根本 和洋 Nemoto Kazuhiro

Articles:  1-20 of 68

  • 1 / 4
  • Collaborative Exploration for Amaranthus and Capsicum Genetic Resources in Mid and Far Western Nepal, October and November 2016

    根本 和洋 , 松島 憲一 , 友岡 憲彦 , 高橋 有 , DONGOL Durga Man Singh , SHARMA Santosh , JOSHI Bal Krishna , GHIMIRE Krishna Hari , SHRESTHA Deepa Singh , PAUDEL Mina Nath

    Based on the agreement between the National Agriculture Genetic Resources Center (NAGRC), Nepal Agricultural Research Council (NARC), Nepal, and the Genetic Resources Center, National Agriculture and …

    植物遺伝資源探索導入調査報告書 = Annual Report on Exploration and Introduction of Plant Genetic Resources (35), 218-230, 2020-03

    IR  DOI 

  • Exploration on Local Varieties of Vegetable and Fruit Tree in Komagane City, Nagano, Japan  [in Japanese]

    松島 憲一 , 竹村 真奈美 , 畠山 佳奈実 , 須田 元輝 , 山谷 美紀生 , 馬場 真優子 , 根本 和洋 , 南 峰夫

    長野県駒ヶ根市内で栽培利用されている在来作物について,その分布と利用状況の聞き取り調査を信州大学と駒ヶ根市の共同研究として2014年10月から12月にかけて実施した。この結果,在来の果樹3品目としてカキ,マメガキおよびナシが,在来の蔬菜類4品目としてサトイモ,ウリ,トマト,チョロギが栽培利用されていることが明らかになった。このうち,在来のカキ品種'せんぼ柿'については,地域の他産業(養蚕および馬に …

    信州大学農学部紀要 = Journal of the Faculty of Agriculture, Shinshu University 52, 41-48, 2016-03

    IR  JASI 

  • Current Status of Floriculture Industry from the Grower's Perspective in Nepal  [in Japanese]

    安井 俊樹 , 根本 和洋 , 南 峰夫 , 北村 嘉邦

    ネパールにおける花卉生産者の現状を明らかにするために,信州大学のネパール農業実習で訪れたKatmandu(以下,カトマンズ),Pokhara(以下,ポカラ)において調査を行った。生産者を取り巻く環境に関しては,切り花集荷場であるGlobal Floraおよび,技術支援機関であるFloriculture Association Nepal(以下,ネパール花卉生産協会)への聞き取り調査を行った。生産者 …

    信州大学農学部紀要 = Journal of the Faculty of Agriculture, Shinshu University 52, 33-40, 2016-03

    IR  JASI 

  • Report of study Tour of Oversea Environmental Education, 2013 and the Result of Opinion Poll for Environmental Issue in Nepal  [in Japanese]

    松島 憲一 , 坂本 奈々 , 澤田 純平 [他] , 藤原 亜沙美 , 牧内 和隆 , 根本 和洋 , 南 峰夫

    信州大学は環境教育の一環として環境教育海外研修を毎年実施しており,2014年には3月1日より3月11日までの11日間に4名の学生をネパールに派遣し,首都カトマンズおよびダウラギリ県ムスタン郡マルファ村において調査ならびに研修を実施した。本報では本研修において訪問した,環境に優しい電気自動車による乗り合いタクシー(サファ・テンプー)の運営会社Nepal Electric Vehicle Indust …

    信州大学農学部紀要 = Journal of the Faculty of Agriculture, Shinshu University 51, 25-37, 2015-03

    IR 

  • Present Situation of Floral Industry and its Cultural Background in Nepal  [in Japanese]

    安井 俊樹 , 根本 和洋 , 南 峰夫 [他] , 北村 嘉邦

    ネパールにおける花卉産業の現状を明らかにするために,信州大学のネパール農業実習で訪れたカトマンズ,ポカラ,マルファ,ナラヤンガートにおいて調査を行った。主に切り花を取り扱うフラワーズデコレーターでは切り花に関して,主に鉢花を取り扱うナーサリーでは鉢花に関して,品目,価格,販売形態および流通経路について開き取り調査を行った。マリーゴールド(Tagetes spp. ),アジサイ(Hydrangea …

    信州大学農学部紀要 = Journal of the Faculty of Agriculture, Shinshu University 51, 9-15, 2015-03

    IR  JASI 

  • Collaborative Survey of Amaranthus and Capsicum Genetic Resources in Nepal, February 2016

    根本 和洋 , 松島 憲一 , JOSHI Bal Krishna , GHIMIRE Krishna Hari , 須田 元輝 , 畠山 佳奈美

    植物遺伝資源探索導入調査報告書 = Annual report on exploration and introduction of plant genetic resources 32, 227-235,237,239,241, 2015

  • Investigation on Wild Edible Plants in Ohshika, Simo Ina, Nagano, Japan  [in Japanese]

    松島 憲一 , 根本 和洋 , 敦川 亜紀子 [他] , 加藤 友希 , 大崎 正太 , 西田 弥生 , 南 峰夫

    2011年3~7月に下伊那郡大鹿村において食用野生植物の利用状況調査を実施した。この結果,食用野生植物として40科73種の種子植物と5科5種のシダ植物を確認できた。また,同村ではノイバラ,ツリバナ,フユノハナワラビなどの他地域では一般的でない植物の食用利用もみられ,さらに,同村で自生するワラビにはアクのないものがあり,これらは今後の地域資源としての活用が期待される。

    信州大学農学部紀要 49(1・2), 43-50, 2013-03

    IR  JASI 

  • Use and Conservation of Edible Wild Plants in Bhutan (Shinshu University International Seminar 2011 in commemoration of conclusion of Agreement for Academic Cooperation and Exchange between Faculty of Agriculture, Shinshu University and Nepal Agricultural Research Council : Utilization and Conservation of Plant Genetic Resources in Hilly and Mountainous Areas : Current Status and Prospect in Nepal, Bhutan and Japan : Proceedings)

    松島 憲一 , 南 峰夫 , 根本 和洋

    ブータンでの食用野生植物の調査の結果,種子植物で60科172種が,シダ植物で6科18種が確認された。共有林を維持管理していくことは,このような野生植物の生息域内保全に効果的である。ブータンでは食用野生植物の採取は森林の維持管理と一体的に行われているため,森林保全の一助にもなっていると考えられる。

    信州大学農学部紀要 48(1・2), 75-83, 2012-03

    IR 

  • Investigation on wild edible plants and their traditional knowledge in southern and western Bhutan  [in Japanese]

    松島 憲一 , 南 峰夫 , 根本 和洋 [他] , Tshering K. , 北村 和也 , 中谷 達明 , 加藤 友希

    2005~2009年にブータン王国で実施してきた食用野生植物に関する調査に引き続き,2010年5月にブータン王国南部および西部の農村6か所および都市部の市場1か所等において調査を実施した。この結果,食用野生植物として42科86種の種子植物と3科8種のシダ植物を確認できた。聞き取り調査の結果,これら食用野生植物の中には健康効果および禁忌が信じられているものがあった。また,薬用植物についても様々な植物 …

    信州大学農学部紀要 47(1・2), 41-68, 2011-03

    IR  JASI 

  • Research and administration organization for RNR (Renewable Natural Resources) in Bhutan  [in Japanese]

    松島 憲一 , 南 峰夫 , 根本 和洋

    筆者らが2005年から実施している食用野生植物に関する共同研究はブータン王国農業省の農林業研究を統括している再生可能自然資源研究評議会(CoRRB)とその傘下の研究機関である再生可能自然資源研究センター(RNR-RC)と共に実施している。ここでいう再生成可能自然資源(RNR:Renewable Natural Resource)とは農林畜産業資源のことである。また,農業省の生物多様性センター(NB …

    信州大学農学部紀要 46(1・2), 161-167, 2010-03

    IR 

  • Evaluation of genetic resources of chili pepper (Capsicum spp.)  [in Japanese]

    松島 憲一 , 辻 旭弘 , Saritnum O. , 南 峰夫 , 根本 和洋 , 池野 雅文

    トウガラシ(Capsicum spp.)遺伝資源52系統について、果形、果実色などの果実形質と果実の辛味成分含量および早晩性、草型などの生育特性について評価を行った。この結果、C. annuumとC. baccatumは0?5,000μg/gDWの辛味成分含量の分布を示す系統で構成されており、果形等の遺伝的変異も大きかった。C. chinenseは果形が円錐型、釣鐘型、ベルまたはブロッキー型で、比 …

    Bulletin Shinshu University Alpine Field Center (7), 77-86, 2009-03

    IR  JASI 

  • Usage of edible wild plants in Bhutan  [in Japanese]

    松島 憲一 , 南 峰夫 , 根本 和洋

    2005年より2007年まで、ブータン王国農業省RNR研究所と共同で同国における食用野生植物の利用状況およびその健康効果等の伝統的知識について、農村・市場および共有林などで調査を実施してきた。この結果、被子植物では33科62種(未同定のものを含む)の植物が食用利用されていることが明らかになった。また、シダ植物においては5科22種(未同定のものを含む)の食用利用が明らかになった。これらの中には伝統的 …

    信州大学農学部紀要 45(1・2), 49-54, 2009-03

    IR  JASI 

  • Differences of Sesquiterpene Lactones Content in Different Leaf Parts and Head Formation Stages in Lettuce  [in Japanese]

    ARAKAWA Kojiro , MINAMI Mineo , NAKAMURA Kozo , MATSUSHIMA Ken-ichi , NEMOTO Kazuhiro

    レタスに含まれる機能性成分であるセスキテルペンラクトン類(SLs)高含量品種の開発において,的確にSLs含量を評価し,選抜するための分析用試料採取方法の確立を目的として,レタス3品種を供試して,部位および生育ステージによるSLs含量の差異をHPLCを用いて調査した.外葉,結球葉(外),(内),芯の4部位間でSLs含量に有意な差が認められた.SLs含量の部位間の相関関係を見ると,外葉と収穫対象である …

    Horticultural Research (Japan) 8(1), 13-17, 2009-01-15

    J-STAGE  NDL Digital Collections  JASI  References (26)

  • Inheritance of Immature Fruits Color in Chili Pepper 'S3212' (Capsicum frutescens L.)  [in Japanese]

    SARITNUM Orapin , MATSUSHIMA Ken-ichi , MINAMI Mineo , NEMOTO Kazuhiro

    未熟果実が濃緑色のC.chinense系統'S3010'および未熟果実が黄白色のC.frutescens'S3212'の種間雑種を用いて未熟果実色の遺伝解析を行った。この結果,連続した多峰性の分布を示し,濃緑色,緑色,黄白色の3つに分けることができた。この濃緑色:緑色:黄白色の分離比は12:3:1の期待値に適合した.また,BCP_2の分離比は2:1:1の期待 …

    Journal of the Japanese Society of Agricultural Technology Management 16(2-3), 77-79, 2009

    J-STAGE  References (12)

  • Variation of Sesquiterpene Lactones Content in Lactuca and Cichorium Species  [in Japanese]

    ARAKAWA Kojiro , MINAMI Mineo , NAKAMURA Kozo , MATSUSHIMA Ken-ichi , NEMOTO Kazuhiro

    <i>Lactuca</i>属と<i>Cichorium</i>属植物に含まれているセスキテルペンラクトン類(sesquiterpene lactones, SLs)には多くの薬理効果が報告されている.そこでSLs高含量品種開発の基礎資料とするために,HPLCを用いてSLs含量の属間,種間,種内系統間変異を調査した.野生種を含む2属6種11系統のSL …

    Horticultural Research (Japan) 7(4), 499-504, 2008-10-15

    J-STAGE  NDL Digital Collections  JASI  References (27) Cited by (1)

  • Development of a cleaved amplified polymorphic sequence (CAPS) marker linked to a few-pungency gene in chili pepper (Capsicum frutescens)

    SARITNUM O. , MATSUSHIMA K. , HIRAI M. , MINAMIYAMA Y. , BABA T. , MINAMI M. , NEMOTO K.

    園芸学研究. 別冊, 園芸学会大会研究発表要旨 7(1), 147, 2008-03-28

  • Genetic analysis of seed color using inter specific hybrid of Capsicum pubescens and C. cardenasii  [in Japanese]

    MATSUSHIMA K. , BANSHO H. , BABA T. , MINAMI M. , NEMOTO K.

    園芸学研究. 別冊, 園芸学会大会研究発表要旨 7(1), 143, 2008-03-28

  • Functional components in rocot pepper(Capsicum pubescens) and 'BOTANKOSHO' (C. annuum), local chili pepper variety in north region of Nagano prefecture  [in Japanese]

    HARADA K. , MATSUSHIMA K , ADACHI R. , HAMAUZU Y. , MINAMI M. , NEMOTO K. , KONDO K.

    園芸学研究. 別冊, 園芸学会大会研究発表要旨 7(1), 135, 2008-03-28

  • Changes of sesquiterpene lactones content along growth stage in lettuce(Lactuca sativa. L)  [in Japanese]

    ARAKAWA K. , MINAMI M. , ISHIDA S. , MUSUMI K. , NAKAMURA K. , MATSUSHIMA K. , NEMOTO K.

    園芸学研究. 別冊, 園芸学会大会研究発表要旨 7(1), 99, 2008-03-28

  • Investigation on wild edible plants and their traditional knowledge in western Bhutan  [in Japanese]

    松島 憲一 , 根本 和洋 , 南 峰夫 [他] , Delma D. , Thapa L. , 梅田 明稔 , 大川 龍 , 小澤 俊輔 , 辻 旭弘

    2005年、2006年にブータン王国で実施してきた食用野生植物に関する調査に引き続き、2007年7月にブータン王国西部の農村3カ所、森林2カ所、市場3カ所等において調査を実施した。この結果、食用野生植物として19科26種の種子植物と10種のシダ植物を確認できた。聞き取り調査の結果、これら食用野生植物の中には健康効果が信じられているものがあった。体の痛みを和らげる効果のあるものとして、ヤシ科のPle …

    信州大学農学部紀要 44(1・2), 9-20, 2008-03

    IR  JASI 

  • 1 / 4
Page Top