逢坂 興宏 OHSAKA Okihiro

Articles:  1-20 of 37

  • 1 / 2
  • Relationship formation of frozen soil and occurrence of debris flows at Osawa-kuzure Mt.Fuji  [in Japanese]

    山本 一樹 , 今泉 文寿 , 逢坂 興宏 , 池田 敦 , YAMAMOTO Kazuki , IMAIZUMI Fumitoshi , OHSAKA Okihiro , IKEDA Atsushi

    富土山では大沢崩れなどにおいて度重なり土石流が起きてきた。土石流の発生時期は他の多くの地域で土石流の確認される梅雨~台風ではなく,春と晩秋に発生しており,この特性には凍土が関係するとされている。本研究では大沢崩れを対象に,地温の季節変化の観測と積雪の写真画像判読の結果に基づき,凍土形成時期の推定手法を導いた。その手法を用い過去の降雨イベント時の凍土の有無を推定した結果,秋から春にかけて凍結が進行す …

    中部森林研究 (68), 93-94, 2020-05-30

    IR  DOI 

  • Runout characteristics of debris-flow surges in headwater of a steep debris flow torrent  [in Japanese]

    横田 優至 , 菊池 慧 , 今泉 文寿 , 逢坂 興宏 , 増井 健志 , 經隆 悠 , 堀田 紀文 , 早川 裕弌 , YOKOTA Yushi , KIKUCHI Satoru , IMAIZUMI Fumitoshi , OHSAKA Okihiro , MASUI Takeshi , TSUNETAKA Haruka , HOTTA Norifumi , HAYAKAWA Yuichi

    我が国では梅雨や台風時に土砂災害が多発しており,土砂災害の中でも人的・物的被害が大きくなるものとして土石流がある。土石流の発生・発達域は一般的に急勾配であり,物理メカニズムからは不飽和土石流の存在が推定されるが,現地で観測した報告はほとんどない。しかし,土石流の発生・発達域における飽和・不飽和土石流の発生実態を明らかにしない限り,発生流下予測を適切に行うことはできない。そこで,本研究では土石流段波 …

    中部森林研究 = Chubu forestry research (67), 105-108, 2019-05

    IR  DOI 

  • Characteristics of sediment supply and initiation condition of debris flow at Osawa landslide in Mt.Fuji  [in Japanese]

    岡本 憲男 , 今泉 文寿 , 逢坂 興宏 , 守口 海 , 土屋 智 , 杉本 宏之 , 鈴木 聡 , 佐藤 慎一 , 柏原 佳明 , 西村 直記 , OKAMOTO Norio , IMAIZUMI Fumitoshi , OHSAKA Okihiro , MORIGUCHI Kai , TSUCHIYA Satoshi , SUGIMOTO Hiroyuki , SUZUKI Satoshi , SATO Shinichi , KASHIWABARA Yoshiaki , NISHIMURA Naoki

    土石流の発生には降雨による水の供給とともに,土石流材料となる土砂の存在が必要である。そのため土石流の発生予測には土砂生産(種類やタイミング)とそれに伴う不安定土砂の堆積状況の変化を把握する必要があるが,それらに関する研究事例は少ない。そこで,本研究では大規模崩壊地である富士山大沢崩れにおける山腹からの土砂生産及び渓床堆積物の量に注目し,土砂生産プロセスとその特徴,および生産された土砂の渓床での堆積 …

    中部森林研究 = Chubu forestry research (67), 101-104, 2019-05

    IR  DOI 

  • Observations of soil-layer structure and hydrological process on a hillslope in Izu-Oshima volcano  [in Japanese]

    山川 陽祐 , 堀田 紀文 , 經隆 悠 , 逢坂 興宏 , 正岡 直也 , 今泉 文寿 , 小杉 賢一朗

    新砂防 = Journal of the Japan Society of Erosion Control Engineering : 砂防学会誌 71(5), 図巻頭2p,70-75, 2019-01

  • Debris flow occurrence at Osawa landslide in Mt.Fuji  [in Japanese]

    岡本 憲男 , 守口 海 , 今泉 文寿 , 逢坂 興宏 , 土屋 智 , OKAMOTO Norio , MORIGUCHI Kai , IMAIZUMI Fumitoshi , OHSAKA Okihiro , TSUCHIYA Satoshi

    大規模土石流の発生域である富士山大沢崩れにおいて,過去に行われた航空レーザー測量の成果と過去の土石流の発生履歴から,土砂生産から土石流の発生・流出までの一連の過程を検討した。その結果,大沢崩れ斜面部では崩落(崩壊)と凍結融解による土砂生産がおこなわれており,谷底部では土石流やスラッシュ雪崩に伴う土砂流出がおこっていた。スラッシュ雪崩流下後は,土石流と異なる谷底部の侵食形状が確認される。それには凍結 …

    中部森林研究 (66), 133-134, 2018-05-10

    IR  DOI 

  • Rainfall runoff characteristics in mountainous small watershed with different degrees of valley development  [in Japanese]

    長田 知也 , 今泉 文寿 , 逢坂 興宏 , 土屋 智 , OSADA Tomoya , IMAIZUMI Fumitoshi , OHSAKA Okihiro , TSUCHIYA Satoshi

    山地流域の流出特性を把握することは,森林の洪水緩和機能および水源涵養機能の適切な評価を行う上で重要である。本研究では,山地小流域を対象に,谷の発達程度の異なる複数の流域で流出量(流出高)とEC(電気伝導度)を計測し,流域間の降雨流出特性について比較検討した。この結果,谷が発達した流域では,谷の発達程度の低い流域と比較して,ピーク流出高と直接流出率が高く,ECが低くなる傾向がみられた。この結果から, …

    中部森林研究 (66), 127-128, 2018-05-10

    IR  DOI 

  • Relationship between debris flow characteristics and thickness of sediment in a debris-flow initiation zone  [in Japanese]

    増井 健志 , 横田 優至 , 経隆 悠 , 今泉 文寿 , 逢坂 興宏 , 土屋 智 , MASUI Takeshi , YOKOTA Yuushi , TSUNETAKA Haruka , IMAIZUMI Fumitoshi , OHSAKA Okihiro , TSUCHIYA Satoshi\n

    土石流発生域である荒廃渓流源頭部においてインターパルカメラにより土石流段波の撮影を行い,発生・停止位置の読み取りを行った。またUAVを用いて渓床堆積物の堆積状況を把握し,流動状況との関係を検討した。その結果,段波が発生・停止しやすい区間があることが明らかとなった。発生しやすい区間は流域面積の大きな支流の合流地点下流側であり,渓床堆積物が3~4mの地点に多くみられた。一方,停止しやすい区間は厚い場合 …

    中部森林研究 = Chubu forestry research (66), 135-138, 2018-05

    IR  DOI 

  • The effect of check dams on the channel bed defomiation in the mountainous river  [in Japanese]

    小杉 俊 , 今泉 文寿 , 逢坂 興宏 , 土屋 智 , KOSUGI Shun , IMAIZUMI Fumitoshi , OHSAKA Okihiro , TSUCHIYA Satoshi

    治山堰堤が土砂変動に与える効果の解明は,今後土砂災害に対して有効な堰堤の設計に役立っと考えられる。本研究では解析対象地について,写真測量に基づいて作成したDEMから,河床の横断面の変化や堆積・侵食状況を調べ,治山堰堤が土砂変動へ与える効果を検討した。その結果,堰堤から上流側に離れるほど土砂が堆積しやすい傾向がみられた。降雨と土砂変動の関係をみると連続雨量100mmを超えると土砂変動が活発となり,ま …

    中部森林研究 = Chubu forestry research (66), 129-132, 2018-05

    IR  DOI 

  • Estimation of potential areas affected by large-scale sediment movements and disaster mitigations for the large-scale sediment movements  [in Japanese]

    今泉 文寿 , 堤 大三 , 中谷 加奈 , 権田 豊 , 逢坂 興宏 , 福山 泰治郎 , 宮田 秀介 , 篠原 慶規 , 水野 秀明 , 原田 紹臣 , 水野 正樹

    新砂防 = Journal of the Japan Society of Erosion Control Engineering : 砂防学会誌 70(1), 20-30, 2017-05

  • Investigation of the relationship between coherence and observation conditions of InSAR analyses  [in Japanese]

    西口 尚希 , 今泉 文寿 , 土屋 智 , 逢坂 興宏 , NISHIGUCHI Takaki , IMAIZUMI Fumitoshi , TSUCHIYA Satoshi , OHSAKA Okihiro

    地すべりが活発化すると人命や財産に深刻な被害を与えるため,日頃からその挙動を把握しておくことは防災の観点から重要である。干渉SAR解析は2回の観測の間に発生したわずかな地表変動を位相差から求める技術である。解析に用いる2つの画像の間での干渉性が低い場合には位相の連続性が途切れ,正しい解析結果を得ることができないため,高い干渉性を得られる条件の把握が必要とされる。本研究では人工衛星ALOS2に搭載さ …

    中部森林研究 = Chubu forestry research (65), 127-130, 2017-04

    IR  DOI 

  • Stone-type debris flow caused by the short time heavy rainfall (August 6, 2015) in the Ichinosawa catchment of Ohya landslide  [in Japanese]

    増井 健志 , 今泉 文寿 , 土屋 智 , 逢坂 興宏 , MASUI Takeshi , IMAIZUMI Fumitoshi , TSUCHIYA Satoshi , OHSAKA Okihiro

    大谷崩一の沢では2015年8月6日の短時間強雨(連続雨量30mm,14mm/10min)で,石礫型土石流の発生・流下があり,定点観測していたビデオカメラが流動状況を撮影した。主に石礫で構成される土石流で,流動は遅いが数多くの段波が流下する状況が捉えられていた。本研究では,このような石礫型の土石流の流動実態を把握するため,土石流段波の平均流速と流下断面積を求め,流量変化を得た。土石流の段波は全部で2 …

    中部森林研究 (64), 115-116, 2016-04-28

    IR  DOI 

  • Evaluation of the amount of lateral roots of Chamaecyparis obutusa with the use of DBH  [in Japanese]

    佐橋 潤 , 逢坂 興宏 , 土屋 智 , 今泉 文寿 , SAHASHI Jun , OHSAKA Okihiro , TSUCHIYA Satoshi , IMAIZUMI Fumitoshi

    樹木根系の表層崩壊抑止機能は水平根と鉛直根によって発揮されると考えられ,表層崩壊の境界は水平根量が最小となる立木間中央になりやすいという報告がある。著者らのグループは,ヒノキを対象に胸高直径比を用いた水平根量の推定式を提案してきた。サンプル数が蓄積されてきたので暫定的ではあるが単木または複数の立木間でも適用できる推定法を検討した。胸高直径比と根系本数の関係では単木と立木間では有意差が認められなかっ …

    中部森林研究 = Chubu forestry research (64), 91-94, 2016-04

    IR  DOI 

  • On the process of sediment fluidization in the "Ichinosawa" in Ohya landslide and its discussion  [in Japanese]

    宥免 憲樹 , 經隆 悠 , 今泉 文寿 , 土屋 智 , 逢坂 興宏

    中部森林研究 = Chubu forestry research (63), 137-140, 2015-03

  • Extraction of sediment disaster area using ALOS SAR interferometry  [in Japanese]

    樋口 慈 , 土屋 智 , 逢坂 興宏

    中部森林研究 = Chubu forestry research (61), 47-50, 2013-05

  • Characteristics on the initiation area of deep-seated landslides caused by the 2011's heavy rainfall in the Totsukara catchment, Nara prefecture  [in Japanese]

    原田 晋太郎 , 増澤 徳親 , 土屋 智 , 逢坂 興宏

    中部森林研究 = Chubu forestry research (61), 29-32, 2013-05

  • 公募研究会「砂防学における『知の野生化』研究会」平成23年度公開勉強会 開催報告  [in Japanese]

    田中 隆文 , 石尾 浩市 , 今村 隆正 [他] , 逢坂 興宏 , 亀江 幸二 , 後藤 宏二 , 鈴木 清敬 , 西本 晴男 , 尾頭 誠 , 深見 幹朗 , 町田 尚久 , 松浦 純生 , 松本 美善

    砂防学会誌 : 新砂防 = Journal of the Japan Society of Erosion Control Engineering 65(6), 66-69, 2013-03-15

  • 公募研究会「砂防学における『知の野生化』研究会」平成23年度活動報告  [in Japanese]

    田中 隆文 , 石尾 浩市 , 今村 隆正 , 逢坂 興宏 , 亀江 幸二 , 後藤 宏二 , 鈴木 清敬 , 西本 晴男 , 尾頭 誠 , 深見 幹朗 , 町田 尚久 , 松浦 純生 , 松本 美善

    砂防学会誌 : 新砂防 = Journal of the Japan Society of Erosion Control Engineering 65(6), 64-65, 2013-03-15

  • 東日本大震災を契機とする災害情報に関する多様な取り組み事例と問題点の検討  [in Japanese]

    田中 隆文 , 石尾 浩市 , 今村 隆正 [他] , 逢坂 興宏 , 亀江 幸二 , 後藤 宏二 , 鈴木 清敬 , 西本 晴男 , 尾頭 誠 , 深見 幹朗 , 町田 尚久 , 松浦 純生 , 松本 美善

    砂防学会誌 : 新砂防 = Journal of the Japan Society of Erosion Control Engineering 65(5), 69-78, 2013-01-15

    References (12)

  • Features on debris flow surges monitored at Ichinosawa torrent in Ohya landslide  [in Japanese]

    伊藤 広 , 土屋 智 , 逢坂 興宏

    中部森林研究 = Chubu forestry research (60), 109-112, 2012-03

  • Estimate of annual sediment production with air photographs analysis in the Ichinosawa torrent in Ohya landslide  [in Japanese]

    樋口 慈 , 土屋 智 , 逢坂 興宏

    中部森林研究 = Chubu forestry research (60), 105-108, 2012-03

  • 1 / 2
Page Top