寺野 隆雄 Terano Takao

Articles:  1-20 of 229

  • Perspective on Service Science from Systems Science and Informatics : 1. System Science Researches for Service Science, Management, Engineering, and Design  [in Japanese]

    木嶋 恭一 , 出口 弘 , 寺野 隆雄

    20世紀最後から21世紀の最初にかけて形成されたサービス・サイエンスの概念は,学術的にも実践的にもさまざまな広がりをみせている.しかし,対象分野の広がりとともに,新しい学際領域としてのサービス・サイエンスはいささか混乱した状況にある.本稿では,サービス・サイエンスを,要素とその関連性を扱うシステム・サイエンスの観点から考察し,サービス・システム・サイエンスという考え方がその根幹となるべきであると主 …

    情報処理 55(2), 126-131, 2014-01-15

    IPSJ 

  • Relationship between Emergency Restoration Time of Power Distribution Line after a Disaster and Geographical Characteristics of its Area  [in Japanese]

    SAGAI Shigeo , TERANO Takao

    The effect of an outage caused by a disaster is serious to the society, because the power distribution line is a common basic infrastructure for life support. And the time estimation of emergency rest …

    IEEJ Transactions on Electronics, Information and Systems 132(7), 1144-1149, 2012-07-01

    J-STAGE  References (8)

  • Harnessing Organizational Deviation and Kaizen Activities through Agent-Based Modeling  [in Japanese]

    KOBAYASHI Tomomi , TAKAHASHI Satoshi , KUNIGAMI Masaaki , YOSHIKAWA Atsushi , TERANO Takao

    本論文では,組織体逸脱と改善を統一的に扱うエージェントベースモデルを提案する.逸脱と改善の作動原理は,規範から逸れるという点において共通するが,社会効用あるいは不効用のいずれをもたらすか,により区別されるとの仮説のもとにモデル化を行った.本モデルを用いたシミュレーション実験結果から,組織の多様性が高い方が,改善現象が創発する可能性が高まることが示された.また,非公式ネットワークの拡充施策は,多様性 …

    The IEICE transactions on information and systems (Japanese edetion) 94(11), 1825-1835, 2011-11-01

    References (19)

  • How to Evaluate the Case Learning Method with MANGA Texts  [in Japanese]

    TERANO Takao , YOSHIKAWA Atsushi , ORITA Akiko , KOSHIYAMA Osamu , KUNIGAMI Masayuki

    我々は,数年にわたりマンガテキストを用いたケース教育を実践しており,その有用性についての知見を蓄積してきた.しかしながら,その効果を客観的に測定・評価する方法については,いまだに十分な考察がなされていない.本稿では,マンガ教材の特定のシーンに注目した実験データ,ならびに,ビジネスゲーミング分野むけに開発した実験計画・測定手法に基づき,マンガ教材を使用する学習プロセスを評価する手法について試論を示す …

    Proceedings of the Annual Meeting of Japan Society for Science Education 35, 66-67, 2011-08-23

    J-STAGE  References (7)

  • Global Application of MANGA case discussion : A report of teaching by MANGA at a state university in the US  [in Japanese]

    ORITA Akiko , YOSHIKAWA Atsushi , TERANO Takao

    米国の大学教育においては、講義だけでなく議論に参加する形の授業形態が推奨され、さまざまな材料をもとに議論が行われる。本稿では、ビジネス教育向けに作成したマンガ教材を用いて、米国の州立大学で実施した授業について報告する。マンガを用いた授業を一学期間の講義予定の一部として位置づけ、大学院生および学部生の合計3科目を対象に実施した。科目ごとに異なる問いのシーケンスを組み、授業を行った結果、ビジネスに対す …

    Proceedings of the Annual Meeting of Japan Society for Science Education 35, 64-65, 2011-08-23

    J-STAGE  References (5)

  • Effects of multiple reviewers' comments upon English compositions  [in Japanese]

    吉澤 小百合 , 吉川 厚 , 寺野 隆雄

    先進的学習科学と工学研究会 61, 19-24, 2011-03-13

  • The Analysis of Collusive Tendering Based on the Application of Spatial Game  [in Japanese]

    OHDAIRA Tetsushi , TERANO Takao

    The bid-rigging on public works projects has recently become social problem in Japan. We can regard this issue as a framework of spatial game through simplifying the strategy of tendering. The main pu …

    IEEJ Transactions on Electronics, Information and Systems 131(3), 689-697, 2011-03-01

    J-STAGE  References (46)

  • Teaching method with MANGA : Case study of newcomer Training  [in Japanese]

    YOSHIKAWA Atsushi , TERANO Takao , ORITA Akiko , YAMAMOTO Hideo , OGAWA Mikako

    ナラティブ・アプローチで作ったマンガ教材を使った研修は、ある程度の経験者に対しては研修効果があることが確認されている。しかし、知識の活用が十分できていない初学者に対して、研修の方法に関して改善の余地があった。この課題に対し、熟達者を活用したロールプレイの導入と、熟達者だけのグループの課題発表をみせることで、自らの知識活用が不十分であることを気づかせることを行い、両者とも効果かあることが確認された。

    Proceedings of the Annual Meeting of Japan Society for Science Education 34, 173-176, 2010-09-10

    J-STAGE  References (6)

  • MANGA Text Approach for Business Case Learning : A Report on Foreign Workshops  [in Japanese]

    TERANO Takao , YOSHIKAWA Atsushi , YAMAMO Hideo , ORITA Akiko , OGAWA Mikako

    マンガテキストを用いたケース教育は,さまざまな分野で有用である.本稿では,ビジネス分野むけに作成した教材を用いて,海外で実施したワークショップの結果を報告する.教材は,工場におけるソフトウェア開発に関するもの,サービスイノベーションに関するWEBシステムのトラブルものふたつである,ケース討論を含むワークショップの結果,異なるバックグラウンド知識をもつ学習者のコミュニケーションを活性化するうえで,ナ …

    Proceedings of the Annual Meeting of Japan Society for Science Education 34, 165-166, 2010-09-10

    J-STAGE  References (9) Cited by (1)

  • Investigating an Augmented Reality System for Hearing Impaired People  [in Japanese]

    TAKAHASHI Toru , NAMATAME Miki , KUSUNOKI Fusako , ONO Isao , TERANO Takao

    本論文では,聴覚障害者向けに,可搬型レーザ装置による拡張現実(Augmented Reality;AR)を利用した人形劇を実施した結果について報告する.人形劇を鑑賞後,被験者にARに関するアンケートを実施した.その結果は以下の2点にまとめられる.1)開発したARシステムは聴覚障害者の特性に適しており,さらなる応用が期待されること.2)日常から緊急時までカバーするようなARシステムの実現が望まれるこ …

    Proceedings of the Annual Meeting of Japan Society for Science Education 34, 155-156, 2010-09-10

    J-STAGE  References (3)

  • An analysis of the effects of peer review in the EFL writing by using the normalized compression distance  [in Japanese]

    吉澤 小百合 , 吉川 厚 , 寺野 隆雄

    先進的学習科学と工学研究会 59, 7-12, 2010-07-30

  • シミュレーションで社会システムを知る  [in Japanese]

    寺野 隆雄

    知能と情報 : 日本知能情報ファジィ学会誌 : journal of Japan Society for Fuzzy Theory and Intelligent Informatics 22(2), 151, 2010-04-15

  • Towards Small-Sized Long Tail Business with the Dual-Directed Recommendation System  [in Japanese]

    TAKAHASHI Masakazu , YAMADA Takashi , TSUDA Kazuhiko , TERANO Takao

    This paper describes a novel architecture to promote retail businesses using information recommendation systems. The main features of the architecture are 1) Dual-directed Recommendation system, 2) Po …

    IEEJ Transactions on Electronics, Information and Systems 130(2), 317-323, 2010-02-01

    J-STAGE  References (18)

  • The application of the spatial prisoner's dilemma game to the problem of collusive bidding  [in Japanese]

    OHDAIRA Tetsushi , TERANO Takao

    本研究は,近年大きく社会問題化している公共入札における談合について,囚人のジレンマゲームを用いてアプローチを試みている.その目的は,不正入札を行う企業の心理をモデル化することによって,それらがゲームを通じて構築する協調の特性を調べ,談合を抑制する制度設計の考案に寄与することである.以上の観点に基づき,本研究ではマルチエージェントシミュレーションの枠組みを基に,公的な資産を売却する際の入札をモデル化 …

    IEICE technical report 109(366), 19-24, 2010-01-14

    References (21)

  • Recommendation Method to Give Other Learner's Viewpoints in a Manga Textbook  [in Japanese]

    HOTTA Daisuke , KOSHIYAMA Osamu , YAMADA Takashi , YOSHIKAWA Atsuhi , YAMAMOTO Hideo , TERANO Takao

    A manga textbook with a narrative approach is a new tool for learners use of their knowledge. One of its unique points is that it enables learners to acquire knowledge from other learners' viewpo …

    Journal of Science Education in Japan 34(2), 154-166, 2010

    J-STAGE  References (22) Cited by (1)

  • Proposal and Evaluation of a Learning Method for Hearing-Impaired Students through Laser-Show Device in an Open Space  [in Japanese]

    TAKAHASHI Toru , NAMATAME Miki , KUSUNOKI Fusako , ONO Isao , TERANO Takao

    This paper presents a novel learning method for hearing-impaired students in an open space. The method is characterized by the use of a handy laser-show device newly developed by the authors. The lear …

    Journal of Science Education in Japan 34(2), 117-127, 2010

    J-STAGE  References (9) Cited by (1)

  • In Search for Optimum Possible Organizations through Agent Modeling : Schema Recognition Model  [in Japanese]

    TORIYAMA Masahiro , KIKUCHI Takamasa , YAMADA Takashi , TERANO Takao

    本論文では,経営環境や組織の変化に対して,最適なパフォーマンスを示す組織構造を分析する新しいエージェントベースシミュレーションモデルを提案する.このモデルはAxelrodによって提示された文化の流布モデルの拡張である.このモデルを使って,我々はランダムサーチを用い,「あり得る」組織構造のランドスケープを調べた.また,進化的計算手法を用い,最適な組織構造を探索した.提案モデルは,新しい経営環境に直面 …

    The IEICE transactions on information and systems 92(11), 1919-1926, 2009-11-01

    References (18) Cited by (1)

  • Learning a Selection Problem of Investment Projects and Capital Structure through Business Game  [in Japanese]

    YAMASHITA Yasuo , TAKAHASHI Hiroshi , TERANO Takao

    近年,金融教育の重要性が高まる中,ファイナンス理論の理解を深めるための手法が必要とされている.本研究では,ビジネスゲーム手法を利用した投資プロジェクト選択と資本構成決定に関するファイナンス理論の学習を目的とした分析を実施した.分析の結果,参加者は投資プロジェクト選択法を理解し,株主資本価値を高める資本構成の決定法について理解が進むなど,興味深い現象が見られた.これらの結果は,ファイナンス理論の学習 …

    The IEICE transactions on information and systems 92(11), 1911-1918, 2009-11-01

    References (19)

  • The Proposal and the Practice of a Lesson for Hearing-Impaired Students in an Open Space  [in Japanese]

    TAKAHASHI Toru , NAMATAME Miki , KUSUNOKI Fusako , ONO Isao , TERANO Takao

    本研究は,聴覚障害者が課外授業を受ける上での方法論の提案とその実験を行った.この方法論は聴覚障害者の視線の問題に着目したものである.これを実現するシステムとして,我々が開発したレーザーショーシステムBig Fat Wand (BFW)を利用した.BFWを用いて様々なタイプのコンテンツで説明した結果,図形を用いたコンテンツが効果的に学習を高めることができた.

    Proceedings of the Annual Meeting of Japan Society for Science Education 33, 93-94, 2009-08-25

    J-STAGE  References (3) Cited by (2)

  • Analysis of Self-Evaluation for Computer Programming using Project-Based Learning in Graduate School of Informatics  [in Japanese]

    OKAMOTO Masako , ONO Isao , KIGA Daisuke , TERANO Takao , YAMADA Takashi , KOYAMA Yusuke , MORI Mikihiko , KITA Hajime

    全国大会講演論文集 第71回(コンピュータと人間社会), 583-584, 2009-03-10

    IPSJ  References (1)

Page Top