年に来日し、始め新潟、次に大阪の梅花女学校で教えた後、1894年から非常勤講師、1896年からは常勤講師として神戸女学院で音楽教師を務め、1906年に …

    神戸女学院大学論集 63(1), 129-140, 2016-06

    IR  DOI 

  • Research Report on ABCFM Archives in the Houghton Library, Harvard  [in Japanese]

    津上 智実 , Motomi TSUGAMI

    米国ハーヴァード大学ホートン・ライブラリー所蔵のアメリカン・ボード宣教師文書(American Board of Commissioners for Foreign Missions Archives, 1810-1961, Call No.ABC 1-91)の調査を2015年9月16日から4日間行い、イライザ・タルカット、エリザベス・タレー、シャーロット・バージス・デフォレストの3人を中心に書簡 …

    神戸女学院大学論集 62(2), 201-210, 2015-12

    IR  DOI 

  • Music Education in Meiji Era through Wall Charts and Textbooks of the Tonic Sol-fa System  [in Japanese]

    津上 智実 , Motomi TSUGAMI

    本論は、神戸女学院大学図書館所蔵のトニック・ソルファ掛図(全19本)について、その音楽的内容を検討することによって、明治期音楽教育の実態の一端を明らかにする。各掛図の掲載内容を検討し、同じく本学図書館所蔵のトニック・ソルファ教本『トニック・ソルファ・ミュージック・リーダー(The Tonic Sol-Fa Music Reader, revised and improved, by Theodor …

    神戸女学院大学論集 62(1), 115-129, 2015-06

    IR  DOI 

  • Organ Lessons in Meiji Period in the older part of Kobe College's Music Lesson Notebook  [in Japanese]

    TSUGAMI Motomi

    This paper examines the older part of Kobe College's Music Lesson Notebook. The Lesson Notebook records music lessons held from 1907 to 1923, but its older part retains lesson records from 1900 to 190 …

    Women's studies forum (29), 157-175, 2015-03

    IR  DOI 

  • Pianist OGURA Suye's Piano Books and Her Letters in the Possession of Osaka Kaisei-kan  [in Japanese]

    TSUGAMI Motomi

    本稿は、大阪三木楽器開成館の所蔵するピアニスト小倉末子(1891-1944)の書簡(8通)を吟味して、小倉が大阪開成館から出版した2巻のピアノ教本について、成立の経緯と内容構成に関する洞察を得ることをめざす。8通の書簡はいずれも三木登吉(1879-1942、第5代大阪開成館社長)宛で、内6通(書簡1.2.3.6.7.8)が『新撰ピアノ教則本』(1919年1月)、4通(書簡3.4.5.6)が『ピアノ …

    Studies 61(2), 167-179, 2014-12

    IR  DOI 

  • The Power of Song : A Case Study of Church Hymn No. 412 'Waga Yamato no'  [in Japanese]

    TSUGAMI Motomi

    讃美歌412番「わがやまとの」は、1947年6月12日、昭和天皇の神戸女学院来院時に生徒たちが自然発生的に唱和したと伝えられるが、現行の讃美歌集に掲載されず、今の教会では歌われない。この歌は一体いつから、いつまで讃美歌集に掲載され、どれほど広く歌われていたのか。讃美歌集の横断調査によって、この疑問に答えるのが本論の目的である。調査の対象は、柳澤健太郎編「国立国会図書館所蔵讃美歌目録(和書編)」『参 …

    Studies 61(1), 139-153, 2014-06

    IR  DOI 

  • Pianist Suye Ogura's Concert Tour to Keijo (1916, December) as Reported by Six Newspapers in Chosen (Colonial Korea)  [in Japanese]

    TSUGAMI Motomi

    本稿はピアニスト小倉末子(1891~1944)の朝鮮への演奏旅行(1916年12月)について、当時朝鮮半島で発行されていた新聞各紙でどのような報道がなされていたのかを調査した結果を総括するものである。日韓併合(1910年)前後の新聞統制の問題と、それに起因する新聞史料保存の問題は今も大きく尾を引いているが、2013年2月と5月の韓国訪問時には多くの機関や研究者の助力を得て調査を実施することができた …

    Women's studies forum (28), 93-113, 2014-03

    IR  DOI 

  • Pianist Suye Ogura in the Asahi Shimbun : Musician Research and Newspaper Database  [in Japanese]

    TSUGAMI Motomi

    ピアニスト小倉末子研究の一環として、『朝日新聞』における報道記事の全体像を明らかにすると共に、朝日新聞記事データベース『聞蔵Ⅱビジュアル』の孕む問題点を指摘した。朝日新聞には最終的に総数148点の小倉末子関連記事が見出されたが、『聞蔵Ⅱビジュアル』のキーワード検索(キーワードは「小倉末子」「小倉末」「小倉」「音楽」)では81点しか見出すことができず、総数の6割にも満たない。その原因は、1)大阪版の …

    Studies 60(2), 131-146, 2013-12

    IR  DOI 

  • Pianist OGURA Suye and Women Musicians Reported in the Women's Graphic Magazine Fujin Gahou in the Meiji and Taisho Eras (1905-1926)  [in Japanese]

    TSUGAMI Motomi

    This paper reports the result of an examination of a women's graphic magazine, named Fujin Gahou, in the Meiji and Taisho eras, published since 1905 in Tokyo, in order to make clear how pianist OGURA …

    Studies 59(2), 169-182, 2012-12

    IR  DOI 

  • Pianist OGURA Suye and Women Musicians Reported in a Women's Graphic Magazine Syukujo Gahou (1912-1923)  [in Japanese]

    TSUGAMI Motomi

    This paper reports the result of a thorough examination of a women's graphic magazine, named Syukujo Gahou,published from the year 1912 until 1923 in Tokyo, in order to make clear how pianist OGURA Su …

    Studies 59(1), 121-132, 2012-06

    IR  DOI 

  • Suye OGURA : a "Kobe College-educated" Pianist  [in Japanese]

    TSUGAMI Motomi

    Studies 58(2), 113-127, 2011-12

  • Pianist Ogura Suye and the activities of women's associations in Taisho Osaka  [in Japanese]

    TSUGAMI Motomi

    This paper reports on the relationship of the musical activities in Osaka of the pianist OGURA Suye(1891-1944) and the early movements of women's associations in Kansai district in Taisho JAPAN. Ogura …

    Women's studies forum (25), 95-118[含 英語文要旨], 2011-03

  • 'The music lesson record of the Music School, Kobe College for 1907 to 1923': its structure and historical importance  [in Japanese]

    Tugami Motomi

    This paper reports on a document newly found in the Music Library of Kobe College. It is the 'Music Lesson Record of the Music School, Kobe College for 1907 to 1923', which contains precise records of …

    Kobe College studies 57(2), 141-153, 2010-12

    IR  DOI 

  • Woman missionary, Charlotte De Forest's musical activities: as co-star of opera singer Shibata (Miura) Tamaki  [in Japanese]

    TSUGAMI Motomi

    On 28th November 1910 woman missionary of the American Board, Charlotte De Forest (1879-1973), played piano, accompanying the famous opera singer SHIBATA (MIURA) Tamaki (1884-1946), on the stage of Ai …

    Kobe College studies 57(1), 163-176, 2010-06

    IR  DOI 

  • A feminine pianist on tour: Ogura Suyeko on her concert trip to Keijo (Seoul), Korea in 1916  [in Japanese]

    TSUGAMI Motomi

    This report is on the concert tour to Keijo(Seoul), Korea, in 1916 of the Japanese pianist OGURA Suyeko(1891-1944), one of the then leading Japanese pianists and of the earliest alumnae of the Music S …

    Women's studies forum (23), 67-91[含 英語文要旨], 2009-03

  • Pianist Ogura Suyeko (1891-1944) in the Yomiuri Newspaper  [in Japanese]

    TSUGAMI Motomi

    OGURA Suyeko (1891-1944), a foremost Japanese pianist in the Taisho and the early Showa periods but now almost in oblivion, deserves more attention. She graduated in music from Kobe College in March 1 …

    Kobe College studies 55(2), 53-68, 2009-01

    IR  DOI 

  • 1 / 3
Page Top