山田 篤 YAMADA Atsushi

ID:1000020240004

奈良先端科学技術大学院大学情報科学研究科 Graduate School of Information Science, Nara Institute of Science and Technology (1996年 CiNii収録論文より)

Search authors sharing the same name

Articles:  1-10 of 10

  • Analysis of Temporal Relation in Texts  [in Japanese]

    AZUMA Shozo , YAMADA Atsushi , MATSUMOTO Yuji

    In natural language texts, temporal relations among events are expressed by various linguistic clues. In this paper, we propose method to extract temporal relation among events, which is composed of t …

    IPSJ SIG Notes 112, 133-138, 1996-03-14

    References (6) Cited by (1)

  • On the Relationship between Natural Language Descriptions on View and Spatial Configuration  [in Japanese]

    YAMADA Atsushi

    When we interpret the natural language descriptions including visual information, the spatial relations in appearance become the problem and they could not be modeled properly based on the physical lo …

    IEICE technical report. Natural language understanding and models of communication 95(320), 27-32, 1995-10-19

    References (12) Cited by (2)

  • Analysis of Locative Expressions with Perspective  [in Japanese]

    YAMADA Atsushi

    人工知能学会全国大会論文集 = Proceedings of the Annual Conference of JSAI 9, 495-498, 1995-07-24

    References (10)

  • Extraction of Spatial Relation between Objects from Description on View of Observer  [in Japanese]

    NAKAGAWA Shinya , YAMADA Atsushi , NISHIDA Toyoaki , DOSHITA Shuji

    人工知能学会全国大会論文集 = Proceedings of the Annual Conference of JSAI 7, 449-452, 1993-07-20

    References (3)

  • Construction of Discourse Model for Interpreting Spatial Expressions  [in Japanese]

    MASUKI Ryosuke , YAMADA Atsushi , NISHIDA Toyoaki , DOSHITA Shuji

    人工知能学会全国大会論文集 = Proceedings of the Annual Conference of JSAI 7, 445-448, 1993-07-20

    References (3)

  • Analysis of Japanese Active Verb Based on State Transition Model  [in Japanese]

    山本 唯史 , 山田 蔦 , 西田 豊明 , 堂下 修司

    日本語の動詞の分類法の一つとして状態動詞と動作動詞に分ける方法が知られている。動作概念は対象世界の状態の時間的変化を表す。この点に着目し、我々は対象世界に関する動作前後の状態の対で一つの動作概念を捉えることができると考え、情景描写文の空間的制約抽出システムを構築した。このシステムでは動作動詞を含む日本語情景描写文を入力とし、対象世界に関する空間的制約条件集合を動作前後の2つの時点について出力する。 …

    全国大会講演論文集 第42回(人工知能及び認知科学), 172-173, 1991-02-25

    IPSJ 

  • 自然言語における空間描写の解析と情景の再構成  [in Japanese]

    山田 篤 , 網谷 勝唆 , 星野 泰- , 西田 豊明 , 堂下 修司

    本研究では,日本語による空間描写を対象とした言語理解モデルを示す.我々は,言語理解とは言語表現から対象世界の状況を再現することであるという立場をとっている.これは空間描写理解の場合,空間描写から情景を再構成することに相当する.本研究ではタスクとして,情景描写から情景の幾何モデルを再構成する問題を取り上げ,実験システムSPRINT(SPatial Representation INTerpreter …

    全国大会講演論文集 第41回(人工知能及び認知科学), 133-134, 1990-09-04

    IPSJ  Cited by (1)

  • The Analysis of the Special Descriptions in Natural Language and the Reconstruction of the Scence  [in Japanese]

    YAMADA A. , AMITANI KATSUTOSHI , HOSHINO TAIICHI , NISHIDA TOYOAKI , DOSHITA SHUJI

    空間描写は言語の非常に基本的な機能の一つであり,人間の空間知覚とも密接な関わりがある.本論分では,言語理解とは,言語表現から対象世界の状況を再現することであるという立場を取っており,具体的なタスクとして,空間描写を含んだ情景描写から情景の幾何モデルを再構築する問題を取り上げる.このタスクにおいて解決すべき問題のうち,言語の統語や意味に関わる問題(言語内的問題)に関する本研究の主な成果としては,(1 …

    IPSJ Magazine 31(5), p660-672, 1990-05-15

    IPSJ  Cited by (30)

  • Resoning about Relative Location with Potential Model on Two - dimensional Space  [in Japanese]

    YAMADA A. , NISHIDA TOYOAKI , DOSHITA SHUJI

    高度な知識 情報処理システムを構築するためには 人間がもっている常識的な概念を取り扱い得ることが必要である.空間的な概念はこのようなものの一つである.人間が常識的にもっている空間的概念には漠然性(Vagueness)が含まれていると考えられる.たとえば 日常会話で方向 距離 形状などは厳密に言及されることはまれである.しかし 空間的概念に含まれる漠然性の取り扱い方法についてはまだ十分な研究が行われ …

    IPSJ Journal 29(9), 824-834, 1988-09-15

    IPSJ  Cited by (16)

  • Understanding Spatial Description in Elementary Dynamics  [in Japanese]

    山田 篤 , 西田 豊明 , 堂下 修司

    これまで、自然言語理解に関して多くの研究がなされてきたが、時間や空間などの人間が常識的に持つ概念に関する記述の詳細な解決法については、あまり研究がされていない。自然言語から時間や空間概念に関する処理をして情報を抽出しようとするとき、言語の曖昧性(ambiguity)とともに漠然性(vagueness)の取り扱いが問題となる。本論文では、「ばねモデル」という手法を用いた空間に関する漠然性を持つ記述の …

    全国大会講演論文集 第33回(パターン処理および人工知能), 1205-1206, 1986-10-01

    IPSJ 

Page Top