加藤 朗 KATOH Akira

Articles:  1-20 of 56

  • 1 / 3
  • Minimizing Information Loss in Anonymization Algorithms  [in Japanese]

    秋山 寛子 , 和田 昌昭 , 中山 雅哉 , 加藤 朗 , 砂原 秀樹

    プライバシ保護の観点から匿名化技術の重要度が高まっており,なかでもk-匿名化が活発に研究されている.k-匿名化のためのアルゴリズムとしてはMDAVやVMDAVなどが提案されているが,数値データの匿名化において,それらは情報損失の観点から必ずしも最良のものとはなっていない.本論文では,それらのアルゴリズムによって得られたデータの分割を,k-匿名性を保ったまま修正して情報損失を極小にする方法を提案する …

    情報処理学会論文誌 57(12), 2675-2681, 2016-12-15

    IPSJ

  • A Proposal of Timeline-Based Event Log Management Method  [in Japanese]

    遠峰 隆史 , 津田 侑 , 加藤 朗 , 砂原 秀樹 , 井上 大介

    電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報 115(482), 227-232, 2016-03-03

  • A Proposal of Timeline-Based Event Log Management Method  [in Japanese]

    遠峰 隆史 , 津田 侑 , 加藤 朗 , 砂原 秀樹 , 井上 大介

    電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報 115(481), 227-232, 2016-03-03

  • A Study of Anonymity Index with Probability of Re-Identification  [in Japanese]

    秋山 寛子 , 加藤 朗 , 砂原 秀樹

    電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報 115(479), 1-5, 2016-03-02

  • D-19-11 A Study of Anonymize Algorithm Based on Data Distance  [in Japanese]

    Akiyama Hiroko , Nakayama Masaya , Kato Akira , Sunahara Hideki

    Proceedings of the IEICE General Conference 2016年_情報・システム(2), 192, 2016-03-01

  • Implementation and Evaluation of Botnet Detection System with Temporal Locality of DGA  [in Japanese]

    FUKUDA Teppei , ISHIHARA Tomohiro , KATO Akira

    近年,ボットネットによる攻撃が多数観察されている.本研究では,ボットネットの中でもdomain generation algorithm(DGA)型ポットネットの検知を目的とする.DGA型ボットネットでは,擬似乱数などを用いたランダムなドメイン名を自動で生成し、Command & Control(C&C)サーバのドメイン名として利用する.DGAにより各ボットで随時ドメイン生成が行われるが,一部のD …

    IEICE technical report. Information and communication system security 114(489), 19-24, 2015-03-03

  • A Proposal for a Rain Estimation Method based on Surface Meteorological Monitoring Networks : Design and Evaluation of an Indicator Model to Estimate Heavy Rain  [in Japanese]

    廣井 慧 , 妙中 雄三 , 加藤 朗 , 砂原 秀樹

    災害情報 = Journal of disaster information studies : 日本災害情報学会誌 (13), 57-65, 2015-03

  • 使用シーンを考慮した機材情報表示システムの提案  [in Japanese]

    國友美希 , 山内正人 , 加藤朗 , 砂原秀樹

    マルチメディア、分散協調とモバイルシンポジウム2014論文集 2014, 1278-1283, 2014-07-02

    IPSJ

  • Twitterを用いたセンシングシステムの提案と考察  [in Japanese]

    影澤秀明 , 廣井慧 , 奥矢淳 , 香取啓志 , 加藤朗 , 砂原秀樹

    マルチメディア、分散協調とモバイルシンポジウム2014論文集 2014, 725-732, 2014-07-02

    IPSJ

  • 2つの匿名化情報の組み合わせによるk-匿名度の定式化に関する考察  [in Japanese]

    秋山寛子 , 中山雅哉 , 加藤朗 , 砂原秀樹

    マルチメディア、分散協調とモバイルシンポジウム2014論文集 2014, 234-240, 2014-07-02

    IPSJ

  • A Study on the Formulation of Re-identification of Anonymized Personal Information  [in Japanese]

    AKIYAMA Hiroko , KATO Akira , SUNAHARA Hideki

    プライバシ保護のための方法の一つに匿名化技術があるが,匿名化した情報は,他の情報と組み合わせることにより個人を特定できるという識別可能性を持っている.したがって,どのような匿名化情報を組み合わせると,個人の識別が可能になるかという問題を解決する必要がある.本発表では,匿名化情報のマッチングによって個人が識別できる条件を整理した上で, 2つの事象の匿名化情報におけるマッチングの定式化を試みた.取りう …

    IEICE technical report. Information and communication system security 113(502), 167-172, 2014-03-27

  • A Study on the Formulation of Re-identification of Anonymized Personal Information  [in Japanese]

    秋山 寛子 , 加藤 朗 , 砂原 秀樹

    プライバシ保護のための方法の一つに匿名化技術があるが,匿名化した情報は,他の情報と組み合わせることにより個人を特定できるという識別可能性を持っている.したがって,どのような匿名化情報を組み合わせると,個人の識別が可能になるかという問題を解決する必要がある.本発表では,匿名化情報のマッチングによって個人が識別できる条件を整理した上で,2 つの事象の匿名化情報におけるマッチングの定式化を試みた。取りう …

    研究報告セキュリティ心理学とトラスト(SPT) 2014-SPT-8(29), 1-6, 2014-03-20

    IPSJ

  • ARを利用した機材管理システムの提案と評価 (モバイルネットワークとアプリケーション)  [in Japanese]

    國友 美希 , 山内 正人 , 加藤 朗 [他] , 砂原 秀樹

    高性能で可搬型の情報端末を用いることにより,従来では不可能だった情報提示が可能になっている.その一例として,拡張現実感(AR)技術を利用して,映像に情報を重畳することを挙げることができる.本稿では,AR技術を応用した機材管理システムを提案する.AR技術を用いて必要な情報を提示することにより,機材管理を容易にすることを試みた.最近の仮想環境のように,機材とその利用が従来のように静的に決定できないよう …

    IEICE technical report. MoNA, Mobile network and applications 113(495), 285-290, 2014-03-14

  • ARを利用した機材管理システムの提案と評価  [in Japanese]

    國友美希 , 山内正人 , 加藤朗 , 砂原秀樹

    高性能で可搬型の情報端末を用いることにより,従来では不可能だった情報提示が可能になっている.その一例として,拡張現実感 (AR) 技術を利用して,映像に情報を重畳することを挙げることができる.本稿では,AR 技術を応用した機材管理システムを提案する.AR 技術を用いて必要な情報を提示することにより,機材管理を容易にすることを試みた.最近の仮想環境のように,機材とその利用が従来のように静的に決定でき …

    研究報告ユビキタスコンピューティングシステム(UBI) 2014-UBI-41(47), 1-6, 2014-03-07

    IPSJ

  • ARを利用した機材管理システムの提案と評価  [in Japanese]

    國友美希 , 山内正人 , 加藤朗 , 砂原秀樹

    高性能で可搬型の情報端末を用いることにより,従来では不可能だった情報提示が可能になっている.その一例として,拡張現実感 (AR) 技術を利用して,映像に情報を重畳することを挙げることができる.本稿では,AR 技術を応用した機材管理システムを提案する.AR 技術を用いて必要な情報を提示することにより,機材管理を容易にすることを試みた.最近の仮想環境のように,機材とその利用が従来のように静的に決定でき …

    IPSJ SIG technical reports 2014-MBL-70(47), 1-6, 2014-03-07

    IPSJ

  • フードエンターテイメントシステムのための嗜好構成要素の検討と考察  [in Japanese]

    小林真実 , 山内正人 , 加藤朗 , 砂原秀樹

    マルチメディア、分散協調とモバイルシンポジウム2013論文集 2013, 1800-1805, 2013-07-03

    IPSJ

  • The Development of Audio Contents of Conveying Characteristics of Local Regions and a Proposal of Distribution System for Them  [in Japanese]

    SUDA MAMI , HIROI KEI , YAMANOUCHI MASATO , KATO AKIRA , SUNAHARA HIDEKI

    都市開発や再開発,チェーン店進出による影響から地域の没個性化が進んでいる.また,人々の生活環境や地域コミュニティの関わりの変化から,現在までは人から人へと伝えられてきたような地域での情報共有も難しくなってきている.外観からも中身からも個性がなくなっていくことが危惧されるが,地域の個性を保ち続けることは観光産業や文化事業など情報発信の重要な素材となりうる.本研究では地域の個性を残し活用していくために …

    IEICE technical report. Social Implications of Technology and Information Ethics 112(488), 13-18, 2013-03-14

  • The Development of Audio Contents for Conveying Characteristics of Local Regions and a Proposal of Distribution System for Them  [in Japanese]

    SUDA MAMI , HIROI KEI , YAMANOUCHI MASATO , KATO AKIRA , SUNAHARA HIDEKI

    都市開発や再開発,チェーン店進出による影響から地域の没個性化が進んでいる.また,人々の生活環境や地域コミュニティの関わりの変化から,現在までは人から人へと伝えられてきたような地域での情報共有も難しくなってきている.外観からも中身からも個性がなくなっていくことが危惧されるが,地域の個性を保ち続けることは観光産業や文化事業など情報発信の重要な素材となりうる.本研究では地域の個性を残し活用していくために …

    IEICE technical report. Internet Architecture 112(489), 13-18, 2013-03-14

  • A Proposal of Digital Manual to Provide Appropriate Information for Users  [in Japanese]

    谷口 亜実 , 松井 加奈絵 , 山内 正人 [他] , 加藤 朗 , 砂原 秀樹

    本研究は,近年のタブレット型デバイスの低コスト化,小型化にともない,企業内の教育現場に導入されつつある電子マニュアルに着目し,目的を達成するために経験者の知識・ノウハウを被験者に提示することにより変化が起こるのか検討を行ったものである.今回折り紙を折るという作業に対し,時間短縮,見栄えの良さという2つの目的を設け,それらの達成のために有効だと思われる知識・ノウハウに関する情報を提示した.その場合, …

    情報処理学会論文誌コンシューマ・デバイス&システム(CDS) 3(1), 46-52, 2013-03-13

    IPSJ

  • The Development of Audio Contents for Conveying Characteristics of Local Regions and a Proposal of Distribution System for Them.  [in Japanese]

    須田 真実 , 廣井 慧 , 山内 正人 , 加藤 朗 , 砂原 秀樹

    都市開発や再開発,チェーン店進出による影響から地域の没個性化が進んでいる.また,人々の生活環境や地域コミュニティの関わりの変化から,現在までは人から人へと伝えられてきたような地域での情報共有も難しくなってきている.外観からも中身からも個性がなくなっていくことが危惧されるが,地域の個性を保ち続けることは観光産業や文化事業など情報発信の重要な素材となりうる.本研究では地域の個性を残し活用していくために …

    研究報告インターネットと運用技術(IOT) 2013-IOT-20(3), 1-6, 2013-03-07

    IPSJ

  • 1 / 3
Page Top