町野 和夫 MACHINO Kazuo

ID:1000020280844

北海道大学大学院経済学研究科 Hokkaido University, Graduate School of Economics and Business Administration (2012年 CiNii収録論文より)

Search authors sharing the same name

Articles:  1-12 of 12

  • Rethinking Japan's Energy Policy Post 3.11  [in Japanese]

    Machino Kazuo

    The Annals of Research Center for Economic and Business Networks (1), 121-126, 2012-03-30

    IR 

  • Dedication by Dean Prof.Kazuo Machino(In honor of Prof.Hiromitsu Kojima)  [in Japanese]

    Machino Kazuo

    The economic studies 59(3), vii-viii, 2009-12-10

  • Evolutionary origins of egalitarianism and norm-formation game model  [in Japanese]

    Machino Kazuo

    本稿では,町野(2003)を基にしながら,平等主義的倫理規範の進化的起源の動物行動学や人類学の知見を取り入れて,倫理規範形成過程のモデル化の枠組みを提示した。倫理規範の形成に影響する多様な要因を整理して,シンプルでかつ各過程の個別モデル同士の整合性の取れた,ゲーム・モデルが構築できることを示した。メンバー間の多様性を前提することでイニシアティブをとるリーダーの存在を内生化でき,その上で説得される人 …

    Economic studies 58(4), 723-739, 2009-03

    IR 

  • Dedication by Dean Prof. Kazuo Machino  [in Japanese]

    Machino kazuo

    Economic Studies 58(3), v-vi, 2008-12-11

    IR 

  • Neuroscience and economic model  [in Japanese]

    Machino Kazuo

    ニューロサイエンスの進歩によって脳の仕組みの解明が進みつつあるが,それを行動経済学の生理学的裏付けとして新たな理論体系を模索しているのがニューロエコノミクスである。同時に経済学の理論モデルがニューロサイエンスの研究成果を体系的に解釈するツールともなっており,この二つの研究の流れが相補的に発展して人間の意思決定の理解を深めるのに役立っている。こうした研究成果は政策提言にも利用され始めているが研究途上 …

    Economic studies 58(3), 497-508, 2008-12

    IR 

  • The Science of Networks and Network-Formation Games (In honor of Prof. Hiroshi Ono)  [in Japanese]

    Machino Kazuo

    大規模ネットワークの形成過程の数学的性質が解明されたことを契機に,この10年間で「ネットワークの科学」は急速な発展を続けている。これと並行して,社会科学ではネットワークの個々のリンクが形成・維持される誘因構造を踏まえてネットワークの安定性や効率性を評価するネットワーク・ゲームの研究が進められている。両者の関係と研究の方向を展望する。

    Economic studies 56(3), 417-427, 2007-01

    IR 

  • Game Theoretical Analysis on the Developement of Ethical Norms  [in Japanese]

    Machino Kazuo

    倫理的規範の形成過程を、子供に社会的ルールを躾ける社会化過程と、共同体のリーダーが公共的行為を他のメンバーに説得(あるいは強制)したものが慣習化する過程の二段階に分けてモデル化した。前者では、養育者の倫理的インセンティブを仮定し、従来の学習モデルとは異なり子供の効用関数の変化をモデル化するという、より現実的なゲーム構造としてモデル化した。後者ではリーダーのイニシアティブの重要性を明らかにし、新たな …

    Economic studies 53(3), 495-509, 2003-12

    IR 

  • Game Theoretic Analysis on Institutionalization and Institutional Reform  [in Japanese]

    MACHINO Kazuo

    根本的な社会的制度改革が短期的意識的に可能なのか,という問いに答えるには,まず,そもそも制度とは何か,制度は何故,どのように存在することになったのか,ということを明らかにしなければならない。本稿では制度変化のゲーム理論的分析を,「ゲームの均衡」として制度の長期的な形成・変化を理解する進化ゲーム的アプローチと,意識的短期的に設計・改変可能な「ゲームのルール」として制度を捉えるアプローチに分け,最新の …

    ECONOMIC STUDIES 51(1), 57-69, 2001-06

    IR 

  • Institutional Reform and Political Decision-Making Process:Game Theoretical Analysis  [in Japanese]

    MACHINO Kazuo

    ECONOMIC STUDIES 50(2), 286-299, 2000-09

    IR 

  • Why Can't Voters Gets What They Want?:A Game Theoretic Analysis  [in Japanese]

    MACHINO Kazuo

    ECONOMIC STUDIES 48(4), 601-614, 1999-03

    IR 

  • The Applicability of Boundedly Rational Games to Japanese Policymaking Process  [in Japanese]

    MACHINO Kazuo

    ECONOMIC STUDIES 47(4), 688-702, 1998-03

    IR 

  • Game Theory for Bounded Rationality and Collective Decision-Making  [in Japanese]

    MACHINO Kazuo

    ECONOMIC STUDIES 47(2), 375-388, 1997-09

    IR 

Page Top